2018年09月05日

五泉市「ゆず」 あっさりながらも深みある塩味のスープに香る柚子風味

五泉市にある「らーめん ゆず」へと行ってきました!

yuzu_201809_1.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのはこちらの一杯です。

しおらーめん

yuzu_201809_2.jpg


あっさりとした塩味のスープには柚子が香ります。

サッパリとした飲み心地ながらもコク深いスープはとても美味しいですね。
深みある旨味は動物系素材に昆布などを織り交ぜた出汁由来とのこと。


お好みのタイミングで梅をプラスし、スープにアクセントを加える事が出来ます。

yuzu_201809_10.jpg


麺はシンプルな多加水細麺です。

yuzu_201809_3.jpg


深みあるスープを邪魔する事のない麺で、スープとの相性も良かったと思います。

とても美味しい一杯でした!


もう一杯はこちら

背油岩のりらーめん

yuzu_201809_4.jpg

yuzu_201809_5.jpg


ベースは塩と同じあっさり系清湯ですが、背脂が浮きコッテリ系な仕上がりです。

背脂は余計な油を落としているらしく、見た目程の重たさがありません。
脂身を煮出す際には生姜を使い、油の臭み軽減を図っているとのこと。
また、良質な背脂を用いているらしく、仕込みも含め、背脂の美味しさにこだわっている様です。

スープには、煮干しが効いており、麺は多加水太麺と、定番系の燕三条系背脂な仕上がりでした。

とてもクオリティの高い一杯で美味しかったです!


餃子

yuzu_201809_6.jpg


味がついており、醤油などをかけずとも美味しく頂けます。

お好みでテーブル備え付けのユズジャンをつけて食べます。

yuzu_201809_7.jpg


今回はサイドメニューも注文しました。

マヨぶたキムチめし

yuzu_201809_8.jpg


マヨネーズとキムチの組み合わせが絶妙でした。
中毒性のある一品ですね。


らーめん ゆずの詳細
posted by BBSHIN at 22:00| Comment(0) | 五泉市

2018年08月12日

くるまやラーメン 新潟五泉店 刺激的なニンニク味噌スープと納豆

五泉市にある「くるまやラーメン 新潟五泉店」へと行ってきました。

kurumaya_gosen_201808_1.jpg

kurumaya_gosen_201808_2.jpg


定番のスタミナラーメンでいこうとも思いましたが、メニューに「生卵の販売は10月1日から5月31日まで」とあり、一旦思いとどまることに。

kurumaya_gosen_201808_3.jpg


夏場は衛生面も考えて生卵を提供しないのですね。
スタミナラーメンといえば、やっぱり生卵とニンニク味噌の絡みが大事だと思うので、今回は別のものを注文することとしました。


