2017年11月03日

秋葉区「八幡ラーメン」のあっさり淡麗醤油な一杯

秋葉区の「八幡ラーメン」へと行ってきました。

hatiman_20171103_1.jpg


今回はホットペッパーが運営するメシ通の取材が目的です。

メシ通掲載の記事はこちら



今回食べたのがコチラ

ラーメン

hatiman_20171103_2.jpg

hatiman_20171103_3.jpg


あっさり醤油味のスープは、程よいレベルの魚介、鶏の風味、濃い目の醤油風味など、様々な味が折り重なり、複雑かつ深みのある味わいを醸し出しています。
なかでも醤油が目立つバランスとなっていました。

麺はパッツリ食感のストレート中細麺です。
加水が少し低めな事もあり、スープが良くなじみます。

地域の人々に愛される中華料理店という事もあってか、ハッキリとしたインパクトを出す形ではなく、食べやすい一杯となっていましたが、トータルで見るとハイレベルな淡麗系醤油に仕上がっていたと思います。

とても美味しかったです。



もう一杯は定番のコチラ

味噌ラーメン

hatiman_20171103_4.jpg

hatiman_20171103_5.jpg


背油のコクと甘み、ベースとしての動物系スープ、そして、甘味のある味噌味が印象的です。
魚介なども入っている様ですが、その辺りは分かりにくく、全体の底上げに寄与しているものと思われます。

モッチリ多加水の太麺も食べ応えがあって美味しいですね。



麺とセットで+200円で半チャーハンをセットに出来ます。

hatiman_20171103_7.jpg


固め食感のご飯をパラパラ食感に仕上げ、適度な旨味のしっかりとした味付けが絶妙です。

とても美味しいチャーハンでした。

これで+200円とは、、

間違いなくセットにすべき一品かと思われます!


もう一つのセットメニューもご紹介します。

+100円の餃子

hatiman_20171103_6.jpg


もっちりとした歯ごたえ良い皮に、ジューシーな肉汁たっぷりの具材が詰まっています。

セットに出来るのは、一人一つまでで、チャーハンと餃子でどちらかを選択しなくてはいけません。
(残念ながら両方セットでお願いする事は出来ない様です)

どちらも魅力的な品なので、どちらを注文するか迷ってしまいますね・・
二人以上行って2品をシェアするという手も良いかもしれません。


八幡ラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 12:17| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2017年07月08日

だるまや新津店 秋葉区にニューオープン!

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、新潟市秋葉区にオープンした人気グループの支店です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

秋葉区にある「だるまや」に行って来ました。
今年の4月にオープンしたばかりの新店です。

darumaya_niitsu_1.jpg


場所は新津自動車学校近く、ローソン向かいの、パチンコN-1跡地です。
夜8時近くに行ったにも関わらず、4名ほどのお客さんが並んでいました。


小生は看板メニューの「だるまやラーメン」を注文。

darumaya_niitsu_2.jpg

darumaya_niitsu_3.jpg


スープは煮干しの香りがするこってり背脂スープ。
麺は中くらいの太さでストレート、チャーシュー2枚、海苔2枚、ねぎ、そして、もやしがこれでもかというほど乗っております。
もやしが、濃い味のスープを中和させ、整えてくれています。
チャーシューは柔らかくて、味がしっかり染みています。

ちなみに中盛り無料でした。


だるまや新津店の詳細
posted by BBSHIN at 09:16| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2017年03月30日

中華そばふじの新津店の旨辛かつクリーミーな「味噌担々そば」!

新潟市秋葉区にある「中華そば ふじの 新津店」へと行ってきました。

fujino_niitsu_201703_1.jpg


今回の目的はホットペッパー「メシ通」への掲載の為の取材です。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのはこちら↓↓↓

味噌担々そば

fujino_niitsu_201703_2.jpg


味噌が人気のふじのですが、こちらの一杯はその味噌にゴマのクリーミー感と辛味が加わり、味の深みがアップしていますグッド(上向き矢印)
味噌の風味にスープの出汁感、ゴマ、ラー油などが合わさり複雑な味わいとなっています。
コク深い味わいがたまらないですね〜


麺は歯応えの良いモッチリ感のある多加水太麺です。

fujino_niitsu_201703_3.jpg

若干スープを弾くタイプの麺に、味の強いスープが程よく絡みます。
麺とスープの相性も良いですねぴかぴか(新しい)

とても美味しかったでするんるん



続きましてはこちら

つけ麺

fujino_niitsu_201703_4.jpg

fujino_niitsu_201703_5.jpg


あっさり系のつけ麺で、魚介とゴマ風味、酸味と甘みが入り混じったスープです。

ひやもりにすると、麺の美味しさが際立ちます。
この麺ならば、中盛、大盛、はたまた、特盛にしてもペロっといけそうな気がします。

こちらも美味しかったです手(チョキ)


サイドメニューもお勧め!

