2017年10月01日

だるまや 亀田店 ボリュームたっぷりチャーシューメン

新潟市江南区の「だるまや 亀田店」へと行ってきました。

darumaya_kameda_201710_1.jpg


週末という事もあってか店内は満席でした。
店内の待合席で10数人、外に5人程が並んでいました。


注文したのこちら

チャーシューメン

darumaya_kameda_201710_2.jpg

darumaya_kameda_201710_3.jpg


背脂が浮いた濃厚系のスープには魚介が香ります。
旨味のしっかりと入っており、背脂の甘味、動物系のコクなど、バランスが良いですね。

中太の多加水麺も歯ごたえ良く、スープとも良く合います。

新潟市民にとっては慣れ親しんだ美味しさの一杯ですね。


背脂麻婆麺

darumaya_kameda_201710_4.jpg


スープ少な目で、汁無し麻婆的な麻婆のトロみ具合となっています。

ドロドロの麻婆餡がたっぷりと麺に絡みついてきます。

darumaya_kameda_201710_5.jpg


別皿トッピングの玉ねぎ

darumaya_kameda_201710_6.jpg


背脂醤油スープに良く合いますね。


テーブル調味料

darumaya_kameda_201710_7.jpg


サイドメニューとしてチャーハン(220円)をお願いしました。

darumaya_kameda_201710_8.jpg


パラパラ食感で美味しいですね。
220円はお得価格かなと思います。


だるまや 亀田店の詳細
posted by BBSHIN at 09:24| Comment(0) | 新潟市江南区

2017年07月17日

白浜屋 唐揚げラーメンが人気のお店が移転オープン!

新潟市江南区、曽野木エリアにある「白浜屋」へと行ってきました。

shirahamaya2_1.jpg


こちらのお店、最近移転オープンし綺麗な店舗となりました。

移転前の食べ歩き記事はこちら

旧店舗は数年前より、かなり老朽化が目立っていたので、このタイミングでの移転はちょうど良かったかなと。
ちなみに、場所は旧店舗のすぐ近くなので、すぐに見つかると思います。


注文したのは看板メニューのこちら

唐揚げらうめん

shirahamaya2_2.jpg

shirahamaya2_3.jpg


上にのせてスープに浸らない様にするタイプの唐揚げラーメンもありますが、こちらのお店は思いっきりスープにつけています。
そうした事もあってか、カリカリ系の衣ではなく、スープにつかる事が前提と思われるような薄めの衣に、香ばしく味付けられ、胡椒などがつけられています。
適度な味付けがありながらも、大きめで、肉の味がそのままに楽しめる様な唐揚げです。

スープは、かなりあっさりの軽い醤油感です。
旨味も程よく飲みやすいですね。

麺は多加水の細麺でした。

何度食べても食べ飽きる事のなさそうな、スタンダードスタイルの昔ながらのあっさりラーメンでした。
そこに、チャーシューのかわりとなっている唐揚げが良い役割を果たしてくれていますね。



もう一品はこちら

にゃんめん

shirahamaya2_4.jpg

shirahamaya2_5.jpg


変わったネーミングですが、にゃんめんとは「つけ麺」の事です。

かなりあっさり系のつけダレです。
ラーメンのスープよりは濃い味付けとなっており、甘味と酸味が加えられていました。

具材としては、細切れのチャーシューが入っていました。

トッピングメニューに「唐揚げ」がある事から、唐揚げにゃんめんも可能かと思われます。


テーブル調味料

shirahamaya2_6.jpg


醤油、ラー油、酢、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、ラー油、七味唐辛子、白ゴマが置いてありました。

白ゴマはすりゴマではなく、そのままのタイプでした。
想像以上に、あっさりラーメンやにゃんめんのスープに合いますね。


白浜屋の詳細
posted by BBSHIN at 19:11| Comment(0) | 新潟市江南区

2017年07月13日

「麺屋 一本気」が江南区に移転オープン! マイルドな風味の味噌ラーメン

新潟市西区より江南区に移転オープンした「麺屋 一本気」へと行ってきました。

ippongi2_1.jpg


週末という事もありましたが、駐車場は満車で店内は満席、中に4〜5人、外に10人程の行列が出来ていました。


注文したのは看板メニューのこちら

味噌ラーメン

ippongi2_2.jpg

ippongi2_3.jpg


味噌スープは、甘味がありマイルドな飲み心地です。

昔食べた時は濃厚な部類に入る味噌ラーメンかと思っていましたが、久しぶりに食べると比較的あっさりめでした。
バランスが良く、何度食べても食べ飽きないような一杯かなと思いました。

味噌の風味もそこまで濃くない事もあってか、スープの魚介感も程よく感じ取れました。

麺は多加水で太めのタイプです。



もう一品はこちら

つけ麺(大盛)

ippongi2_4.jpg

ippongi2_5.jpg


あっさりめの醤油スープは、魚粉なども使用されている様で、味噌以上に強い魚介感となっています。

麺は大盛無料でした。

食後はお願いするとスープ割も可能の様です。
器を預け、スープを足すスタイルでした。


テーブル調味料

ippongi2_6.jpg


辛味噌を加え、味に変化を与えても良いでしょう。


麺屋 一本気の詳細
posted by BBSHIN at 21:09| Comment(0) | 新潟市江南区

2017年06月13日

麺屋かずを 燕三条系背脂中華の新店が鵜ノ子インター近くに新規オープン!

