2019年05月06日

中華そば 市松 打ち立て自家製麺の食感を楽しめる「月見つけめん」

長岡市にオープンした「中華そば 市松」へと行ってきました。

ichimatsu_nagaoka_1.jpg


場所は潤 長岡上除店があったところです。

ちなみに、市松といえば、以前新潟市中央区にもお店がありました。
市松食べ歩き記事

今回、長岡のコチラのお店を食べてみましたが、新潟市にあったお店とは、店名は同じものの、提供しているラーメンは全く異なるものでした。


メニューを見ると、ラーメンよりもつけ麺の方が上に表記されていたので、まずはそちらを頂いてみる事に。

月見つけめん

ichimatsu_nagaoka_2.jpg


「月見」とは名前の通りに生卵が入ったものでした。


特筆すべきは麺です。

ichimatsu_nagaoka_3.jpg


麺は自家製で作っており、麺帯の状態まで仕込んでおいた生地を提供前にカットし麺状にしていました。
打ち立ての麺を食べられるのは嬉しいですね。

ちなみに、製麺機は切り刃を通すタイプのものではなく、トントントンと包丁で切る様にカットしていく様なタイプでした。


つけダレ

ichimatsu_nagaoka_4.jpg


スープは比較的あっさりタイプで、濃い醤油の風味、そして、酸味と甘みが加えられていました。
また、カツオ節も入っており、元々魚介出汁と思われるスープに魚介風味がプラスされています。


麺をつけて食べると、、、

ichimatsu_nagaoka_5.jpg


うどんにも似た食感の麺は、もっちもちの麺の弾力感が良いですね!
多加水の中でも水分量が多い部類に入ると思われます。

包丁の様なものでカットしている事で断面の角が立ち、エッジが効いた食感も楽しめます。

麺は一本一本がかなり長いのが特徴的です。
製麺機の包丁部分より長い様に見えるので、麺帯を折り重ねカットしているのかもしれませんね。


こうしたこだわりの麺をより楽しめるという事で、つけ麺冷盛りがメインメニューとなっているものと思われます。


また、つけダレの器には、二種のチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、そして生卵が入っていました。

生卵は色々な食べ方があると思いますが、レンゲですくいツルンと食べても良し、崩してスープと混ぜても良し、または、軽く崩し麺に絡めて食べるといった食べ方も良いかなと思います。


もう一杯はこちら

月見中華そば

ichimatsu_nagaoka_6.jpg


スープ

ichimatsu_nagaoka_7.jpg


少しもらいましたが、こちらの方が出汁が分かりやすいですね。
濃い醤油風味に、魚介出汁が良く出ていたかなと思います。
こちらもかつお節が入っていましたが、メインの出汁は煮干しでしょうか??




ichimatsu_nagaoka_8.jpg


つけ麺の方がより麺の食感を楽しめるとは思いますが、加水率が高い事もあり、スープの中での時間の経過による変化も少ないかなと思います。

魚介醤油スープとの相性も良いと思います。


この他にも、「ハッチュウつけめん」「ハッチュウジャン麺」「ホルモン中華そば」というメニューがある様ですが、まだ提供を開始しておらず、5月中旬発売予定とのこと。


中華そば 市松の詳細
posted by BBSHIN at 00:10| Comment(0) | 長岡市

2019年05月04日

ラーメン おこじょ のどぐろ白湯が人気のお店が長岡に移転オープン!

長岡市に移転オープンした「ラーメン おこじょ」へと行ってきました。

okojo_nagaoka_1.jpg


新潟市でのオープン当初は味噌を看板メニューとしてスタートしましたが、気付くと「のどぐろ」を使用した一杯が一番人気となっていました。

のどぐろラーメン

okojo_nagaoka_2.jpg


丼が運ばれてきた途端に漂う魚の香りが強烈です!



スープ

okojo_nagaoka_3.jpg


のどぐろの風味を存分に出しつつも、臭みをほとんど感じさせません。
白湯にするという事は、臭いの強い魚の脂がスープに溶け込む形となるので、臭くなりがちなのですが、この飲みやすさはさすがかなと思います。
下処理での焼き加減がちょうど良いのでしょうね。


麺は中細麺を使用しています。

okojo_nagaoka_4.jpg


麺自体の質感も良く美味しいのですが、存在感の強いスープに隠れ気味となっています。
程よいトロみのあるスープを適度に絡め、スルスルと食べさせてくれ、麺がスープの美味しさをうまく引き立てていると感じます。

白湯という事でツルツルモチモチの中太麺にしたり、パッツパツの中細麺で食感を際立たせるといったケースもあるかと思いますが、適度に麺の存在感を消し全体のバランスがうまく保たれるケースもあるのだなと思いました。


ラストはプラス100円のラーメン茶漬けがお勧めです。

okojo_nagaoka_5.jpg


残ったスープに投入して食べます。
(極力綺麗に投入したつもりですが、絵的に見たくない方は読み飛ばし下さい)

okojo_nagaoka_6.jpg


のどぐろ白湯スープとご飯の相性は絶妙です!

