2020年02月23日

麺場 ふうらいぼう まろやかな舌触りと深みある旨味がある濃厚感満載な一杯

長岡市にある「麺場 ふうらいぼう」へと行ってきました。

furaibou_nagaoka_1.jpg

オープン当初に行った時にあった鶏節を追い節の様に入れるメニューはなくなっていました。

その後、時間が経った事もあり、定番メニューが固定化され、また、柏崎店、長岡店それぞれでお店限定のメニューを出し、両店を巡る価値を創出していました。
旨辛担々麺、台湾まぜそば、モロめんといった長岡店限定メニューも気になりましたが、まだ食べた事がないレギュラーメニューにチャレンジする事としました。

今回注文した一杯はこちら

濃厚しょうゆ

furaibou_nagaoka_2.jpg

furaibou_nagaoka_3.jpg

furaibou_nagaoka_4.jpg


クリーミーなコクがある白湯スープです。
濃厚白湯と淡麗スープ、アゴ出汁を合わせているとのことで、そこまでの濃厚感はないのですが、深みある旨味とまろやかな舌触りが印象的でした。

濃厚スープをそのまま使っているというつけ麺も気になるところです。



濃厚しお

furaibou_nagaoka_5.jpg


同じ白湯スープでも、タレが違うとだいぶイメージが変わってきます。
説明によると油も違うものをつかっている様ですね。


温玉おじやごはん

furaibou_nagaoka_6.jpg


スープをかけ、ラーメン茶漬け的に頂きます。
濃厚スープと温玉のまろやか感の組み合わせも良いですね!



麺場 ふうらいぼうの詳細
posted by BBSHIN at 22:49| Comment(0) | 長岡市

2020年02月17日

らーめん 一生 長岡駅近くで夜遅くまで食べられる「海老しおらーめん」

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は長岡市にある「らーめん 一生」です。

以下、マーロウさんの感想

↓↓↓

長岡市にある、「らーめん 一生」に行ってきました。

issei_1.jpg


場所は長岡駅のすぐ近くで、長岡駅から歩いて約3分と好立地となっています。
周辺は居酒屋やビジネスホテルが多く立ち並んでおり、営業時間も夜遅くまで営業している為、飲んだ後の〆で訪れるお客さんも多いようです。


小生はこちらのお店おすすめの海老しおらーめんを注文。

issei_2.jpg

issei_3.jpg


丼全体から、しっかり海老の香りがします。味は濃い目ですが、スープ全体からも海老の風味が感じられます。
トッピングは白髪ネギ、メンマ、ほうれん草、チャーシューです。
麺は多加水の中太ちぢれ麺です。

美味しい海老しおらーめんを頂き、夜の長岡を楽しく満喫する事が出来ました。
また機会あれば訪れてみたいと思います。


らーめん 一生の詳細
posted by BBSHIN at 00:49| Comment(0) | 長岡市

2020年02月09日

味平 オリジナルなスタイルのマーボーメン!

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は長岡市の「味平」です。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

長岡市にある、「味平(あじへい)」に行ってきました。

ajihei_nagaoka_1.jpg


長岡駅から歩いて約10分と、少し離れたところにある、30年以上親しまれ続けている中華食堂です。
行き方は、長岡駅大手口を出て、すぐ目の前の城内通りを右にまっすぐ進みます。右側に第四北越証券のビルがある交差点を左折し、正面右に化粧品店が見えたら左折すると、すぐ左側にあります。
あの、「やってみせ、言ってきかせて、させてみて ほめてやらねば、人は動かじ」という言葉で有名な山本五十六の記念館がある通りのすぐ近くです。


小生は、人気メニューの「マーボラーメン」を注文しました。

ajihei_nagaoka_2.jpg

ajihei_nagaoka_3.jpg


丼全体から、ラー油と香辛料の香りが漂っています。

こちらのメニュー、注文したら分かると思いますが、恐らく想像する“麻婆麺”とは違うタイプのラーメンだと思われます。

まず、トロみがありません。豆板醤とラー油で味付けされた醤油ベースのスープです。ピリッと後引く辛さはありますが、スープそのものはマイルドな味わいです。
また、スープ表面には背油が浮いています。

具材はねぎ、わかめ、岩のり、チャーシュー、大きめの豆腐とひき肉がたっぷり入っております。

麺は中細ちぢれ多加水でした。


味平の詳細
posted by BBSHIN at 22:36| Comment(0) | 長岡市

2020年01月19日

吉乃や あっさり醤油や黒ゴマ担々麺

長岡市にある「吉乃や」へと行ってきました。

yoshinoya_1.jpg


注文したのはこちら

黒ゴマ担々麺

yoshinoya_2.jpg

yoshinoya_3.jpg

yoshinoya_4.jpg

yoshinoya_5.jpg


品名の通りに黒胡麻が使われたスープは、真っ黒な見た目がインパクト大です。

味の方もしっかりとした旨味のあるスープに胡麻のコクが加わり、飲み応え抜群です。

そして、その胡麻スープがシンプルな多加水細麺にしっかりと絡みます。

上にのった濃い味付けの挽き肉がスープに混ざると、また違った変化を与えてくれます。

オリジナリティあふれる担々麺でした!


