2020年09月11日

麺屋 太威 in SHIBATA 旨辛な麻婆担々麺やチーズ味噌担々麺

新発田市の「麺屋 太威 in SHIBATA」へと行ってきました。

dai_shibata_1.jpg


東区に本店がオープンした時には豚骨醤油がメインだった様に思いますが、気付くと旨辛な各種メニューがメインメニューとなっていました。

超激辛なチャレンジメニュー的な品も提供するなど、辛い物好きな方に人気のお店です。


旨辛麻婆担々麺

dai_shibata_2.jpg

dai_shibata_3.jpg

dai_shibata_4.jpg


マーボーメンとタンタンメンが融合した一杯です。
クリーミーな担々スープにトロみが強い麻婆餡がかかっています。

当然の事ながら、スープや餡の麺への絡みはハンパではなかったです。


濃厚チーズ味噌担々麺

dai_shibata_5.jpg

dai_shibata_6.jpg

dai_shibata_7.jpg


旨辛な味噌担々スープにチーズが良いアクセントとなります。

2杯ともご飯とともに食べたい一杯でしたね。



麺屋 太威 in SHIBATAの詳細
posted by BBSHIN at 00:47| Comment(0) | 新発田市

2020年09月06日

濃厚タンメン nishino. 新発田インター近くの豚骨タンメン

新発田市、新発田インター近くにオープンした「濃厚タンメン nishino.」へと行ってきました。

nishino_1.jpg



濃厚豚骨タンメン

nishino_2.jpg

nishino_3.jpg

nishino_4.jpg


濃厚白湯スープに太麺、そして野菜がのるという濃厚タンメンスタイルです。

動物系の旨味に加え、強い旨味が加えられています。


辛激のタンメン

nishino_5.jpg

nishino_6.jpg

nishino_7.jpg


動物系白湯のタンメンに旨辛な麻婆豆腐がかかった一杯です。

濃厚豚骨タンメン、辛激のタンメンの2杯は、ともに具増し版もある様です。
ボリューミーな一杯を食べたい方はチャレンジしてみて下さい。


濃厚タンメン nishino.の詳細
posted by BBSHIN at 23:21| Comment(0) | 新発田市

2020年07月12日

らーめん家 和玄 花びらチャーシューメンをテイクアウト

新発田市の「らーめん家 和玄」へと行ってきました。

wagen_takeout_1.jpg


今回は事前告知していたテイクアウト品を購入してきました。

らーめん

wagen_takeout_2.jpg


別トッピングとして販売しているチャーシューをトッピング

wagen_takeout_3.jpg


セルフ盛り付けで看板メニューの「花びらチャーシューメン」を再現出来ます。


あっさり醤油スープです。

wagen_takeout_4.jpg


あっさり動物系清湯に醤油ダレの強めの旨味が加わります。


麺は多加水の中細麺です。

wagen_takeout_5.jpg

新発田の地で人気を誇る花びらチャーシューメンは、味も良く、ボリューム感もあり、満足度が高い一品でした。


もう一杯は「みそつけめん」を注文しました。

wagen_takeout_6.jpg


味噌の風味が強い濃厚な味わいのつけダレです。


極太平打ち麺

wagen_takeout_7.jpg


噛み応えの強い麺は、インパクト抜群です。
スープとの相性も良いですね。


らーめん家 和玄のテイクアウト詳細

らーめん家 和玄の詳細
posted by BBSHIN at 13:50| Comment(0) | 新発田市

ラーメン魂 とらまる 唐揚げ、餃子をテイクアウト

新発田市の「ラーメン魂 とらまる」へと行ってきました。

toramaru_takeout_1.jpg


新発田のテイクアウトアウト巡りの途中、こちらのお店でもサイドメニューのお持ち帰りがある事を聞き、寄ってみることに。

購入したのはこちら

唐揚げ

toramaru_takeout_2.jpg


カリカリで味が濃い唐揚げです。

これはビールなどに合いそうですね〜

ご飯のおかずにも最適です。


餃子

toramaru_takeout_3.jpg

強いニンニク臭の餃子です。

こちらもおつまみとしてお酒に合いそうです。


ラーメン魂 とらまるのテイクアウト詳細

ラーメン魂 とらまるの詳細
