2017年01月17日

俺のラーメン ジョーのオリジナルな一杯 魚介と醤油が効いたブラックラーメン!!

新潟市南区にある「俺のラーメン ジョー」へと行ってきました。

joe_201701_1.jpg



今回は3品を食べてみる事としました。

まずは、マーボーメン

joe_201701_2.jpg

joe_201701_3.jpg


5段階から辛さが選べます。

「4」、「5」は凄まじい辛さとの事だったので、「3」を選びました。

恐る恐る食べてみると、、

かっ、、辛い!!

激辛とまではいきませんが、なかなかの辛さです。

ただ、旨味を感じられるレベルの辛さなので、最後まで美味しく頂くことが出来ました。

しかし、「3」でこれですから「5」はハンパじゃないのでしょうね。
食べた人の感想ではは、辛さのみが伝わってきたとの事でしたたらーっ(汗)
美味しく食べたい人は「1」〜「3」にしておいた方が無難かと思われますが、辛いものが好きだという方は試してみると良いかと思います。
またはチャレンジメニュー的に挑戦してみるのもアリかなと。。


もう一品はこちら

ブラックラーメン

joe_201701_5.jpg

joe_201701_6.jpg


スタイル的には富山ブラック風な感じで、醤油感は正にそんな感じです。

ただ、一般的なブラックラーメンとの違いは、強い醤油感を通り越し、魚介出汁を感じさせている点です。

人それぞれ色んな好みがあるかとは思いますが、個人的にはこの魚介風味で濃い醤油が効いたブラックラーメンかなり好きですね。

とても美味しかったです手(チョキ)
機会があれば、是非一度試してもらいたいですね。



ご飯も注文しました。

joe_201701_4.jpg


辛いマーボー豆腐とご飯の相性は抜群でした。
ブラックラーメンとも良く合いますね手(チョキ)


最後の一品はこちら

濃厚チャーシューメン

joe_201701_7.jpg

joe_201701_8.jpg


これは、かなり濃厚ですね〜
動物系由来のトロみも強く出ています。

醤油風味が結構強いですが、醤油が持っている出汁の風味や臭みを上書く力を大きく上回る程の動物臭でした。
かなりガツンとした飲み応えですね。
最近新潟でも濃厚かつ綺麗な豚骨スープが増えてきたので、こういったストレートに野性味溢れるタイプが、逆に貴重なジャンルになってきそうです。


今回、3品食べてみましたが、メニューのリニューアルや味の改良も進み、以前よりも美味しくなっていました。
オープン当初より、かなりレベルが上がっていると思います。


俺のラーメン ジョーの詳細
posted by BBSHIN at 23:27| Comment(2) | 新潟市南区

2016年11月22日

味むらの野菜たっぷり背脂入りの「特製みそラーメン」

新潟市南区にある「味むら」へと行ってきました。

ajimura_201611_1.jpg


お店の前にはたくさんの車があり、多くのお客さんで賑わっていました。

ajimura_201611_2.jpg


店内は住宅をそのまま利用した様なつくりで、厨房の奥にも座敷席が2,3ありました。

私が案内された部屋は、ミニコンポが置いてあり、プリプリ、ザードなど、懐かしさを感じさせるバックミュージックが流れていました。

前回食べた背脂入りの特製醤油ラーメンが美味しかったので、今回は特製味噌ラーメンを注文してみました。

特製味噌ラーメン

ajimura_201611_3.jpg

ajimura_201611_4.jpg


ニンニク有りか無しかを選べたので、有りを選択しました。

麺は太麺、細麺から選択可能だったので、太麺を選んだところ、軽くモッチリで固めの多加水平打ち太麺でした。

キャベツ、タマネギ、ニンジン、モヤシ、キクラゲ等の野菜、豚肉などスープと共に調理されたたっぷりの具材の上に、調理されていない刻みタマネギ、コーンがのっていました。
かなりボリュームたっぷりですねぴかぴか(新しい)

スープは味噌風味強めで、背脂のコクや甘味、また、具材の旨味や甘味などが折り重なっています。
また、旨味の強めで、各種素材の味をうまく補強していました。


追加で半ラーメンと半チャーハンを注文してみました。

ajimura_201611_5.jpg


半ラーメン

ajimura_201611_6.jpg

ajimura_201611_7.jpg


強烈な旨味のあっさりスープです。
麺はシンプルな多加水細麺で、スープとの相性も良いですね。

チャーシューは柔らかく煮込まれ、濃い目の味が染みこんでいました。

昔ながらのスタイルながら、印象的な味に仕上がった一杯でした手(チョキ)


半チャーハン

ajimura_201611_8.jpg


しっとり系で、かなり濃い味付けのチャーハンです。
ラーメンと共にインパクトある味わいですね。


お好みでソースをかけて食べるそうです。

ajimura_201611_9.jpg


サラサラのソースなので、うっかり傾け過ぎるとドバドバとかかってしまうので要注意です。
(うっかりミスしてたっぷりかけてしまいましたたらーっ(汗)


