2021年02月27日

天心坊 吉田店 各種味噌ラーメンを提供

燕市の「天心坊 吉田店」へと行ってきました。

tenshinbou_yoshida_1.jpg


豊富なメニューを取り揃えており、その中でも3種の味噌ラーメンを看板メニューとして営業しています。

まずはこちらの味噌です。

味噌らーめん

tenshinbou_yoshida_2.jpg

tenshinbou_yoshida_3.jpg

tenshinbou_yoshida_4.jpg

濃い味噌の味が特徴的なスープです。

恐らくはベースとなるスープはあっさり系だと思われますが、味噌の濃さにより濃厚感ある飲み心地となっています。

多加水のもっちり太麺も味噌スープとマッチしていますね。



濃厚味噌らーめん

tenshinbou_yoshida_5.jpg

tenshinbou_yoshida_6.jpg

tenshinbou_yoshida_7.jpg


こちらは、味噌の濃さのみならず、スープ自体が濃厚感ある味となっています。

タイトル通りに濃厚に仕上がった濃厚味噌はパンチある味わいの一杯でした。


天心坊 吉田店の詳細
posted by BBSHIN at 10:27| Comment(0) | 燕市

2021年02月23日

中華そば 満月 燕三条店 ボリューム満点「濃厚醤油タンメン」と「生姜醤油らーめん」

燕市にある「中華そば 満月 燕三条店」へと行ってきました。

mangetu_tubame_1.jpg

満月といえば、上にのった辛味噌を溶かしながら食べる辛子味噌ラーメンが定番ですが、今回は一風変わったメニューを注文してみる事としました。


濃厚醤油タンメン

mangetu_tubame_2.jpg

mangetu_tubame_3.jpg

mangetu_tubame_4.jpg


醤油味のタンメンとの事ですが、スタイルとしては近年流行のガッツリデカ盛りで野菜も香ばしく味付けた濃厚タンメンタイプです。

ニンジン、キャベツ、モヤシ、ニラ等の野菜はシャキシャキ感ある食感と香ばしさ楽しめ、濃厚系のスープ旨味や中太麺の歯ごたえが楽しめるインパクト満点な一杯でした。


生姜醤油らーめん

mangetu_tubame_5.jpg

mangetu_tubame_6.jpg

mangetu_tubame_7.jpg

あっさりで濃い醤油味のスープにきかせている強めの生姜が切れ味抜群です。
麺は濃厚タンメンに比べ細いタイプでした。


中華そば 満月 燕三条店の詳細
posted by BBSHIN at 17:28| Comment(0) | 燕市

2021年01月24日

喜楽亭 燕駅前で食べられる背脂醤油

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、燕市の「喜楽亭」です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にある、「喜楽亭」に行ってきました。

kirakutei_1.jpg

営業時間は17時から深夜2時まで。
燕駅前に店を構えており、飲んだ後の帰りでも心配ありません。


小生は「燕ラーメン」を注文。

kirakutei_2.jpg

kirakutei_3.jpg


麺は極太麺、スープは背油たっぷりという、燕系です。
トッピングはメンマ、ゆで卵(半分)、玉ねぎではなくネギ、塩気のあるチャーシューです。
麺の湯茹で具合は柔らか目です。

たっぷりの背脂に濃い醤油味で燕系好きにはたまらない一杯ですね。


喜楽亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:26| Comment(0) | 燕市

燕三条中華そば 鬼にぼ 吉田店 鬼の様に煮干しが効いた背脂醤油

燕市の「燕三条中華そば 鬼にぼ 吉田店」へと行ってきました。

oninibo_yoshida_1.jpg


こちらのお店は、元々燕市の燕三条駅よりのエリアにありましたが、そちらにはジョニーの味噌がオープンし、吉田エリアの喜多方ラーメン坂内 小法師 吉田店跡地に移転オープンとなりました。


中華そば

oninibo_yoshida_2.jpg

oninibo_yoshida_3.jpg

oninibo_yoshida_4.jpg


燕三条系背脂ラーメンスタイルの一杯です。

ただ、店名の通りに煮干しが鬼の様に効いているのが大きな違いです。
スタイル的には同じでも、煮干しを強烈に突出させているので、全くの別物と感じさせるトータルバランスです。