モッチリ皮の餃子(3個220円、5個350円)

fujino_niitsu_201703_6.jpg


香ばしく炙られたチャーシュー丼(200円)

fujino_niitsu_201703_7.jpg


中華そばふじの新津店の詳細
posted by BBSHIN at 21:11| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2017年02月20日

中華料理 南華

小須戸エリアを車で走っていると、「ラーメン」と書かれた暖簾があったので入ってみることにしました。

中華料理 南華

nanka_1.jpg


御来店価格 ラーメン 450円

nanka_2.jpg


安いですね〜


お店に入ると、お店の人の反応がなかったので席に座る事にしました
帰り際に話を聞いてみたところ、店主は耳が遠いらしく、なかなか気付かないみたいですね。
注文も大きな声で言わないと伝わらず、餃子を食べ損ねてしまいました。
お店に行かれる場合は、ハッキリとした声で伝える様にした方が良いかと思います。


ラーメン

nanka_3.jpg

nanka_4.jpg


あっさり魚介も感じる醤油スープです。
温度が若干低めでした。

麺は柔らかく茹でられた多加水中麺です。

チャーシューはしまった肉質で固め食感でした。


チャーシューメン

nanka_5.jpg


隣で食べていた年配の方々は、
「あっさりとしたスープが美味しい」
と絶賛しながら食べていました。

家庭の事情で五年程休業されていたらしく、ブランクの影響もあってかバタつきが見られましたが、時間の経過と共に勘を取り戻していくのではないでしょうか?

機会あれば250円の餃子もトライしてみたいですね。


南華の詳細
posted by BBSHIN at 22:16| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2017年01月09日

辛さを10倍まで選択可能な激辛な一杯!! 地獄ラーメン 玉の家

新潟市秋葉区にある「地獄ラーメン 玉の家」へと行ってきました。

jigoku_201701_1.jpg


店主夫妻の似顔絵が描かれた看板が特徴的です。

jigoku_201701_2.jpg


ちなみに、以前食べにきた時は、お店の外観が黄色だった記憶があります。

地獄ラーメン 玉の家での過去の食べ歩き記事はこちら

色を変えたのかと聞いてみると、店主が老朽化の予防も兼ね、自分で塗装をしているのだとか。

過去には、一つ前のイエロー以外にも、レッド、オレンジ、ブルーだった時期があり、現在はブラックとの事です。
まるで戦隊ヒーローが組めそうなカラフルっぷりですね。


ちなみにお店の裏手には、地獄戦隊ラーメンジャーイエローの名残が・・

jigoku_201701_3.jpg



前回は、地獄ラーメンとマーボーメンを食べましたが、今回は、以前は無かったエビ地獄ラーメンにチャレンジしてみようと思います。

辛さは「3倍」にしてみました。

エビ地獄ラーメン(3倍)

jigoku_201701_4.jpg

jigoku_201701_5.jpg


10倍までの辛さが選択可能ですが、3倍でもかなりの辛さですあせあせ(飛び散る汗)

ただ、この辛さは、瞬間的な辛さで、後まで舌に残る様なタイプではありません。
舌には残らないものの、唇の痺れはしばらく残りましたが・・

ちなみに、辛味は2種類を使っているらしく、「エビ地獄」は通常の地獄ラーメンとは異なり、辛いタイプと通常のタイプの2種のブレンドなのだとか。
という事で、通常の地獄3倍よりも、エビ地獄3倍の方が辛いらしいです。
この2種の辛味は、スープの味や素材によって使い分けているそうです。

麺は多加水の細麺でした。
時折見かける麺ではありますが、ツルモチ中華麺タイプではなく、弾力感と歯応えの良さが目立つ麺ですね。
刺激的な地獄スープに負けない良い麺を選んでいるかなと思います。

具材はたっぷりの野菜の他に、大きめのエビが入っています。
このエビのプリプリとした食感が良いですねぴかぴか(新しい)

かなりの辛さでしたが、3倍は、まだ美味しく頂けるレベルの辛さでした。

ちなみに、10倍は店主自身も食べるのは厳しいらしく、正油なのか味噌なのかとスープの味がほとんど分からなくなるレベルの辛さなのだとか。
豆板醤的な辛味を足していく都合上、辛味が増えると、塩だろうが醤油だろうか、辛味噌的な仕上がりになるのかもしれませんね。

辛いものが好きという方は、ぜひ「10倍」試してみて下さい手(チョキ)

ちなみに、私が食べに行った時に、常連さんらしき二人組がメニューの確認もせずに、「5倍と10倍お願いします!」と注文していました。
好きな人にはタマラナイ味なのかもしれませんねあせあせ(飛び散る汗)


続きましてはこちら

ネギラーメン塩味 辛さ1倍

jigoku_201701_6.jpg


ネギラーメンは、醤油、味噌、塩の3種からスープを選択可能で、塩味のスープを選びました。
辛味の追加が可能ですが、前述の2種の辛味のうち、塩は辛い方を使うらしく、3倍位までがお勧めとのこと。
今回は1倍にしましたが、それでも結構な辛さです。
ただ、激辛とまではいかず、程よく食欲を刺激してくれるレベルの辛さですね。