2017年6月オープンの「麺屋かずを」へと行ってきました。

kazuo_1.jpg


こちらは加茂市の「しん」出身の店主がオープンしたお店との事。
「しん」といえば背脂中華です。

という事で、まずはそちら注文してみました。

kazuo_2.jpg

kazuo_3.jpg


王道系の燕三条系背脂ラーメンです。

少ししょっぱめな位に醤油が効いたスープは、基本的にはアッサリながら、うえにたっぷりの背脂が浮きコッテリとした仕上がりに。
ちなみに、背脂量は6段階から選べる様ですが、今回は普通としておきました。

麺は多加水でしっかりとした歯ごたえの太麺です。
このタイプのラーメンにピッタリとくる麺ですね。

チャーシューの上におろし生姜がのっており、これを混ぜるとサッパリとした清涼感を加える事が出来ますぴかぴか(新しい)


正統派の美味しさの一杯でした手(チョキ)


もう一つの看板メニューがこちら

みそラーメン

kazuo_4.jpg


ベースとなるスープは同じみたいですが、味噌やプラスされたチーマージャンなどにより、軽いドロ感と濃厚感ある仕上がりとなっています。
味噌は白味噌主体に赤みそを加えたという事ですが、白味噌メインの優しい味という事もなく、ハッキリとした味噌風味の飲みごたえあるスープとなっていました。
塩分量がちょい高めで、麺に絡みついてくると、かなり印象的な食べ心地です。

野菜などの具材も豊富にのっており、スープの味も強いので、ご飯などと共に食べたい一杯ですね。


そぼろ丼(チーズハンバーグ味)300円

kazuo_5.jpg


サブタイトル通りに、チーズ味で確かにハンバーグ風の肉がのっています。
ケチャップもかかり、まるでハンバーガーを食べている様でした。
なかなか面白い一品ですね。


肉汁たっぷり餃子(5個)400円

kazuo_6.jpg


その名の通り、肉汁がたっぷりと詰まっています。
もちもち皮で食感も良く、具材も美味しかったです。


麺屋かずをの詳細
posted by BBSHIN at 07:45| Comment(0) | 新潟市江南区

2017年04月09日

麻婆 たまる屋 イオン新潟南フードコート内にオープン!

イオン新潟南の3階フードコート内に「麻婆 たまる屋」がオープンしました。

tamaruya_aeon_1.jpg


こちらのお店は、和風とんこつたまる屋の姉妹店です。
平日限定でマーボー野菜定食を提供していますが、週末は背脂マーボーメン一品に絞る形での営業となっています。


背脂マーボーメンと唐揚げ、海老餃子、ミニチャーハンとのセットがあったので、ミニチャーハンとのセットを注文してみました。

背脂マーボーメンミニチャーハンセット(1,060円)

tamaruya_aeon_2.jpg


ラーメン単体

tamaruya_aeon_3.jpg

tamaruya_aeon_4.jpg


パッと見、汁無しマーボーメンかと思う程に強いトロみのマーボー餡がかかっています。
餡の下には、あっさり系のスープが入っています。
餡がたっぷりなかわりに、スープ量は少なめかなと思います。
そうした事もあり、トロみが薄くなる事はありません。

程良い辛味と旨味、そして軽い山椒風味が漂っています。
チーズも入っている様ですね。
時折口の中にまろやかな味が広がります。

フードコートという事で、テーブル調味料的なものはないですが、お店の前にラー油や山椒などが置いてありました。
初めて行く場合は、食べる前に使うべきかの判断がつきにくいので、お店の近くに座って、足したければかけにいくというのもありかもしれませんね。


ミニチャーハン

tamaruya_aeon_5.jpg


パラパラ食感で美味しいチャーハンでしたるんるん


麻婆 たまる屋の詳細
posted by BBSHIN at 23:30| Comment(0) | 新潟市江南区

2017年03月20日

人気のお店「中華そばふじの」の3号店「イオン新潟南店」がオープン!!

イオン新潟南にオープンした「中華そばふじの イオン新潟南」へと行ってきました。

fujino_aeon_1.jpg


こちらのお店については、ブロガーのしばっちさんよりオープン情報をもらっていたので行きたいと思っていました。

ふじの新潟南店のオープン情報


注文したのはこちら

味噌そば

fujino_aeon_2.jpg

fujino_aeon_3.jpg


濃厚な味わいが良いですね〜

スープは恐らくあっさりタイプを用い、味噌で濃厚感を出すタイプかと。
甘みとコク、そしてゴマ由来と思われるクリーミー感があるスープです。

味噌は、他のお店では赤味噌をメインとしているところ、こちらのお店の為に新たな配合にチャレンジし、白味噌ベースで仕上げてきたのだとか。

具材としては、キャベツやモヤシ、ニンジン、ネギ、ニンニクの芽等豊富な野菜に加え、箸で持っただけで崩れそうなほどに柔らかく仕込まれたチャーシュー、肉団子などがのっていました。
かなりボリュームたっぷりです。

麺は多加水の縮れ太麺でした。
モッチリ食感が濃厚な味わいのスープと良く合います。

終盤、丼のふちについている辛味噌を溶かして味の変化を楽しんでも良いでしょう。

美味しい味噌ラーメンでしたるんるん


もう一杯はこちら

中華そば

fujino_aeon_4.jpg

fujino_aeon_5.jpg


あっさり魚介系醤油味のスープです。

煮干しが強く効いており、出汁もそうですが、風味の強い煮干し油を浮かせているものと思われます。
一口目からの煮干しのインパクトが強烈ですねぴかぴか(新しい)

麺は中細麺を使用していました。

昔から新潟市の各店にあったスタイルではありますが、徐々に特徴的な味に改良されてきていると感じます。

こちらも美味しかったですねグッド(上向き矢印)


中華そばふじの イオン新潟南の詳細
posted by BBSHIN at 09:42| Comment(0) | 新潟市江南区

2017年03月19日

横浜家系ラーメンのぶ家 奥村家横越店がリニューアルオープン!