posted by BBSHIN at 12:59| Comment(0) | 新発田市

2020年07月05日

製麺屋食堂 各種弁当や丼物をテイクアウト

新発田市の「製麺屋食堂」へと行ってきました。

seimenya_takeout_1.jpg


事前に告知していたテイクアウト品を購入してみることに。


野菜炒め弁当

seimenya_takeout_2.jpg


シャッキリとした食感が良いですね。

スタンダードなスタイルの野菜炒めが楽しめる一品でした。



次はこちら

タレカツ丼

seimenya_takeout_3.jpg


定番スタイルのタレカツ丼です。

新潟ならではの一品が自宅で楽しめるのは良かったです。


製麺屋食堂のテイクアウトについて

製麺屋食堂の詳細
posted by BBSHIN at 21:28| Comment(0) | 新発田市

2020年06月16日

ちゃーしゅうや 武蔵 新発田ジョイタウン店

新発田市の「ちゃーしゅうや 武蔵 新発田ジョイタウン店」へと行ってきました。

tyasyuya_musashi_joytownshibata_1.jpg


定番の「からし味噌らーめん」

tyasyuya_musashi_joytownshibata_2.jpg

tyasyuya_musashi_joytownshibata_3.jpg

tyasyuya_musashi_joytownshibata_4.jpg


ピリ辛の味噌スープに青海苔が良いアクセントとなります。
そこに徐々に上にのった辛味噌を溶かし、辛味を好きなタイミングでプラスしていけるのも良いですね。
多加水の中太麺とスープも良く合っていました。
チャーシューはしっかりと味が染み、柔らかい仕上がりです。
しっかりとした美味しさの一杯でした。


らーめん

tyasyuya_musashi_joytownshibata_5.jpg

tyasyuya_musashi_joytownshibata_6.jpg

tyasyuya_musashi_joytownshibata_7.jpg


あっさり魚介系の醤油味のスープです。

シンプルな構成の醤油ラーメンは、飽きる事なく何度も食べたくなりそうな一杯でした。


ちゃーしゅうや 武蔵 新発田ジョイタウン店の詳細
posted by BBSHIN at 23:55| Comment(0) | 新発田市

2020年04月12日

北の味 らーめん純輝 新発田市で食べられる体温まる味噌

新発田市、新発田市役所近くにあるお店「北の味 らーめん純輝」へと行ってきました。

junki_1.jpg


駐車場は無しと記載しましたが、この日はお店脇の駐車スペースが1台空いていたので、お店の人に確認した上で停めさせてもらいました。


注文したのは看板メニューのこちら

味噌らーめん

junki_2.jpg

junki_3.jpg

junki_4.jpg


濃い味噌の味が印象的なスープです。
重たさはなく、味噌の風味を存分に楽しめます。

麺は多加水の太麺でした。

店名の「北の味」というタイトル通りの一杯かなと思います。


もう一杯はこちら

北の味 らーめん純輝

junki_5.jpg

junki_6.jpg

junki_7.jpg


シンプルなあっさり醤油味のスープです。
そこに合わさるのは、オーソドックスな多加水細麺です。

昔ながらのあっさり醤油な一杯でした。


ランチタイムのお得なセットとして「小ライス&餃子3ヶ」を注文しました。

junki_8.jpg


お昼時は、ミニチャーシュー丼、ミニカレー、ミニチャーハン、ミニなんこつ丼などをお得価格で頂けるのでお勧めです。


北の味 らーめん純輝の詳細
posted by BBSHIN at 00:17| Comment(0) | 新発田市

2020年04月08日

タクロー ボリューム満点なタンメン

新発田市にある「タクロー」へと行ってきました。

takuro_1.jpg


注文したのはコチラ!

タクローめん

takuro_2.jpg

takuro_3.jpg

takuro_4.jpg


具材たっぷりな五目ラーメンスタイルの一杯です。

豊富な種類の具がのっているのは嬉しいですね!

麺は歯ごたえの強い多加水麺でした。

醤油スープに具材の味が染み込み、旨味たっぷりな仕上がりでした!!



次はこちら!

タンメン

takuro_5.jpg

takuro_6.jpg

takuro_7.jpg


たっぷりの野菜がのり、かなりのボリュームがあります!!