あっさりタイプの塩スープにネギや具材の風味、そして辛味が加わり、とても印象的な味となっていました。


他にも色々なメニューが揃っているので、機会があれば、また食べに行きたいと思います。


地獄ラーメン 玉の家の詳細
posted by BBSHIN at 16:55| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2016年10月16日

満里新津店の酸味と辛味とゴマクリーミー「酸辣坦々麺」

新潟市秋葉区にある「満里新津店」へと行ってきました。

manri_niitsu_201610_1.jpg


満里というと、こちらのお店の他に中央区の女池店と西区の坂井店があります。

各店基本メニューは同じですが、お店ごとの限定メニューもある様です。

今回は、新津店限定というこちらの一杯を注文してみました。

酸辣坦々麺

manri_niitsu_201610_2.jpg

manri_niitsu_201610_3.jpg


「サンラータンタンメン」
というネーミングどおりに、酸辣湯麺と担々麺が融合した一杯です。

程良い辛味に、しっかりと効いた酸味、そして、スープにたっぷりと混ざりこんだゴマのコクが合わさった複層的な味わいとなっていました。
辛味とゴマのクリーミー感で分かりにくかったですが、スープは恐らくあっさり醤油かなと。

麺はシンプルな細麺でした。
麺の存在感の低さが、良い感じにインパクトあるスープの味を引き立てていました。

具材は、とき卵、ニラ、ニンジン、タケノコなどがたっぷりと入っていました。

印象的な味わいに仕上がった美味しい一杯でした手(チョキ)


豚コツらーめん+ミニカツカレー(+270円)

manri_niitsu_201610_4.jpg


ラーメン単体を撮影

manri_niitsu_201610_5.jpg

manri_niitsu_201610_6.jpg


あっさりライト白湯スープに、しっかりとした旨味が加わっています。
麺は一般的な豚骨低加水麺という訳ではなさそうですが、見た目の割りにバツンという食感が意外でした。


ミニカツカレー

manri_niitsu_201610_7.jpg


高さのある器で、ミニ丼にしては、ボリュームがありましたるんるん


テーブル調味料

manri_niitsu_201610_8.jpg


おろしニンニクやトウガラシを入れたりと、ガツンとした味の変化を加えても良いでしょう。


満里新津店の詳細
posted by BBSHIN at 10:38| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2016年06月07日

みなみ食堂

サイト協力者フィリップマーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、新潟市秋葉区の「みなみ食堂」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

秋葉区のお店「みなみ」に行ってきました。

minamisyokudou_1.jpg

お店の前が駐車場になっていました。

行き方としては、車の場合は、403号線を新津駅方面より田上・加茂方面へ進み、T字路にぶつかったところで左折し、線路を越えすぐにまた左折。
矢代田駅を左手に見ながら少し進むと左側にあります。
電車の場合だと、矢代田駅で下車後、駅前の国道を左に曲がり、400mほど歩きます。


店内はカウンター席、小上がり席、テーブル席があります。
注文スタイルは食券制でした。

小生は、酸辛麺を注文致しました。

minamisyokudou_2.jpg

麺上げ、撮り忘れです、すみません。

minamisyokudou_3.jpg


酸辛湯麺を想像していましたが、汁なし・ラー油で下味をつけた、まぜそばのようです。
サラダはサービスでした。

麺は太麺、丁度良い大きさのチャーシュー、細かく切られたメンマ、そして細切りののりがかかっております。
味は酢を入れて好みの酸っぱさに調節できます。
最初は適度に混ぜてから、酢をかけずにそのまま食べれば、主に辛さが強調された味に。
次にちょっとだけ酢を入れると、ほんのりと酢の香りが。さらに酢を入れれば辛さが緩和され、酸味と辛みが程よい旨味に変わります。
味の好みは人それぞれ、自分に合う味を探しながら酢を加えてみてください。

ちなみに昔は「牛すじラーメン」なるメニューがあったらしいですが、、今はもうやってないそうです。


みなみ食堂の詳細
posted by BBSHIN at 07:35| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2016年04月24日

とりの巣

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は新潟市秋葉区にある「とりの巣」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

秋葉区の「とりの巣」さんにお邪魔致しました。

torinosu_1.jpg


場所は、新津駅東口を出てすぐの通りを右に曲がり、そのまま線路沿いに真っ直ぐ歩いて進むと、5分で見えてきます。
駅の近くだから、行きやすいですよね。

こちらのお店、居酒屋ですが、昼も営業しております。
昼は主に、ラーメンと焼肉丼がメインのようです。
勿論、夜でも食べられます。
そして、昼飲みも可能、様々なおつまみも揃っております。