新潟市江南区にオープンした「横浜家系ラーメンのぶ家」へと行ってきました。

nobuya_1.jpg


もともとこちらの場所にあった奥村家横越店がリニューアルオープンという形の様ですね。


修行元の心一家からの花輪も出ていました。

nobuya_2.jpg



注文したのはコチラ

ラーメン

nobuya_3.jpg

nobuya_4.jpg


正統派な家系豚骨醤油ラーメンですexclamation×2

スープは、油的な部分での濃厚さでは若干ライトなものの、動物系の旨味はしっかりと出ていました。
家系が苦手な同行者は
「この位だとちょうど良い濃さで、美味しく食べられる」
と言ってました。

上の鶏油の量は調節が可能ですが、普通にしておきました。
鶏油とありつつも、丼から漂う香りは豚が強かったと思います。

麺は太麺細麺が選択可能ですが、まずはやはり定番の太麺ですよね。


そして、家系といえばこうした調味料の数々が欠かせません手(パー)

nobuya_5.jpg


ニンニク、生姜は必須ですよね手(チョキ)

今回は使いませんでしたが、辛子味噌での味変というのも良いでしょう。


みそとんこつ+味玉トッピング

nobuya_6.jpg

nobuya_7.jpg


こちらは、太麺にしたかったのですが、細麺も見てみたかったので、細麺にしてみました。

相性は悪くなかったですが、個人的にはやはり太麺の方がガッシリ食べられるので、濃厚味噌に合うかなと思います。

おろしニンニクや辛味噌をプラスしても美味しいかなと。


定番のサイドメニュー「キャベチャー」(130円)

nobuya_8.jpg


刺激的なタレがあえられており、とても美味しいですね〜
キャベチャー丼がメニューにないので、ライスと合わせても良いかなと。


おつまみメニューの「茹で野菜」

nobuya_9.jpg


美味しくお腹一杯になる事が出来ました。
機会があれば是非行ってみて下さい!


横浜家系ラーメンのぶ家の詳細
posted by BBSHIN at 08:27| Comment(0) | 新潟市江南区

2017年01月22日

麺家 鶏処 あっさり鶏醤油清湯と辛味とゴマクリーミーな担々麺

新潟市江南区にオープンした「麺家 鶏処」へと行ってきました。

toriko_1.jpg


場所は、閉店してしまった麺処おおみちの跡地となります。


まずは、定番メニューの「鶏処しょうゆ」です。

toriko_2.jpg

toriko_3.jpg


あっさり醤油清湯スープです。
塩分は適量、醤油風味は見た目通りに濃い目ですね。
浮いている油は鶏油でしょうか?
専用の脂身から上がる様な鶏臭さのないクリアな風味の油でした。

麺は固め食感の中細ストレート麺でした。

トッピングとしては、細めのロールを薄切りにしたチャーシュー、太メンマ、味玉、カイワレ、ネギがのっていました。
味玉の味付けが濃く、美味しかったですねぴかぴか(新しい)

スタイルとしては、近年流行の鶏醤油清湯と昔ながらのあっさり中華そばの中間的な感じかなと。
濃い醤油風味が新潟に古くからあるタイプを想像させつつも、麺が今風のあっさり醤油ラーメン風に感じさせます。

最近はいかにもなスタイルのものを多く食べていたので、こういったタイプは逆に新鮮さを感じさせてくれますね。
とても美味しかったです手(チョキ)


もう一杯はこちら

担々麺

toriko_4.jpg

toriko_5.jpg


あっさりスープにゴマでコクとクリーミー感を出し、ラー油で辛味を加えたタイプです。
胡麻風味が強く、結構濃厚に仕上がっています。

序盤は、辛味強めのラー油の辛さをストレートに感じさせ、徐々に胡麻の風味を強く感じる様になってきます。
ラー油が減ってきた終盤にスープを飲むと、序盤には分からなかった旨味が目立つ様になりました。

ゴマは良く流通している芝麻醤の様な滑らかな感じではなく、時折すりゴマ的な荒いザラザラとした舌触りがありました。
丼周囲に付着したゴマをレンゲですくって舐めると、酸味にも似た旨味が独特な味でした。