続いては醤油ラーメンです。

ラーメン

yoshinoya_6.jpg

yoshinoya_7.jpg

yoshinoya_8.jpg


あっさり醤油スープに軽く背脂が浮いています。

あっさり、さっぱりと食べられる一杯でした!


吉乃やの詳細
posted by BBSHIN at 22:18| Comment(0) | 長岡市

2020年01月15日

中華大吉 店主の気分次第で増量されるボリューム満点な一杯

長岡市の夜の街「殿町」で深夜営業している有名店「中華大吉」へと行ってきました。

tyuka_daikichi_1.jpg


こちらのお店、長岡駅前で夜遅くから営業開始するという事もあり、なかなか行く機会がありませんでしたが、こちらのお店の常連さんとの飲み会の後に寄ってみる事としました。

その常連さんの話では、飲んだ後に行き、「お腹がいっぱいだから少な目にして欲しい」とお願いすると、期待に応えようとするのか、あえて増量されて出てくる事もあるのだとか。

今回も
「本当に少な目にして欲しい」
とお願いしていたところ、
「はい、少な目で!」
と3玉のものが出てきました。

傍から見ていると
「押すなよ、絶対押すなよ!」
的なやり取りにしか見えませんでした。


という事で出てきたのがコチラ

tyuka_daikichi_2.jpg

かなり大きな丼にたっぷりのスープと麺が入っていました。

この更に上で、ボウルを用いた5玉バージョンなどもあるのだとか。


スープ

tyuka_daikichi_3.jpg


あっさり醤油味のスープです。

野菜や各種素材の味が程よく効いています。




tyuka_daikichi_4.jpg

多加水の細麺です。

飲んだ後のシメにピッタリなラーメンですね。
(あくまでボリュームが普通な場合ですが・・)


餃子も凄い量となっています。

tyuka_daikichi_5.jpg


焼売

tyuka_daikichi_6.jpg


中華大吉の詳細
posted by BBSHIN at 00:12| Comment(0) | 長岡市

2020年01月13日

与華楼 長岡駅前の夜の定番

長岡市の「与華楼」へと行ってきました。

yokarou_1.jpg


場所は、長岡駅前の繁華街「殿町」にあります。

注文したのはコチラ

ワンタン麺

yokarou_2.jpg


スープ

yokarou_3.jpg


あっさりとしたスープは、とても飲みやすいですね。

塩メインに醤油も用いた様な色で、醤油感は感じさせません。

煮干しの出汁感もしっかりとしており、旨味が強く、あっさりながらも印象的な味に仕上げています。


麺は多加水の細麺

yokarou_4.jpg


シンプルなスタイルの麺は、あっさりスープと良く合います。

昔ながらのあっさりラーメンですね。
とても美味しかったです。


餃子も人気です。

yokarou_5.jpg


ニンニクもしっかりと効いているのか、香ばしさが際立つ美味しい餃子でした。
こちらをつまみにビールを一杯、というお客さんも多くいました。

長岡市、長岡駅前の夜の定番のお店「与華楼」
長岡駅周辺に夜に訪れる方はぜひお試し下さい!


与華楼の詳細
posted by BBSHIN at 21:03| Comment(0) | 長岡市

2019年12月01日

ラーメン山岡家 長岡堺店 深夜や早朝でも入店可!

長岡市の「ラーメン山岡家 長岡堺店」へと行ってきました。

yamaokaya_nagaokasakai_1.jpg


こちらのお店は、山岡家としては上越店に次ぐ2店舗目となっており、上越と同様に24時間営業となっています。
という事で、深夜や早朝などでも定番の濃厚豚骨醤油ラーメンを頂く事が出来ます。


醤油ラーメン

yamaokaya_nagaokasakai_2.jpg

濃厚な豚骨醤油スープです。
脂も量を普通にしましたが、それでも浮き油も多めで、スープの濃厚感と合わせ、なかなかのコッテリ感となります。

見た目やスタイル的に、また「家」がつく店名など、家系に良く似ているのですが、豚骨100%で鶏ガラを使っておらず、鶏油も使っていないなど、素材構成が違う様です。
ただ、風味は違うものの、味の雰囲気は比較的似ているかなと思います。




yamaokaya_nagaokasakai_3.jpg


歯応えの強い太麺は濃厚スープに良く合いますね。


次はこちら

味噌ラーメン

yamaokaya_nagaokasakai_4.jpg

yamaokaya_nagaokasakai_5.jpg

yamaokaya_nagaokasakai_6.jpg


濃厚スープに味噌の風味が強く出た一品です。

味噌は2種類あり、「特製味噌」は白味噌を用いた甘味のあるスープ、「味噌」は赤味噌の風味の強さが前面に出たスープとなっている様です。


テーブル調味料

yamaokaya_nagaokasakai_7.jpg

各種調味料が置いてあるので、味の変化を楽しめます。

特にニンニクと豆板醬を用いる事でスープにガツンとパンチを与えても良いでしょう。


ラーメン山岡家 長岡堺店の詳細
posted by BBSHIN at 19:04| Comment(0) | 長岡市

2019年10月20日

みずさわ 長岡生姜醤油系の名店

長岡市、北長岡駅のすぐ近くにある「みずさわ」へと行ってきました。

mizusawa_nagaoka_1.jpg


注文したのはこちら

ちゃーしゅーめん

mizusawa_nagaoka_2.jpg


たっぷりのチャーシューがのっています。
チャーシューはこうしたスタイルのラーメンに多い弾力感があるタイプです。
しっかりと味がついており、スープを絡めて食べるとおいしいですね。