小生はラーメンを注文。

torinosu_2.jpg

torinosu_3.jpg


ねぎ、チャーシュー1枚、のり、メンマと、王道な見た目です。
麺は中細ちぢれ、あっさりスープ。チャーシューがほどけるように柔らか。メンマは強めの塩気です。

飲んだ後の締めの一杯には最適な味付けだと思います。


とりの巣の詳細
posted by BBSHIN at 17:53| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2016年04月16日

らーめん高野 土鍋に入った熱々の味噌らーめん

新潟市秋葉区にオープンした話題の新店「らーめん高野」

takano_niitsu_201604_1.jpg


以前食べた「もつ味噌」が美味しかったので、他のメニューも試してみたいと思っていました。

前回の食べ歩き記事


今回はモツが入っていないバージョンを注文してみました。

「味噌」

takano_niitsu_201604_2.jpg


「もつ味噌」と同様に土鍋に入ったアツアツの一杯ですあせあせ(飛び散る汗)

飲んでみると、スープはかなり濃厚な味わいです。
スープ自体はあっさりとしている様ですが、味噌や動物系スープ、魚介、その他食材の味が詰まり、かなりインパクトある味となっています。
熱した土鍋を使用する事での「熱さ」もポイントですね。

トッピングとしては、チャーシュー、穂先メンマ、ネギがのっていました。


濃い味わいの味噌スープとご飯の相性は抜群です手(チョキ)

takano_niitsu_201604_7.jpg



「醤油」

takano_niitsu_201604_3.jpg

takano_niitsu_201604_4.jpg


濃厚な味わいの味噌とは対照的に、少しサラッとした感じで醤油風味が活きたあっさり系な一杯です。

味噌同様に、魚介も効いている様です。

麺はお米入りという事ですが、米粉ではなく炊いたご飯を入れ込んでいるとの事。
粉なら最初に混ぜれば良さそうですが、炊いたご飯となると、どうやって作っているのか、全くイメージが沸かないですね・・

弾力感があり、また、アツアツの土鍋入りスープの中でも伸びにくく、しっかりとした歯応えの太麺となっています。


そしてラストは前回も食べたこのお店看板メニュー「もつ味噌」

takano_niitsu_201604_5.jpg


動物系のスープに、モツの味が加わり、濃厚な味噌風味、そして辛味がアクセントとなった複雑な味わいのスープです。


前回は売り切れだった「唐揚げ」(380円)

takano_niitsu_201604_6.jpg


カリカリとした食感とジューシーな肉の旨味が良いですねグッド(上向き矢印)


らーめん高野の詳細
posted by BBSHIN at 18:57| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2016年03月21日

らーめん高野

新潟市秋葉区、荻川駅のすぐ近くにオープンした「らーめん高野」へと行ってきました。

takano_niitsu_1.jpg


こちらのお店の看板メニューはコチラ

もつ味噌

takano_niitsu_2.jpg

takano_niitsu_3.jpg


土鍋に入ったラーメンは、熱々の状態で運ばれてきました。
パっと見、モツ鍋の様なルックスですね。

スープを飲むとかなり濃厚な味わいです。
モツや各種具材からの味がスープに出汁として加わっていると思われ、かなり複雑な味わいとなっています。
浮いている油は動物系かとは思いますが、独特の風味を放ち、一般的なラーメンとは違った味わいを出しているかなと。
他にも辛味油的なものも浮かせてあるのか、ほんのりとピリ辛な仕上がりでした。

麺は歯応えのある太麺で、熱々のスープの中でも伸びにくく、また、スープの迫力に負けない良い麺だと思います。

今回はライスが売り切れだったので注文しませんでしたが、このスープとライスの相性は抜群かと思われます。
機会あれば、ライスとのコンビネーションも試してみたいですね手(パー)


トッピングのおろしニンニクを別皿でお願いしました。

takano_niitsu_4.jpg


モツ味噌煮スープとニンニクは合うと思っていましたが、想像以上に合いますぴかぴか(新しい)
口臭を気にしないで良い状況でしたら、ぜひお勧めしたいですねぴかぴか(新しい)



もう一品はコチラを注文しました。

モツ醤油

takano_niitsu_6.jpg


こちらは、味噌とは対照的にサラリとした飲み口となっています。
醤油の風味の他に、甘みなども感じ、スープ自体はあっさりながらもコク深い味わいです。
油も程よく浮き、適度なコッテリ感で、飲み応えあるスープです。

上にのったネギとタマネギが清涼感を与えてくれます。

こちらも美味しかったですが、1杯を試すのであれば、濃厚なコクのある味噌の方をお勧めしたいと思います。


テーブル調味料は胡椒と一味唐辛子です。

takano_niitsu_5.jpg


今回は使用しませんでしたが、モツ煮込み的な醤油の方に一味唐辛子がピッタリきそうな予感です。

他にも、唐揚げ(5個 380円)がお勧めらしいので、機会あれば試してみたいですね手(チョキ)


らーめん高野の詳細
posted by BBSHIN at 22:01| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年09月12日