麺は多加水でモッチリ食感の太麺です。
中太麺とは違い、麺の質感自体に個性はないですが、濃いスープの味を引き立ててくれる良い麺かなと思います。



3種類のラーメン全部トライしてみる事としました。

麻婆麺

toriko_6.jpg

toriko_7.jpg


大きくカットされた豆腐が特徴的です。
ツルンとした食感が良いですね。

麻婆餡は、汁無しかと思わせる程に強めのトロみでした。

餡自体の辛味が強く、辛味噌の風味とコク、そして甘みといった味が際立っていました。

辛味に慣れた終盤は甘みを強く感じる様になります。

あまり食べた事が無い様な独特なスタイルのマーボーメンだとは思いましたが、まだもっと美味しくなる要素はあるかなと。
濃い風味ながら若干単調感のある麻婆餡に、旨味調味料やそれに代わる強めの旨味を増やしたり、または、スパイス感など、もう一味、二味と加われば、更に美味しくなるかと思います。


ラストの一品はこちら

半チャーハン(300円)

toriko_8.jpg


ウマい!!
かなり好みのチャーハンです。

固めに芯が残る様に炊かれたご飯に濃い醤油風味と適度な旨味がプラスされていました。

あっさり醤油ラーメンとの相性も良いですねるんるん


麺家 鶏処の詳細
posted by BBSHIN at 14:47| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年12月25日

「拉麺えぼし」が鵜ノ子インター近く山下家具店駐車場内にオープン!

新潟市江南区、鵜ノ子インター近くにある山下家具店の駐車場内にオープンした「拉麺えぼし」へと行ってきました。

evoshi_1.jpg


店内のバックミュージックとして「ボディ・スペシャル II」、「DING DONG」といったサザンオールスターズの曲が立て続けに流れてきます。
店主はよほどのサザン好きでしょうか。
「えぼし」という店名もそれにちなんでかもしれませんね。


まず、注文したのは券売機左上の「味噌拉麺」です。

evoshi_2.jpg

evoshi_3.jpg


味噌ラーメンとしては比較的あっさり系で、味噌の風味と旨味を前に出すタイプかなと。
味噌に覆われることもあってか、後述の醤油ラーメン程の強い旨味は感じず、甘味のある白味噌の味わいがメインとなっています。

麺は多加水の中太縮れで、ツルモチ系食感となっています。

上には、チャーシュー、白髪ネギ、そして炒めたモヤシと挽き肉がのっています。
モヤシ・挽き肉はスープで煮ていないか、軽くにとどめているのか、炒めた香ばしさがしっかりと残っています。
香ばしさと味噌スープの相性も良かったですね。

最近の味噌ラーメンと比べると、穏やかで優しい味わいに仕上がっており、幅広い年齢層を対象としそうな一杯でした。


味噌ラーメン専用というチーズごはん(200円)も注文してみました。

evoshi_6.jpg


運んできてくれた店員さんの話では、味噌ラーメンのスープとともに食べるのがお勧めとの事。

ごはんの上に、炙り溶かしたチーズがのっているというシンプルなものですが、お勧め通り味噌スープとともに食べると美味しいですねるんるん
まあ、味噌とチーズの相性が良いというのは当然の事ですしね手(パー)

今回はご飯とスープを交互に食べるといった食べ方にしたところ、ラーメンのお供としてはもう一ひねり欲しいかなとも感じましたが、挽き肉やモヤシなどの具材とともにスープをご飯にかけて食べても美味しいかもしれませんね。
食後に残ったスープに、テーブル調味料のラー油を少し入れて飲んでみたら美味しかったので、チーズご飯のカスタマイズに使っても面白そうです。


醤油拉麺

evoshi_4.jpg

evoshi_5.jpg


あっさり醤油スープは、強い旨味が加わり印象的な飲み口となっています。

麺はシンプルな多加水細麺です。

スープの旨味がハッキリとしているので、ライスなどとの相性も良さそうです。


拉麺えぼしの詳細
posted by BBSHIN at 01:30| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年11月25日

麺者風天の期間限定 たっぷりのシラスがのった「山盛りしらすのぺろぺろペペロン混ぜそば」

新潟市江南区、亀田駅近くにある「麺者風天」へと行ってきました。

futen_1.jpg


今回の目的はPR情報を掲載していた「山盛りしらすのぺろぺろペペロン混ぜそば」です。

futen_2.jpg


150円プラスで、しらすの大盛りにする事も可能です。

futen_3.jpg

※ノーマル版を掲載する為、別皿で注文し自分で盛り付けしました


ガッシリ太麺にはたっぷりのシラスが絡んできます。

futen_4.jpg


香ばしく、旨味の強い油、タレが麺に絡み、とても刺激的な味です。

そこに、シラスの食感・味が加わる事で、絶妙な味わいとなっています。

レモンを絞り加わる酸味の変化が良いですね〜ぴかぴか(新しい)

シラスの下のキャベツ、岩のり、刻み大葉といったトッピング各種とタレが絡むと更なる美味しさが加わります。


別料金のトッピング「カリカリ梅」(100円)

futen_5.jpg


これは想像以上に旨いですね〜


ラストは追い茶漬けにして食べます。

futen_6.jpg

まずは、ご飯のみを投入し、追い飯的に食べましたが、刺激的なタレと具材が合わさり、とても美味しかったです。


そこに、出汁を入れてお茶漬け風に

futen_7.jpg

旨味の強いあっさり魚介出汁です。
これを加えると、タレの刺激的な味が緩和され、サッパリ系の味へと変化します。
シラスに加え、岩のり、カリカリ梅などをトッピングをある程度残しておくと、美味しく頂けると思います。

いきなり出汁を注ぐのではなく、まずはご飯のみを少し投入し試してみる事をお勧めします手(チョキ)