味噌納豆ラーメン

kurumaya_gosen_201808_6.jpg


ニンニクがガツンと効いた味噌スープと納豆の相性は抜群です。

モヤシはスープを絡めて食べると美味しいですね。


そして、そのスープと納豆と絶妙に合うのが無料のライスです。

kurumaya_gosen_201808_7.jpg


もう一杯はこちら

味噌バターラーメン

kurumaya_gosen_201808_4.jpg

kurumaya_gosen_201808_5.jpg


くるまやラーメン 新潟五泉店の詳細
posted by BBSHIN at 08:33| Comment(2) | 五泉市

2018年07月30日

大和苑 五泉駅近くの食堂

サイト協力フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は五泉市の「大和苑」です。

マーロウさんのコメントは以下の通りです。

↓↓↓


五泉市にある「大和苑」に行って来ました。『だいわえん』と読みます。

daiwaen_1.jpg


こちらのお店、創業60年を越える食堂です。


場所は、五泉駅を背にして、3つ目の信号を右折後、1つ目の信号を通過したらすぐ右側にあります。

看板も大きいのですぐ分かるかと思います。

daiwaen_6.jpg


店内は年季こそ感じられますが、清潔に保たれております。


小生はラーメンセット(半チャーハン付)(900円)を注文。

daiwaen_2.jpg


ラーメン

daiwaen_3.jpg

daiwaen_4.jpg


麺は細麺ぢぢれで、ツルツルした食感です。
スープはあっさりとした甘目の味わいです。

具はメンマ、ねぎ、チャーシューという、王道の盛り付けです。


炒飯もまた、卵、ハム、ねぎという、シンプルな中身です。

daiwaen_5.jpg


ラードの香ばしい匂いがしっかりとしております。
味付けもしょっぱすぎず、さらりと食べられます。

麺類の他、丼、定食、カレー、酒、一品料理などがあります。
また、ラーメンセット以外にもマーボーめんセット(1,100円)もありました。


大和苑の詳細
posted by BBSHIN at 22:19| Comment(0) | 五泉市

2018年03月06日

麺や磯右エ門 深みある味わいの無化調スープ

五泉市にオープンしたばかりの新店「麺や磯右エ門」へと行ってきました。

isoemon_1.jpg


駐車場はお店から数十メートルほど離れた所にあります。

場所はお店に向かい右側、大光銀行より3〜4軒離れたところです。

isoemon_2.jpg


お店の駐車場は右側の赤い看板が立った2台分です。



注文したのはお店の看板メニューというコチラ

しょうゆらーめん

isoemon_3.jpg

isoemon_4.jpg


とても深い味わいの醤油スープです。
無化調との事ですが、確かにそんな感じの味かなと。

一番際立っているのは、醤油の深みある風味です。
説明には
「佐渡の焼あご、長崎のあご煮干し、利尻昆布、地元の野菜」
といった出汁素材が書かれていますが、そうした素材感がかなり分かりにくくなる位に醤油の味が目立っています。
旨味が強く、かつ、濃い風味の物が使われているのかと。

ただ、出汁が弱いと醤油が勝ち過ぎるのですが、全体的なベースがしっかりとしているので、厚みある出汁が取られているものと思われます。

上に浮いているのは、動物系油でしょうか?
スープに気を取られ、その辺りは意識しなかったのですが、そうしたコクもあった様な気がします。

麺は太麺、細麺が選択可能らしいですが、お勧めは細麺との事です。
もう一杯で太麺も食べましたが、確かに細麺の方が合っているかと思います。
細麺は、パツリとしたタイプを想像しましたがそこまででもなく、弾力感などもそこそこに、適度に芯のある歯ごたえでした。
麺自体はそこまで目立たず、スープをうまく立てる良い麺かなと思いました。

ガツンとくる旨味ではなく、じんわりとした深みある味わいなので、物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、個人的にはかなりレベルの高い一杯だと感じました。
強烈な旨味のラーメンを食べ飽きた様なフリークに好まれそうな醤油ラーメンだと思います。


もう一杯はこちら

塩背油らーめん

isoemon_5.jpg


醤油ラーメンの時には分かりにくかった魚介出汁がハッキリと前に出ています。

背油が多めに浮いていますが、そこまでコッテリとはしていません。
背油のコクに隠れた出汁感が絶妙でした。

背油系の麺は太麺とのこと。

isoemon_6.jpg


多加水のツルモチ系で弾力感のある太麺です。

背油の甘味あるコクとともに、広がりある旨味のスープの味が適度に絡んできました。


背油ラーメンも美味しかったですが、機会あればあっさり塩も試してみたいですね。


餃子(380円)

isoemon_7.jpg


本日のまかない丼
チャーシューたっぷり半チャーハン(280円)

isoemon_8.jpg


ランチタイムのドリンクサービスについて

isoemon_9.jpg


ウーロン茶とコーラ

isoemon_10.jpg


まだほとんど注目されていなく、メディアなどにも取り上げられていない様ですが、かなりのクオリティのラーメンを提供しているお店だと思いました。
今後フリークが通う様な人気店になる予感がします。


麺や磯右エ門の詳細
posted by BBSHIN at 22:40| Comment(0) | 五泉市

2018年02月09日

五泉市さといも麺を提供する「日の出食堂」の名物「クリームパスタ」

五泉市にある「日の出食堂」へと行ってきました。

hinode_201802_1.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」掲載の記事の取材で行ってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのは里芋麺を用いた中でも日の出食堂特有なオリジナルメニューのこちら

クリームパスタ

hinode_201802_2.jpg

hinode_201802_3.jpg


濃厚なコクのあるクリームソースがかかっています。
品名の通りパスタ的な仕上がりではありますが、麺はつけ麺などにも使われそうな歯ごたえ抜群の太麺です。

さといも麺は通常のものと、里芋粉含有量が多いものの二種類がある様で、里芋が多いものを選びました。
多加水でツルリとした表面で、コシがあります。
弾力感が印象的ですね。

ソースの味が強いので、麺自体の風味は分かりにくいのですが、麺自体の色を独特な味である事が想像されます。
次回は、あっさりラーメンやつけ麺などでこちらの麺を味わってみたいですね。

とても美味しかったです。


もう一杯はこちら

みそラーメン

hinode_201802_4.jpg

hinode_201802_5.jpg


あっさりとした昔ながらのスタイルの味噌ラーメンです。

スープはサラリとした舌触りで、味噌の風味と食材の味が溶け込みコク深い味わいとなっています。

あっさり味噌スープに合わさる麺は歯ごたえが強く、スープに勝ち気味になりつつも、うまく調和しています。

モヤシや挽き肉、ニラなどの具材がたっぷりとのっているのも嬉しいですね。


サイドメニューのミニ麻婆丼

hinode_201802_6.jpg


トロみたっぷりの麻婆豆腐がご飯との相性抜群でした!


