2015年12月21日

桃林

新潟市江南区にある中華料理店「桃林」へと行ってきました。

tourin_1.jpg


各種ラーメン類は、+400円で半チャーハン、ミニサラダ、漬物付きに出来ます。

海老あんかけらーめんセット

tourin_2.jpg


ラーメンを単体で撮影

tourin_3.jpg


程よい旨味の塩味あっさりスープの上に、海老の他に、白菜、ニンジン、キクラゲ、マッシュルーム、ネギ、等の野菜が入った餡がたっぷりとのっています。

具材豊富でボリュームもあり美味しいですね。


麺は太麺、細麺が選べたので、細麺にしておきました。

tourin_4.jpg



セットの半チャーハン

tourin_9.jpg


半チャーハンというにはボリュームがあり、味の方も美味しかったですぴかぴか(新しい)



マーボーつけ麺

tourin_5.jpg


かなりトロみを強くつけられたマーボーつけダレは、弾力感があり、麺を置いても全く沈まない程です。

tourin_6.jpg


麺を沈めて引き上げると、トロみたっぷりの餡が絡みついてきます。

tourin_7.jpg


辛みはそこそこですね。

強いトロみがインパクト抜群でした。



餃子

tourin_10.jpg


手作りらしく、値段は450円でした。

大きめでモッチリ皮で美味しかったでするんるん


桃林の詳細
posted by BBSHIN at 19:49| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年12月19日

坂新

新潟市江南区、アピタの隣にオープンした「坂新」へと行ってきました。

banshin_1.jpg


良く写真を見てみると、右上に
「喜多方で行列の出来る坂内食堂で三十年修行した味」
と書いてあります。

坂内食堂には、今年の9月に行ったばかりなので、比較も出来てちょうど良いですね。

福島県の坂内食堂の食べ歩き記事


坂内食堂2代目店主の坂内章一氏からの花輪が出ています。

banshin_2.jpg



ラーメン

banshin_3.jpg

banshin_4.jpg


あっさり豚清湯のスープは、しっかりとした旨味が加えられ印象的な飲み心地です手(パー)

麺はツルモチ系の多加水縮れ中太麺で、コシと弾力感は低めながらも、適度な歯応えがサッパリ系のスープと良く合っています。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ネギとシンプルなスタイルです。
チャーシューは味の良く染みた柔らかいタイプですぴかぴか(新しい)
このチャーシューにはお店も自信があるらしく、「チャーシューメンがお勧め」と書いてありました。

喜多方市の坂内食堂との比較をしてみると、、
まずスープについては、あちらは豚のにおいが強めながらも、出汁感はそこまで強くなく、プラスされた旨味が強烈でした。それに対し、コチラは豚臭さはなく、出汁感は適度にあり、旨味も程よいレベルです。
麺については、喜多方のお店の方が、コシが強かった様に思います。
(3ヶ月前なので記憶も若干曖昧ですが)

この様に細部に違いはありながらも、方向性としてはほぼ一緒で、かなり似た味の一杯であると言えると思います手(パー)
これを食べた事で
「本場の味を食べた事がある」
といっても、それ程問題は無いレベルのクオリティかと思われますぴかぴか(新しい)

個人的には、旨味等のインパクトを控えめに、バランス良く仕上げられたコチラの方が好みですねひらめき


醤油ラーメン

banshin_5.jpg


こちらは「魚系」との事ですが、そこまで魚介系とは思いませんでした。
目立っているのは、むしろ「醤油」です。
そして旨味も強めですが、それが魚介素材由来なのか、調味料によるものなのかは不明です。
あとは、前述のラーメンと比べると、何故かコチラの方が魚というよりも豚感が強い気がするのが不思議です。
醤油ダレに加わった豚のエキスや少量の脂なのかもしれませんが、食べただけでは分かりませんでした。

色々書きましたが、スタイルとしては、シンプルな昔ながらの食べやすいアッサリ醤油ラーメンです手(チョキ)

奇をてらう事のないストレートな美味しい一杯でした手(パー)


サイドメニューのミニソースカツ丼を注文してみました。

banshin_6.jpg


カリっと揚がっており、若干酸味のあるソース味が漬けられ、美味しいですねぴかぴか(新しい)

タレカツ丼文化がある新潟でソースカツ丼というのは、なかなかレアで需要もあるのではないでしょうか?

カツ丼についてきた漬物

banshin_7.jpg



坂新の詳細
posted by BBSHIN at 17:20| Comment(6) | 新潟市江南区

2015年12月10日

中華そば 来味 亀田店

新潟市江南区、真玄跡地にオープンした「中華そば 来味 亀田店」へと行ってきました。

raimi_kameda_1.jpg


最近新潟で人気のラーメンと半チャーハンのセット「ラーチャン」がメインメニューとの事だったので、そちらを注文してみることに。


ラーチャン

raimi_kameda_2.jpg


にぼしラーメンを単体で撮影

raimi_kameda_3.jpg

raimi_kameda_4.jpg


あっさりとしながらも、煮干しが強めに効き印象的な味わいとなっていますぴかぴか(新しい)

油がほとんど浮かずスープの味がメインとなっていますが、それでも物足りなさを感じないのは、出汁がしっかりと出ているからですね手(パー)

しっかりと煮干しが効いている割りには苦味がほとんどありません。
といっても、全く苦味が無い訳ではなく、強めに煮干し出汁を出している事でほんの少しの苦味がありますが、そこがまた煮干しらしさを感じさせてくれますひらめき