続いてはコチラ

焦がし醤油ラーメン

futen_8.jpg

futen_9.jpg


スープは比較的あっさり目の醤油味です。

麺はスープからは以外のガッシリ太麺でした。

でっかいロールチャーシューがインパクト抜群ですねぴかぴか(新しい)

各種インパクト満点なメニューが売りの風天ですが、こちらはバランスの良くまとまった感じの一杯でした。
多種多様なメニューが揃っているのは良いですね。


チャーシューメン

futen_10.jpg


以前ご紹介した「ぱくぱくパクチー混ぜそば」のご飯版が出ていたので注文してみました。

futen_11.jpg


アジアンテイストな一品です。

パクチーの独特な香りと辛く味付けられた肉、そして、生卵を割るとマイルドさが加わります。


ナンプラー、チリソースでの味の変化も可能です。

futen_12.jpg


こちらのお店のパクチーを初めて食べるのであれば、まずは「まぜそば」の方をお勧めしますが、2回目以降変化版として楽しむのも良いかなと思います。


から揚げ

futen_13.jpg


カリカリとしてとても美味しいです。
値段も手ごろなのが良いですね。

今回は、パクチー飯を複数人で取り分けたので、唐揚げ単品にしましたが、ラーメンのサイドメニューとしては、唐揚げセット(200円)がお得でお勧めです。


麺者風天の限定・過去メニュー紹介ページ

麺者風天の詳細
posted by BBSHIN at 07:34| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年08月02日

ラーメンとチャーハンのセット「ラーチャン」 中華そば 来味 亀田店

新潟市江南区にある「中華そば 来味 亀田店」へと行ってきました。

raimi_kameda_1.jpg


今回はホットペッパーの運営するグルメサイト「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通に掲載した来味 亀田店の記事


今回注文したのは、定番のラーチャンです。
トッピングとして味玉を追加してみました。

ラーチャン味玉トッピング

raimi_kameda_2.jpg


ラーメン単体で撮影

raimi_kameda_3.jpg

raimi_kameda_4.jpg


あっさり透き通るようなスープは煮干しがしっかりと効いています。
出汁感の割りに苦味などがなく、また油が浮かずかなりサッパリとした飲み心地です。

チャーハンとセットで食べる事を考えあっさりにしてある様ですね。

そしてチャーハン

raimi_kameda_5.jpg


パラパラ食感で程良い味付けの美味しいチャーハンです。

あっさりスープとチャーハンを交互に口に運ぶと至福の幸せを堪能出来まするんるん

シンプルな組み合わせですが、昔から新潟市民に親しまれてきたのも納得です。
素晴らしいセットでした手(チョキ)


中華そば 来味 亀田店の詳細
posted by BBSHIN at 07:48| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年06月22日

ラーメン しもうら

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

お店は「ラーメン しもうら」です。

今回は、電話番号、定休日等を調べても分からなかった為、「不明」としてあります。
ご存知の方はコメント欄等で教えて頂けると助かります。
(ネットなどに掲載されている電話番号は不通状態の様です)

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

江南区(旧横越町)にある、ラーメンしもうらに行ってきました。

行き方としては、新潟県道247号線を横越方面に進みます。
段々と果樹園や農園が一面に広がる景色に変わっていきますが、その中で、右側にセーブオンが見えてくると、交差点を挟んですぐ隣にあります。

shimoura_1.jpg


なかなか年季の入ったお店ですね。

お店に入ると小上がり席が4人用テーブル3卓、カウンターが8席、テーブル席が6席ありました。


小生はラーメンセットを注文。

shimoura_2.jpg


漬物は良いですが、五目飯とはなんだろう?よくあるのは炒飯ですが....と、疑問を感じつつ、出来上がりを待ちます。
出てきたのはラーメンと、混ぜご飯、そして漬物でした。


ラーメン

shimoura_3.jpg


ラーメンは、見た目通りのスッキリした癖のない味です。
チャーシュー、メンマ、かまぼこ、ねぎ、それに、山菜が入っておりました。
山菜というのは、あまりないですよね。

麺上げ写真は、撮り忘れです。
すみません。。


混ぜご飯

shimoura_4.jpg


ひじきや人参等が入っており、しっかりと味がついています。漬物はしょっぱすぎない、程よい塩加減でした。

ラーメンも、ご飯も、漬物も、全体的にマイルドな味で、美味しかったです。


ラーメン しもうらの詳細
posted by BBSHIN at 23:02| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年04月11日

ぽんつく

江南区、旧横越町、惜しまれながらも閉店した「ぴか一」の跡地にオープンした「ぽんつく」へと行ってきました。

pontsuku_1.jpg


看板メニューは「醤油らーめん」らしく、説明によると
「ほんのりショウガ香る甘口醤油らーめん」
とのこと。

という事で注文してみました。

pontsuku_2.jpg

pontsuku_3.jpg


説明通りに甘みが印象的なあっさり醤油スープです。
かなり甘さが際立っており、甘みと醤油風味がメインの味わいとなっています。

麺は多加水のツルモチ細麺でした。

トッピングはチャーシュー、メンマの他にえんどう豆がのっていました。
キヌサヤがのる事は多いですが、えんどう豆というのは珍しいですね。


塩らーめん

pontsuku_4.jpg


あっさり塩味で塩分濃度高め、そして、かなり旨味が強いスープでした。


ぽんつくの詳細
posted by BBSHIN at 23:06| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年04月08日