磯のりが与える変化も嬉しいですね。


美味しさと食べやすさもあり、白湯系では珍しく完食となりました。

okojo_nagaoka_7.jpg



続いては定番メニューのこちらの一杯です

味噌ラーメン

okojo_nagaoka_8.jpg


香ばしい風味を放つ味噌スープ

okojo_nagaoka_9.jpg


熱々で濃厚な味噌の旨味と香ばしさがインパクト大ですね!


麺はそんなスープに負けない歯ごたえ強い太麺です。

okojo_nagaoka_10.jpg


他ではなかなか食べられない「のどぐろラーメン」
そして、インパクトある「味噌ラーメン」

こうしたメニューの数々が新潟市で食べられなくなったのは残念ではありますが、長岡市在住の方にとっては嬉しい移転になったかなと思います。


ラーメン おこじょの詳細
posted by BBSHIN at 23:49| Comment(0) | 長岡市

2019年04月06日

中国食彩 龍圓 新保店 人気メニュー「角煮そば」

長岡市、北長岡駅の近くの原信向かいにある「中国食彩 龍圓 新保店」へと行ってきました。

ryuen_nagaoka_1.jpg


メニューに「四川風辛しそば」の写真が大きく載っていたので、そちらが看板メニューかと思い、お店の人に確認したところ、お店のイチオシお勧めメニューは「角煮そば」とのこと。
確かに周囲を見渡すと、数人のお客さんは全員がそれを注文していました。

という事で、当然の事ながら、注文したのはこちらの一杯です。

角煮そば

ryuen_nagaoka_2.jpg


スープ

ryuen_nagaoka_3.jpg


あっさり系のスープは、濃い醤油の味と旨味が印象的です。
五目あんかけ的なほのかな甘みとしっかりとした旨味のある味となっていました。


麺はシンプルな多加水の細麺です。

ryuen_nagaoka_4.jpg


角煮は味が良く染み込み、肉はしっかりとした歯ごたえ、脂身はトロトロと柔らかい食感でした。

ryuen_nagaoka_5.jpg


他にも、中華一品メニュー、コース料理などもある様でした。
機会あれば複数人で訪れ、色々なメニューを試してみたいですね。


中国食彩 龍圓 新保店の詳細
posted by BBSHIN at 22:13| Comment(0) | 長岡市

2019年02月25日

リンガーハット リバーサイド千秋店 具材たっぷり長崎ちゃんぽん

長岡市にある「リンガーハット リバーサイド千秋店」へと行ってきました。

ringerhut_riverside_1.jpg


場所はリバーサイド千秋店の2階フードコートの中です。


注文したのはこちら

長崎ちゃんぽん

ringerhut_riverside_2.jpg


エビ、豚肉、そしてたっぷりの野菜がのりボリュームがあります。

ringerhut_riverside_3.jpg


野菜はモヤシ、ニンジン、キャベツ、ニラ、きくらげ、コーン等などが種類豊富に使われていました。


スープ

ringerhut_riverside_4.jpg


ライトな白湯は、比較的あっさり系で、しっかりとした旨味が特徴的です。




ringerhut_riverside_5.jpg


具材豊富でボリュームがあり、野菜もたくさん食べられるのが良いですね。


リンガーハット リバーサイド千秋店の詳細
posted by BBSHIN at 20:42| Comment(2) | 長岡市

2019年01月27日

だるまや 長岡古正寺店 和風豚骨醤油の「だるまや」が長岡市進出!

長岡市の「だるまや 長岡古正寺店」へと行ってきました。

darumaya_kosyoji_1.jpg


閉店してしまった姥姥ラーメン跡地に出来たお店です。


看板メニューの「だるまラーメン」

darumaya_kosyoji_2.jpg


スープ

darumaya_kosyoji_3.jpg


だるまラーメンは、背脂が浮き、魚介が効いた醤油白湯スープです。
動物系濃度はそこそこで、背脂が浮く事で結構コッテリしています。
魚介風味と程よい旨味が効き、背脂等の甘味により、まろやかなコクある仕上がりとなっています。