味むらの詳細
posted by BBSHIN at 07:46| Comment(0) | 新潟市南区

2016年09月16日

のろし白根店のガッツリデカ盛り「肉3枚玉ねぎトッピング」

新潟市南区の「のろし白根店」へと行ってきました。

noroshi_shirone_201609_1.jpg


注文したのは「ラーメン(肉3枚)野菜、玉ねぎトッピング」です。

noroshi_shirone_201609_2.jpg

noroshi_shirone_201609_3.jpg


野菜をトッピングすると相変わらずのボリュームですね〜

スープは少し濃厚な動物系のしっかりとした出汁に、醤油風味とハッキリとした旨味。
シンプルな構成ですが、味わい深い仕上がりとなっています手(パー)

たっぷりのモヤシ、キャベツに加え、トッピングした玉ねぎなどをスープに漬けて食べると美味しいですね
(玉ねぎは写真裏側です)

ガッシリとした麺とスープの相性も良かったですぴかぴか(新しい)


ニンニクを入れて更にガッツリとさせても良いでしょうグッド(上向き矢印)

noroshi_shirone_201609_4.jpg


のろし白根店の詳細
posted by BBSHIN at 08:05| Comment(0) | 新潟市南区

2016年08月14日

麺亭こがねの珍しい一杯「ソースら〜めん」

新潟市南区にある「麺亭こがね」へと行ってきました。

kogane_201608_1.jpg


こちらのお店では、オープン当初にラーメンと野菜味噌を食べていましたが、今回はその時にメニューを見て気になっていた一品を注文してみました。

ソースらーめん

kogane_201608_2.jpg

kogane_201608_3.jpg


とろみある餡かけタイプで、モヤシ、玉ねぎ、キャベツ、ニラ、ニンジン、キクラゲ等の具材が入っています。
(とろみを抜いてサラッとしたスープにすることも出来るそうです)
他にも温玉と刻み紅しょうががのっていました。

ソース味のスープが印象的ですね。
あっさり系ですが、上にかかった餡もあり飲み応えある味わいとなっていました。

麺は基本太麺ですが、細麺に変更することも可能とのこと。
今回は太麺を選んだところ多加水の歯応え強めの中太麺でした。

食べ応えある太麺に加え、具材もバリエーションがあり、全体的にボリュームたっぷりです。


お好みのタイミングでテーブル調味料のカレー粉を加えるのもお勧めとのこと。

kogane_201608_4.jpg


独特な味で、とても珍しい一杯かなと思います。


麺亭こがねの詳細
posted by BBSHIN at 10:18| Comment(0) | 新潟市南区

2016年04月03日

泰紋

新潟市南区の「泰紋」へと行ってきました。

taimon_1.jpg


こちらは群馬県高崎市から伊勢崎市へと移転した後、ご主人の故郷である新潟に戻りオープンさせたお店との事です。

「赤らーめん」と「鶏節らーめん」の2本柱という事で、イチオシの「赤らーめん」を注文してみました。


赤らーめん

taimon_2.jpg

taimon_3.jpg


クリーミーなコクのある豚骨スープにラー油が浮き程良い辛味が加わっています。

麺は中位の太さで多加水タイプでした。

トッピングとしては、シンプルに白髪ネギと大きな三つ葉のみとなっていますが、丼の底には炒めた挽き肉と玉ねぎがたっぷりと入っています。

これを穴開きレンゲですくって食べます。

taimon_4.jpg


濃厚スープとラー油が絡み実に美味しいですねぴかぴか(新しい)
挽き肉と玉ねぎにスープの味わいが移り、また、スープにはそれらの味と香ばしさが移りといった味の交換が行われているものと思われます。

かなり美味しい一杯でした手(チョキ)

新潟には珍しいスタイルかなと思います。


今回は一人で行きましたが、2本柱のうちのもう一品も気になり注文してみる事に。


鶏節塩らーめん

taimon_5.jpg


柚子胡椒がついてくるので、味の変化を楽しめます。

taimon_6.jpg


taimon_7.jpg

taimon_8.jpg

taimon_9.jpg


透き通るようなスープの塩ラーメンです。

動物系は控えめで、魚介が前に出ている感じです。
旨味もほど良く、魚介の出汁感が味の方向性を決めているタイプかなと。
浮き油も良い感じに風味とコクを与えていると思います。


麺は軽いパッツリ感のある細麺でした。
新潟ではなかなか見かけないタイプの麺かなと思います。

トッピングとしては、チャーシュー、水菜、メンマ、ネギ、キクラゲがのっていました。
チャーシューは味が良く染み、柔らかく仕上がっています。少し厚めに切られ、柔らかい食感ながらも厚さによる歯応えが良かったですね。