日の出食堂の詳細
posted by BBSHIN at 06:34| Comment(0) | 五泉市

2016年11月17日

中田製作所の「背脂ブラックチャーシュー」

五泉市にある「中田製作所」へと行ってきました。

nakada_ramen_labo_201611_1.jpg


今回は、ホットペッパーが運営するメシ通の取材でやってきました。

メシ通掲載の記事はこちら


注文したのは数年前に行った時はなかった「背脂ブラックチャーシュー」です。

nakada_ramen_labo_201611_2.jpg


層が出来る程にたっぷりの背脂が浮いています。

nakada_ramen_labo_201611_3.jpg


モロ濃い醤油ダレがガツンと効いたスープの上に背脂がある事で、かなりのしょっぱさを背脂の甘味とコクが緩和してくれます。

燕系背脂ラーメンでも実証されている様に、しょっぱいスープと背脂の組み合わせというのはかなり相性が良いですねるんるん


濃い醤油スープにつかった麺は、醤油ダレの風味をしっかりと吸収しています。

nakada_ramen_labo_201611_4.jpg


スープを弾きやすい多加水系の麺にこれ程までに醤油色が染みこんでいる事からも、醤油の濃さが伝わるかと思います。

また、インパクトあるスープと背脂に負けない迫力の麺は歯応えガッチリで食べ応え満点でした手(チョキ)

とても美味しかったですぴかぴか(新しい)


定番の「らーめん」

nakada_ramen_labo_201611_5.jpg

nakada_ramen_labo_201611_6.jpg


濃い醤油ダレの味をストレートに味える一杯です。
そして、強い醤油風味の中にも、野菜系の出汁感が伝わってきます。

麺は背脂ブラックの太麺とは違い、細麺となっています。


かなりのしょっぱさですが、このしょっぱいスープにご飯がメチャクチャ合うんですよねぴかぴか(新しい)

nakada_ramen_labo_201611_7.jpg


いずれは、7〜8人前の特盛ごはんという「だらいす」にチャレンジしてみたいですね〜わーい(嬉しい顔)


中田製作所の詳細
posted by BBSHIN at 19:58| Comment(0) | 五泉市

2016年01月09日

五泉市「ゆず」の期間限定「発芽小麦香る塩北極ラーメン」を食べてきました

五泉市にある「らーめん ゆず」へと行ってきました。

yuzu_1.jpg


今回の目的はPR情報に掲載していた「発芽小麦香る塩北極ラーメン」です。

発芽小麦香る塩北極ラーメンのPR情報


やってきました!

yuzu_2.jpg

yuzu_3.jpg


あっさり塩味のスープに、フワッフワの背脂が液状のものと共に多めに浮き、マイルドで甘味のあるコクをプラスしています。
スープ自体の旨味も程良いですね。

麺は、発芽小麦を用いたという、歯応えの良い縮れた中太麺です。
栄養価が豊富というのは嬉しいですねぴかぴか(新しい)

アラレがたっぷりと浮いていて、食感なども楽しめます。
チャーシューというよりは角煮的な肉がのっており、甘く、柔らかく煮付けられています。


わさびが別皿でついてくるので、途中の味変も可能です。

yuzu_4.jpg


ツンとした清涼感を与えてくれますぴかぴか(新しい)

アラレや海苔といったトッピングなどもあり、お茶漬け的な味わいとなります。
ご飯との相性は抜群だと思われるので、もしコチラのお店に1月末までに行かれる方は、是非ライスを追加注文し試してみてもらいたいですね手(パー)


みそらーめん

yuzu_5.jpg

yuzu_6.jpg


あっさり系のスープに味噌の風味が色濃く出たタイプです。

チャーシュー、メンマの他、モヤシ、ニンジンなどの各種野菜ものり、ボリューム感も良い感じですぴかぴか(新しい)

麺の歯応えも良く、全体的にバランス良く美味しい味噌ラーメンですね。


割りスープがついてきます。

yuzu_7.jpg


新潟濃厚味噌に慣れた人などは、この位の濃さの味噌ラーメンだと割りスープは必要ないと感じる人が多いかもしれませんね。

ただ、お好みのタイミングで割りスープを入れる事で、サラっと飲みやすくする事も可能かと思います。
最初に入れてしまうと後悔する事になると思うので、タイミングには要注意です。


元祖タレなし餃子(480円)

yuzu_8.jpg


味付きとなっているので、醤油などをかけずとも美味しくいただけます。


テーブル調味料

yuzu_9.jpg


右下に写っている「ユズジャン」は、味噌ラーメンの味変や、餃子に付けたりと、色んな場面に役立ちますぴかぴか(新しい)