タクローめんもボリュームがありましたが、こちらは更なるボリューム感です。

あっさり塩スープは旨味たっぷりで飲み応え抜群でした。


餃子もお勧めです。

takuro_8.jpg



タクローの詳細
posted by BBSHIN at 21:56| Comment(0) | 新発田市

2020年03月01日

幸楽苑 イオンモール新発田店 お買い物ついでに食べられる低価格な一杯

今回行ったお店はイオンモール新発田店の中にあるお店です。

kourakuen_shibata_aeon_1.jpg


幸楽苑 イオンモール新発田店

kourakuen_shibata_aeon_2.jpg


低価格の各種メニューが揃っていました。
今回は定番の一杯を頂いてみることに。

中華そば

kourakuen_shibata_aeon_3.jpg

kourakuen_shibata_aeon_4.jpg

kourakuen_shibata_aeon_5.jpg


あっさり醤油味のスープに多加水の細めの麺の組み合わせです。

スープは旨味も程よく飲みやすいですね。

ここ最近毎度思う事ですが、チェーン店が提供するラーメンのレベルは上がっていきていますね。


幸楽苑 イオンモール新発田店の詳細
posted by BBSHIN at 08:00| Comment(0) | 新発田市

2019年09月14日

ちゃーしゅうや 武蔵 イオン新発田店 定番「からし味噌らーめん」

新発田市にある「ちゃーしゅうや 武蔵 イオン新発田店」へと行ってきました。

イオンモール新発田

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_1.jpg


ちゃーしゅうや 武蔵

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_2.jpg


からし味噌らーめん

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_3.jpg


比較的あっさり系で甘味のある味噌スープは、辛味が加えられています。

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_4.jpg


多加水の中太麺

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_6.jpg


柔らかく仕上がったチャーシューが美味しかったですね。


定番スタイルの辛し味噌ラーメンでした。


つけ麺

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_7.jpg

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_8.jpg

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_9.jpg

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_10.jpg

tyasyuya_musashi_aeon_shibata_11.jpg


あっさり系の魚介が効いた醤油つけダレにもっちり中太麺が良く合います。
こちらも新潟に多いタイプのあっさりつけ麺ですね。


ちゃーしゅうや 武蔵 イオン新発田店の詳細
posted by BBSHIN at 18:30| Comment(0) | 新発田市

2019年08月24日

らーめん家 和玄 新発田市で食べられる花びらチャーシューメン!

新発田市にある「らーめん家 和玄」へと行ってきました。

wagen_1.jpg


和玄といえば、やっぱりコチラの一杯ですよね!

ちゃーしゅーめん

wagen_2.jpg


丼の周囲に花びらの様に盛り付けられたチャーシューが迫力満点ですね!

肉の旨味と弾力感たっぷりなチャーシューは食べ応えがありますね。


スープ

wagen_3.jpg


メニューには
「油、多め・少なめできます」
と書いてありました。
特に何も言わず普通にしておきましたが、それでもかなりあっさりとしていました。


麺は細麺です。

wagen_4.jpg


チャーシューのインパクトとシンプルなあっさり醤油と細麺と、食べやすさと肉のボリュームが混在した一杯でした。


もう一杯はこちら

ねぎ味噌らーめん

wagen_5.jpg

wagen_6.jpg

wagen_7.jpg


たっぷりのネギがのった一杯です。

味噌スープはあっさり系がベースだと思いますが、味噌の深みある風味により程よく濃厚に仕上がっています。

麺は太麺に変更可らしいので、そちらの方がスープに合うかもしれませんね。


らーめん家 和玄の詳細
posted by BBSHIN at 17:02| Comment(0) | 新発田市

2019年06月03日

華龍 焼きあご醤油と広東麺 そしてジャンボ餃子

新発田市「華龍」へと行ってきました。

karyu_1.jpg


以前は宝龍として営業していましたが、店名を変えリニューアルオープンした様です。

リニューアル前は、各種麺類の他にも、中華一品料理やチャーハン、ご飯物などを種類豊富に提供していましたが、ラーメンをメインの営業へと変わった様です。


2品注文したうちの一品はこちら

焼きあご(しょうゆ味)