麺は多加水の中細麺です。

darumaya_kosyoji_4.jpg


チャーシュー、海苔、ネギの他に、たっぷりのモヤシがのりボリューム感もあります。

新潟市の定番だるまラーメンが長岡市で食べられる様になるのは嬉しいですね。


味噌ラーメン

darumaya_kosyoji_5.jpg

darumaya_kosyoji_6.jpg

darumaya_kosyoji_7.jpg


濃い味噌の風味とスープ自体の濃さ、そして、浮いた脂などにより、濃厚な飲み応えの味噌スープです。
麺は歯ごたえの強い太麺でした。

モヤシが多めにのり、スープにくぐらせて食べると美味しいですね。
辛味噌をお好みでスープに混ぜながら、変化を加えても良いでしょう。

チャーシュー、味玉、水菜、メンマなどものり、食べ応えある一杯となっていました。


だるまや 長岡古正寺店の詳細
posted by BBSHIN at 08:30| Comment(2) | 長岡市

2019年01月18日

新潟市の定番店「万人家」が長岡市進出! 花びらチャーシューメンが人気の「万人家 川崎店」

長岡市にオープンとなった「万人家 川崎店」へと行ってきました。

manninya_kawasaki_1.jpg


「万人家」といえば、古くから新潟市で花びらの様に盛り付けられたチャーシューメンが人気のお店でした。

今回はノーマルのラーメンを注文したので、メニュー画像を掲載しておきます。

manninya_kawasaki_8.jpg


らーめん

manninya_kawasaki_2.jpg

manninya_kawasaki_3.jpg


醤油味で、比較的ライトなスープに背脂がたっぷりと浮きます。
醤油風味に加え、旨味も強めにプラスされています。

程よいコッテリ感とハッキリとした旨味が特徴的です。


麺は多加水の中細麺です。

manninya_kawasaki_4.jpg


チャーシューは歯ごたえが強く、脂身が少ないタイプです。
薄めでもしっかりとした噛み心地なので、食べ応えがあります。
チャーシュー麺にすると、肉好きの人も満足出来る事でしょう。

チャーシューの他にも、多めのモヤシがのり、ボリューム感もあります。

新潟市のラーメン好きにとってはお馴染の味ですが、それが長岡市で食べられる様になったというのはこちらの地域の方々にとっても嬉しい事なのではないでしょうか。



もう一杯はここ数年、定番化したこちらの一品です。

G麺

manninya_kawasaki_5.jpg


G麺とは
「がっつり」「極太麺」「ガーリック」
の頭文字を取ったものとのこと。

野菜は
ハーフ(200g)、レギュラー(400g)、ダブル(600g)、トリプル(800g)
が同価格となっており、
背脂量、にんにく量、味の濃さを指定が可能です。

今回は野菜レギュラー、背脂、にんにく、濃さは普通にしておきました。


スープ

manninya_kawasaki_6.jpg


スープは背脂醤油で、普通のラーメンとベースの部分は似た感じではありますが、強いニンニク風味が効いている点が大きく違います。


麺はガッシリとした極太麺です。

manninya_kawasaki_7.jpg



野菜はレギュラーでもかなり多く、大食いの人はトリプルなどにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


万人家 川崎店の詳細
posted by BBSHIN at 23:13| Comment(0) | 長岡市

2019年01月14日

中華大吉 二号店 昔ながらのあっさり醤油とボリュームたっぷりな自家製餃子

長岡市、長岡駅近くにオープンした「中華大吉 二号店」へと行ってきました。

tyuka_daikichi2_1.jpg


場所は青桐の跡地となります。


駐車場はお店の脇には斜めに停める形で4台、奥に2台の6台の駐車スペースがありました。(奥2台は従業員用?)
正面は軽自動車が精一杯な広さで、普通車が停めようとして、頭が大きくはみ出していました。

お店の向かいにも駐車場を用意している様です。

tyuka_daikichi2_2.jpg


こちらの方が駐車しやすそうですね。



注文したのはこちら

ラーメン しょうゆ

tyuka_daikichi2_3.jpg


スープ

tyuka_daikichi2_8.jpg


昔ながらのあっさり醤油スタイルです。

醤油風味や塩分などは適度で、かつ、スープの薄さもなく、あっさりですが程よい味わいとなっています。

脂の量もちょうど良いですね。




tyuka_daikichi2_4.jpg


多加水の細麺です。


歯ごたえある肉質のチャーシューは、軽く脂感が抜け、強い噛み応えとサッパリとした味がスープに良く合っていました。

幅広い年齢層に受けそうな食べやすい一杯でした。



「塩」もあります。

tyuka_daikichi2_5.jpg

tyuka_daikichi2_6.jpg


こちらも昔ながらのあっさり塩ですね。

オールドタイプの塩に良くあるスープの薄さはなく、しっかりとした飲み応えとなっています。

醤油同様に食べやすい一杯に仕上がっていました。



そして特筆すべきはこちらの一品です。

ぎょうざ(300円)

tyuka_daikichi2_7.jpg


15個ものっており、一つ一つは通常サイズなので、かなりのボリュームです。

具材もしっかりと詰まり、モッチリ皮の食感も良かったです。

このボリュームで300円はかなりのお得価格ですね。

質・量・価格の3拍子が揃った秀逸な餃子、こちらのお店に行ったらラーメンのお供に注文する事をお勧めします!