ゆずの詳細
posted by BBSHIN at 12:42| Comment(0) | 五泉市

2015年10月04日

麺家〆家 秀吉

サイト協力者フィリップマーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は五泉市の「秀吉」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

五泉市にある、秀吉に行ってきました。

hideyoshi_1.jpg


今年の3月にオープンしたお店です。
「秀吉」って「ラーメンの天下取ったれ!!」みたいなネーミングですよね。

場所は五泉駅から直進、二つ目の信号を左折すると左側に見えてきます。
お店の中は、カウンター席と、小上がりがあります。


小生が頼んだのは味噌ラーメンの辛しねぎ入り。

hideyoshi_2.jpg

hideyoshi_3.jpg


麺は太麺、香辛料がたっぷりかかったねぎ、メンマ、海苔、ひき肉が入っています。

辛ねぎは相当辛く、一口食べただけで汗が出てきますあせあせ(飛び散る汗)

麺は弾力があり、モチモチした食感です。

食べ終わった頃はスープにも十分辛さが伝わっており、かなり汗をかいてしまいました。


麺家〆家 秀吉の詳細
posted by BBSHIN at 20:57| Comment(0) | 五泉市

2015年06月01日

北京食堂

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回は五泉市の「北京食堂」で提供している、五泉名物の里芋麺についてです。

以下、マーロウさんの感想。

↓↓↓


五泉市にある、「北京食堂」に行ってきました。

pekinsyokudou_1.jpg


五泉駅からまっすぐ歩いて数分、2つ目の信号を越えた、呉服屋の隣にあります。

派手な看板でもなく、分かりやすいのぼり旗を出しているわけでのない、周囲と呼吸を合わせているからこそ出せる、味わいのある外観です。


お店に入ってメニューを見ると、里いもラーメンという気になる単語が。。

さといも麺とは、五泉産の特産物である里芋“帛乙女”を粉末に加工し、麺に練りこんだものだそうです。
2010年に五泉市で開発・商品化され、売り出されています。
五泉市内でも、この里いも麺を使用したラーメンやパスタが食べられる店がいくつもあります。

どのようなものだろうと思い、小生は里いもラーメンを注文。

里いもラーメン

pekinsyokudou_2.jpg

pekinsyokudou_3.jpg


メンマが多めです。
かまぼこ、半分にしたゆで卵、ねぎ、チャーシューが1枚乗っています。
スープはあっさりですね。

里芋麺は平べったい形状で、中太でした。
モチモチとし食感ですね。
茹で加減は柔らか目です。

昔ながらのホッとする味で、美味しかったです。


北京食堂の詳細
posted by BBSHIN at 20:13| Comment(0) | 五泉市

2015年05月03日

天王麺

五泉市にある「天王麺」へと行ってきました。

tennoumen_1.jpg


こちらのお店がある通りは何度か通っていたので、以前よりこちらのお店の存在は気になっていました。
今回は旧村松町の白山に登った帰りに寄ってみることに。

白山登山記事はこちら

お店に入ると、メニューには「味噌ラーメン」と「塩ラーメン」にオススメと書いてあります。

軽く話を聞いてみると、塩は女性に人気らしく、味噌は全般的にリピート率が高いとのこと。

友人が普通の醤油ラーメンを注文したいと言っていたので、私はお勧めの一つの「塩ラーメン」にしてみることに。

まずは普通の「ラーメン」

tennoumen_2.jpg

tennoumen_3.jpg


昔ながらのあっさり醤油ラーメンです。

麺はツルツルモチモチの縮れ細麺で、程よくスープと油が絡みます。

トッピングは豚バラ肉のロールチャーシュー、ほうれん草、メンマ、ネギ、玉子、ナルトでした。

浮いた油は豚と鶏由来のものらしく、動物系スープとして豚骨と鶏ガラを用いているのでしょう。


あっさり味でとても食べやすい一杯でした。



私が食べた「塩ラーメン」

tennoumen_4.jpg


こちらは200円高いこともあってか、チャーシューが2枚だったり、モヤシなどがのっています。

塩味のスープは、あっさりながらも程よく旨みがプラスされ美味しいですねるんるん

こちらも、醤油同様の動物系油かと思いますが、醤油よりも香ばしさを感じる気がします。
調理法からくるものでしょうか?