まるで汁なしマーボー麺! 麺者風天の「辛つけ麺」

江南区、亀田駅近くの「麺者風天」へと行ってきました。

futen_201604_1.jpg


今回は「辛つけ麺」を注文してみました。

futen_201604_2.jpg


シメられた事で歯応えが良くなった太麺の上に真っ黒な麻婆豆腐がたっぷりとかかっています。

これはかなりインパクトがありますね〜グッド(上向き矢印)

つけダレ無しに麺の器だけで「汁無し麻婆麺」といっても良い程ですひらめき


麺をつけダレに漬けると、、

futen_201604_3.jpg


香ばしく辛味のある油が麺に絡み、口の中で麻婆の美味しさと辛さが合わさります。

マーボーに辛味つけダレと、とても盛りだくさんな一杯でした手(チョキ)



続きましては「麻婆麺」です。

futen_201604_4.jpg

futen_201604_5.jpg


トロみたっぷりの麻婆餡がかかった一杯です。

花椒の痺れ感と、テンメンジャン等の甘み、唐辛子系の辛味と複雑な味わいのマーボーが美味しいですねわーい(嬉しい顔)

麺大盛り10円、特盛20円、そして、まぜご飯100円とリーズナブルな価格でお腹一杯になれます手(パー)

まだ食べた事がないという方は是非行ってみて下さいダッシュ(走り出すさま)


麺者風天の詳細
posted by BBSHIN at 01:20| Comment(3) | 新潟市江南区

2016年03月19日

麺者風天「ぱくぱくパクチー混ぜそば」は山盛りパクチーがインパクト抜群!!

新潟市江南区、亀田駅近くの「麺者風天」へと行ってきました。

futen_201603_1.jpg


今回の目的はPR情報をもらっていた「ぱくぱくパクチー混ぜそば」です。

ぱくぱくパクチー混ぜそばのPR情報はこちら


パクチーというと最近、県外のラーメン屋でもパクチーを主軸にすえたパクチー麻婆まぜそばを提供していたり、また他のジャンルの飲食店でもたっぷりのパクチーを美味しく食べさせる事を狙った品を販売しているのを見かけます。
麺者風天がアンテナ高くその辺りに影響を受けたか、または、インスピレーションで作り上げたかは分かりませんが、新潟のお店がこうした試みをしてくれるというのは嬉しい事ですよね手(チョキ)


ぱくぱくパクチー混ぜそば

futen_201603_2.jpg

futen_201603_3.jpg


たっぷりのパクチーがのっていますあせあせ(飛び散る汗)


麺はガッシリとした歯応えの太麺です。

futen_201603_4.jpg


個人的には、パクチーというのはそれ程得意な食材ではなく、タイ料理などで少量入っている分には良いですが、スープなどに多めに入っていたりすると気持ち悪くなる事もあったりします。

まず、パクチーのみを食べてみると、独特の香りと苦味が印象的です。
ただ、品質の良いものなのか、普段食べてるものよりも食べにくさを感じません。
しかし、さすがにそのままでたくさん食べるのは厳しかったりしますが、こちらのまぜそばは、旨味もたっぷりあり、辛肉などの辛味、少し強めの塩分など、印象的な味となっており、それらと絡めて食べる事で、パクチーの香りや清涼感が程よいアクセントとなってくれます手(パー)



チリソースとナンプラーがついてきます。

futen_201603_5.jpg


何も使わず、混ぜて食べだけで色々な変化が出てくるところに、更にこうした味変グッズまであるのは嬉しいですね。
チリソースで辛味を足しても良し、ナンプラーで独特の魚介風味を加えても良し。

ちなみに、ナンプラーを用いた調味料かと思っていましたが、舐めてみると、そのままナンプラーでした。
ですので、塩分量的にもあまりたくさん使う訳には行きませんが、魚醤特有の臭みともいえる強めの魚風味とガツンとくる旨味が良いアクセントとなります。また、しょっつる程の臭みはないので、使いやすい調味料かなと思います。


刻みニンニク

futen_201603_6.jpg


終盤、コレを加えると、劇的な味の変化をもたらしてくれます。



テーブルには、こんなチラシが置いてありました。

futen_201603_7.jpg


パクチーのデトックス効果、美肌効果、食欲増進効果、豊富なビタミンなどについて書かれてあります。

お店の方より、こちらのチラシに書かれている「爆弾パクチー」なるものを薦められたので試してみる事に。


爆弾パクチー 200円(別皿でお願いしました)

futen_201603_8.jpg


まぜそばにのっけてみると、、

futen_201603_9.jpg


ほとんどパクチーになりますあせあせ(飛び散る汗)


私にはさすがにこの量は多かったですが、この半分位であれば美味しく頂けるレベルだったので、2人で行って爆弾パクチーをシェアする形を取りました。
私の様に、複数人で食べ分けても良し、または、よほどのパクチーマニアであれば一人でガンガンいっても良いでしょう手(パー)


食後は、追い飯がもらえます。

futen_201603_10.jpg


まぜごはんを投入すると、、

futen_201603_11.jpg


終盤は、残った辛肉の旨辛感、ニンニク風味、パクチーの香りなどが合わさり、最後まで飽きずに美味しく頂けます。

お好みでテーブル調味料の魚粉や山椒、胡椒、酢、ラー油、一味唐辛子などで調節しても良いかもしれません。


もう一品注文したのはコチラ

辛旨麻婆麺

futen_201603_12.jpg

futen_201603_13.jpg


オープン当初のマーボーメンからは、だいぶリニューアルされ、真っ黒な麻婆豆腐がのる様になりました。

スープ自体は比較的サラっとしていますが、トロみの強い麻婆餡がかかり、食感も印象的です。

真っ黒な麻婆は、最初は辛味が目立っていましたが、甜麺醤あたりを使っているのか、終盤甘みが勝つようになってきました。

これはウマいですね!