博多長浜麺 碇や ラーメン+豚めしセット、チャンポン+ミニカレーセット

新潟市秋葉区、荻川駅近くにある「博多・長浜麺 碇や」へと行ってきました。

ikariya_201509_1.jpg


場所はバイパス(403号線)から荻川駅に向かう途中の左側にあります。


まずは友人が食べた「ラーメン+Aセット」(600円+250円)

ikariya_201509_2.jpg


Aセットは、お好みの麺類にミニ豚めしと温泉玉子がついてきます。


ラーメンのみを撮影

ikariya_201509_3.jpg

ikariya_201509_4.jpg


博多長浜と店名に掲げるだけあり、王道スタイルの九州系のラーメンです。
きくらげ、チャーシュー、ネギなどのトッピングもいかにもな感じです。

スープは一般的にはコッテリな部類に入りますが、このスタイルにしては比較的ライトな豚骨スープ、麺はやわめに茹でられていましたが、もう少し固茹でであればパッツリ食感であろう低加水ストレート麺でした。
もう10〜20秒早く上げていればかなり好みの食感になりそうです。とても良い麺だと思いました。


テーブル調味料

ikariya_201509_5.jpg


おろしニンニク、コショウ、ゴマ、紅生姜が用意されており、スープをガツンとさせたい方はニンニクをプラスすると良いでしょう。
あとは、このスタイルのラーメンには紅生姜が合いますよね。


続きましては、私が注文した「元祖チャンポン+Bセット」(800円+300円)

ikariya_201509_6.jpg


Bセットはお好みの麺類にミニカレーライスと温泉玉子がついてきます。

他にも麺類にミニカレーライスとサラダ、更に2品ついた豪勢なCセット(450円)というのもあります。


チャンポンのみを撮影

ikariya_201509_7.jpg

ikariya_201509_8.jpg


野菜やカマボコ、イカ等のたっぷりの具がのっています。

スープはノーマルのラーメンより少し軽めの動物系スープです。
恐らくはラーメンの豚骨と同じスープで各種具を煮る事で、野菜の水分や甘味などが加わり飲みやすくなったものと思われます。

麺はラーメン用とは違い歯応えの緩いちゃんぽん麺でした。

セットのカレーは濃厚なコクがあり美味しかったですねぴかぴか(新しい)


博多長浜麺 碇やの詳細
posted by BBSHIN at 10:00| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年08月19日

創作中華 ぼーず 岩海苔燕三条系ラーメン

新潟市秋葉区、矢代田駅近くにある「創作中華 ぼーず」へと行ってきました。

bozu_201508_1.jpg


こちらのお店は夜は居酒屋として営業している様ですね。

以前サイト協力者のフィリップマーロウさんから情報をもらっていた「あさりと柚子胡椒の塩ラーメン」を食べてみたいと思い注文したところ、言い方が悪かったのか「あっさり中華」が出てきました。

恐らくは「あさり」と「あっさり」の聞き間違えだと思いますが、紛らわしいネーミングですねたらーっ(汗)
3人で3品注文し食べ比べようと思ってましたが、あっさり中華が2食ともう1品になってしまいました(^^;)


という事で「あっさり中華」

bozu_201508_2.jpg

bozu_201508_3.jpg


軽く脂も浮いていましたが、名前通りあっさりな飲み心地です。
麺は少し縮れた細麺でした。

特に突出する部分もなく、バランスの良いタイプの一杯ですね。


岩海苔燕三条ラーメン

bozu_201508_4.jpg

bozu_201508_5.jpg


ネーミング通り、多めの背脂が浮いた醤油味のスープです。
強めの旨味が加えられ、印象的な味わいですね。

麺はツルモチの太麺です。

食べ応えとインパクトがある一杯でした。


「看板メニュー」と書かれた麻婆豆腐が売り切れだったので、ランチのセットチャーハン(+250円)を注文しました。

bozu_201508_6.jpg


創作中華 ぼーずの詳細
posted by BBSHIN at 19:11| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年05月02日

中華そば ふじの 新津店 イタリアそば

新潟市秋葉区の「中華そば ふじの 新津店」へと行ってきました。

fujino_niitsu_201505_1.jpg


今回の目的はPR情報に掲載していた「イタリアそば」です。

イタリアそばのPR情報はこちら

イタリアそば

fujino_niitsu_201505_2.jpg


2人で行って、同じ品を注文してみました。

fujino_niitsu_201505_4.jpg


fujino_niitsu_201505_3.jpg


トマト、チャーシュー、玉子、水菜などがのっています。

お店の人からは「まずは良く混ぜて食べて下さい」という説明を受けます。
確かに、単品で食べてみると普通な感じですが、玉子を崩しトマトなどを含め全体を混ぜ合わせてみると美味しくなりますね。