2杯食べてみましたが、両方ともシンプルながらも美味しかったですねぴかぴか(新しい)
どちらかといえば、バランス良く抑え目の醤油に比べ、塩の方が印象の強い仕上がりとなっていました。


撮影許可を願い出ると店主からは、「どこからきたか」などの質問を受け、その後少し雑談をしました。

ラーメンのコンセプトとしては

「今時のラーメンは油が強かったり、味が濃すぎたりするものが多いが、うちの店では何度食べても飽きのこない様な味を出したい」

とのこと。

色々と話をする中で、メニューには無い品もある事を知りました。
その中の一つはこちら

山菜盛り合わせ(こごみ、みず、タケノコ)

tennoumen_5.jpg


この他にも、メニューに無い品がいくつかあるらしく、他のお客さんは唐揚げらしきものつまみにお酒を飲んでいました。
その時々の品を提供しているのかもしれませんね。
(カウンター越しには味噌汁の様なものも見えました)

常連客もついているらしく、近くに住んでる人にとっては気軽に色々なものが食べられる良いお店なのでしょうね。
店主も人柄良く、個性的な感じでしたし。

機会あれば、もう一つのお勧め「味噌ラーメン」も試してみたいですね。


天王麺の詳細
posted by BBSHIN at 23:33| Comment(0) | 五泉市

2015年01月15日

らーめん砦 木津城

五泉市にオープンした「らーめん砦 木津城」へと行ってきました。

kidujou_1.jpg


場所はなおじ五泉跡地で、その前は支那そば屋があった場所です。

こちらのお店は、昨年から続くだるまや離脱組の流れのうちの一軒で、店主は万人家出身の方だとか。
確かにメニュー構成などもほぼ同じで、店内には我駆吉風などの離脱組のTシャツが飾ってありました。

らーめん

kidujou_2.jpg

kidujou_3.jpg


あっさりめの醤油味のスープに背油が浮き、チャーシューがたくさんのるスタイルはいかにもですね。

ノーマルのらーめんでもチャーシューが5枚ものってきます。
柔らかいタイプの肉ではなく、歯応えの良い肉質で、スライサーで薄くカットされ食感が柔らかくなっている様です。

麺は中位の太さのストレート麺で、このスタイルのラーメンに良く合った麺です。


がっつりらーめん

kidujou_4.jpg


出身元のG麺を彷彿とさせる一杯です。

上にのったニンニク以外に、スープにニンニクを混ぜてあるので、ガツンとした飲みごたえとなっています。
そして、上のニンニクを混ぜると更にインパクトがプラスされます。

モヤシなどの野菜もたっぷりとのっておりボリュームがありますね。


手作りで数量限定という餃子(350円)

kidujou_5.jpg


テーブル調味料

kidujou_6.jpg


出身店をそのまま踏襲している事もあってか、味もしっかりとしており、オペレーションも手馴れた感じでした。
五泉地域には無いタイプの味なので、こちらの地域の方々にとっては良いお店がオープンしたのではないでしょうか。


らーめん砦 木津城の詳細
posted by BBSHIN at 07:04| Comment(0) | 五泉市

2014年11月30日

中国料理 鳳龍飯店

五泉市の老舗中華料理店「中国料理 鳳龍飯店」へと行ってきました。

houryuhanten_1.jpg


こちらのお店はメニューがかなり豊富で、お手頃価格のラーメンメニューやカレー、丼物、定食類などの他、中華の一品料理などが揃っています。

他にも各種セットなもあったので、今回はラーメン+半カレーのセットを注文しました。

ラーメン

houryuhanten_2.jpg

houryuhanten_3.jpg


麺は五泉名物「さといも麺」に変更可能だったので、さといも麺を選びました。

スープはかなりアッサリ味で醤油味とも塩味とも取れる中間的な感じだったかなと。
さといも麺は歯応えある中太麺で、このアッサリスープに良く合っていましたが、コッテリスープにも合いそうな力強い麺だと思います。
個人的には普通の細縮れより、コッチの方が好きですねひらめき

チャーシューは柔らかく、味も程よく染み込み美味しいですねぴかぴか(新しい)
メンマは昔ながらのお店では珍しく、角ばった太メンマでした。


セットの半カレーとサラダ

houryuhanten_4.jpg

こちらのカレーは、東京オリンピックで選手村に派遣されインド人コックから学び人気となった広東飯店(2004年に閉店)の店主直伝の味とのこと。

20種類のスパイスを使い、じっくりと煮込んだというカレーは、パっと見家庭的な感じに見えましたが、深い味わいでとても美味しかったです。
一緒に食べに行った友人も
「半カレーではなく、丸々一杯食べたい逸品だ」
と言ってました。


天津麺

houryuhanten_5.jpg

houryuhanten_6.jpg


こちらは特に麺変更をしなかったので、縮れ細麺になっています。

ラーメンと同じと思われるあっさりスープに、薄く焼かれた玉子がのり、その上にフワフワになった白身がかかっています。
白身の中にはカニの身が入っていました。

フワフワ感とあっさりスープのバランスが良かったですね手(パー)