とても美味しい一杯で、麺とスープのみで十分楽しめた事もあり、うっかり柚子胡椒での味の変化を忘れてしまいましたたらーっ(汗)

2品とも美味しかったので、機会あれば他のメニューも試してみたいと思います手(チョキ)


泰紋の詳細
posted by BBSHIN at 00:24| Comment(0) | 新潟市南区

2015年12月28日

のろし 白根店

新潟市南区、8号線沿いの「GOINGOIN」跡地にオープンした「のろし 白根店」へと行ってきました。

noroshi_shirone_1.jpg


店内は満席で数人が並んでいました。

今回はオープン前より話題になっていた事もあり、多くの人が訪れているみたいですね。


「のろし」では、大抵+120円の野菜増しを食べているのですが、今回は初回という事もあり、デフォルト画像を掲載する為に、通常のラーメンを野菜普通で注文することに。
ちなみに、以前お店の人に話を聞いた話では、肉は3枚を基本に考え商品開発したという事で、肉は3枚に選びました。
ただ、券売機を見ると、肉2枚が左上になっているので今はそこがお勧めなのかもしれませんね。
値段も当時は肉3枚を基準に設定(2枚だと10円引き、1枚だと20円引き)されていましたが、今は1枚50円毎の分かりやすい価格設定となっています。


ラーメン(肉3枚)

noroshi_shirone_2.jpg


野菜増しと比べると若干見劣りするものの、それでもなかなかのボリュームです。
何より、肉3枚の迫力が凄いですね。
女性など小食の方は、1枚もしくは2枚位にしておく事をお勧めします。

スープは、豚骨ライト白湯に醤油ダレが加わり、豚の美味しさたっぷりの仕上がりとなっています。
「ライト白湯」と表現しましたが、これは薄めのスープという事ではなく、濃厚豚骨などと比べると乳化油やトロみが少なめという意味でこの言葉を使用しています。
実際飲んでみると、重たさや臭みなどが無い割りに、豚の旨味がしっかりと詰め込まれている事に気付くと思います。
飲み応え抜群のスープでした手(パー)

野菜はモヤシとキャベツがバランス良く入っています。
茹で野菜は、印象的な味わいのスープにくぐらせながら食べると美味しいですね。
野菜はサッパリ感があり美味しいので、やはりたくさん食べられる「野菜増し」をお勧めしたいと思います。


麺はガッシリとした歯応えが印象的な太麺です。

noroshi_shirone_3.jpg


ガシガシという食感の麺はインパクト大ですね。
弾くタイプの質感の麺には、スープや油が適度に絡みます。
そして、長時間スープに漬かっていても、スープを吸いすぎる事なく、終盤まで美味しく頂ける麺です。
デカ盛り系でスープを吸うタイプの麺だと、終盤苦しくなってきますしね。

以前食べた時よりも美味しくなっている気がするのは気のせいでしょうか?


分厚いチャーシュー

noroshi_shirone_4.jpg


以前、安田店で食べた時は更に厚かったですが、女性の方々からは「美味しいけど厚すぎて、だんだん気持ち悪くなってくる」という事も聞いていました。
そういった事もあり、美味しく食べられるサイズとしては今の厚さがベストなのかなと思います。
味の方も旨味の残り方、弾力感、味の染み込み具合など、とても良く出来たロールチャーシューだと思います。


ボリューム満点、かつ、とても美味しい一杯でしたるんるん


ちなみに、だいぶ以前に、のろしで食べた時に、「二郎インスパイア系」と表現していた事もありますが、最近はこのラーメンをその様に表現するのは誤りだなと感じる様になりました。
確かに、ボリュームたっぷりでワイルドな感じになってはいますが、とても綺麗に仕上がっており、また、パーツ毎の質も高く、ラーメンとして高いクオリティのある一杯なのかなと思います手(パー)



テーブルには刻みニンニクが常備されています。

noroshi_shirone_5.jpg


これを投入する事でガツンとしたインパクトを加えても良いでしょう。
ただし、口臭には要注意ですあせあせ(飛び散る汗)


別皿でトッピング玉ネギを注文しました。

noroshi_shirone_6.jpg


上にのせても良かったのですが、まずはデフォルト画像を紹介する為に、別にしてもらいました。

油と玉ねぎの相性は最高です手(チョキ)


続きましては、味噌ラーメン(肉3枚) 野菜増し

noroshi_shirone_7.jpg


のろしでは大抵醤油か塩を食べるので、味噌は記憶に無いのですが、こちらも美味しいですね。
味噌の風味がメインとなり、醤油で感じた様な豚感はほとんど感じません。
ただし、しっかりとした旨味のあるスープが土台となっている事は間違いないと思います。


餃子3個と半ライスのセット

noroshi_shirone_8.jpg


250円というお得価格となっています。

ラーメンのボリュームがあるので、コチラをたのむとかなり満腹になると思います。

ラーメン肉3枚とこのセットで1,000円弱と、リーズナブルな価格でお腹一杯になれるのは嬉しいですねぴかぴか(新しい)



テーブル調味料
(胡椒、唐辛子、ラー油、酢、醤油)

noroshi_shirone_9.jpg



8号線沿いとアクセスも良く、また、美味しくボリュームたっぷりで、低価格設定なお店「のろし 白根店」に行ってみてはいかがでしょうか?