旨味と風味付けの大部分を下にあるタレが担っている様なので、タレをしっかりと絡めると良いかと思います。

トマトの酸味とバジルなどにより、イタリアンテイストたっぷりの一杯となっています。

とても美味しい混ぜそばでしたるんるん


シメに追い飯かデザートを選択出来ます。

という事で1つずつお願いしてみました。

追い飯

fujino_niitsu_201505_5.jpg


残った具材にライスを半分投入すると、こんな感じです。

fujino_niitsu_201505_6.jpg


ほぼ、トマトリゾットですね。
こちらもとても美味しかったですぴかぴか(新しい)


デザート

fujino_niitsu_201505_7.jpg


程よい甘味とまろやかなコクとまったりとした舌触りが美味しかったです手(パー)


今回の「イタリアそば」ですが、既存のまぜそばをイタリアンテイストにアレンジというよりは、ほぼイタリア料理の一部を麺とチャーシューに置き換え、というスタイルの一品で、高い完成度と確かな美味しさを持った一杯でした。

あえていうなら、ラーメンや混ぜそば的な要素がもう少しあれば完璧だったかなと思います。
パっとは思いつかないし、試してないので分かりませんが、例えばマヨネーズやラー油などを別皿にし、お客さんがそれぞれ途中でお好みで追加し、せっかく作りこんだ味をぶっ壊して、ジャンクまぜそばに変化させてみるとか、そういうのがあっても面白かったかも??

余計な事を書いてしまいましたが、、
追い飯をプラスしてからの正統派トマトリゾットも美味しく、また、全体的なバランスも良い素晴らしい一品だったと思います。

一緒に行った友人は、
「ラーメンを食べたいと思ってきた人には向かないかもしれないけど、とても美味しかった。東区のお店にあればまた食べに行きたい」
と言ってました
新津店限定であることを教えると残念そうにしながらも、再訪を検討していた様です。

期間限定ですので、今のチャンスに是非お試し下さい手(チョキ)

中華そば ふじの 新津店の詳細


当サイトクーポンコーナーにも参加中です。

中華そば ふじの 新津店のクーポン
posted by BBSHIN at 08:42| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年04月19日

中華そば ふじの 新津店 味噌らーめん

新潟市秋葉区、新津駅の近くにある「中華そば ふじの 新津店」へと行ってきました。

fujino_niitsu_201504_1.jpg


お店の前には駐車場についての案内が貼ってあります。

fujino_niitsu_201504_2.jpg


お店の前の3台以外にも、向かいにも5台分駐車場を用紙してあるみたいですね。


前回こちらのお店に訪れたのはオープン当初でしたが、当時は無かった味噌ラーメンがラインナップに加わっていたので、今回はそちらを注文してみました。

味噌らーめん

fujino_niitsu_201504_3.jpg

fujino_niitsu_201504_4.jpg


スープには、地元峰村醸造の味噌を使用しているとの事。

味噌を合わせているスープ自体はあっさりめだと思われ、味噌の風味や旨みが強いものの、全体的にはサッパリとした飲み口となっています。
浮いている油もそれ程多くなく、とても飲みやすいスープですねぴかぴか(新しい)

麺はツルモチ系の太麺です。

トッピングとしては、柔らかいバラ肉のロールチャーシュー、コーン、モヤシ、肉団子、刻みネギなどがのっています。
肉団子は、箸でつまむとハラりとほどけ、スープに混じり、味に軽い変化を与えます。
そうすると箸で食べにくくはなるのですが、穴開きのレンゲもついているので、肉のほかにも、コーンやモヤシなど、具を残さず食べる事が出来ます手(チョキ)

体の温まる美味しい一杯でしたるんるん


友人は「つけそば」をあつ盛りで注文していました。

つけそば(中)あつもり

fujino_niitsu_201504_5.jpg


あつもりは、お湯に麺が入っており、スープをぬるくせずに食べる事が出来ます。
その反面、つけダレが薄くなりやすいので、良くお湯を切ってからスープに漬けて食べた方が良いですね。
ただ、あつもりは、つけ麺の醍醐味ともいえるシメる事で生まれる麺の食感を消してしまうという欠点があります。
といっても、まだまだ温かいものを食べて温まりたい季節なので、そういう時は食べたいものを食べれば良いのかと。

ちなみに、こちらのお店での私のお勧めは、つけそばの冷や盛りです。
食感良い太麺と、濃い目の醤油ダレであっさり魚介の効いたスープの相性が良く美味しいですね。


テーブル調味料
醤油、酢、ラー油、唐辛子、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、辛子味噌

fujino_niitsu_201504_6.jpg


中でも、辛子味噌はスープの味変に役立ちます。

fujino_niitsu_201504_7.jpg


今回はサイドメニューとして餃子を注文してみました。

fujino_niitsu_201504_8.jpg


四つ葉ポークと越の鶏といった新潟県産の食材を用いたという餃子は、具材がたっぷりと詰まっていて美味しかったですグッド(上向き矢印)


こちらのお店は、当サイトクーポンコーナーにも参加しているので、食べ歩きにご活用下さい。

中華そば ふじの 新津店のクーポン


中華そば ふじの 新津店の詳細
posted by BBSHIN at 22:52| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年04月03日