自家製の餃子(500円)

houryuhanten_7.jpg


大きめで厚手の皮のモチモチ感が良く、とても美味しい餃子でしたぴかぴか(新しい)

かなりメニューが豊富ですが、数品食べた感想では、どれを食べても大体美味しいのだろうなと思います。
近くに行った際には是非一度寄ってみて下さい手(チョキ)


中国料理 鳳龍飯店の詳細
posted by BBSHIN at 23:06| Comment(0) | 五泉市

2014年09月24日

越後秘蔵麺 無尽蔵 ごせん家

サイト協力者のフィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は五泉市の「越後秘蔵麺 無尽蔵 ごせん家」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓↓↓


もはや説明不要なチェーン店、無尽蔵 五泉店に行ってきました。
五泉駅から車でまっすぐ5分、キューピットの向かいにあります。

mujinzou_gosen_1.jpg


店に入ると、数名のお客さんが並んでいました。


小生が頼んだのは鶏がら醤油ラーメン(細麺)。

mujinzou_gosen_2.jpg

mujinzou_gosen_3.jpg


油が濃いスープですが、不思議としつこくないです。

麺は独特のプリプリした弾力のある歯応え、おいしかったでするんるん
ご存知の通り無尽蔵はチェーン店ですが、店舗ごとに微妙に味が違うんですよね。

そんな違いを発見してみるのもいいかも?


越後秘蔵麺 無尽蔵 ごせん家の詳細
posted by BBSHIN at 00:33| Comment(0) | 五泉市

2014年08月12日

恵比寿

五泉市の人気店「恵比寿」へと行ってきました。

ebisu_201408_1.jpg


以前行った時からだいぶ経っていますが、相変わらずの人気ぶりで店内は満席となっていました。
写真を撮った時には店外で待ってる人はいませんでしたが、お店の中に入りしばらくすると、お店の外には行列が出来ていました。

メニューは以前と同じでラーメンとチャーシューメンの2品のみです。
1種類のラーメンしか提供しないというのは、人気店だからこそ出来る事ですよね。

ラーメン

ebisu_201408_2.jpg

ebisu_201408_3.jpg


あっさり濃い目の醤油味となっており、そこに煮干しが効いています。
味は少ししょっぱめで、油も程ほどに浮いていて若干コッテリした味わいとなっています。

人気のチャーシューは薄く切られ、トロリと柔らかい食感で、味が良く染みており、とてもおいしいですねるんるん

麺も歯応え、食感が良く、スープとも合っていますぴかぴか(新しい)
普段から普通盛りが基本の私ですが、珍しく大盛りにしてもっと食べたいと思いました。


チャーシューメン

ebisu_201408_4.jpg


恵比寿の詳細
posted by BBSHIN at 20:10| Comment(2) | 五泉市

2013年10月02日

らーめん ゆず 「秋味2013」 新潟ラーメンバトル2013

新潟ラーメンバトル2013

7軒目のお店は、五泉市の「らーめん ゆず」です。

yuzu_201310_1.jpg


去年のバトルラーメン「天下五麺」は里芋、蓮根などを使い、素朴な味わいの一杯だったのを記憶しています。

天下五麺のブログ記事


今回のバトルラーメンはこちら

秋味2013

yuzu_201310_2.jpg

yuzu_201310_3.jpg


なめこ、しめじ、菊などが秋の雰囲気を漂わせます。

醤油味の和風出汁スープは、ほぼ、あったかお蕎麦です手(パー)

ラーメンスープに日本蕎麦、というものの逆バージョンですね。
蕎麦風スープにラーメンというのもチラホラと耳にはしますが、新潟で食べるのは初めてですねひらめき

優しい飲み口のスープと各種トッピングの相性が良いので、レンゲで具とスープを一緒にすくって飲むと、ついグイグイといってしまいます。
大根おろしと唐辛子、柚子もとても良い仕事をしていますね手(チョキ)

重たさの全く無い一杯は、現代人の疲れた胃腸にもピッタリですグッド(上向き矢印)


自然と完食してしまいました

yuzu_201310_6.jpg


トータルのイメージとしては「おろしナメコ蕎麦」で、ラーメンとしてはとてもアイデアに溢れる一杯だと感じましたぴかぴか(新しい)

・ラーメン色を強めにする
・辛味、油、等での味の変化

など、今後の発展性も期待出来そうです手(パー)