太麺の迫力も満点ですね。


味噌ラーメン

oninibo_yoshida_5.jpg

oninibo_yoshida_6.jpg

oninibo_yoshida_7.jpg


濃厚系な味噌ラーメンです。
味噌風味の強いスープと噛み応えの強い太麺の相性も良かったです。


燕三条中華そば 鬼にぼ 吉田店の詳細
posted by BBSHIN at 12:09| Comment(0) | 燕市

2021年01月01日

中国料理 家和 スパイシーな麻婆麺と酸辣湯麺

燕市、分水エリアにある「中国料理 家和」へと行ってきました。

kawa_1.jpg


麻婆豆腐麺

kawa_2.jpg

kawa_3.jpg

kawa_4.jpg

辛みとスパイシー感がかなり主張しています。
トロみがあり、麻婆あんが麺にしっかりと絡むのも良いですね。

食べ進むと、あっさり清湯スープに麻婆餡の味が徐々に染み渡ってきます。


五目麺

kawa_5.jpg

スタンダードなスタイルの五目麺ですね。


酸辣湯麺

kawa_6.jpg

酸味と辛味、そして胡椒?がかかりスパイシーなサンラータンメンでした。


中国料理 家和の詳細
posted by BBSHIN at 13:02| Comment(0) | 燕市

2020年11月08日

麺屋 はる 旨味たっぷりな背脂入りの醤油と塩

燕市の「麺屋 はる」へと行ってきました。

haru_1.jpg


まずはこちら

背脂らーめん 醤油(特)

haru_2.jpg


(特)はトッピング豪華バージョンです。


醤油味のスープを一口、、

haru_3.jpg

旨味たっぷりですね!
ベースはあっさりとしていそうですが、背脂が浮く事で適度にこってりとし、また、出汁感や加わる旨味などでとても深みある味となっています。

玉ねぎとスープの相性もとても良いですね。


弾力感ある太麺とスープも実に良くマッチしています。

haru_4.jpg


次はこちら

背脂らーめん 塩

haru_5.jpg

haru_6.jpg

haru_7.jpg


醤油と比べると醤油の旨味の差があるものの、それを補うかの様に出汁や各種素材の旨味などにより重厚な味わいとなっていました。

一般的に良くある塩特有の物足りなさを全く感じさせない一杯でした。


麺屋 はるの詳細
posted by BBSHIN at 23:29| Comment(0) | 燕市

2020年10月29日

大むら支店 たっぷりのチャーシューがのった背脂醤油

燕市の「大むら支店」へと行ってきました。

oomura_shiten_1.jpg


今回は「チャーシューメン」を注文しました。

oomura_shiten_2.jpg


丼からはみだしてしまう程にたっぷりとチャーシューがのっています。


スープ

oomura_shiten_3.jpg


背脂量が調節可能となっていますが、何も言わないで普通量にすると比較的控えめな脂感となります。

ベースのスープがあっさり系なので、背脂量を多くしないとかなりアッサリとした飲み口となりますね。


麺は噛み応え抜群な極太麺です。

oomura_shiten_4.jpg

この麺であれば、背脂量を増やし、ガツンとした味で食べたいですね。


もう一杯は

五目タンメン

oomura_shiten_5.jpg

あっさり塩味のスープです。

oomura_shiten_6.jpg

脂がほとんど浮いておらず、かなりのあっさり味となっています。


抑えめなあっさりスープに極太麺が強烈な存在感を放ちます。

oomura_shiten_7.jpg


大むら支店の詳細
posted by BBSHIN at 23:31| Comment(0) | 燕市

2020年09月20日

どさん娘 吉田店 定番の味噌ラーメン

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は
どさん娘 吉田店
です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にある「どさん娘」に行ってきました。

dosanko_yoshida_1.jpg

種類豊富な味噌ラーメンが食べられるお店です。
味噌ラーメンやねぎ味噌ラーメン、白みそラーメンなど、様々な種類の味噌ラーメンが食べられます。


小生が注文したのは「味噌ラーメン」

dosanko_yoshida_2.jpg

dosanko_yoshida_3.jpg


麺は中細ちぢれ。たっぷりの炒め野菜とメンマが乗っており、スープには黒ゴマが浮いております。

定番の味噌ラーメンは昔ながらの雰囲気を醸し出す一杯でした。

こちらのお店のメニューにラーメンというのがありましたが、燕三条系の背脂ラーメンのようです。
どさん娘というチェーンからは離れ、こちら独特の個人営業でやっている様で、地域の実情に即したラーメンも作られているのでしょう。

札幌味噌ラーメンが食べられるどさん娘。
定食やお子様サイズのラーメンもあります。
近くに行かれた際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