karyu_2.jpg


スープ

karyu_3.jpg


醤油味と塩味があり、今回は醤油を選択しました。

あっさりとした醤油味のスープに魚介風味が香ります。

アゴはイワシなどと比べ出汁繊細で淡い事もあり、醤油の風味に覆われがちとなります。
出汁をもっと分かりやすく食べたい場合は塩味を選ぶと良いでしょう。


麺は多加水細麺です。

karyu_4.jpg



続いてはあんかけ系の一杯です。

広東麺

karyu_5.jpg


豊富な種類な具材がたっぷりとのっています。

具材は強めに炒めてあります。

karyu_8.jpg


スープ

karyu_6.jpg


炒め野菜の焦がした味が、スープ全体に独特な風味を加えていました。
宝龍の時の記憶では、あっさりで旨味強め、そして食材の味が染みた塩味スープだったと思います。


そして定番の人気メニューがこちら

餃子

karyu_7.jpg


大きな餃子は食べ応えがあり、美味しかったですね。


華龍の詳細
posted by BBSHIN at 00:00| Comment(0) | 新発田市

2019年05月28日

麺食堂 まる七 適度なコッテリ味の「背脂ラーメン」と旨辛な「汁なし麻婆麺」

新発田市にある「麺食堂 まる七」へと行ってきました。

marushiti_201905_1.jpg


各種麺メニューの他、セット、ラーメン定食などもありましたが、その中に「半チャーハンセット」(1,000円)なるものがあったので注文してみる事に。

ちなみに、ラーメンは中華そばと背脂ラーメンからの選択式となっていました。

という事で、選んだのはこちらの一杯です。

背脂ラーメン

marushiti_201905_2.jpg


スープ

marushiti_201905_3.jpg


醤油の風味の中に出汁が香るスープに背脂が浮いています。
背脂は、ランダムなサイズで、比較的大きな粒もありました。
重たさがなく、ふわふわな食感が良かったです。




marushiti_201905_4.jpg


このスタイルのスープだとモッチリ多加水太麺をイメージしていましたが、予想外に細めなタイプの麺でした。
食感の良い麺で、スープも程よく絡み、相性も良かったです。


セットの半チャーハン

marushiti_201905_5.jpg


パラパラとした舌触りと硬めな食感が良かったですね。
美味しい炒飯でした。


つづいては、こちらの一杯です。

汁なし麻婆麺

marushiti_201905_6.jpg

marushiti_201905_7.jpg

marushiti_201905_8.jpg


強めな辛味とシビレが効いた汁無しタイプのマーボーメンです。

トロみも強く、細めの麺に麻婆餡がたっぷり絡みます。

旨辛なマーボーメンには、ライスが合いそうですが、+50円で「追い飯」があるとのこと。
お腹に余裕のある方は注文してみると良いでしょう。


麺食堂 まる七の詳細
posted by BBSHIN at 20:07| Comment(0) | 新発田市

2019年02月28日

龍園 マーボーメンとジャンボ餃子

新発田市にある「龍園」へと行ってきました。

ryuen_1.jpg



平日のお昼に行きましたが、店内は満席の人気っぷりです。
ご年配の方が多く、車だけでなく歩いてきている人もいました。
地元に愛されているお店だという事が伺えますね。


注文したのはこちら

麻婆麺

ryuen_2.jpg


あっさりとしたスープにトロみある麻婆餡がかかっています。

ryuen_3.jpg


たっぷりの豆腐にピーマン、ネギ、ひき肉が入り、具材が豊富ですね。


スープ

ryuen_4.jpg


あっさりとした清湯スープには、麻婆餡の味が行きわたっています。


麺はシンプルなスタイルの多加水細麺です。

ryuen_5.jpg


食べやすく、とても美味しいマーボーメンでした。



五目ワンタン麺

ryuen_6.jpg


五目ラーメンというと醤油味をイメージしていましたが、こちらは塩味のスープでした。
メニューにある「五目あんかけそば(正油味)」が一般的な五目ラーメンなのかと思われます。

あっさり塩味のスープは、しっかりとした旨味が特徴的です。
中華料理系のお店が出す塩ラーメンは、こうした強い旨味のものが多いかなと。

品名にもあるワンタンの他、玉子や種類豊富な野菜が入っています。
美味しく色んな野菜が食べられるのは嬉しいですね。


そしてサイドメニューとして、人気の餃子を頂きました。

ryuen_7.jpg


モッチリ皮にたっぷりの具材が入り、ジューシーな食感、ニンニクの香りもありインパクトある味となっていました。


龍園の詳細
posted by BBSHIN at 12:23| Comment(0) | 新発田市

2018年12月26日

ラーメン魂 とらまる 旨辛な汁無しマーボーメンはヤミツキになる事間違いなし!?