台湾料理 福来聚

サイト協力者のフィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は新潟市秋葉区の「台湾料理 福来聚」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

秋葉区にある、台湾料理 福来聚に行って来ました。
「フクライジュ」と読みます。

fukuraiju_1.jpg


場所は荻川駅から徒歩4分と好立地。
派手な外観と、広い駐車場で、分かりやすいです。


メニューは定食あり前菜あり汁物あり麺類ありと、種類が豊富です。

小生が頼んだのは五目ラーメンです。

fukuraiju_2.jpg

fukuraiju_3.jpg


白菜、人参、しいたけの他、プリプリのえびやイカなど具沢山です。
スープは醤油ベース、全体的にまるい味です。
麺は特徴的で、ツルツルの口当たり、太さは若干不揃いで、平べったい形状をしています。

セットメニューがあり、好きな麺+好きなご飯物を組み合わせて注文できます。

定食は、ライスとスープのおかわり自由です。

平日のお昼は、ドリンクが1杯無料です。
また、セルフサービスで、ドリンクバーがあります。

コーヒーメーカーがあるところが嬉しいですね。
ランチメニューは、大盛りのライスや山盛りのから揚げなど、どれもボリュームがあります。

コースメニューもあり、家族や何らかの打ち上げでの利用も良いと思います。


台湾料理 福来聚の詳細
posted by BBSHIN at 22:15| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年03月15日

八幡ラーメン 酢辛しメン

新潟市秋葉区に行く機会があり、古津駅近くにある「八幡ラーメン」に寄ってみました。

hatiman_201503_1.jpg


以前食べにきた時、インパクトよりも奇をてらわないしっかりとした美味しさが好印象だったので、また食べたいと思っていました。


今回注文したのは「酢辛しメン」です。

hatiman_201503_2.jpg

hatiman_201503_3.jpg


今回は3人で行きましたが、注文する前は全員が
「酢辛しメンというのは酸辣湯麺の事だろう」
と思っていたのですが、やってきたラーメンの味見をしてみたところ、再び全員の意見が一致しました。

感想としては
「これは本当に酢辛子麺だ…」
というものでした。

あっさりとしたスープに、酸味が強めに効き、ラー油等の辛味というよりは、本当に辛子の辛味です。
唐辛子も浮いているのでその味もあるのでしょうが、辛子を溶かした様な不思議な味わいです。
初めて食べる組み合わせの味でしたねひらめき

具はあんかけという風でもなく、たっぷりの野菜がスープで煮られている様な感じです。
白菜、キクラゲ、にんじん、青菜、肉、エノキなど、とても具沢山でしたグッド(上向き矢印)

酸味と辛味があいまって、食べ進むうちに汗がどんどんと出てきて止まらなくなりましたあせあせ(飛び散る汗)
代謝が良くなり、体も温まる一杯かなと思います手(チョキ)



味噌ラーメン

hatiman_201503_4.jpg


モヤシ、キャベツ等の野菜がたっぷりとのっています。
少しスープをもらいましたが、比較的あっさりながらも、旨味強めな感じでした。
写真を見る限りチャーシューも美味しそうですね〜


背油醤油ラーメン
(1日限定10食)

hatiman_201503_5.jpg


旨味強めで、若干しょっぱめの印象的な味わいのスープです。


チャーハン

hatiman_201503_6.jpg


味濃い目、旨味強めで、とても美味しいチャーハンでした。

かなり当たりの逸品かと思われますぴかぴか(新しい)


餃子3個

hatiman_201503_7.jpg


少し大きめ、モチモチ皮で美味しい餃子でした。


八幡ラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 18:13| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年02月17日

有楽本店

新潟市秋葉区、新潟市中心部方面より花水へ行く坂道の途中にある「有楽本店」へと行ってきました。

yuurakuhonten_1.jpg


定食や丼物、一品料理など、メニューが豊富でしたが、シンプルなラーメンを試してみたかったので、ラーメンと半チャーハンのセットを注文しました。

ラーメン

yuurakuhonten_2.jpg

yuurakuhonten_3.jpg


あっさり醤油味のスープです。
動物系主体でしょうか。

麺はツルツルモチモチの細麺でした。


セットのチャーハン

yuurakuhonten_4.jpg


チャーハンとサラダ、バナナ、ヤクルト的な乳飲料がお子様ランチ的にプレートにのっています。


単品のマーボー豆腐(600円)を注文しました。

yuurakuhonten_5.jpg


程よい辛味と強めのトロみの麻婆豆腐です。


ラーメンの麺を取り出し、汁無し麻婆麺風にしてみました。

yuurakuhonten_6.jpg


なかなか美味しかったですね。



友人が食べた焼きそば

yuurakuhonten_7.jpg


他にもソース焼きそばというメニューがあり、この普通の焼きそばの方は醤油で味付けしてあるらしいです。


有楽本店の詳細
posted by BBSHIN at 21:13| Comment(1) | 新潟市秋葉区

2015年02月13日

中華食道 真 エビあんかけ麺

さつき野駅近くにある「中華食道 真」へと行ってきました。

tyuka_shin_201502_1.jpg


こちらのお店は、以前サイト協力者のフィリップ・マーロウさん、テンさんよりの情報を掲載していましたが、写真を見て美味しそうだったので自分でも行ってみる事としました。