のろし 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 00:22| Comment(2) | 新潟市南区

2015年09月01日

さんぽう亭 白根店

旧白根市、8号線沿いにある「さんぽう亭 白根店」へと行ってきました。

sanpou_shirone_1.jpg


こちらの系列店では、「五目旨煮めん」がお気に入りなのですが、今回は初めて食べる「ちゃーしゅーまぜそば」を注文してみました。

ちゃーしゅーまぜそば

sanpou_shirone_2.jpg

sanpou_shirone_3.jpg


チャーシュー、モヤシ、白髪ネギ、水菜、メンマ、温玉、カツオ節などの具材がのり、麺は歯応えの強い太麺です。

器の底にはタレが入っていました。
タレは味が濃いめで、麺と絡めて食べると美味しいですね。

あえていうなら、麺同士がくっつきやすく、また、長めなので、引き上げるのが大変なのと、タレが少なく多めの麺に行き渡らないので、最後の方は麺や野菜が味無しになってしまう点でした。
もう少し改良が欲しい気もしますが、こちらのグループは常に新メニュー開発や、既存メニューの改良等をしている様に見受けられるので、すぐに解決していく事と思われます手(パー)



240円(税抜)の餃子3個セット

sanpou_shirone_4.jpg

※スープはまぜそばについてくるみたいです


五目中華飯(710円(税抜))

sanpou_shirone_5.jpg


濃い目の味付けで旨味も強く、ボリュームもあります。
はっきりとした味で食べやすかったですね。

美味しかったですぴかぴか(新しい)


さんぽう亭 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 22:45| Comment(0) | 新潟市南区

2015年05月31日

幸楽苑 白根店 醤油ラーメン「司」

新潟市南区、8号線沿いにある「幸楽苑 白根店」へと行ってきました。

kourakuen_shirone_1.jpg


幸楽苑は少し前に看板メニューの中華そば(290円)を終了させ、新商品を投入するという事で話題となりました。

今回はその新メニューを試してみたいと思います。
岡山県で限定販売していた商品を全国に展開した物だとか。

醤油ラーメン「司」

kourakuen_shirone_2.jpg

kourakuen_shirone_3.jpg


白濁したスープに醤油味で魚介風味が効いたスープです。
ライトな動物系魚介スープは旨味が強めですね。

麺は今までの多加水ツルモチ麺とは違い、加水低めのストレート細麺でパツンとした食感です。

トッピングとしては、チャーシュー、ナルト、海苔などで、チャーシューは5枚ものっています。

税込561円としては、内容も充実しており、美味しい一杯かなと思います手(パー)


担々麺

kourakuen_shirone_4.jpg

kourakuen_shirone_5.jpg


こちらの麺はツルツルモチモチの縮れ太麺です。

挽き肉、ザーサイ、青菜、ネギなどがのっています。

挽き肉は甘く味付けられていました。


幸楽苑 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 16:53| Comment(0) | 新潟市南区

2015年05月17日

我路

新潟市南区にある「麺酒房 我路」に行ってきました。
店名は「がろ」と読みます。

garo_1.jpg


新潟市中心部からの行き方としては、8号線を白根交差点で左折し、460号線を超えしばらく行くと右側にあります。


酒麺処といったメニュー構成となっており、夜に行った事もあり食事客数組以外にも居酒屋として使っているお客さんが1組いました。


お店の名前がついた「我路中華」を注文してみました。

我路中華

garo_2.jpg

garo_3.jpg


あっさり醤油味のスープに細麺と、昔ながらの中華そばスタイルです。

シンプルでこれといった特徴はないですが、食べやすくしっかりと美味しい一杯ですね。


続きまして「我路ラーメン」
こちらは、細麺・中太麺が選択可能だったので、中太麺にすることに。

garo_4.jpg

garo_5.jpg


背脂が結構浮き、結構コツテリとしています。

ニンニク風味が強く、また、醤油の色や風味も強く、あっさり醤油とは別物のタレを用いている様です。

背脂でコツテリとした飲み口となったスープと太麺が良く合っていました。

チャーシューも美味しいですねぴかぴか(新しい)

シンプルでいつ食べても食べ飽きなそうな我路中華とは対照的な、ガツンとインパクト抜群な味わいの一杯でした手(パー)