麺は、この手のラーメンに良くある様なツルモチ多加水の中華麺ではなく、しっとり滑らかな食感のストレート細麺です。


セットの半チャーハン

raimi_kameda_5.jpg


固めに芯を残す様に炊かれたご飯を、パラパラとした食感に仕上げてあります。

煮干しの効いたあっさりラーメンのスープとパラパラ食感のチャーハンが実に良く合いますねぴかぴか(新しい)

ラーメンの油の少ないサッパリな仕上がりは、チャーハンと合わせて食べる事を前提としているからなのですね。

こういったスタイルのセットは、大抵、単体ではボヤけた味だったとしても合わせて食べる事で美味しくなったりしますが、今回食べたものは、ラーメン、チャーハン、それぞれが単品でも十分いける様な輪郭のハッキリした味わいになっていたと思います手(チョキ)


食べやすさと美味しさにより、余裕の完食となりましたわーい(嬉しい顔)

raimi_kameda_6.jpg


続きましては「つけめん」

raimi_kameda_7.jpg

raimi_kameda_8.jpg


あっさり醤油味のスープには、強めの酸味と甘味、そしてほんの少しの辛味が加えられています。
上に浮いた油はエビ油とのこと。

一口目を飲んだときは、かなり複雑な味となっている事で、何の味なのかハッキリ分かりませんでした(^^;)

麺をすすり、噛む辺りで軽く煮干しの味が口に広がり、ラーメンと同じスープを使っている事が分かりました
食べ進むと、徐々に煮干し味が前に出てきて、酸味や甘味の中にもしっかりとした煮干し出汁を感じる様になってきますひらめき

酸味や甘味が強く、油がエビである事には分からなかったのですが、バランスとしては油が煮干し出汁に勝っている様で、食べ進み油が減ってくる事で、煮干し出汁が主張してくる様です。

つけ麺には珍しい細麺もスープと合っていて良かったですねぴかぴか(新しい)

来味系列の繊細な麺は乾きに弱く麺同士がくっつきやすいという点はあるものの、スープに浸すとすぐにほぐれるので、食べにくさは特にありませんでした。

これを食べた人は

「食べやすく、独特の味で美味しかった」

と言ってましたぴかぴか(新しい)

麺も美味しいので、大盛り(無料)にするのも良いでしょう手(パー)


ラーチャンは、この味とボリュームで850円なら、だいぶお得感があると思いました。
また食べに行きたいですねグッド(上向き矢印)


中華そば 来味 亀田店の詳細
posted by BBSHIN at 22:55| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年12月02日

幸楽苑 アピタ新潟亀田店

買い物ついでに、アピタ新潟亀田店にある「幸楽苑」に寄ってみました。

kourakuen_kameda_1.jpg


ニトリ前のフードコートにあり、隣りには、イタリアンで有名なみかづきもあります。


注文したのは、「あっさり中華そば 半チャーハンセット」(680円税抜)です。

kourakuen_kameda_2.jpg


あっさり中華そば

kourakuen_kameda_3.jpg

kourakuen_kameda_4.jpg


あっさり醤油味で、しっかりとした旨味がプラスされたスープです。
麺はツルモチで弾力感のある多加水中細麺です。

トッピングは、柔らかく味の良く染みたチャーシュー、メンマ、三つ葉など。
濃いめの醤油風味に三つ葉のアクセントが良いですね。

単品で税抜380円の割にはだいぶ美味しく、やはり企業力を感じますね。


半チャーハン

kourakuen_kameda_5.jpg


パラリとした食感で、旨味も強め。
普通に美味しいチャーハンです。

普通のラーメン一杯の価格で、ラーメンチャーハンセットが食べられるというのは良いですね。
お金が無い時などには、こういうお店が重宝しますね。


幸楽苑 アピタ新潟亀田店の詳細
posted by BBSHIN at 02:21| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年11月14日

麺屋 空の新メニュー「ごま坦々」は胡麻風味たっぷりの一杯!

新潟市江南区の「麺屋 空」へと行ってきました。

sora_201511_1.jpg


今回は、新メニューのPR情報をもらっていたので、そちらを食べにきました。

新メニュー「ごま坦々」のPR情報


ごま坦々

sora_201511_2.jpg

sora_201511_3.jpg


タイトル通り、胡麻風味たっぷりのスープです。

ベースは、あっさり系のスープでしょうか?
トロみはそれ程ないのですが、たくさん使われている胡麻により、クリーミーでコクのある仕上がりとなっていますひらめき

適度にラー油もかかり、程よい辛味もありました。

トッピングとしては、挽き肉、白髪ネギ、モヤシ、チンゲン菜、ネギなどがのっていました。


穴あきレンゲもついており、ゴマ風味が絡んだ挽き肉を丼の底から引き上げて食べると美味しいですね。

ご飯との相性も抜群です。

sora_201511_5.jpg


続きましては

味噌ちゃーしゅー

sora_201511_4.jpg


濃い味噌風味のスープです。

勘違いか、少し味のバランスが変わった様に感じます。
以前は、少しトロみがあり、味噌は濃い目で動物系等のコクとまろやかさが合わさった感じだったと思っていたのですが、今回のものは、強烈な味噌風味がかなり前に出ていました。
味噌の味が強い事もあってか、他の部分が抑えられている様にも感じる、一点突破系の味わいだったかなと思います。

野菜などもあり、調理も加わるタイプの味噌ラーメンなので、その中のブレの範囲かもしれません手(パー)


トッピングのニンニク(別皿)

sora_201511_6.jpg


濃い味噌スープとニンニクは合いますねぴかぴか(新しい)