フィリップ・マーロウさんの記事

テンさんの記事


今回注文したのは「エビあんかけ麺」です。

エビあんかけ麺

tyuka_shin_201502_2.jpg

tyuka_shin_201502_3.jpg


あっさり塩味のスープにプリプリのエビ、白菜、タケノコ、ニンジン、キクラゲ、マッシュルーム、青菜などが入ったとろみの強い餡がかかっています。

麺は縮れ細麺でした。

シンプルな味わいのスープに、餡の旨味が加わり美味しかったですね。


ミニラーメン(塩)

tyuka_shin_201502_4.jpg


あっさり旨味の強いスープです。

美味しいあっさり塩ラーメンでした。


半炒飯(450円)

tyuka_shin_201502_5.jpg

旨味が強くしっとり食感の美味しいチャーハンでした。

餃子

tyuka_shin_201502_6.jpg


大きめの餃子は中身の具などの質が高く美味しかったです。


今回食べたものはどれも美味しく、また、チラっと見えた配膳途中の五目うま煮飯などのご飯物も美味しそうだったので、また食べに行きたいですねぴかぴか(新しい)



中華食道 真の詳細
posted by BBSHIN at 23:03| Comment(0) | 新潟市秋葉区

2015年02月02日

東花食堂

新潟市秋葉区、新津の原信から新潟薬科大学方面に向かう途中、線路を渡ってすぐのところにある「東花食堂」へと行ってきました。

toukasyokudou_1.jpg

toukasyokudou_2.jpg


暖簾には「日本一まずいラーメン王」「世界一うまいらーめん」と書かれています。

toukasyokudou_3.jpg


店内を撮影させてもらいましたが、昔ながらの雰囲気たっぷりです。

toukasyokudou_4.jpg


メニューにはサバ缶定食などもあり、缶詰がいくつか置いてありました。

toukasyokudou_5.jpg


注文し待っている間におかみさんが、漬物とみかんを出してくれました。

漬物

toukasyokudou_6.jpg


みかん

toukasyokudou_7.jpg


ちなみにこちらのお店、1999〜2000年に放送されていた「神出鬼没 タケシムケン」のまずいラーメン日本一決定戦に登場していたとの事です。

toukasyokudou_8.jpg


その時登場していたというラーメンがこちら

とんかつラーメン

toukasyokudou_9.jpg

toukasyokudou_10.jpg


あっさり醤油味のスープにトンカツがのっています。
スープには油を浮かせていない様ですが、トンカツの油が落ちるので終盤は結構コッテリした味わいになります。

麺はツルモチ細めんでした。

昔ながらのあっさりラーメンスタイルで、決して「日本一まずい」という事はなかったですね手(パー)
むしろ、こういった昔ながらの雰囲気の一杯を求める人も多くいるのではないでしょうか。


味噌ラーメン

toukasyokudou_11.jpg


昔ながらのあっさり味噌ラーメンです。
油感がなく、かなりあっさりしていますが、味噌は濃いめです。
野菜が結構入っていました。

機会があれば定食なども試してみたいですねぴかぴか(新しい)


東花食堂の詳細
posted by BBSHIN at 23:29| Comment(2) | 新潟市秋葉区

2015年01月06日

満里 新津店

新潟市秋葉区に2014年12月にオープンした「満里 新津店」へと行ってきました。

manri_niitsu_1.jpg


こちらのお店はたくさんの種類のラーメンの他、マーボー飯、中華飯等のご飯物、そして、野菜炒めやレバニラ炒めなどの一品料理など豊富なメニューが揃うお店です。

五目らーめん

manri_niitsu_2.jpg

manri_niitsu_3.jpg

比較的濃い目の味付けの五目餡は野菜や海老、肉など具がたっぷりと入り、トロみも強めです。
下のスープはあっさりで、麺は細麺です。

濃い目の味付けで印象的な時の五目ラーメンでしたひらめき


+210円でミニマーボー丼をセットにしました。

manri_niitsu_4.jpg


こちらもトロみが強く美味しいですね。
ラーメンのサイドメニューにピッタリですひらめき


テーブル調味料(一味、ニンニク、ラー油、醤油、胡椒、酢)

manri_niitsu_5.jpg


スタミナ丼

manri_niitsu_6.jpg


こちらも味付け濃い目で、旨味も強く、ニンニクが入っていたりと刺激的な味わいでしたぴかぴか(新しい)



満里 新津店の詳細
posted by BBSHIN at 07:47| Comment(0) | 新潟市秋葉区