他にも居酒屋メニューなど、色々なものが揃っていたので、機会あれば色々と試してみたいですね。


麺酒房 我路の詳細
posted by BBSHIN at 13:49| Comment(2) | 新潟市南区

2015年03月30日

みそ御膳

新潟市南区(旧白根)にある「みそ御膳」へと行ってきました。
以前は、「みそ膳」というお店でしたが、名前が変わった様です。

misogozen_1.jpg



仙台胡麻みそらーめん

misogozen_2.jpg

misogozen_3.jpg


味噌の風味が前に出ており、比較的のみやすいタイプのスープです。
味噌を加える前のスープ自体はアッサリ系でしょうか。
旨味も程よく加えられているかなと思います。

麺はツルモチ太麺でした。


白ゴマがゴマすり器と共に出てきます。
おろしニンニクもありました。

misogozen_4.jpg


他にも、札幌みそらーめん、八丁みそらーめん、など、色んな種類の味噌ラーメンが揃っているので、何度も楽しめるお店かなと思いました。


みそ御膳の詳細
posted by BBSHIN at 21:24| Comment(0) | 新潟市南区

2015年03月05日

中国料理 こま

新潟市南区、8号線を新潟市中心部方面から白根郵便局手前の細い道を入ったところにある「中国料理こま」へと行ってきました。

koma_1.jpg


店舗は外観からかなり年季が入っていますね。


お店の中に入ると、「昔はスナックだったのでは?」と思うようなつくりです。
店主が阪神ファンらしく、店内は阪神グッズで一杯でした。


注文したのは、麻婆麺です。

koma_2.jpg

koma_3.jpg


麻婆餡はかなりトロみが強く、「汁無し麻婆麺」という品名にしても良さそうな程です。

かなり辛めの仕上がりで、用心せずに食べた一口目はむせ返るほどでした。
ただ、徐々にその辛さに慣れてくると
「これはなかなか」
「いや、かなり旨いのでは?」
と感じる様になってきました。

ツルモチ系の麺にトロみの強い餡がたっぷりと絡みついてくるのも良いですねぴかぴか(新しい)

とても美味しかったでするんるん



友人が食べた五目ラーメン(大盛り)

koma_4.jpg


こちらも汁無しかと思ってしまう程のトロみです。
具材も豊富で、味付けも良く美味しかったですね。


ラーメン

koma_5.jpg

koma_6.jpg

こちらは、シンプルな味わいで、いかにも中華食堂のラーメンでした。

上記2杯に比べると若干インパクトには欠け、まあ普通のあっさりラーメンです。
こちらのお店は、恐らくスープの味わいよりも調理系がお勧めかなと思われます。


餃子

koma_7.jpg


手作りっぽい感じで、ニンニクが強めに効いていました。


中国料理 こまの詳細
posted by BBSHIN at 21:01| Comment(0) | 新潟市南区

2014年12月10日

太安亭 みそラーメン

新潟市南区、8号線沿いにある「太安亭」へと行ってきました。

taiantei_201412_1.jpg


みそラーメン

taiantei_201412_2.jpg

taiantei_201412_3.jpg


コクと甘味のある脂がたくさん浮いてアツアツですあせあせ(飛び散る汗)
麺は柔らかめの中太麺で、不揃いの太さでしたひらめき
店名に「手打ち」とありますが、「本当に手打ちなのでは?」と思わせる位、柔らかめの食感でした。


具はチャーシューの他、もやし、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、刻み玉ねぎ、カイワレ、などの野菜がたくさんのっています。
風味の良い味噌味のスープに、野菜と脂が良い味を加えているという印象ですぴかぴか(新しい)

おろしニンニク、辛味噌で味の変化を楽しんでも良いでしょう手(パー)

taiantei_201412_4.jpg


「ラーメンだれをご利用の方はお申し付け下さい」
とメニューに書いてあり、聞いてみると味噌ラーメンでも可らしいのでお願いしてみる事に

taiantei_201412_5.jpg


塩分的にはちょうど良かったですが、終盤少しだけ混ぜてみました。
味噌ダレに醤油や醤油ダレを加えるケースも多いので、塩分をプラスしたい方はお願いすると良いでしょう手(パー)

ちなみに、醤油ダレが置いてある場合は、お店を知る為にレンゲに少し入れ口に含んで味見をしてみる事にしています。
タレは直接舐めるにはかなりしょっぱく何度も試せないので、結局多くの事は分からないのですが、恐らくはチャーシューダレ系の深い旨味の醤油ダレでしたひらめき
久しぶりに背脂醤油も食べたくなりましたねひらめき


ちなみに、お店に行ったのは11月下旬ですが、お店の入り口には
「しばらくの間、夜営業お休み致します」
と書いてありました。
今はどうなっているのでしょうね?