まかない飯の「あんかけご飯」

sora_201511_7.jpg


トロみと甘味の強いあんかけご飯でした。


麺屋 空の詳細
posted by BBSHIN at 12:43| Comment(2) | 新潟市江南区

2015年11月03日

麺者風天 期間限定「越後味噌納豆まぜそば」、汁なし辛肉まぜそば

新潟市江南区の「麺者風天」へと行ってきました。

futen_201511_1.jpg


お目当ては、UXほっとほっとフェスタでの2日間の限定発売後、好評につき再販となった「越後味噌納豆まぜそば」です。

越後味噌納豆まぜそばのPR情報

UXほっとほっとフェスタの食べ歩き記事


ただ、まだコチラのお店のレギュラーのまぜそばを食べた事が無かったので、まずはそちらを試してみる事に。

汁なし辛肉まぜそば

futen_201511_2.jpg

futen_201511_3.jpg


辛肉、生玉子、ネギ、ゴマ、海苔等がのったまぜそばです。

結構辛いですねあせあせ(飛び散る汗)

玉子をといて、全体をまぜると、辛味が行き渡りつつも、まろやか感も加わります。

麺は歯応えの強い自家製太麺です。

辛味が全体の味のバランスの大半を占めている印象でしたが、途中、別皿でついてきたニンニクを投入すると、、

futen_201511_4.jpg


劇的に味が変わります。

ガツンとインパクトがあり、辛さと香ばしさがぶつかりある刺激的な味わいへと変化しましたひらめき

「にんにく入れたら美味しくなった」

こう表現してしまうと安易な味の構成に感じてしまうかもしれませんが、とりあえず旨かったです手(チョキ)


麺を食べ終わったら、残った具に追い飯を投入ですダッシュ(走り出すさま)

futen_201511_5.jpg


追い飯は大抵、絵的に綺麗な感じにはなりませんが、一応掲載しておきます。

futen_201511_6.jpg


ニンニク風味と辛味がご飯に染みこみ、とても美味しかったですグッド(上向き矢印)



続きましては今回のメインの目的の「越後味噌納豆まぜそば」です。

futen_201511_7.jpg

futen_201511_8.jpg


詳しく聞いてないので細かくは分かりませんが、麺がイベントと違うとの事です。
そういえばイベントでは全粒粉入り的な見た目の太麺でしたが、今回はレギュラーメニューの麺と同じものでしょうか?


トッピングが実に個性的です。

田村定吉商店の「しその実」

futen_201511_9.jpg


刻み大葉

futen_201511_10.jpg


揚げゴボウ

futen_201511_11.jpg


納豆味噌そぼろ

futen_201511_12.jpg


イベントで食べた時は、「刻み納豆と挽き肉の混合」と書きましたが、お店でじっくり味わってみると、そぼろ肉に丸の納豆が混ざっている、という感じかもしれません。
挽き肉と共に納豆も口に入り勘違いしたのかも?


濃い味噌味のタレが麺に絡み、また挽き肉などの味も混ざり風味豊かな味わいとなっています。
そこに加わる「しその実」と「大葉」の清涼感がたまりませんねるんるん


今回は追い飯付となっています。

futen_201511_13.jpg


辛肉まぜそばの追い飯を食べた感想から

「こっちも追い飯にニンニクあった方が美味しいのでは?」

などと、話をしていました。


そして、ご飯を投入ダッシュ(走り出すさま)

futen_201511_14.jpg


ウッ、ウマ・・!

納豆そぼろ、そして、しその実に大葉といった具とご飯の相性は抜群ですぴかぴか(新しい)

ニンニクは全く必要ありませんでした手(パー)
入ってたら、せっかくの旨味と清涼感のバランスをぶっ壊していた事でしょう。


サイドメニューの麻婆豆腐

futen_201511_15.jpg


以前食べた赤っぽいマーボーメンとは全く違う麻婆豆腐です。

聞いてみると、オープン当初とは麻婆豆腐を変えたのだとか。

黒い色で甘味も強いので、甜麺醤がメインでしょうか?

当初食べたものは、唐辛子メインの構成だったと思いますが、思い切った変化が加えられた様です。

良く味わうと、若干の辛味もありますが、強いトロみと風味の強い味噌味と甘味に覆い隠されている印象です。


トロみがもの凄く強いです。

futen_201511_16.jpg


各種調味料

futen_201511_17.jpg


魚粉、醤油、ラー油、酢、山椒、唐辛子、胡椒

麻婆豆腐に辛味や痺れを追加したい人は、ラー油や山椒をプラスしても良いかなと思います。



サイドメニューの唐揚げ

futen_201511_18.jpg


カリカリっと揚がり食感の良い唐揚げです。

ビールのつまみにメチャクチャ合いそうですね。

全体的にとても美味しかったです手(チョキ)


麺者風天の詳細
posted by BBSHIN at 20:15| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年09月23日

ラーメン工房 まるしん 汁なしマーボ麺

新潟市江南区にある人気店「ラーメン工房 まるしん」へと行ってきました。

marushin_201509_1.jpg


お店の裏側にも大きな駐車場がありますが、お店前の駐車スペースも含め満車となっています。
お店の中にも数人、店外にも数人が並んでいました。
シルバーウィークという事もあるのでしょうが、相変わらずの人気ですね〜