新発田市にある「ラーメン魂 とらまる」へと行ってきました。

toramaru_201812_1.jpg



今回はホットペッパーが運営するメシ通の取材がメインとなりました。

メシ通掲載の記事はこちら


オープン当初に訪れた時にもマーボーメンを提供していましたが、久しぶりにきてみると汁無しタイプを提供しており、そちらがお勧めとの事だったのでチャレンジしてみることに。

ヤミツキとら麻婆麺

toramaru_201812_2.jpg


トロみの強い麻婆餡

toramaru_201812_3.jpg


ガツンと麺に絡みつきます

toramaru_201812_4.jpg


旨味がしっかりとし、辛味と山椒は程よいレベルでそこまでの辛さはなく、旨辛な仕上がりです。

隠し味として入っているチーズのまろやかさが良いですね。
そして、上にかけれた背脂がコクと甘みを与えます。

ハッキリとした旨味と濃厚なコク。

ご飯と共に食べるのがお勧めです。

タイトルにある通り、正にヤミツキになりそうな一品でした!


もう一杯はこちら

とらまるらーめん

toramaru_201812_5.jpg


スープ

toramaru_201812_6.jpg




toramaru_201812_7.jpg


背脂入りの豚骨魚介スープは、出汁感など旨味のバランスが良く、多くの人に受け入れられそうな分かりやすい美味しさの一杯かなと思います。


とらちゃあしゅうめし(300円)

toramaru_201812_8.jpg



ラーメン魂 とらまるの詳細
posted by BBSHIN at 07:44| Comment(1) | 新発田市

2018年12月04日

食堂みやむら 柔らかい食感と程よい味付けの豚のかしら肉がのった「もつラーメン」

新発田市にある「食堂みやむら」へと行ってきました。

miyamura_201812_1.jpg


今回の目的はホットペッパーが運営する「メシ通」の取材です。

メシ通掲載の記事はこちら


今回は看板メニューの「もつラーメン」に、更に「ミニもつ丼」をプラスしたセットを食べる事としました。

もつラーメンともつ丼セット(1,080円)

miyamura_201812_2.jpg


もつラーメン

miyamura_201812_3.jpg


たっぷりの「モツ」

miyamura_201812_4.jpg


一般的な「モツ」のイメージの臓物ではないものの、もつとして分類される豚のかしら肉、ほほ肉が使われているとのこと。

内臓のイメージで食べると「肉」なので
「モツ!?」
となってしまいますよね。

ちなみに、こちらの「モツ」
ここ数年改良を重ねているらしく、以前より深みある味に仕上がってきているとのこと。
ここ最近食べてないという方は、ぜひ久しぶりにチャレンジしてみて下さい。


スープ

miyamura_201812_5.jpg


動物系、魚介系素材をバランス良く使ったあっさり醤油味の清湯スープです。




miyamura_201812_6.jpg


シンプルな多加水細麺ですが、深みある味わいのモツとスープを邪魔する事なく適度に引き立てる良い麺ですね。



ミニモツ丼

miyamura_201812_7.jpg


デザートのぶどう

miyamura_201812_8.jpg


以前冬に行った時はミカンでした。
取材時は10月でしたが、季節に合わせた物を出している様です。


もう一杯はこちら

もつタンメン

miyamura_201812_9.jpg


炒め野菜がたっぷりとのっています。

炒め野菜の味がスープに染み渡っています。
スープの出汁感と野菜の甘味が合わさり滋味深い味わいとなっていました。


食堂みやむらの詳細
posted by BBSHIN at 21:43| Comment(0) | 新発田市

2018年11月29日

らーめん処 神華 マヨネーズたっぷり! 酸味が効いた「おばこらーめん」

新発田市、新発田駅近くにある「らーめん処 神華」へと行ってきました。

shinka_201811_1.jpg


今回は、ホットペッパーが運営する「メシ通」の取材で伺いました。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのは看板メニューのこちら

おばこらーめん

shinka_201811_2.jpg




たっぷりのマヨネーズを使い、更に酸味をプラスしたというスープはインパクト抜群です!!