ちなみに、更なるボリュームの
ぎょうざW(500円)
も提供しています。
普通の餃子の倍量でしょうか。
凄い量の餃子がのっていました。
3〜4人で食べ分けても満足出来る量かもしれません。


中華大吉 二号店の詳細
posted by BBSHIN at 11:36| Comment(0) | 長岡市

2018年12月12日

麺や一晃亭 ニボ感溢れるコッテリ系「背脂追い煮干し中華」

長岡市「麺や一晃亭」

ikkoutei2_201812_1.jpg

移転後、2度目の訪問となります。


今回はこちらの一杯を頂きました。

背脂追い煮干し中華

ikkoutei2_201812_2.jpg


スープ

ikkoutei2_201812_3.jpg


背脂が浮く事で、コッテリ感と動物系のコクと甘みが増します。

煮干し出汁もしっかりと効いていますが、ノーマルの追い煮干しと比べると、背脂の動物系コクに覆われ隠れがちになっていたかなと思います。
ボディ感ある動物系の中、埋もれてしまう事なく程よく顔を出す煮干し風味が絶妙なバランスでした。


麺はもっちり多加水の太麺です。

ikkoutei2_201812_4.jpg



一緒に行った人が食べたのはコチラ

追い煮干し中華 味玉トッピング

ikkoutei2_201812_5.jpg


あっさりながらも煮干しがしっかりと効き深みある味わいのスープです。

初めて行く場合は、まずこちらを食べてみると良いでしょう。


麺や一晃亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:44| Comment(0) | 長岡市

2018年12月01日

安福亭 神田店 長岡駅前で食べられる本場の燕系背脂醤油

長岡駅前にある「安福亭 神田店」へと行ってきました。

anpukutei_1.jpg


駐車場は、お店の左右の少し離れたところにあります。

anpukutei_2.jpg


以前やっていたネギ入れ放題のサービスは終了したとのこと。

anpukutei_3.jpg



座敷席には、杭州飯店からのカレンダーが貼ってありました。

anpukutei_12.jpg


注文したのはコチラ

ラーメン

anpukutei_4.jpg


スープ

anpukutei_5.jpg


かなりあっさりとしたスープに背脂が程よく浮いています。
杭州飯店や福来亭白山町店と比べると、出汁の強さ、旨味、醤油感などが控えめで、昔ながらのスタイルの背脂醤油ラーメンとなっています。


麺は多加水のガッシリ食感の太麺です。

anpukutei_6.jpg


福来亭白山町店が杭州飯店に比べると抑えめなバランスでしたが、こちらは更に控えめな味となっていました。
福来亭白山町店の取材で知った事ですが、本家の杭州飯店がより印象的かつ美味しい味へと進化していっている事で生まれる差という事でした。