ライスと合わせたくなった追加注文しました。

唐揚げセット(200円)

futen_201603_14.jpg


まぜこみごはんも100円とお得ではありますが、こちらの唐揚げセットは、唐揚げが3個ついて200円ですから、断然コチラがお得かと思われます。

唐揚げもカリっと揚げられ、ビールのつまみなどにも合いそうです。
テイクアウトも可能らしいので、今度やってみようと思います。


美味しくお腹一杯になりました手(チョキ)


麺者風天の詳細
posted by BBSHIN at 17:35| Comment(2) | 新潟市江南区

2016年03月18日

味庄

サイト協力者フィリップマーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は江南区の「味庄」です。

以下、マーロウさんの乾燥

↓↓↓

江南区にあるラーメン居酒屋、「味庄」に行ってきました。

ajisyou_1.jpg

亀田駅前のラーメン居酒屋。亀田駅から徒歩1分の好立地。

小生はラーメンを注文。

ajisyou_2.jpg

ajisyou_3.jpg


麺は細縮れの中華麺です。


スープはあっさり清湯で、味は塩と醤油が選べます。

トッピングはバラ肉チャーシュー、ゆで卵半分、ほうれん草、太いメンマ、ねぎが乗っています。

あっさりした味付けで、飲んだ後にサッパリと食べられる様な一杯でした。
逆に言えば、食事としてラーメンを食べに来た方には物足りないかも知れませんね。

そういう方はつけ麺や味噌ラーメンを注文するというのも良いでしょう。


味庄の詳細
posted by BBSHIN at 19:13| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年01月23日

ラーチャンが人気の「中華そば 来味 亀田店」のチャーシューメン

江南区、亀田駅近くのパチンコ屋さんエスタディオ敷地内にある「中華そば 来味 亀田店」へと行ってきました。

raimi_kameda_201601_1.jpg


オープンして1ヶ月ちょっとですが、人気も定着したらしく店内は満席、待合席でも10人程が待っていました。


今回注文したのは、ラーチャンのチャーシュートッピングです。

チャーシューラーチャン

raimi_kameda_201601_2.jpg

※麺上げ撮影後にセット画像を撮った為、少し麺が乱れています


チャーシューメン

raimi_kameda_201601_3.jpg

raimi_kameda_201601_4.jpg


たっぷりのチャーシューが迫力満点ですねぴかぴか(新しい)

スープはオープン当初と変化は感じず、相変わらず煮干しが前面に出ています。
動物系は控えめで、ほぼ煮干し出汁ではないかと感じる程です。

チャーハンと合わせて食べる事を考慮し、油はほとんど浮いていません。
(チャーシューから少しずつ油が出てきます)
ラーメンの重要な要素の「油」に頼る事なく、味わい深く仕上げているのはさすがですね。
といっても変わった味でも何でもなく、とてもシンプルな構成なのですが、全体のバランスが良いのだと思いますひらめき

チャーシューは、味の良く染みたロールチャーシューで、適度な歯応えが良いですね。
美味しいチャーシューがたくさんのったチャーシューメンお勧めですね手(チョキ)

麺は、なめらかな食感のストレート細麺です。
ツルモチ多加水中華麺とはまた違った、独特のしなやか食感が良いですねるんるん


チャーハン

raimi_kameda_201601_5.jpg


固めに炊かれた米を適度な火加減で調理しており、パラパラ食感がとても良い感じです。

味つけも少し濃い目で、油の少ないラーメンと合わせて食べるのにちょうど良いと思いますわーい(嬉しい顔)

やはり、こちらのお店のお勧めはラーチャンですねぴかぴか(新しい)
お腹に余裕があればチャーシューや味玉をトッピングするのも良いでしょう。

とても美味しかったです手(チョキ)


中華そば 来味 亀田店の詳細
posted by BBSHIN at 19:32| Comment(0) | 新潟市江南区

2016年01月09日

坂新 自慢のチャーシューがたっぷりとのった「チャーシューメン」

江南区、アピタの隣にオープンした「坂新」へと行ってきました。

banshin_201601_1.jpg


友人が食べた「ラーメン」

banshin_201601_2.jpg


私は「チャーシューメン」を注文しました。

banshin_201601_3.jpg


普通のラーメンと同じスープではありますが、前回食べたラーメンと比べ、豚系の匂いと旨味を強めに感じます。
これは恐らく、上にたっぷりとのったチャーシューから染み出る油によるものが大きいかと思われます。
また、チャーシューに染み込ませてある味が、少し溶け出してきているというのもあるでしょう。
こういう事は、一般的なチャーシューメンでも起きている事だと思いますが、この一杯はそれが如実に現れていると感じます。
といっても上記の普通のラーメンと比べてみても、スープ上層部が少し変化、そして油が増える位なので、食べ終わりのスープはほとんど同じ味となっています。