太安亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:49| Comment(10) | 新潟市南区

2014年11月27日

ラーメン ミシュラン

8号線沿いにあるレストランミシュランの奥にある「ラーメンミシュラン」へと行ってきました。

8号線から見える「レストランミシュラン」

misyuran_1.jpg


駐車場奥にある「ラーメンミシュラン」

misyuran_2.jpg


ラーメン 正油味

misyuran_3.jpg

misyuran_4.jpg


スープには五泉のわき水を使い、豚、鶏、焼きアゴ、野菜をじっくり9時間煮込んだとのこと。
あっさりとしており、軽めの醤油感、シンプルでクセの無い味わいですぴかぴか(新しい)

チャーシューは肉の旨味を逃さない様にローストしているらしいですひらめき
確かに肉の旨味が残りつつ、しまった肉質でハラリと崩れやすく、味も良く染みています手(パー)
なかなか珍しいチャーシューだと思います。

年配の方でも美味しく頂ける様な、優しい味わいの一杯でしたるんるん


ラーメン ミシュランの詳細
posted by BBSHIN at 20:56| Comment(0) | 新潟市南区

2014年10月09日

ラーメン東横 白根店 煮干らーめん 〜4種のチャーシュー〜(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

新潟市南区にある「ラーメン東横 白根店」

touyoko_shirone_201410_1.jpg


東横は過去にも

辛味噌肉ラーメシ(2012年)

野菜ときのこの担々つけ麺(2013年)

等で参戦するなど、新潟ラーメンバトルの常連店です。
特に2012年はテーマの「味噌ラーメン」に対し、得意の濃厚味噌で勝負せずに、一風変わった新メニューをもってくるなど、独自路線が目を引くお店です。

そんな東横が放つバトルラーメンはコチラ

煮干らーめん 〜4種のチャーシュー〜

touyoko_shirone_201410_2.jpg

touyoko_shirone_201410_3.jpg


今回も人気の味噌ではなく醤油で勝負です手(グー)

しかも、普段の醤油ラーメンのスープではなく、バトル専用の煮干し醤油を用意するなど、気合を感じさせます。

スープは豚骨と煮干し出汁のあっさり味ですが、煮干し出汁はエグみは出さずに旨味はしっかりと出ており、とても良い味になっていまするんるん
豚骨は下支えになっている感じで、煮干し風味全開のスープですねひらめき

麺はあっさりスープには予想外の太麺です。
ツルツルした表面で、噛み切る時の弾力感がとても良いですね。
こういう組み合わせのラーメンはなかなか珍しいかなと思います。

ちなみに後で聞いてみたところ、味噌ラーメンと同じ麺だとか。
言われれば確かに納得で、同じ麺だったかなとは思いますが、食べてる時の印象としてはスープとの相性もあるのか新感覚の食べ応えでした。
節穴っぷりを発揮してしまいましたが、あえて言い訳をさせてもらうならば、東横の味噌ラーメンというのは、自分の中ではあのバランスでもう「東横の味噌ラーメン」なんですよね。
他の組み合わせとかはイメージも出来ません手(パー)


そして、本題の「肉」ですexclamation×2

ロースチャーシュー、バラチャーシュー、鶏チャーシュー、角煮チャーシューの4種がたっぷりと盛り付けられています。
それぞれ、良い味がつけてあり、美味しく食べ応えも抜群です。
煮干し出汁の主張が強いスープも、ゴツい肉に絡んでくる時には、しっかりと脇役に徹しています。

歯応えの強い太麺、印象的な煮干し出汁のスープ、食べ応え抜群の4種の肉、などパーツを見れば、それぞれが主張し過ぎている位なのですが、何故かトータルでは大人しく綺麗にまとまっている様に感じる不思議なバランスです。
シンプルながらも、絶妙な味わいの一杯をぜひお試し下さい。
レギュラー化して欲しい逸品ですぴかぴか(新しい)


味噌つけ麺

touyoko_shirone_201410_4.jpg

touyoko_shirone_201410_5.jpg


ツルモチ平打ち麺に、濃い味噌味のつけダレが良く絡みます。
スープは酸味が効いており、普段の濃厚味噌ラーメンと比べても食べやすい仕上がりでするんるん

味が濃いと感じる方は、ポットの割りスープで薄めて食べると良いでしょう。

touyoko_shirone_201410_6.jpg


割りスープだけを飲むと、しっかりと豚の味のする清湯スープです。
今まで東横の割りスープを飲んだ時、ここまで豚の味がすると思った事はなかったので劇的に変えたのかと思いましたが、基本的な部分は変えていない様です。
微調整の範囲内でしょうか。

ただ、この割りスープであれば、味噌のしょっぱさを薄めた時に出汁が薄まるという事は無さそうですねひらめき


野菜餃子

touyoko_shirone_201410_7.jpg


他にも黒にんにく餃子などもあります手(パー)


ラーメン東横 白根店の煮干らーめん 〜4種のチャーシュー〜について


ラーメン東横 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 00:24| Comment(0) | 新潟市南区