ただ、店内は広く、またテーブル席も大きめで相席利用する事で回転はかなり早めです。
それ程並ぶ事なく席につく事が出来ました。


注文したのは人気のマーボーメンのスープオフバージョンです。

汁なしマーボー麺

marushin_201509_2.jpg

marushin_201509_3.jpg


器が大きくたっぷりの麻婆豆腐が入っています。
この麻婆豆腐だけで満腹になってしまいそうな程です。

麺は少し縮れた食感の良い中麺です。
トロみの強い麻婆餡がたっぷりと絡みついてきます。

とても美味しかったでするんるん

欲を言えば半ライスなどと合わせて食べたいところですが、メニューには無い様です。
半チャーハンやラーメンチャーハンセットなどはある様ですが、平日のみの販売となっている様です。

機会あればチャーハンも食べてみたいですね。


続きましては「ラーメン」です。

marushin_201509_4.jpg

marushin_201509_5.jpg


ワカメや比較的薄めの醤油色といった見た目から、食堂で提供される様な昔ながらのあっさりラーメンを想像していましたが、食べてみると全然違います。

スープはあっさりながらも、しっかりとした旨味があります。
バランス良い配分の出汁感も良いですね。

麺は普通の中華麺に見えましたが、固めで強い歯応えが印象的です。
麻婆麺よりもこちらの方が麺の良さが出ていると思いました。

とても美味しかったです手(チョキ)


テーブル調味料

marushin_201509_6.jpg


使ってないので分かりませんが、恐らく
酢、唐辛子、胡椒、辛味噌、ラー油、紅ショウガ
だと思います。

あとは、つけ麺の割りスープと思われるポットも置いてありました。


ラーメン工房 まるしんの詳細
posted by BBSHIN at 12:46| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年09月05日

真玄 玄二郎

新潟市江南区の「真玄」へと行ってきました。

shingen_201509_1.jpg


こちらのお店は新潟市東区の人気店「麺や来味」の姉妹店となっています。

以前行ったのはオープン当初でしたが、その時になかったメニューを注文してみる事としました。

玄二郎

shingen_201509_2.jpg

shingen_201509_3.jpg

shingen_201509_4.jpg

おろしニンニク、辛味ニンニク、おろし生姜の3種から1種選べるとの事だったので、おろしニンニクを選びました。

たっぷりのモヤシ、キャベツがのっており、麺も1.5玉らしく、かなりボリュームがありますね。

スープはあっさりめの醤油味で、表面に多めの油が浮いています。
油はサラっとした液状で、透明な中にも鶏風味がほんの少し混じっていた様な気がしました。
ハッキリとは分からず、勘違いかも、、

麺はツルモチの太麺ですが、このスタイルの麺としてはスープの馴染みが良いと思います。
序盤は、油の風味が控えめという事もあり、麺へのスープ等の絡みが少ないと思いましたが、徐々に醤油味のスープが染み込み、終盤はかなり味が絡んできました。

チャーシューは定番の厚みのある炙った柔らかいタイプです。
こういうラーメンには合いますねひらめき

ボリュームがあり、味も良いのですが、あえて欠点をいうなら食べにくい事です。
茹で野菜がたっぷりのっており、野菜をスープに漬けようと思っても、丼の中にもギッシリと麺が詰まっているので、野菜を沈ませる事が出来ず表面の油のみがつきます。
たたそこは、少し食べ進み麺が減ると解決しますが、麺の方も上に野菜がたっぷりあるので引き抜きにくかったりします。
ここを解決するのは凄く簡単で、醤油さしに入れた醤油ダレを常備し野菜にかけられる様にするか、取り皿を1つくれれば一気に食べやすくなります。
または、天地を返すか・・・

こういった事もあり、序盤は食べにくく麺への絡みも少ないのですが、終盤は食べやすく麺にも絡んでくるので、徐々に美味しくなってきます。
レンゲのニンニクも置いておくだけで徐々にスープに沈み、自然と混じっていったので、味にインパクトも生まれてきます。

ボリュームがあり、各パーツも美味しく、値段も700円とお得で、とてもコスパの良い一杯だと思いました手(パー)



テーブル調味料
(ラーメンコショー、玄二郎用一味)

shingen_201509_5.jpg


つけ麺

shingen_201509_6.jpg


あっさりのつけダレは、強めの酸味と甘味が加えられています。
ゴマ?、魚粉?の様な物も加えられていました。

麺もつけ麺にしては、なめらか、しなやか食感で、とても好みのタイプです。
ガシっとしたタイプではなく、スープに良く合った麺ですね。

チャーシュー、海苔、小えびなどが入っており、定番のお麩も2つ浮いています。

写真左上は割りスープが最初からついてきて、冷めない様にとフタがしてあります。

フタを開けた写真

shingen_201509_7.jpg

中身は魚介出汁でした。


とても美味しいつけ麺でしたね。

麺はデフォルト1.5玉らしいですが、とても美味しかったので、10円の大盛り、20円の特盛りなども良いかと思います。


真玄の詳細
posted by BBSHIN at 12:06| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年07月22日

中華そば さぶろう

新潟市江南区にオープンした「中華そば さぶろう」へと行ってきました。

saburou_1.jpg


場所は今年の春に閉店した「膳」の跡地です。
膳に関しては当初移転予定と聞いていましたが、最近確認していないので後日確認したいと思います。


濃厚煮干中華

saburou_2.jpg

saburou_3.jpg


結構濃厚な動物系スープに煮干しが効いています。

麺は噛み切る時の食感がバツンバツンという感じの中細麺です。
新潟ではまだ珍しいタイプですが、私はこういう麺好きですね。

チャーシューは厚めに切られ柔らかく煮込まれています。

序盤はスープの煮干し感は程よいレベルで飲みやすかったのですが、終盤ガラっと変わってきました。

丼の底には煮干し魚粉がたっぷりと沈んでおり、下の方の麺を引き上げると煮干粉がたっぷりと絡みついてきます。

saburou_4.jpg


レンゲを底からすくうとこんな感じです。

saburou_5.jpg


この煮干し魚粉は、頭や内臓も含めそのまま破砕されているのか、かなりエグみの強いタイプでした。
今まで「ド煮干」と呼ばれるものは何度か食べてきましたが、このタイプはちょっと予想外ですね。
魚粉を使う事はあってもまさかここまでとは、、