一般的なラーメンのイメージからは遠くかけ離れたオリジナリティあふれる味わいですね。


麺は自家製の細麺です。

shinka_201811_3.jpg


なかなか他では味わう事が出来ない様な一杯でした。


もう一杯はこちら

特製味噌らーめん

shinka_201811_4.jpg


濃厚な味噌風味のスープにたっぷりのキャベツ、モヤシ、そしてチャーシューがのっています。

新潟濃厚味噌ラーメンの中でも昔ながらの清湯タイプに良く似たスタイルですね。
といっても割りスープが必要な濃さではなく、ちょうど良い味噌味となっています。


そうしたスープには、ガッシリとした太麺が良く合います。

shinka_201811_5.jpg


パンチある味わいの味噌ラーメンでした!!


各種ラーメンの他にも、駅近くという事もあってかおつまみメニューも充実しています。

羽根餃子(550円)

shinka_201811_6.jpg

自家製の餃子は、もっちり皮にパリパリ皮、そして、たっぷりの具材が詰まり、食べ応え満点かつ美味しかったです!


更にもう一品

おつまみ三品セット(550円)

shinka_201811_7.jpg


こうした各種おつまみメニューを食べながらお酒を飲み、シメにラーメンというコースが可能がラーメン居酒屋でした。

機会があれば是非行ってみて下さい。
古町にも支店があります。


らーめん処 神華の詳細
posted by BBSHIN at 22:16| Comment(0) | 新発田市

2018年07月15日

麺屋 八戒 新発田市に新店オープン!

新発田市に今年4月オープンした「麺屋 八戒」へと行ってきました。

hakkai_1.jpg


注文したのはこちら

八戒らぁ麺

hakkai_2.jpg

hakkai_3.jpg


比較的あっさりめなスープに液状の油が多めに浮いています。
魚介感が結構強いですね。

こちらの他にも「あっさりらぁ麺」なるメニューもあるので、恐らくは動物系、魚介系を合わせたスープを用いており、魚介比率が高いのかなと。

麺は多加水タイプでした。

チャーシューは柔らかく味が良く染みたタイプです。
新潟市に多い系列に似たタイプかなと。



続いてはこちら

熟成味噌らぁ麺

hakkai_4.jpg

hakkai_5.jpg


味噌の味が強く、スープは下支えをしている様なタイプです。

麺は太麺でした。

チャーシューの下に野菜があり、麺の太さなどもあり、なかなかに食べ応えのある一杯となっていました。



香辣麺

hakkai_6.jpg


見た目通りに激辛系です。

旨辛というよりはストレートに「辛」な仕上がり。

ラー油の辛味というよりは、スープ自体に辛味があり、かかった山椒によりシビレがプラスされたカラシビな一杯でした。


麺屋 八戒の詳細
posted by BBSHIN at 23:42| Comment(0) | 新発田市

2017年11月18日

和syu太 刺激的な旨味たっぷり「みそ納豆ニンニクラーメン」

新発田市にオープンしたお店「和syu太」へと行ってきました。

wasyuta_1.jpg


注文したのは、お店イチオシのこちら

みそ納豆ニンニクラーメン

wasyuta_2.jpg


メインの納豆の他、炒めたモヤシ、挽き肉、玉ねぎなどがのっています。

wasyuta_3.jpg


麺は多加水で縮れた太麺です。

wasyuta_4.jpg


スープは、味噌などの濃さもあり、濃厚に仕上がっています。
旨味も程よく、納豆や各種具材とスープの組み合わせも良かったです。
麺へのスープの絡みはそこそこですが、スープの味が強めなのでちょうど良いかなと思います。


そして、そこにプラスする「ニンニク」

wasyuta_5.jpg


味噌、納豆とニンニクの愛称は抜群です!