まーぼータンタンめん

yuzu_201310_4.jpg

yuzu_201310_5.jpg



タレなし餃子

yuzu_201310_7.jpg


コレ美味しいんですよねるんるん


秋味2013の詳細


らーめん ゆずの詳細
posted by BBSHIN at 00:25| Comment(0) | 五泉市

2013年09月08日

くるまやラーメン 新潟五泉店

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報が入りました。

今回のお店は「くるまやラーメン 新潟五泉店」です。


↓↓ 以下、マーロウさんの感想 ↓↓



ラーメンくるまや・五泉店に行ってきました。
美味しくて値段もお手頃、にんにくプンプンがたまらないフランチャイズ店です。

kurumaya_gosen_1.jpg


くるまやは、味噌に力を入れている様で、味噌ラーメンの種類が豊富です。


そんな中、俺が食べたのは「三陸わかめラーメン」です。

kurumaya_gosen_2.jpg

kurumaya_gosen_3.jpg


芽かぶ、クキ、わかめと、三種類のわかめが入っています。
震災の被害に遭った東北を支援するために考えられたメニューだそうです。

食べていて感じた事としては、すごく味が濃いですひらめき

他店のくるまやにも行ったことありますがここまで濃くはなかったです。

県内でもあちこちにありますが、店舗によって味は異なるという話も耳にします。
こちらのお店のラーメンは美味しかったですねるんるん


くるまやラーメン 新潟五泉店の詳細
posted by BBSHIN at 10:17| Comment(0) | 五泉市

2013年08月26日

日の出食堂 カレーライス+半坦々麺セット

五泉駅前にある「日の出食堂」に行ってきました。

hinode_201308_1.jpg


こちらのお店に最初に行ったのは今年の5月で、その時食べた里芋麺がなかなか面白いものだと思ったので、他のお店も巡ってみたりしましたダッシュ(走り出すさま)

5月に行った時の記事


今回も里芋麺を食べたいと思っていたのですが、様々なセットメニューについて質問してるうちに、麺の変更を伝え忘れてしまい、普通の麺で注文してしまいました(^^;)


カレーライス+半坦々麺セット

hinode_201308_2.jpg

hinode_201308_3.jpg


チャーハン、カレーライス、オムライス、中華丼、親子丼、かつ丼、マーボー丼と半ラーメンのセットで8〜900円ですが、差額を支払う事でラーメンを他のものに変更する事が可能らしく、坦々麺に変更する事にしました。

スープは恐らく普通のラーメンと同じのあっさりスープを使っているのでしょうか?
コクたっぷりの坦々麺に仕上がっていて美味しいですね〜るんるん

いかにも「昔ながらの食堂のラーメン」的な普通のラーメンも良いですが、私はこちらの方が好みですね手(チョキ)

この感じだと恐らく味噌ラーメンの方も期待出来るのではないかと思います手(パー)


カレーライスの方は、これまたあっさりラーメンと同じく「昔ながらの食堂のカレー」的なカレーライスで、心温まる美味しさですぴかぴか(新しい)

友人は
「美味しいカレーだるんるん
と喜んでいました


友人が食べたパーコーメン

hinode_201308_4.jpg


今度は、名物のクリームパスタさといも麺も試してみたいですねひらめき


日の出食堂の詳細
posted by BBSHIN at 00:04| Comment(0) | 五泉市

2013年06月23日

麻婆麺の店 安兵衛

五泉市の「麻婆麺の店 安兵衛」へと行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

yasube_1.jpg


こちらのお店の麻婆麺についての投稿情報をもらっていたので、気になっていました。


席につくと、まずは茹で玉子を一人一つもらえました。
毎日やってるかは分かりませんが、嬉しいサービスですねぴかぴか(新しい)

yasube_2.jpg



お勧めの麻婆麺を食べようとも思いましたが、友人が麻婆麺を注文する事にしたので、私は広東麺にする事としました。

広東麺

yasube_3.jpg


たっぷりの具材がのっていて、凄いボリューム感ですあせあせ(飛び散る汗)

大ぶりのきくらげのインパクトが強く、味も美味しいですグッド(上向き矢印)

たっぷりの具材の下にあるスープの味が濃いのも特徴的です。

麺は餡やスープとの相性が良い細麺でしたぴかぴか(新しい)


後述のお店お勧め麻婆麺も美味しいですが、個人的にはこちらの広東麺がお勧めです手(チョキ)



美味しかったので余裕の完食です手(グー)

yasube_6.jpg



麻婆麺

yasube_5.jpg


とろみはそこそこの麻婆餡がスープとうまく混じり合っていると感じます。

好みで辛味を調節出来るのも嬉しいですねぴかぴか(新しい)

麻婆飯で試してみたいですねグッド(上向き矢印)
メニューの写真を見ると「飯」の方は広東麺同様のきくらげが入るみたいです。


友人は美味しく食べやすい、と気に入っていた様子ですわーい(嬉しい顔)

yasube_4.jpg



また食べに行きたいお店ですね手(パー)