序盤はかなり食べやすいですが、終盤一気に強烈な味わいへと変化しました。

丼の上部は煮干しがそこまで効いてなかったので、恐らくは提供時に魚粉をプラスしていると思われます。
手鍋でスープを温め、この煮干し魚粉を入れて数秒沸騰手前まで加熱し、丼に注ぐ際に手網で濾す様にすればガツンとした煮干し風味が入り、魚粉のザラ付きも抑えられる気もしますが、それではオペレーション的に厳しいかもしれませんね。

ただ、店内の説明には「煮干しが苦手な人は底から混ぜないで下さい」的な事が書いてあるので、お店側の狙い通りの味なのでしょうひらめき

個人的には終盤の魚粉のザラついた苦味は苦手でしたが、序盤はかなり好きな味でした手(チョキ)


中華そば

saburou_6.jpg

saburou_7.jpg


甘味のあるあっさり醤油味のスープです。
魚介風味もほんのりと漂っているでしょうか。

麺はパツパツとしたストレート細麺です。

店主はだるまや系出身との事ですが、こちらの一杯はだるまや系列で良くあるタイプのあっさり醤油と関東の淡麗醤油を足して2で割った様な味でした。
今までとの大きな違いは麺でしょうか。

こちらは、シンプルなスタイルの美味しさでしたね。

2杯を食べ比べてみると、中華そぱの方が食べやすかったですが、個人的には濃厚煮干の方がインパクトがあり良かったかなと思います。
他ではなかなか食べられない味だったのも好感が持てます。

あえていうなら、魚粉を3分の1位にし、残り3分の2はお好みでの後入れにするとか、もう少し工夫が見られれば尚良いかなと思います。


中華そば さぶろうの詳細
posted by BBSHIN at 19:31| Comment(4) | 新潟市江南区

2015年07月04日

麺者はなぶさ

江南区にオープンした「麺者はなぶさ」へと行ってきました。

hanabusa_1.jpg


とりそば

hanabusa_2.jpg

hanabusa_3.jpg


タイトル通り「鶏」風味全開の一杯ですね。

スープは濃い目の醤油味で、出汁は鶏との事です。
油は多分鶏油で、強い鶏感はそこから出ているのかなと思われます。

チャーシューも豚ではなく鶏が用いられているのも良いですね。
こういったラーメンで豚チャーシューを用いると豚肉から落ちる油がバランスを崩してしまうケースがありますしね。

麺はストレートで歯切れの良い麺でした。
スープとも良く合っていますね。

最近の淡麗鶏清湯とも、昔ながらの鶏ガラ中華とも取れる様な中間的な一杯でした。


とりみそ

hanabusa_4.jpg

hanabusa_5.jpg


こちらは味噌で覆われるのか、鶏っぽさはほとんど感じませんでした。
といっても、私自身、淡麗鶏味噌というのは今のところ食べた事がありません。

スープは恐らくはアッサリがベースで味噌は風味が強いタイプです。
表面には油が多めに浮き、結構コッテリです。

麺は少し縮れた太麺でした。

モヤシ、キクラゲ、ニンジン等の野菜の他、鶏チャーシュー、辛味噌ものっています。

新潟に良くあるタイプの味噌ラーメンだと思います手(パー)


餃子3個

hanabusa_6.jpg


とり玉ごはん

hanabusa_7.jpg


麺者はなぶさの詳細
posted by BBSHIN at 22:56| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年07月01日

麺屋空 和風冷し麺

新潟市江南区の「麺屋空」へと行ってきました。

sora_201506_1.jpg


今回の目的はPRコーナーに掲載していた「和風冷し麺」です。


和風冷し麺のPR情報

和風冷し麺

sora_201506_2.jpg

sora_201506_3.jpg


シンプルな冷やし中華です。

以前のこちらのお店の冷やしは一風変わったものを提供していましたが、今回の冷やしは定番形の一杯です。

昔はこういう冷やし中華を良く食べていたものですが、食べ歩きを続ける様になるとこういったタイプはしばらく疎遠になっていたので、懐かしさを覚える味でした。

薬味は辛子とわさびから選択可能なので、辛子を選びました。

sora_201506_4.jpg


こういう冷やし中華にはやっぱり辛子が合いますね。


味噌ラーメン(白髪ネギトッピング)

sora_201506_5.jpg

sora_201506_6.jpg


基本メニューに「ねぎみそ」がある事から、運ばれてくる時に「ねぎみそ、辛味無しです」といって運ばれてきました。
そういえば、「からみそ」には辛味ネギがのっていたので、白髪ネギは辛味無しネギという事になるのですね。

辛味があって味の主張の強いネギも良いですが、スープの味がストレートに馴染む白髪ネギと味噌スープの相性は良かったですね。

スープは、濃厚味噌で、味噌、スープともに濃いタイプでしょうか。

歯応えある太麺とスープも良く合っていて美味しかったです。


ランチサービスのおむすび
(数量限定らしいです)

sora_201506_7.jpg


麺屋空の詳細
posted by BBSHIN at 22:54| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年05月06日