2014年08月14日

中華そば 三太

サイト協力者フィリップ・マーロウからのラーメン情報です。
今回のお店は新潟市南区の「中華そば 三太」です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

旧白根市にある「中華そば 三太」に行ってきました。

santa_shirone_1.jpg


なんだか、夢のある店名ですよね。でも、作っているのはおもちゃではなく、ラーメンです(笑)
場所は国道8号線沿いにある、ニラなんばんらーめん 麺次郎跡地です。

店に入り、メニューを見ると、中華そば、チャーシュー中華等があります。
「冷たい中華そば」なるものもあり、「冷やし中華」とは違うのかどうかが少々気になりましたが、今回が初訪問である小生は、変化球は選ばず、まずは素直に普通の「中華そば」にしました。


中華そば

santa_shirone_2.jpg

santa_shirone_3.jpg


麺は細麺のちぢれ、固めの茹で具合です。
チャーシュー、 細切りメンマ、なると、ねぎという、いたってシンプルなトッピング。

あっさりとしたスープで昔ながらの優しい味と、メニュー裏の説明にある通り、綺麗な飴色をしたスープでとても優しい味わいですぴかぴか(新しい)

帰りに、次回使えるサービス券がもらえましたるんるん

ちなみに調べてみると、こちらのお店以前同じ場所にあった麺次郎と同系列で、東北全域に麺を卸している熊さんという製麺所系列みたいです。
ネット検索では、「中華そば 三太」は他の地域にも何店かあるらしく、評価も結構良いみたいです。
確かに美味しいし、何より値段も安いですからね手(パー)


中華そば 三太の詳細
posted by BBSHIN at 06:52| Comment(0) | 新潟市南区

2014年07月29日

俺のラーメン ジョー マーボーめん

新潟市南区にある「俺のラーメン ジョー」へと行ってきました。

joe_201407_1.jpg


今回の目的はPR情報をもらっていた「麻婆麺」です。

麻婆麺のPR情報

PR情報にある杏仁豆腐はサービス期間が終わってしまいましたが、人気が高かった事もありレギュラー化された様ですね。


辛さがレベル1〜5まで調節可能らしく、

1.一味唐辛子
2.山椒
3.カエンペッパー
4.ハバネロ
5.デスソース

とレベルが上がる毎に追加されていく様です。
ですので、レベル5は1〜5が全部入るみたいですね。

チキンな私はレベル2を注文しました。
(レベル1は甘味が加わるとのこと)


麻婆麺 辛さレベル2

joe_201407_2.jpg

joe_201407_3.jpg



辛味はそこそこで、かなりトロみの強い麻婆餡がかかっています。
麺はストレートで中細位の太さでしょうか。
トロの強さもあって、麺にたっぷりの味が絡みついてきます。

豆腐の他にキクラゲ、刻みネギなど盛りだくさんな内容ですねぴかぴか(新しい)

辛さはレベル2という事もあり、それ程辛くないですが、店員さん言うには3辺りからはかなり辛くなってくるらしいです。
辛いものが好きという方はそれぞれのレベルを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにメニューには無いですが、5以上の辛さも可能で、中には辛さレベル38にチャレンジし完食した強者もいたとの事です。
危険ですので、無理なチャレンジは控えましょう手(パー)
徐々に様子見する必要があると思います。。


こちらのお店、オープン当初から数回きていますが、変革を経て徐々に安定し、だいぶ美味しくなってきていると感じます手(パー)


俺のラーメン ジョーの詳細
posted by BBSHIN at 20:35| Comment(0) | 新潟市南区

2014年05月28日

東横 白根店

南区8号線沿いの松玉堂跡地に5月24日にオープンの新店「東横 白根店」へと行ってきました。

touyoko_shirone_1.jpg


店内は満席、店外にも行列が出来ており、お店の外には椅子が置いてありました。


東横といえばコチラ

みそラーメン

touyoko_shirone_2.jpg

touyoko_shirone_3.jpg


相変わらずの濃厚味噌スープはインパクトたっぷりですねぴかぴか(新しい)

そして濃厚スープに負けない極太麺はパンチ力抜群ですパンチ


以前参加したケント大学の新潟ラーメン学で、東横の味噌を入れる前のスープを試飲させてもらい、想像以上のスープの濃さに驚いた記憶があります。
それ以来そこを意識して食べていますが、確かに単に味噌が濃いだけでなく、スープも濃いからこそ生まれる迫力があると感じます。


割スープがポットに入っており、お好みでスープを薄めながら食べます。

touyoko_shirone_4.jpg


以前は丼に入っており、木製のレンゲですくっていれいましたが、こちらの方が使う分だけ入れられるので無駄が無くて良いですよね。
ただ、「東横といえば丼に入った割スープ」というイメージを持っている人には、少し味気無く感じてしまう部分もあるかもしれませんね。