しかし、味の良く染み込んだチャーシューがこれだけたっぷりとのっていると、食べ応え抜群ですねぴかぴか(新しい)
チャーシューメンが自慢というのも納得です手(パー)


麺は縮れた多加水中太麺です。

banshin_201601_4.jpg


ツルツルモチモチの食感が印象的です。
気のせいか、以前よりも歯応えが良く弾力感があり、印象的な食感になっていると感じます。


サイドメニューの餃子

banshin_201601_5.jpg


ニンニクが強めに効き、刺激的な味の餃子でしたぴかぴか(新しい)
ソースカツ丼もなかなか面白かったですが、餃子の方もインパクトがありますね。


坂新の詳細
posted by BBSHIN at 22:21| Comment(2) | 新潟市江南区

2015年12月21日

桃林

新潟市江南区にある中華料理店「桃林」へと行ってきました。

tourin_1.jpg


各種ラーメン類は、+400円で半チャーハン、ミニサラダ、漬物付きに出来ます。

海老あんかけらーめんセット

tourin_2.jpg


ラーメンを単体で撮影

tourin_3.jpg


程よい旨味の塩味あっさりスープの上に、海老の他に、白菜、ニンジン、キクラゲ、マッシュルーム、ネギ、等の野菜が入った餡がたっぷりとのっています。

具材豊富でボリュームもあり美味しいですね。


麺は太麺、細麺が選べたので、細麺にしておきました。

tourin_4.jpg



セットの半チャーハン

tourin_9.jpg


半チャーハンというにはボリュームがあり、味の方も美味しかったですぴかぴか(新しい)



マーボーつけ麺

tourin_5.jpg


かなりトロみを強くつけられたマーボーつけダレは、弾力感があり、麺を置いても全く沈まない程です。

tourin_6.jpg


麺を沈めて引き上げると、トロみたっぷりの餡が絡みついてきます。

tourin_7.jpg


辛みはそこそこですね。

強いトロみがインパクト抜群でした。



餃子

tourin_10.jpg


手作りらしく、値段は450円でした。

大きめでモッチリ皮で美味しかったでするんるん


桃林の詳細
posted by BBSHIN at 19:49| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年12月19日

坂新

新潟市江南区、アピタの隣にオープンした「坂新」へと行ってきました。

banshin_1.jpg


良く写真を見てみると、右上に
「喜多方で行列の出来る坂内食堂で三十年修行した味」
と書いてあります。

坂内食堂には、今年の9月に行ったばかりなので、比較も出来てちょうど良いですね。

福島県の坂内食堂の食べ歩き記事


坂内食堂2代目店主の坂内章一氏からの花輪が出ています。

banshin_2.jpg



ラーメン

banshin_3.jpg

banshin_4.jpg


あっさり豚清湯のスープは、しっかりとした旨味が加えられ印象的な飲み心地です手(パー)

麺はツルモチ系の多加水縮れ中太麺で、コシと弾力感は低めながらも、適度な歯応えがサッパリ系のスープと良く合っています。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ネギとシンプルなスタイルです。
チャーシューは味の良く染みた柔らかいタイプですぴかぴか(新しい)
このチャーシューにはお店も自信があるらしく、「チャーシューメンがお勧め」と書いてありました。

喜多方市の坂内食堂との比較をしてみると、、
まずスープについては、あちらは豚のにおいが強めながらも、出汁感はそこまで強くなく、プラスされた旨味が強烈でした。それに対し、コチラは豚臭さはなく、出汁感は適度にあり、旨味も程よいレベルです。
麺については、喜多方のお店の方が、コシが強かった様に思います。
(3ヶ月前なので記憶も若干曖昧ですが)

この様に細部に違いはありながらも、方向性としてはほぼ一緒で、かなり似た味の一杯であると言えると思います手(パー)
これを食べた事で
「本場の味を食べた事がある」
といっても、それ程問題は無いレベルのクオリティかと思われますぴかぴか(新しい)

個人的には、旨味等のインパクトを控えめに、バランス良く仕上げられたコチラの方が好みですねひらめき


醤油ラーメン

banshin_5.jpg


こちらは「魚系」との事ですが、そこまで魚介系とは思いませんでした。
目立っているのは、むしろ「醤油」です。
そして旨味も強めですが、それが魚介素材由来なのか、調味料によるものなのかは不明です。
あとは、前述のラーメンと比べると、何故かコチラの方が魚というよりも豚感が強い気がするのが不思議です。
醤油ダレに加わった豚のエキスや少量の脂なのかもしれませんが、食べただけでは分かりませんでした。

色々書きましたが、スタイルとしては、シンプルな昔ながらの食べやすいアッサリ醤油ラーメンです手(チョキ)

奇をてらう事のないストレートな美味しい一杯でした手(パー)


サイドメニューのミニソースカツ丼を注文してみました。

banshin_6.jpg


カリっと揚がっており、若干酸味のあるソース味が漬けられ、美味しいですねぴかぴか(新しい)

タレカツ丼文化がある新潟でソースカツ丼というのは、なかなかレアで需要もあるのではないでしょうか?

カツ丼についてきた漬物

banshin_7.jpg



坂新の詳細
posted by BBSHIN at 17:20| Comment(6) | 新潟市江南区