麺者風天 濃甘えびつけ麺

新潟市江南区の「麺者風天」へと行ってきました。

futen_201504_1.jpg


濃甘えびつけ麺

futen_201504_2.jpg

futen_201504_3.jpg


かなり海老風味たっぷりのつけ汁ですねぴかぴか(新しい)

スープ自体はそれ程濃厚ではないのですが、上に油が結構浮きコッテリに仕上がっています。

麺は自家製の太麺で歯応え良く美味しいですね。
スープに漬けると、スープと油、そして海老風味がたっぷりと絡んできます。

トッピングは、柔らかいバラロールチャーシュー、味玉、小エビ、せんべいです。
大きく丸いせんべいは少し食べにくかったので、ふんわり揚がったえびせんだと、スープの絡み良かったかなと。

麺も美味しく、海老風味が分かりやすく、方向性が明瞭な一杯でした。
美味しかったです手(チョキ)


テーブルには魚粉や山椒なども置いてありました。

futen_201504_4.jpg



ギョーザセット(200円)

futen_201504_5.jpg


唐揚げセット(200円)

futen_201504_6.jpg


麺者風天の詳細
posted by BBSHIN at 10:26| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年04月12日

麺処 おおみち

新潟市江南区に先月オープンした新店「麺処 おおみち」へと行ってきました。

oomichi_1.jpg


注文したのは、ラーメンです。

oomichi_2.jpg

oomichi_3.jpg


あっさりとした昔ながらのラーメンですね。
塩と醤油を併用した様なタレでしょうか。

スープは、程よく魚介風味もあり、旨味も軽くプラスされている位かなと。

麺は歯ごたえの良い多加水のツルモチ中華麺です。
スープを軽く弾きながらも、味も程よく入る麺ですね。

バランス重視で控えめのスープに、麺が少し存在感を出しており、飽きがこず食べ応えある仕上がりの一杯かなと思いますぴかぴか(新しい)


麺は北海道産小麦「春よ恋」を使った麺との事。

oomichi_4.jpg


食べながら気づいたのですが、こちらのお店の麺は先日自分でも自作ラーメンで試した中華麺と同じ物でした。
自作ラーメン記事はこちら

私はついつい、色々と変わった食材を使ったりしてしまいましたが、今回の一杯を食べてみると、やはりこういうタイプの麺はこういった奇をてらう事の無いオーソドックスな中華そばに使うべきなのかなと思いました。
今後の参考にしたいと思います。


続きまして「担々麺」

oomichi_5.jpg

oomichi_6.jpg


醤油ラーメンに使っているものと同じと思われるあっさりとしたスープに、ゴマがたっぷりと効かせてあります。
辛味は軽めで、程よく食欲を刺激してくれます。

ひき肉もスープの味が加わり、とても良い感じでした。
終盤、ひき肉が沈むので穴空きレンゲが欲しいとも感じましたが、スープがあっさりで飲みやすいので、そのままひき肉をスープと共にレンゲですくい上げ食べていました。

看板メニューは醤油ラーメンなのだと思いますが、個人的にはこちらの方がお勧めかも??


麺処 おおみちの詳細
posted by BBSHIN at 00:02| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年03月29日

ラーメン オギカワ 亀田店

亀田駅近くの「ラーメン オギカワ」がすぐ近くの新華拉麺跡地に移転オープンしたので行ってきました。

ogikawa_kameda_1.jpg


駐車場はお店の前に4台と、以前のお店の向かいに大きな駐車場が用意してあります。

ogikawa_kameda_2.jpg


注文したのは定番の「豚骨しょうゆ」です。

ogikawa_kameda_3.jpg

ogikawa_kameda_4.jpg


麺は細麺への変更も可能でしたが、移転後初回という事もあり基本の太麺のままにしておきました。

豚の旨味たっぷりの豚骨スープに醤油ダレ、油は鶏油の家系豚骨スタイルでしょうか。
濃厚さの割りにクドさがなく、まろやかな舌触りが特徴的です。
油の風味も良いですね。

チャーシューは味が良く染み、トロトロに柔く仕込まれたバラ肉です。

正統派のスタイルの豚骨醤油で、完成度の高さが光る一杯でしたぴかぴか(新しい)


担々麺

ogikawa_kameda_5.jpg


自分で白ゴマをすって、お好みでプラスします。

ogikawa_kameda_6.jpg


こちらも麺は細麺に変更可能でしたが、太麺のままにしておきました。

濃厚なスープは、すりゴマを入れる前からゴマ風味たっぷりです。
挽肉も美味しく、穴開きレンゲも付属されているので、最後まで美味しくいただけます。

辛味はそれ程感じませんでした。

ライスと合いそうな美味しい担々麺ですねるんるん


サイドメニューのドロたま丼(350円)

ogikawa_kameda_7.jpg


刻まれたチャーシューに半熟味玉、魚粉とマヨネーズがかかっています。
単純な調理法ではありますが、反則的な美味しさにハマってしまいそうですあせあせ(飛び散る汗)


他にも魚介が効いた「魚豚Wスープ」や、濃厚豚骨味噌スープをモヤシ、キャベツ等の野菜に絡ませた新潟濃厚味噌スタイルの「豚骨みそ」、「塩豚骨」「つけ麺」などもあり、機会あればまた食べに行きたいですね。