どさん娘 吉田店の詳細
posted by BBSHIN at 23:56| Comment(0) | 燕市

2020年08月23日

きんしゃい亭 県央店 燕市で食べられる新潟流豚骨

燕市の「きんしゃい亭 県央店」へと行ってきました。

kinsyai_kenou_1.jpg

場所は燕三条インターから比較的近くのDAMZ県央店駐車場にあります。

注文したのはこちら

ラーメン

kinsyai_kenou_2.jpg

kinsyai_kenou_3.jpg

kinsyai_kenou_4.jpg


濃厚系豚骨スープにストレート細麺という定番スタイルです。

麺はこのスタイルにはしては比較的加水高めに感じますが、程よいパッツリ感はあります。

テーブル常備のニンニク(粒、おろし)、高菜、紅生姜、白胡麻、ホワイトペッパーなどを用い、味に変化を与えて食べると飽きる事なく頂く事が出来ます。


もう一杯はこちら

塩エビワンタンメン

kinsyai_kenou_5.jpg

kinsyai_kenou_6.jpg

kinsyai_kenou_7.jpg


こちらは塩豚骨スープでした。


きんしゃい亭 県央店の詳細
posted by BBSHIN at 20:52| Comment(0) | 燕市

2020年07月12日

Tsubame Ramen YUKI 冷凍ラーメンや冷凍餃子をお持ち帰り

燕市にある「Tsubame Ramen YUKI」へと行ってきました。

yuki_takeout_1.jpg


今回は、事前告知していたテイクアウト品の購入に行ってきました。

5月下旬に行きましたが、ゴールデンウィークの告知時点ではなかった中華そばの冷凍版があったので購入してみました。

yuki_takeout_2.jpg


スープを解凍、温め、麺を茹で、盛り付ければ完成

yuki_takeout_3.jpg


スープ

yuki_takeout_4.jpg


背脂等の動物系のコク、出汁感が効き、ハッキリとした旨味が加わったスープです。

印象的な飲み応えとなっていますね。


もっちり多加水の太麺

yuki_takeout_5.jpg


とても美味しい燕系背脂醤油ラーメンでした。


冷凍餃子

yuki_takeout_6.jpg


焼いて頂きます

yuki_takeout_7.jpg

とても美味しい餃子ですね!


もう一品

唐揚げ

yuki_takeout_8.jpg

こちらは、注文後に調理し渡されました。
肉の弾力感が楽しめる一品ですね。


お持ち帰り品が美味しかったので、機会あればまた、店舗での飲食も楽しみたいですね。


Tsubame Ramen YUKIのテイクアウト詳細

Tsubame Ramen YUKIの詳細
posted by BBSHIN at 12:43| Comment(0) | 燕市

2020年06月28日

酒麺亭 潤 本店 テイクアウト限定「燕三条やきそば」 冷凍版のラーメンをテイクアウト

燕市の「酒麺亭 潤 本店」へと行ってきました。

jun_takeout_1.jpg


今回は告知していたテイクアウト限定品、そして普段から店頭、通販等で購入可能な冷凍版のラーメンを買いに行きました。

まずはこちら

燕三条やきそば

jun_takeout_2.jpg

jun_takeout_3.jpg


旨味たっぷりなタレがガッシリ麺にしっかりと絡みます。
背脂のコクや濃厚感が加わり、インパクト満点な味です。


お好みのタイミングでついてきた生卵を投入します。

jun_takeout_4.jpg

ご飯を追い飯的に投入しても良いでしょう。


これぞラーメン屋が提供する焼きそばですね。
背脂たっぷりというのも燕市的なご当地感があり良かったです。


次は冷凍版のラーメンです。

麺とスープが冷凍されています。

jun_takeout_5.jpg

スープの中にチャーシュー、メンマが入っており、岩のりもついてきます。
お好みで刻みタマネギ等を自分でプラスすると良いでしょう。
長葱よりはやはり玉ねぎがお勧めです。