野菜みそ

touyoko_shirone_5.jpg


普通の味噌のキャベツと野菜増量バージョンです。
個人的に、東横でいつも食べるのは、この「野菜みそ」です。
たっぷりの野菜がお腹いっぱいにさせてくれますぴかぴか(新しい)


餃子

touyoko_shirone_6.jpg



東横 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 02:01| Comment(0) | 新潟市南区

2014年05月04日

ラーメンショップ 白根店

旧白根、8号線沿いにある「ラーメンショップ 白根店」へと行ってきました。
場所は新潟市中心部から8号線を走り、イオンなどを少し越えた辺りの右側にあります。

ramen_shop_shirone_1.jpg


看板メニューだというネギミソラーメンを注文してみました。

ramen_shop_shirone_2.jpg

ramen_shop_shirone_3.jpg


スープ表面に浮いた背脂とネギに絡んでいる多めの油でかなりコッテリとした味わいとなっています。

麺はツルモチな中細麺でした。


+350円で餃子、ライス、キムチセットにしました。

餃子

ramen_shop_shirone_4.jpg


ライスとキムチ

ramen_shop_shirone_5.jpg


ライスはセルフで盛り付けです。
キムチは油が絡めてあるのか、コッテリとした味わいとなっており、初めて食べるタイプでした。


ラーメン

ramen_shop_shirone_6.jpg


背油の浮いたライトな豚骨醤油スープです。
といっても、動物系スープの感じは分からなく、醤油、タレの旨味、背脂のコクがメインとなっていたかと思います。



テーブル備え付けのおろしニンニクとラージャン

ramen_shop_shirone_7.jpg



ラーメンショップ 白根店の詳細
posted by BBSHIN at 00:17| Comment(0) | 新潟市南区

2014年01月20日

麺亭 こがね

今月オープンしたばかりの新店「麺亭 こがね」へと行ってきました。

kogane_1.jpg


新規オープンという事もあってか満車満席の盛況っぷりですひらめき


注文したのは野菜みそラーメンです。

kogane_2.jpg

kogane_3.jpg


一般的な五目あんかけではなく、スープ全体がトロみをおびていました。
野菜をスープで煮て、みそとトロみを入れた様に見えます。
全体的に一体感のある仕上がりの一杯でしたぴかぴか(新しい)


ラーメン

kogane_4.jpg

kogane_5.jpg


スープは若干控えめながらも旨味のバランスが良く取れており、とても飲みやすいスープでしたひらめき

Wスープと書いてあるので、動物系と魚介系だと思いますが、全体的にうまくまとめてあり、素材の旨味を突出させていないので、魚介素材に何を使ってるのかは、私の舌では分かりませんでした(^^;)

とても丁寧に作られたラーメンであると感じます手(パー)



おつまみちゃーしゅー

kogane_6.jpg


豚、鶏、鴨と3種のチャーシューがのっており、それぞれが美味しいです。
鴨ロースというのは珍しいですよねひらめき

中でも豚チャーシューが特に美味しいと思いました。
ラーメンにのってるものと違い、冷たいチャーシューというのは、肉がしまった感じで、正に酒のつまみにピッタリだという印象です。


オープンしたばかりという事もあり、接客はかなりバタついてはいましたが、ラーメンはしっかりとした味で美味しく、ソースラーメンという一風変わったメニューがあり、また、しばらくするとご飯物メニューも始まるらしく、今後に期待にお店ですぴかぴか(新しい)




麺亭 こがねの詳細
posted by BBSHIN at 20:51| Comment(0) | 新潟市南区

2014年01月01日

くるまやラーメン 東萱場店

新潟市南区、8号線沿いにオープンした新店「くるまやラーメン 東萱場店」に行ってきました。

kurumaya_shirone_1.jpg


「365日ギョーザライス無料」
の看板が置いてあります。

kurumaya_shirone_2.jpg


注文したのはカレーラーメンです。

kurumaya_shirone_3.jpg

kurumaya_shirone_4.jpg


こちらのお店ではいつも味噌系でスタミナラーメンなどを食べてるので、カレーラーメンを食べたのは初めてです。

カレーがスープと混ざったカレースープタイプで、こちらのお店の代名詞ともいえるニンニクが効いており香ばしいです。
麺とモヤシにカレーが良く絡み、ニンニクの効果もあってかシンプルながらも食べ飽きる事が無い美味しい一杯でした。


味噌バターコーン

kurumaya_shirone_5.jpg


無料の餃子とライス

kurumaya_shirone_6.jpg


餃子は普通に美味しく、無料というのは嬉しいサービスですねぴかぴか(新しい)

ライスはニンニクの効いた味噌やカレーのスープと良く合います手(チョキ)



くるまやラーメン 東萱場店の詳細
posted by BBSHIN at 20:59| Comment(0) | 新潟市南区