ラーメン オギカワ 亀田店の詳細
posted by BBSHIN at 22:53| Comment(0) | 新潟市江南区

2015年02月12日

真正中華 唐人 横越店

横越にある中華料理店「真正中華 唐人 横越店」へと行ってきました。

tohzin_yokogoshi_1.jpg


こちらのお店は、西区の漢や昨年末にオープンした中央区の漢×2と同系列店との事です。
個人的には漢×2で食べた「鶏金湯ラーメン(塩)」が美味しかったので、こちらのお店にも期待してやってきました。

店内に入るとかなり賑やかな雰囲気に驚きました。
普通の中華料理店というよりは、中華居酒屋的なスタイルのお店の様ですね。
メニューも居酒屋的で、アルコール系や中華系のおつまみメニューが充実していました。

という事で、普通にラーメンを食べるのは止めて、一品料理を注文する事にしました。


まずはドリンクです。
車できたという事でウーロン茶にしておきました。

tohzin_yokogoshi_2.jpg


もやし香味炒め

tohzin_yokogoshi_3.jpg


シャキっとしたモヤシ炒めは旨味強めでおつまみにピッタリの味わいでしたぴかぴか(新しい)


鶏ナンコツの唐揚げ

tohzin_yokogoshi_4.jpg


ちなみに、満席で多くの注文が飛び交う中、厨房での調理は一人で行っており、かなりの忙しさの様でした。
次から次へと入る様々なオーダーを、かなりの手際の良さと、素早い足さばきで、こなしている姿は圧巻でした。身体能力がかなり高いですねあせあせ(飛び散る汗)

シメにラーメンを注文です。

tohzin_yokogoshi_5.jpg

tohzin_yokogoshi_6.jpg


透き通る塩味のスープは、あっさりながらも旨味はちょうど良く、実に飲みやすいスープです。

麺はオーソドックスな中華麺です。

とても綺麗で美味しい一杯でしたるんるん
レベルの高い中華系塩ラーメンですね手(パー)


五目ラーメン

tohzin_yokogoshi_7.jpg


あっさり醤油スープに程よいトロみと旨味の五目餡がかかっています。
野菜などの具材への火のとおりも良く、美味しい五目ラーメンでした。


真正中華 唐人 横越店の詳細
posted by BBSHIN at 21:18| Comment(0) | 新潟市江南区

2014年12月08日

麺屋 空 プレミア味噌

新潟市江南区の「麺屋 空」へと行ってきました。

sora_201412_1.jpg


今回の目的はPR情報をもらっていた「プレミア味噌」です。

プレミア味噌のPR情報


プレミア味噌

sora_201412_2.jpg

sora_201412_3.jpg


いつもの濃い味噌味のスープに、チャーシュー、角切りチャーシュー、味玉、万能ネギ、白髪ネギ、コーン、バターなど、トッピングがたっぷりとのっており、「全部のせ」的な豪華な一杯となっていますひらめき

風味の強い濃厚味噌とバター、コーンの組み合わせは鉄板ですね手(パー)

食べ応え抜群の一杯でしたるんるん


みそつけ

sora_201412_4.jpg


甘めの味噌味のつけダレに、ひやもりで歯応え良い太麺でした。


週がわりの「まかないハン」

今週は「チャー玉」でした。

sora_201412_5.jpg


甘味のあるタレで味付けられ、香ばしい仕上がりです。
ほんの少しうなぎの蒲焼を食べている様な気分になり、山椒が欲しくなりました手(パー)

美味しかったでするんるん


麺屋 空の詳細
posted by BBSHIN at 22:52| Comment(0) | 新潟市江南区

2014年11月23日

新華拉麺 麻婆メン

新潟市江南区の「新華拉麺」ですが、ここ数ヶ月程休業している様です。

shinka_201411_1.jpg


何度か食べに行こうと試みていますが、毎回チェーンが張られており休業中となっています。

好きなお店なので早く再開してくれる事を期待します。


今回は、8月に食べたラーメンを掲載したいと思います。
下書きを終えしばらくしてから「休業しているかも?」という情報が入り、状況を確認する為に掲載を保留していました。


8月時点の新華拉麺

shinka_201411_2.jpg


二人で行って二品食べ、そのうちの醤油ラーメンが美味しかったので、他の品も試したくなり麻婆麺を追加で注文しました。

前回掲載した記事

麻婆メン

shinka_201411_3.jpg

shinka_201411_4.jpg


お願いした訳ではなかったのですが、店主は2人で食べられる様にと取り皿を持ってきてくれました。
ついでに再び撮影許可を願い出ると、快くオッケーしてくれました。

味の良いマーボー餡がかかり、麺にも餡が良く絡み、とても美味しいですね。

常連客らしき先客の方が単品の麻婆豆腐をつまみに一杯やっており、とても美味しそうに見えた事もあり、この品を注文しましたが、予想通りの美味しい一杯に大満足です。


餃子

shinka_201411_5.jpg


昔、水餃子が人気と聞いた事がありましたが、この日は無かったので普通の焼き餃子を注文しました。

手作りらしく、とても美味しい餃子です。

夜遅くまで営業している事もあってか、帰り際には軽く飲みにきた常連さんがやってきました。

ラーメンだけでなく、炒め物や餃子など、おつまみにもなりそうなものあり、ちょい飲みに利用する方も多いのかもしれませんね。


ここ数ヶ月休業しているのをうけ、当サイト上では一覧から一旦外し休業扱いとしましたが、再開情報等何か分かったらコメント欄、メール、掲示板等でご連絡頂けると助かります。