出来上がり

jun_takeout_6.jpg

jun_takeout_7.jpg

jun_takeout_8.jpg


定番の背脂醤油ラーメンがお店で食べるのと変わらないクオリティで自宅で食べられるのは嬉しいですね。

とても美味しかったです。


酒麺亭 潤 本店のテイクアウト詳細

酒麺亭 潤 本店の詳細
posted by BBSHIN at 12:11| Comment(0) | 燕市

味我駆でミニ丼や餃子をテイクアウト

燕市の「味我駆」へと行ってきました。


migaku_takeout_1.jpg


今回は告知していたテイクアウト品を購入してきました。

まずはこちら

チャーシュー丼(小)

migaku_takeout_2.jpg


他のおかずなどと組み合わせて食べるのにちょうど良いサイズでした。

ちなみに大きいサイズもあるとの事でした。


餃子

migaku_takeout_3.jpg


もっちり皮で大ぶりの餃子は何もつけずとも美味しく頂ける様なしっかりとした味でした。

とても美味しかったです。


味我駆のテイクアウト詳細

味我駆の詳細
posted by BBSHIN at 11:56| Comment(0) | 燕市

2020年06月26日

田之助 あっさり味の青竹打ち中華

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は燕市の「田之助」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にある、「田之助」に行ってきました。
“でんのすけ”と読みます。

dennosuke_1.jpg


行き方はまず、バイパスを利用する方は三条燕ICで降りて。下道で来られる方は国道8号線で燕市内に向かいます。
燕市内に入ったら、国道116号線で、吉田方面へまっずぐ進みます。
しばらく進むと、右側に「セトチョー」という靴屋さんがある交差点に差し掛かかったところで左折します。
左折後すぐに踏切が見えてきますが、お店はその踏切のすぐ手前にあります。


小生は「青竹打ち中華・あっさり」を注文。

dennosuke_2.jpg


スープは魚介だし、甘めで和風です。

麺は特徴的な青竹打ちです。

dennosuke_3.jpg

青竹打ちと言えば佐野ラーメンが有名ですよね。
平打ちの細麺ちぢれ、青竹を使用した製麺方法が、麺全体にハリと強いコシを生み出します。
細麺。弾力に富んだ、強めのちぢれでコシの強い食感です。

豚もも肉のチャーシュー、なると巻き、のり、大きめに切った玉ねぎ、コリコリしたメンマ、ほうれん草がトッピングされています。

ラーメンの他、そば、定食などがあります。アルコールメニューも豊富で、宴会にも利用できます。


田之助の詳細
posted by BBSHIN at 23:27| Comment(0) | 燕市

2020年05月11日

燕系背脂醤油の元祖「杭州飯店」 テイクアウト可能な中華そば

燕市にある「杭州飯店」へと行ってきました。

kosyuhanten_takeout_1.jpg


最近は新型コロナウイルスの流行を受け、テイクアウト販売をする飲食店が多いですが、杭州飯店でもお持ち帰り購入が可能となっています。
元々、テイクアウト販売を実施しており、GW中はお持ち帰りのみとし、その後もその比率が高まっている様です。


購入したテイクアウトキット

kosyuhanten_takeout_2.jpg


2杯から購入可能な為、一杯を普通の中華そば、もう一杯をチャーシューメンにしました。

まずは中華そば

kosyuhanten_takeout_3.jpg

kosyuhanten_takeout_4.jpg

kosyuhanten_takeout_5.jpg

煮干しや豚、醤油ダレ等の旨味が重なり、重厚な飲み応えとなっています。
極太麺のインパクトもハンパじゃないですね!

とても美味しい一杯でした!


次はこちら

チャーシューメン

kosyuhanten_takeout_7.jpg

しまった肉質のチャーシューがたっぷりとのっています。
このチャーシュー、脂感も少なく、強い歯ごたえなど食感も良いので、お酒のおつまみなどにも合いそうですね。


kosyuhanten_takeout_8.jpg

kosyuhanten_takeout_9.jpg

最初の中華そばに比べ、背脂多めにしましたが、濃厚感も良かったです。


サイドメニューも頂きました。

餃子

kosyuhanten_takeout_10.jpg

kosyuhanten_takeout_11.jpg


ジャンボサイズでボリューム満点です。
大きさだけでなく、美味しい餃子でした!


ラストはこちら

牛すじ煮込み

kosyuhanten_takeout_12.jpg

kosyuhanten_takeout_13.jpg


時間をかけ煮込まれたのか、とても柔らかくなった牛すじは、甘辛く味付けられていました。
ごはんのおかずにぴったりな一品です。


杭州飯店の詳細

杭州飯店のテイクアウトについて
posted by BBSHIN at 01:21| Comment(0) | 燕市

2020年04月24日

ジョニーの味噌 燕店 濃厚味噌と背脂醤油

燕市の鬼にぼ跡地にオープンした「ジョニーの味噌 燕店」へと行ってきました。(2020/3/21訪店)