そういう意味では、こちらのお店の味が当時のスタイルに近かったものである事が予想されます。

味の変化を辿りに、各店を食べ比べてみるというのも面白いかもしれませんね。


もう一杯はこちら

みそラーメン

anpukutei_7.jpg


各種野菜など、たっぷりの具材がのっています。


スープ

anpukutei_8.jpg


あっさり系味噌が浮き油により程よくコッテリとさせたタイプです。


麺は太麺です。

anpukutei_9.jpg


テーブル調味料

anpukutei_10.jpg


紅ショウガは健在でした。
その他に、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、

そして裏側にも

anpukutei_11.jpg


醤油、酢、ラー油、七味唐辛子、そして、炒ニンニクが置いてありました。


安福亭 神田店の詳細
posted by BBSHIN at 10:11| Comment(0) | 長岡市

2018年11月25日

風街らーめん店 あっさりながらも深みある味わいの淡麗系

長岡市の「風街らーめん店」へと行ってきました。

kazemachi_1.jpg


場所は近代美術館近くで、閉店した七つ星の跡地となります。


まずは、スタンダードな「らーめん」

kazemachi_2.jpg


スープ

kazemachi_3.jpg


スープはあっさり醤油味です。

厚みある飲み応えのスープは、動物系・魚介系の出汁感と醤油の風味が絶妙に調和しています。

強い旨味のインパクトというよりは、各素材をバランス良く配合し、それぞれを突出させていない様に感じます。




kazemachi_4.jpg


バッツリ食感の硬めな細麺です。

クオリティの高い醤油清湯系の一杯でした。


もう一杯はこちら

塩らーめん

kazemachi_5.jpg

kazemachi_6.jpg


醤油風味が無い分、出汁の感じが強めに出ています。
ただ、そのかわりに浮き油(ネギ油?)の香ばしい風味が全体のイメージに大きく影響していました。

こちらは、醤油以上に今風に仕上がったレベルの高い一杯だったと思います。

関東の名店などで良く見かけるタイプの塩ラーメンだと思いますが、新潟では珍しいタイプだと思います。
機会があれば是非お試し下さい。


風街らーめん店の詳細
posted by BBSHIN at 08:57| Comment(0) | 長岡市

2018年11月24日

ダルマ食堂 長岡七日町南店 野菜たっぷりボリューム抜群! ちゃんタンメン

長岡市、生姜らーめんぼうず跡地にオープンした「ダルマ食堂 長岡七日町南店」へと行ってきました。

darumasyokudou_nagaoka_1.jpg


注文したのは看板メニューのこちら

ちゃんタンメン

darumasyokudou_nagaoka_2.jpg


鶏チャーシューに加え、各種野菜やイカ、豚肉などの具材がたっぷりとのっています。
かなりボリュームがありますね。

生姜は有か無かを聞かれたので有でお願いしました。


スープは比較的ライトな白湯スープです。

darumasyokudou_nagaoka_3.jpg


濃厚感としては軽めですが、しっかりとした旨味が加わり、印象的な味となっています。


麺は多加水太麺です。

darumasyokudou_nagaoka_4.jpg


今回は普通バージョンでしたが、+110円の野菜増しもあるので、デカ盛りメニューとしても楽しめそうです。


もう一杯はこちら

鶏あっさりらーめん

darumasyokudou_nagaoka_5.jpg


スープはあっさり鶏出汁清湯スープです。

darumasyokudou_nagaoka_6.jpg


上に浮いているのは恐らく鶏油ですね。

鶏ガラから上がる鶏の臭いたっぷりの脂と、臭みの無い鶏の脂身の中間位の鶏臭です。
臭みというレベルまではいかない鶏風味が鶏好きな方にちょうど良いかなと思いました。


麺はバッツリ食感の中細麺です。

darumasyokudou_nagaoka_7.jpg


だいぶ昔にこちらの系列店であっさり醤油ラーメンを食べた事がありますが、当時と比べかなりレベルが上がったかなと思います。


テーブル調味料

darumasyokudou_nagaoka_8.jpg


醤油、酢、ラー油、ホワイトペッパーに加え、紅生姜が置いてありました。

紅ショウガは、ちゃんタンメンとの相性が抜群でした。


ダルマ食堂 長岡七日町南店の詳細
posted by BBSHIN at 13:58| Comment(0) | 長岡市

2018年11月18日

麺や一晃亭 寺泊から移転オープン! 看板メニューの「追い煮干し中華」

長岡市の「麺や一晃亭」が寺泊から移転オープンとなりました。

ikkoutei2_1.jpg


場所はどさん亭跡地です。


移転後最初に頂くのは、やはり看板メニューのこちらです。

追い煮干し中華

ikkoutei2_2.jpg

ikkoutei2_3.jpg


ベースがしっかりとした動物系に煮干しが強く効いています。
煮干しと醤油の風味が合わさり重厚感ある仕上がりです。

移転前と同じ品名なので、同じ構成なのだとは思いますが、、、
個人的な感想としては結構変化していたという印象を受けました。
以前の感想として記憶に残っているものは、テーマである煮干しを上手く使いながらも、際立たせ過ぎず、程よいコクの動物系ライト白湯と合わせバランス良く仕上げている、というものでした。
それに対し今回のものは、動物系のコクでベースを作りつつも、煮干し感が1つ2つ抜き出ていて目立っていました。

全体のバランスをうまく整えながら、その中で一つの素材を際立たせる事で生まれるインパクトと重厚感が絶妙でした。




ikkoutei2_4.jpg


滑らかな質感の中細麺です。
程よい歯ごたえと舌触りが良いですね。

スープとの相性も最高です。


チャーシューの弾力、旨味の残り方、熱の通り方、メンマの質感など、トッピングのクオリティの高さも光っていました。

相変わらずレベルの高い一杯でしたが、更に一つランクが上がっていた様に思えます。
とても美味しかったです。


もう一杯はこちら

背脂煮干し味噌

ikkoutei2_5.jpg


濃い味噌の風味に背脂のコク、スープの出汁感などにより、かなり厚みがあり濃厚に仕上がった味噌ラーメンです。

「煮干し味噌」というタイトルとなっていますが、強い味噌の風味と背脂に隠れ、前述の追い煮干し中華程の煮干しの分かりやすさはありません。
ただ、濃厚感ある飲み応えから、スープのベースがしっかりしている事が伺えます。