新華拉麺の詳細
posted by BBSHIN at 10:17| Comment(0) | 新潟市江南区

2014年08月22日

新華拉麺

新潟市江南区、亀田駅から駅を背に右にしばらく行ったところにある「新華拉麺」へと行ってきました。

shinka_1.jpg


こちらのお店に行くのはかなり久しぶりです。
以前行った時からは6〜7年が経過しているでしょうか。

訪問したのが夜遅めの時間だった事もあり、他のお客さんは常連さんが一人いるだけでした。


注文したのは、ノーマルな「醤油ラーメン」です。

shinka_2.jpg

shinka_3.jpg


深みのある醤油ダレが特徴的なあっさりスープです。
背油が少しだけ浮いていますが、コッテリという感じではありません。
醤油の風味の他、タレの旨味、香味野菜的な甘味と香り、背油のコクと甘味などバランスが良く、飽きのこない味わいです。

麺は中位の太さのツルモチ麺で弾力感が印象的ですぴかぴか(新しい)

チャーシューは柔らかい食感で、味が良く染み込んでおり、実に美味しいでするんるん
特に脂身の部分のトロトロ感がなんともいえずに良かったです。

以前、このラーメンを食べた時、「青島に似てる」と感じ、店主に「修行したのは青島ですか?」と聞いてみたところ「ハイ、ソウデス」と答えてくれたのを覚えていますが、久しぶりに食べてみるとそこまで似てるとは思わず、独自の美味しさのある一杯だと感じました。
人の味覚は変わるものだなと実感致しました手(パー)


肉野菜炒め定食

shinka_4.jpg


美味しい野菜炒めにですねぴかぴか(新しい)
ご飯は少し多め、スープも量が多かったです手(パー)


お店紹介ページが古かったのでリニューアルしようと思い、店主にいくつか質問してみたところ、以前とラーメンの味や見た目は変えていないとの事だったので、前回のラーメン画像(こってりチャーシューメン、味噌ラーメン)はそのまま使う事にしました。

あと、訪問前に電話をしたところ、不通状態となってしまい繋がらなかったので、店主に聞いてみたところ、ここ1年位で電話番号が変わったとか?
という事で、今回の訪問を機会にお店紹介のTEL情報も訂正する事としました。


味も美味しく、お店の雰囲気も良く居心地が良かったので、お腹いっぱいの状態ではありましたが、追加注文をする事としました。

追加注文分に関しては後日掲載致します手(パー)


新華拉麺の詳細
posted by BBSHIN at 01:34| Comment(2) | 新潟市江南区

2014年07月22日

奥村家 横越店

横越にオープンした奥村家の2号店へと行ってきました。

okumuraya_yokogoshi_1.jpg


サイドメニューのキャベチャー丼が気になりましたが、この日は野菜が切れており野菜ラーメン、野菜炒め、キャベチャー等が不可との事でした。
キャベチャー好きなので、とても残念です。

今回は4人で行ったのでそれぞれ別のものを注文しました。


チャーシューメン大盛り

okumuraya_yokogoshi_2.jpg

okumuraya_yokogoshi_3.jpg


スタンダードな家系ラーメンです。

濃厚で香ばしい香りが漂う豚骨醤油スープは相変わらずおいしいですね。
以前、東区のお店で食べた時、ライトな豚骨スープに変化していたのが気になっていましたが、今回のものは家系としては普通の濃度でした。
やっぱりこの位の方が美味しいですねぴかぴか(新しい)


ほうれんそうチャーシューメン(大盛)

okumuraya_yokogoshi_4.jpg


味玉ラーメン

okumuraya_yokogoshi_5.jpg


みそとんこつラーメン(細麺)

okumuraya_yokogoshi_6.jpg

okumuraya_yokogoshi_7.jpg


濃厚なスープと、それに負けない味噌味が、5分5分のバランスとなっており、ガツンとくる仕上がりです。
ちょいしょっぱめな位ですが、美味しかったですね。

野菜があれば野菜味噌で食べたい一杯でした。


テーブル調味料

okumuraya_yokogoshi_8.jpg


壁に書かれた

「我がラーメンに一片の悔い無し」

okumuraya_yokogoshi_9.jpg


奥村家 横越店の詳細
posted by BBSHIN at 21:11| Comment(0) | 新潟市江南区

2014年06月21日

麺屋 空 冷やしざる中華

江南区の「麺屋 空」

sora_201406_1.jpg


今回のお目当てはPR情報をもらっていた「冷やしざる中華」です。

冷やしざる中華のPR情報

PR情報をもらったラーメンに関しては、出来るだけ自分でも試してみる事にしています。



冷やしざる中華

sora_201406_2.jpg

sora_201406_3.jpg


レモン等の酸味と甘みのある甘酢醤油ダレ、麺は冷たくシメられ弾力感のある太麺です。

麺の上にはチャーシューの他、細切り玉子、きゅうり、トマト、海苔といった冷やし中華の定番具材がのっています。

ある意味、ほぼ「普通の冷やし中華」なのですが、

・麺が太い
・タレがつけ麺の様に別の器に入っている

という点が異なり、太麺を酸味の効いた冷たいつけダレに漬けて食べるのは、なかなか面白いです。


美味しく、また、食べやすかったので、サラっと食べられました。


空麺チャーシュー

sora_201406_4.jpg

sora_201406_5.jpg


少し白く濁ったあっさりめのスープに、油が程良く浮き、ちょうど良いコッテリ感となっています。
スープはあっさりながらも旨味が強く、飲みやすく美味しいですね。
上にのった干し海老がスープに混じると、スープに海老テイストが加わります。



麺屋 空の詳細
posted by BBSHIN at 15:24| Comment(0) | 新潟市江南区