johnnynomiso_1.jpg


注文したのは看板メニューのこちら

ジョニーの味噌

johnnynomiso_2.jpg

johnnynomiso_3.jpg

johnnynomiso_4.jpg


濃厚な味噌の風味がインパクト大なスープが噛み応え満点の多加水極太麺に絡みます。
挽き肉、ネギ、背脂、コーンといった具材とスープの相性も良いですね。

印象的な味に仕上がった一杯でした。
とても美味しかったです。


続いてはこちら

中華そば

johnnynomiso_5.jpg

johnnynomiso_6.jpg

johnnynomiso_7.jpg


旨味たっぷりな背脂醤油スープです。
ツルツルもちもちな極太麺に油やスープが絡みます。

旧店舗鬼にぼの看板メニューの一杯がこうした形で食べられるのですね。


ジョニーの味噌 燕店の詳細
posted by BBSHIN at 21:41| Comment(0) | 燕市

2019年10月29日

ねこの鍵 分水エリアで食べられる生姜醤油

燕市、分水駅の近くにオープンした「ねこの鍵」へと行ってきました。

nekonokagi_1.jpg


提供しているのは醤油と塩、そして数種のトッピングのみとなっています。

まずはこちら

しょうゆらぁめん

nekonokagi_2.jpg

nekonokagi_3.jpg

生姜がガツンと効いたあっさり醤油味のスープです。

旨味もハッキリとし、強い生姜風味がとても印象的です。


麺はもっちり食感の中太麺です。

nekonokagi_4.jpg


強く効かせた生姜風味が印象的な長岡生姜醤油系の一杯でした!


潮らぁめん

nekonokagi_5.jpg

nekonokagi_6.jpg

nekonokagi_7.jpg


強い貝出汁がとても特徴的です。

あっさり塩味のスープからは貝の旨味がしっかりと感じ取れました。

そこに多加水もっちり中太麺の組み合わせが意外にもマッチしております。


2品とも丁寧な仕上がりで、こだわりを感じる出来となっていました。

2杯ともとても美味しかったです。


ねこの鍵の詳細
posted by BBSHIN at 23:24| Comment(0) | 燕市

2019年08月21日

さんぽう亭 燕店 あっさり和風醤油と炒飯のコラボ!「三宝セット」

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は燕市にある「さんぽう亭 燕店」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

「さんぽう亭 燕店」に行ってきました。

sanpou_tsubame_1.jpg

行き方としては、三条燕インター方面から燕橋を渡り、まっすぐ進むと右側に見えてくる原信の斜め向かいにあります。

私は「三宝セット」を注文しました。

sanpou_tsubame_2.jpg

所謂、ラーメンと炒飯のセットですが、お互いの魅力がより引き立つよう工夫した味付けをされています。

ラーメンは、、

sanpou_tsubame_3.jpg

スープはあっさり和風醤油。

麺は細麺。

sanpou_tsubame_4.jpg

ネギ、メンマ、チャーシュー、小松菜が入っています。

炒飯

sanpou_tsubame_5.jpg

パラっとほぐれて食べやすく、熱せられたラードの香ばしさがしっかり伝わります。
それでいて、油っこさはあまり感じません。


さんぽう亭 燕店の詳細
posted by BBSHIN at 00:07| Comment(0) | 燕市

2019年06月12日

タンタンあんかけ「鬼辛!担々麺〜酒吞童子版〜」 レストハウス 華苑

今回訪れたお店は、燕市にある「レストハウス 華苑」です。

resthouse_kaen_201906_1.jpg


2か月前に初めて訪れ、その時に食べた2品が美味しかったので、時間をあけずの再訪となりました。


今回は、メニューの中でもひと際個性を放つ一品にチャレンジしてみたいと思います。

resthouse_kaen_201906_2.jpg


かわいい鬼が描かれた2杯のラーメンは見た目からそそられますね!


辛さは、最強の辛さとまで書かれたバージョンもありましたが、激辛系はどんな味かも分からなくなってしまいそうだったので、まずは辛さレベルが少しおとなしいものを選んでみました。


鬼辛!担々麺〜酒吞童子版〜

resthouse_kaen_201906_3.jpg


可愛らしい鬼が描かれています。
食べてしまうのがもったいない程ですね。


パット見ドロ系の担々麺なのですが、下にあるスープをすくうと、、、

resthouse_kaen_201906_4.jpg


予想外にあっさり系のスープです。


ドロっとした部分をすくってみると・・・

resthouse_kaen_201906_5.jpg


見た目どおりにドロ系担々スープです。
スープという表現が合うのか微妙な程のドロっぷりです。

それもそのはず。
こちらのドロ系担々な部分はトロみをつけた「担々あん」なのです。
あっさり醤油スープの上にかかるドロ系担々あん。
個人的には経験した事の無いアプローチな担々麺ですね。

担々あんは、旨味と胡麻のコクとクリーミー感、そして辛味が効いたインパクト抜群な味となっています。


そんな担々あんが麺にたっぷりと絡みます。

resthouse_kaen_201906_6.jpg

強烈な見た目のみならず、しっかりとした美味しさと個性ある味、そして独特なスタイルが楽しめる一杯でした!