麺はこうしたパンチあるスープにぴったりとくる多加水太麺です。

ikkoutei2_6.jpg


ツルツルもっちり食感で、強い歯ごたえが背脂味噌スープと相性抜群です。
脂とスープが程よく絡むので、麺の歯ごたえのみならず、麺への味の乗り方も良かったです。

こちらの味噌ラーメンは、ご飯系のサイドメニューと合わせると、なお美味しく頂けるのではないかなと思いました。

今回、ニ品頂きましたが、どちらも美味しく、他のメニューも試してみたくなりました。


麺や一晃亭の詳細
posted by BBSHIN at 23:18| Comment(0) | 長岡市

2018年11月10日

天家 長岡店 背脂醤油スープとパンチある一杯

長岡市の「天家 長岡店」へと行ってきました。

tenka_nagaoka2_1.jpg


デルゼや蔦屋長岡古正寺店などがある敷地から、こちらのSEN跡地に移転オープンとなりました。


注文したのは定番のこちら

ラーメン

tenka_nagaoka2_2.jpg


スープ

tenka_nagaoka2_3.jpg


背脂が浮いた醤油味のスープです。
スープ自体はあっさり系で、背脂でパンチを出すタイプです。
出汁よりも醤油が勝ち気味の濃い醤油感となっています。




tenka_nagaoka2_4.jpg


多加水の太麺です。
平打ちの様な形状で、ツルツルモチモチ食感となっています。
かなり太めという事で、歯ごたえも強かったですね。


お願いせずとも、玉ねぎが出てきました。

tenka_nagaoka2_7.jpg


そこまで水にさらしていないのか、比較的辛い状態なので、スープへの浸し具合で調節しお好みの状態で食べる事が出来ます。

背脂醤油とタマネギの相性は良いですね。


もう一杯はコチラ

担々麺

tenka_nagaoka2_5.jpg

tenka_nagaoka2_6.jpg


最近の胡麻がたっぷりと効かせたクリーミーに仕上げたタイプではなく、背脂が浮いた上述のラーメンに辛味などを足した様な変化版的な一杯となっていました。

スープはサラリとはしていますが、辛味と程よいコクでなかなかインパクトがありました。

お勧め的には普通の背脂醤油の方となりますが、変化を求める時にはこちらも良いかなと。


刻みニンニクはお願いすると出してもらえます。

tenka_nagaoka2_8.jpg


これを投入し、ガッツリ感を加えても良いでしょう。


天家 長岡店の詳細
posted by BBSHIN at 16:31| Comment(0) | 長岡市

2018年11月07日

熊本火の国ラーメン 越後長岡店 長岡駅近くで食べられるマー油入り豚骨

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回は長岡市の「熊本火の国ラーメン 越後長岡店」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

長岡市にある、「熊本火の国ラーメン 越後長岡店」に行って来ました。

kumamoto_hinokuni_1.jpg


その名の通り、長岡市内で、熊本ラーメンが食べられます。
夜7時から明け方5時まで営業しております。

多くの居酒屋やスナックが立ち並ぶ場所にあり、長岡駅にも近いです。
当然、おつまみやアルコール類も豊富です。

麺のボリュームは、中盛、大盛、特盛が選べ、勿論替え玉もあります。

小生が頼んだのは「特製火の国ラーメン」。

kumamoto_hinokuni_2.jpg

kumamoto_hinokuni_3.jpg


ねぎ、チャーシュー、なると、きくらげ、メンマ、とろ玉がまるまる1個入っています。
麺は中太多加水、スープは豚骨で塩味です。
〆の一杯として作っているのか、比較的あっさりしております。
チャーシューが柔らかいのが印象的でした。


熊本火の国ラーメン 越後長岡店の詳細
posted by BBSHIN at 19:22| Comment(0) | 長岡市

2018年11月04日

麺処 清水 長岡川崎店 煮干しが効いた淡麗系あっさり塩

長岡市、川崎インター近くにオープンした「麺処 清水 長岡川崎店」へと行ってきました。

shimizu_kawasaki_1.jpg


お店はかなり広く、入り口に入ると正面に券売機、左側には長椅子がいくつもおかれた待合席、右手にコの字型のカウンター席というつくりとなっていました。
まだ、オープンしたばかりで目立たない立地という事もあってか、満席とはなっておらず広い待合席は使われていない状態でした。


注文したのはコチラ

塩煮干しそば

shimizu_kawasaki_2.jpg


相変わらず綺麗な麺線を表現していますね。

shimizu_kawasaki_3.jpg


平ざるを用い湯切りをせずに麺を置く様に使い、丼に折り畳み入れています。


麺リフトアップ

shimizu_kawasaki_4.jpg


スープは、あっさり清湯にかなり煮干しが効いています。
強い煮干し風味は油によるところが大きいかもしれません。

麺は硬め食感のストレート中細麺でした。
歯ごたえが良く、スープとも良く合っていますね。

トッピングはレアチャーシュー、太メンマ、カイワレがのっていました。
レアチャーシューは、熱々のスープの熱でレア感がすぐに失われ、硬い肉に変化するので、早めに食べると良いでしょう。


もう一杯はこちら

ワンタン中華そば(味玉)

shimizu_kawasaki_5.jpg


あっさり清湯スープに濃い醤油風味が程よく効いていました。

煮干しが際立つ塩煮干しとは違い、バランス良く仕上がっているかなと。
(恐らくはスープは同じで、油とタレが違うかと思われます)