こちらをプラスすると、一気にインパクトあるパンチが加わります。



サイドメニューとして注文したネバネバ丼(350円)

wasyuta_6.jpg


とろろ、オクラ、黄身の醤油漬けがのっています。

シンプルですが、食べ応えある味で、とても美味しかったです。


下のごはんを納豆にんにく味噌スープと合わせて食べると実に美味しかったです。

ご飯との相性の良さもあり完食となりました。

wasyuta_7.jpg


サイドメニューのミニ丼でも良いですが、ライス(100円)、半ライス(70円)など、ご飯系と合わせて食べるのがお勧めです。



もう一品はこちら

背脂醤油ラーメン

wasyuta_8.jpg

wasyuta_9.jpg

wasyuta_10.jpg


香ばしく動物系の旨味・コクたっぷりの背脂、濃い目で強い旨味がプラスされたあっさり醤油スープの組み合わせは、飲み応え抜群でした。
程よく油が抜け、プルプルとした背脂身の食感も良く、また、液状油が適度な濃厚感を演出しています。

麺は歯ごたえの強いストレート中麺です。
インパクトある味のスープに負けない良い麺でした。

刺激的な美味しさの一杯でした手(パー)


手作り餃子(350円)

wasyuta_11.jpg


モッチリ皮で、具材は旨味もあり、ニンニクも効いていたと思います。
美味しい餃子でした。


和syu太の詳細
posted by BBSHIN at 10:09| Comment(0) | 新発田市

2016年12月23日

もつラーメンが人気の食堂「みやむら」

新発田市にある食堂みやむらへと行ってきました。

miyamura_1.jpg


注文したのはもつラーメンとチャーハンセット(1,080円)です。

miyamura_2.jpg


もつラーメン

miyamura_3.jpg


スープにはたっぷりのホルモン風味が溶け出しているのかな・・と思いきや、そうではなく、昔ながらのあっさりスタイルで、旨味のハッキリとしたスープです。

そして上には、たっぷりの「モツ」がのっています。
その「モツ」を食べてみると、、旨味をしっかりと残し味がしっかりと染み込み、内臓的な臭みがありません。
まるで肉の様な食感と味だったので不思議に思い質問してみると、、、
のっているのは味と食感の通り「肉」とのこと爆弾

では何故この様な名前にしたのかを聞くと、「先代の頃からこの商品名で提供しており、引き継いでいる。何でこの名前をつけたのか分からない」との事でした。
名前の由来が気になりますね〜ひらめき


麺はシンプルな多加水細麺です。

miyamura_4.jpg



奇抜なネーミングを抜きにしても美味しい一杯でした手(パー)


チャーハン

miyamura_5.jpg


旨味も程よく、とても美味しいチャーハンでするんるん



続いてはこちら

もつミソラーメンとかつ丼セット

miyamura_6.jpg


もつラーメンとかつ丼セットが1,080円で、差額を支払う事でラーメンを別のものに変更可能です。
もつラーメンが770円、もつミソラーメンが980円なので、確か今回のセットは1,290円かなと思います。



もつミソラーメン

miyamura_7.jpg


基本的にはあっさりながらも濃い味噌味により濃厚感ある飲み応えのスープです。

この味の味噌なら、肉がホルモンだったとしても受け止めてくれるのではないかと感じますが、のっているのは、もつラーメン同様に肉でした。
下にはモヤシ、ニンジン、キャベツ等の野菜なども入り、ボリュームもありますね。
セットにするとかなりお腹いっぱいになります。


かつ丼はタレカツ丼でした。

miyamura_8.jpg


カリカリ食感を残しつつも、甘じょっぱいタレがしっかり染みこみ、とてもおいしかったです手(チョキ)
正統派タレカツ丼ですねぴかぴか(新しい)


セットメニューのそれぞれの品が美味しく、ラーメンも美味しかったです。
名物モツラーメンに加え、各種セットメニューが揃っており、また、お店の人達の心温かい接客も素晴らしく、とても良いお店だと思いました。
機会があればまた食べに行きたいですねわーい(嬉しい顔)


みやむらの詳細
posted by BBSHIN at 00:55| Comment(0) | 新発田市