麻婆麺の店 安兵衛の詳細
posted by BBSHIN at 23:49| Comment(0) | 五泉市

2013年05月19日

三日月食堂

先日、五泉市の日の出食堂で食べた時、お店の人に五泉市名物「さといも麺」の

「三日月食堂というお店が自家製のさといも麺を作ってるので是非行ってみて下さい」

と教えてくれたので、早速行ってみました。

mikaduki_syokudo_1.jpg


メニューを見ると「デトラーメン」なるものがあったので注文してみましたひらめき

mikaduki_syokudo_2.jpg

mikaduki_syokudo_3.jpg


キャベツ、トマト、ピーマン、セロリ、玉ねぎなどが入った野菜スープは、まるでミネストローネの様ですひらめき
おろし生姜がのっていて生姜の香りが鮮烈ですあせあせ(飛び散る汗)

一見、奇をてらった感がある様な見た目ですが、味の方はしっかりとラーメンしています手(パー)

スープは各種野菜の甘み、トマトの酸味旨味がうまく調和しています。

食後は体が温まり、汗がじんわりとにじみましたぴかぴか(新しい)
デトラーメンという名前の通り、デトックス効果のありそうな一杯ですねグッド(上向き矢印)


ちなみに麺は自家製麺とさといも麺から選べるそうですが、さといも麺の方も自家製らしいので、「自家製麺 or さといも麺」という表記には若干違和感を覚えます(^^;

お店の人に聞いてみると、「さといも麺」というのは、麺を作る際、粉状にした里芋を混ぜた麺との事です。

他にも10数店で提供しているらしいので、他にも巡ってみようと思います手(チョキ)


友人は「さといも麺と小丼のセット」にしていました。

mikaduki_syokudo_4.jpg


ラーメンは昔ながらのスタイルで、比較的あっさりかと思いきや動物系の出汁が結構強く効いています。
また、豚や鶏の油が多めに浮いていて風味が良く旨味も強いですぴかぴか(新しい)

香ばしさが特徴的な焼肉丼は味付けが良くとても美味しいです。
ただし、小丼セットはラーメンとのセットのみというのが少し残念です。
日の出食堂みたいに「+○○○円で麺類とセット可」とかだと嬉しいのですが。


ちなみに、このお店のすぐ近くには中田製作所という超人気店があり、この日も行列を作っていました。
そんな中、こちらのお店は古くから通っているであろう常連客で店内は満席となっていました。
違った方向性のレベルが高いお店が並んでいるのは、お店を選ぶ側としては嬉しい事ですよねわーい(嬉しい顔)
今回こちらのお店の存在を知った事で、この地域に行った際の選択肢が広がりました手(パー)
新津の花水も近いので、お風呂とセットに巡るのも良いでしょう。


三日月食堂の詳細
posted by BBSHIN at 21:52| Comment(0) | 五泉市

2013年05月14日

日の出食堂

五泉駅近くにある「日の出食堂」へと行ってきました。

hinode_1.jpg


注文したのは「からあげラーメン」です。

hinode_2.jpg

hinode_3.jpg


「からあげ」は別皿でやってきます。スープに入れる事でふやけしまうのを防止しているのですね。

麺は普通の中華麺の他、「30番」という極細麺があるらしいので、30番を注文しました。
恐らく「30番」といのは切刃の番手の事ですね。数字が大きくなる程、刃の数が増えて麺が細くなると教わった記憶がありますひらめき

スープはかなりあっさりしてて飲みやすいタイプでしたるんるん
ここに唐揚げが加わると、あっさりした中にもパンチが加わり良い感じでしたぴかぴか(新しい)

玉子はゆで卵かと思いきや、味が付いていたので、「完熟味玉」といったところでしょうか。


友人はつけ麺を「さといも麺」で注文していました。

hinode_4.jpg

hinode_5.jpg


箸上げの写真を良く見て頂けると分かりますが、2種類の麺が混合で入っています。

日本そば風の「オリジナル」さといも麺と、「ラーメンタイプ」さといも麺の2種類らしいです。

一方が少し柔らかめで、もう一方がモチっと歯ごたえがあるタイプだったかと思います。多分。


このお店の他にも、この「さといも麺」を使ってるお店がたくさんあるらしいので、「さといも麺」巡りも検討してみたいと思いますひらめき


+200円でミニマーボー丼セットにしました。

hinode_6.jpg


二人でこれだけ食べて1,650円で満腹です。

良いお店ですね〜グッド(上向き矢印)


日の出食堂の詳細
posted by BBSHIN at 07:08| Comment(0) | 五泉市