メニューとしては、他のお店が提供している皿ワンタンがなく、サイドメニューとしては、TKG(200円)、焼豚丼(350円)を提供していました。


麺処 清水 長岡川崎店の詳細
posted by BBSHIN at 19:46| Comment(0) | 長岡市

2018年09月08日

おが家 豊富なメニューを提供する食堂の濃厚味噌ラーメン

長岡市にある「おが家」へと行ってきました。

ogaya_1.jpg


注文したのはメニューにお勧めと書いてあったコチラ

味噌らーめん

ogaya_2.jpg


スープ

ogaya_4.jpg


ベースとなるスープ自体はあっさり系だと思われますが、味噌が濃く濃厚な味わいです。

野菜は炒めてありシャキシャキとした食感です。
その炒め油と思われる油がスープに浮き、こってり感の要因の一つとなっています。
野菜の甘さと香ばしい風味、そして適度な旨味も加わっているかなと思います。


麺は多加水で中くらいの太さです。

ogaya_3.jpg


モッチリ食感が味噌スープに良く合っていますね。

太麺に変更との事なので、味噌ラーメンを太麺にしてみても面白いかもしれませんね。


もう一杯はこちら

カレーラーメン

ogaya_5.jpg


野菜たっぷり具沢山なカレーラーメンです。
具材の構成はほぼ味噌ラーメンと同じだったかと思いますが、ひき肉の部分が豚肉となっていました。
そして、カレーということもあってかタマネギも入っていたかなと。


スープ自体がカレー味なスープカレータイプです。

ogaya_7.jpg


カレーパウダーを使った様なサラりとしたカレースープです。
植物性の強めなトロみをつけた方がパンチが出そうではありますが、深みある旨味とカレー風味、野菜中心の具材のバリエーションにより食べやすく、また、美味しく仕上がっていました。




ogaya_6.jpg



麺類にプラス280円で
野沢菜納豆丼
チャーシュー丼
の2品を提供していたので、納豆丼の方を注文してみました。

ogaya_8.jpg


下のごはんをカレースープなどと合わせて食べようと思っていました。
個人的な好みではありますが、味噌ラーメンの方がご飯に合っていたかなと。
納豆は味噌とも合うので、味噌ラーメンにお勧めのサイドメニューですね。


ラーメン以外にも、各種定食などを提供しており、他のお客さんが注文した定食を作る厨房からは、香ばしい刺激的な香りが漂ってきました。
きっと定食もハッキリとした印象的な味になっているものと思われます。
機会あればそちらもチャレンジしてみたいですね。


おが家の詳細
posted by BBSHIN at 10:32| Comment(0) | 長岡市

2018年09月02日

東横 長岡市で食べられる新潟濃厚味噌ラーメン

長岡市にある「東横」へと行ってきました。

touyoko_nagaoka_1.jpg


こちらのお店、新潟市にある味噌ラーメンが人気のお店東横と同じ名前となっていますが、聞いてみると、親戚との事です。


という事で注文したのはこちら

みそらーめん

touyoko_nagaoka_2.jpg


見るからに濃そうなスープです。
ニンニクを入れるかを聞かれた為、アリでお願いしました。

touyoko_nagaoka_3.jpg


かなり濃い味噌味となっていますが、基本的なベースはあっさり系でした。
味噌の濃さが前面に出ていますね。


割りスープもついてきます。

touyoko_nagaoka_5.jpg

touyoko_nagaoka_6.jpg



麺は多加水縮れ平打ち中太麺です。

touyoko_nagaoka_4.jpg


スタイルとしては、新潟市の東横と同じですが、ベースがあっさりとしており、昔ながらの食べやすい味噌ラーメンかなと思います。
ただし、味噌が強烈に濃く、パンチある仕上がりとなっている点はやはり「東横」かなと。

それぞれを食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。


もう一杯は、味噌以外の人気メニューというこちらを注文してみました。

担々麺

touyoko_nagaoka_7.jpg


スープ

touyoko_nagaoka_8.jpg


味噌同様にあっさり系のスープに、上に浮いたラー油の辛味、胡麻のコク、そして、強い酸味が効いています。

味噌が看板メニューのお店だけに、濃厚味噌ベースの担々麺を想像していましたが、醤油なども使われている様です。

touyoko_nagaoka_9.jpg


麺は味噌とは違い、丸い断面の中くらいの太さの多加水麺でした。

touyoko_nagaoka_10.jpg


具材としては、さやえんどう、ワカメ、ネギがのっていました。

クリーミーな担々麺というよりは、ゴマのざらつき感が目立っており、ゴマ入りの酸辣湯麺的なバランスかなと。

胡麻のコクに加え、辛味と酸味が効き、あっさりながらも刺激的なインパクトある味わいでした。

ここに麻婆や野菜が加わるバージョンなどもあるらしく、機会があれば色々と試してみたいですね。


東横の詳細
posted by BBSHIN at 00:08| Comment(0) | 長岡市

2018年08月25日

麺や 秀佳 フェニックス大橋近くで食べられる長岡生姜醤油系

長岡市、フェニックス近くの北斗跡地にオープンした「麺や 秀佳」へと行ってきました。

hideyoshi_nagaoka_1.jpg


注文したのはこちら

長岡醤油

hideyoshi_nagaoka_2.jpg

hideyoshi_nagaoka_3.jpg


定番スタイルの長岡生姜醤油系です。

あっさり系のスープは、濃い醤油味、そして生姜風味が加えられています。

麺は多加水もっちり食感の中太麺です。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ナルト、ネギ、海苔とスタンダードなスタイルとなっていました。