続いての一杯はこちら

こくみそラーメン

resthouse_kaen_201906_7.jpg


挽き肉やコーン、ネギ、チャーシューなどの具材のボリュームも良いですが、特筆すべきは「スープ」です!

resthouse_kaen_201906_8.jpg


トロみのある味噌スープは、濃厚な味わいと香ばしさとしっかりとした旨味がたまりませんね。

こちらのスープには濃厚白湯が使われ、そして、風味の強い味噌、チーマージャン、ラー油、ニンニクなどが加えられている様です。
味噌の旨味の胡麻のコク、そして、辛味やニンニクのインパクトなどが合わさってのこの味なのですね。


そして麺は太めのタイプです。

resthouse_kaen_201906_9.jpg


濃厚系味噌スープに良く合う多加水麺でした。


そして、サイドメニューとしてお勧めな餃子

resthouse_kaen_201906_10.jpg


モッチモチの皮には、野菜や肉などの具材がたっぷりと詰まっています。

したたり落ちる肉汁はたまりませんね。

色んなメニューが美味しい「レストハウス 華苑」

行った事が無いという方は、ぜひ一度訪れてみて下さい!


レストハウス 華苑の詳細
posted by BBSHIN at 21:05| Comment(0) | 燕市

2019年06月08日

らーめん中華 海燕 分水エリアで食べられる背脂醤油

燕市、分水にある「らーめん中華 海燕」へと行ってきました。

kaien_1.jpg


お店は116号線沿いにあり、新潟市方面から分水に向かい、ひらせい分水店やしまむら分水店の少し手前の左側にあります。


まず、注文したのはコチラ

中華そば

kaien_2.jpg


スープ

kaien_3.jpg


あっさりとした醤油味のスープに程よく背脂が浮いています。
醤油の風味や出汁に加え、強めの旨味もあり、ハッキリとした味に仕上がっています。


麺は多加水の太麺です。

kaien_4.jpg


ツルツルモチモチとした麺は太い事もあり、強い歯ごたえとなっています。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、味玉に加え、こうした背脂醤油スタイルには定番の磯のりと玉ねぎがのっていました。
背脂醤油スープと玉ねぎの相性はとても良いですね。

しっかりとした味の美味しい一杯でした。


もう一杯はこちら

味噌野菜ラーメン

kaien_5.jpg


チャーシュー、味玉に加え、たっぷりの野菜がのり、かなりのボリューム感となっています。
野菜はモヤシをメインにニラ、ニンジンなども入っています。

スープ

kaien_6.jpg


濃厚な味噌風味があり、濃い味で旨味もしっかり、インパクトある飲み応えとなっていました。


麺は醤油と同様の太麺です。

kaien_7.jpg


ボリューム満点、かつ、味もしっかりとしているので、お勧めの一杯です。


らーめん中華 海燕の詳細
posted by BBSHIN at 23:51| Comment(0) | 燕市

2019年04月24日

らーめん勝 燕店 濃厚な胡麻の香り漂う「金ごまタンタン麺」

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は燕市にある「らーめん勝 燕店」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

燕市にあります、「らーめん勝 燕店」に行って来ました。

masaru_tsubame_201904_1.jpg

場所は「華炎」跡地です。


小生が食べたのは“金ごま担々麺”。

masaru_tsubame_201904_2.jpg

masaru_tsubame_201904_3.jpg


麺は柔らか目の細麺低加水。

トッピングは大き目に切ったキャベツ、ねぎ、味玉、味のついたひき肉。

スープは魚介ダシ。
魚介の香りがしっかり感じられます。
最初はあっさりした魚介スープですが、ゴマ油で炒めたひき肉を崩してスープに浸すことで、担々麺らしい、ラー油の効いたピリ辛スープに変わります。
辛さのレベルは、徐々にじんわり汗をかいてくる程度の、マイルドな辛さです。


らーめん勝 燕店の詳細
posted by BBSHIN at 21:54| Comment(0) | 燕市