もう一杯はこちら



hideyoshi_nagaoka_4.jpg


あっさり系の塩味のスープです。

生姜醤油系のお店の塩は塩分強めのケースが多いですが、こちらも同じ様に、少ししょっぱめの仕上がりとなっていました。


テーブル調味料

hideyoshi_nagaoka_5.jpg


おろしニンニクもありました。

hideyoshi_nagaoka_6.jpg



麺や 秀佳の詳細
posted by BBSHIN at 11:57| Comment(0) | 長岡市

2018年08月11日

のろし 長岡宮内店 野菜たっぷり醤油ラーメンと台湾まぜそば

宮内駅近くにオープンした「のろし 長岡宮内店」へと行ってきました。

noroshi_miyauti_1.jpg


場所は、長岡南ゴルフガーデンの駐車場の中です。
駐車場は共用の為、かなり広いスペースがあります。


noroshi_miyauti_2.jpg



営業スタイルとしては、他ののろしと同じですね。

という事で、定番のこちらの一杯を頂くことに。

醤油ラーメン(肉1枚)

noroshi_miyauti_3.jpg

noroshi_miyauti_4.jpg


スープ、上に浮いた油の動物系のコク、そこに醤油ダレの旨味というストレートな味わいは、シンプルながらもしっかりとした美味しさがあります。

麺はガッシリ、ガシガシとした食感の太麺です。



たっぷりの野菜がのっています。

noroshi_miyauti_5.jpg


チャーシューは厚く切ったものがのっています。

noroshi_miyauti_6.jpg


お好みで刻みニンニクをプラスし、パンチを加えるのもお勧めです。

noroshi_miyauti_12.jpg


たっぷりの野菜、太麺の噛み応え、ニンニクのパンチと、食べ応え抜群の一杯でした!


もう一杯は「台湾まぜそば」を注文してみました。

noroshi_miyauti_7.jpg


各種具材の下にはガッシリとした太麺が待ち構えています。

noroshi_miyauti_8.jpg


そして器の底には旨味たっぷりの醤油ダレが

noroshi_miyauti_9.jpg


具材をそれぞれ食べるよりも、しっかりと混ぜて食べる事をお勧めします。

タレの味が強いので、それのみでも美味しく頂けますが、お好みで前述の刻みニンニク、または酢で酸味、唐辛子、ラー油で辛味などをプラスし様々な変化を楽しんでも良いでしょう。


シメには追い飯を投入!

noroshi_miyauti_10.jpg


掲載するには、ちょっと見た目が悪いかもしれませんが、、

混ぜるとこんな感じです。

noroshi_miyauti_11.jpg


残った具材とタレが混ざり合い、とても美味しく、最後まで飽きる事なく頂けます。

お腹いっぱいになりました!


のろし 長岡宮内店の詳細
posted by BBSHIN at 12:29| Comment(0) | 長岡市

2018年07月28日

克味製麺所 万太郎長岡店がリニューアルオープン!

長岡市にある「克味製麺所」へと行ってきました。

katsumi_seimenjo_1.jpg


十日町市に本店がある万太郎長岡店が5月にリニューアルオープンした様です。


注文したのは万太郎時代にも提供したこちらの一杯です。

十日町火焔タンタン麺

katsumi_seimenjo_2.jpg

katsumi_seimenjo_3.jpg


十日町名物として数年前より売り出している担々麺は、十日町産食材をふんだんに使った一杯となっています。

スープ自体は比較的あっさりめですが、辛味の強いラー油がたっぷりと浮いている事で、結構辛い仕上がりとなっています。
麺は多加水でモッチリ食感の太麺です。

コリコリ食感で旨味のあるお肉も美味しかったです。

数店で食べた事がありますが、ひまわりラー油、妻有ポーク、雪下ニンジンなど、基本となる地元食材を用いながらも、スープなどは各店で通常提供しているものを用いる事で、お店ごとに味に違いが出てくるので、各店を食べ比べるといった楽しみ方なども出来そうです。



一緒に行った人が食べたのはこちらです。

背脂煮干しつけ麺

katsumi_seimenjo_4.jpg


克味製麺所の詳細
posted by BBSHIN at 13:59| Comment(0) | 長岡市