スープ

mizusawa_nagaoka_3.jpg


ハッキリと生姜が効いた醤油味のスープです。
醤油の味や旨味も強く、印象的な味ですね。


麺は多加水中太麺

mizusawa_nagaoka_4.jpg


もっちりとした食感が生姜醤油スープとベストマッチ!
定番の組み合わせです。

スタンダードなスタイルの長岡生姜醤油系はとても美味しい一杯でした。


続いてはこちら

とんこつらーめん

mizusawa_nagaoka_5.jpg

mizusawa_nagaoka_6.jpg

mizusawa_nagaoka_7.jpg


臭みのないクリーミーな豚骨スープです。
そこまでの重たさはありません。
生姜醤油と交互に試した事もあってか、こちらも生姜が効いている様に感じてしまいました。

麺は醤油と同様の多加水つるもち中太麺です。

白濁したスープを使いながらも、さっぱりとした飲み口で、食べやすい一杯に仕上がっていました。


みずさわの詳細
posted by BBSHIN at 10:07| Comment(0) | 長岡市

2019年10月04日

しみず 西神田店 神田店が西神田店としてリニューアルオープン

長岡市にある「しみず 西神田店」へと行ってきました。

shimizu_nishikanda_1.jpg


こちらのお店は、元々は年配の方がやっており、しみず新保店とは、店名は同じながらも別経営だったとの事でした。
リニューアル後に行くと年配の方から若い方にかわっていました。


注文したのはお店のイチオシというこちら

味噌ラーメン

shimizu_nishikanda_2.jpg

shimizu_nishikanda_3.jpg

shimizu_nishikanda_4.jpg


他のラーメンで体験した事が無い様な甘い香りを漂わせており、聞いてみると正体はピーナッツとのこと。

独特かつ強烈な風味は、好き嫌いが分かれそうなところではありますが、他では味わう事の出来ないインパクトを体験出来るかなと思います。


豚骨醤油ラーメン

shimizu_nishikanda_5.jpg

shimizu_nishikanda_6.jpg

shimizu_nishikanda_7.jpg


豚骨醤油スープは、ライト白湯で程よいコッテリ感となっています。

魚介が効いていた様に感じたのですが、素材等は不明です。
鰹でしょうか??


他にも、塩、醤油、豚骨塩があり、あっさり系と思われる塩、醤油がどの様な味なのかが気になりますね。

また、麺量も大盛、特盛、メガ盛とあるので、大食い自慢の方にもちょうど良いかなと。


しみず 西神田店の詳細
posted by BBSHIN at 23:10| Comment(0) | 長岡市

2019年09月26日

安福亭 本店 骨まで柔らかくなった排骨麺

長岡市の「安福亭 本店」へ行ってきました。

anpukutei_honten_1.jpg


排骨麺

anpukutei_honten_2.jpg


大きな排骨がのっています。

anpukutei_honten_3.jpg


肉はもちろんの事ながら骨まで柔らかくなっていて、ガブリと頂けます。
ボリュームがあり食べ応え満点です。

麺は極太麺

anpukutei_honten_4.jpg


多加水でツルツルモチモチ食感の麺と背脂醤油スープの組み合わせは絶妙です。

スープは出汁感と旨味がしっかりとしたあっさり醤油味に背脂が浮いています。
背脂量の調節が可能で、こってり系が好きな方は大油がお勧めです。


つづいてはこちら

チャーシューメン

anpukutei_honten_5.jpg

anpukutei_honten_6.jpg

anpukutei_honten_7.jpg

anpukutei_honten_8.jpg


タイトル通りにチャーシューがたっぷりとのっています。
美味しいチャーシューなので、肉好きな方にお勧めです。


安福亭 本店の詳細
posted by BBSHIN at 21:52| Comment(0) | 長岡市

2019年09月17日

蔵王飯店 北長岡駅近くにある豊富なメニューを取り揃える中華飯店

長岡市、北長岡駅近くの「蔵王飯店」へと行ってきました。

zaohanten_1.jpg


お昼時はお得なランチメニューを提供していたので注文してみました。

醤油ラーメン+海老チリソース(780円)

zaohanten_2.jpg


セットの組み合わせとしては、4種のラーメン(台湾、塩台湾、醤油、塩)と4種の一品料理(海老チリソース、マーボー豆腐、ニラ玉子焼き、ニラレバ炒め)からそれぞれ一種ずつ選ぶというものです。

醤油ラーメン

zaohanten_3.jpg


スープ

zaohanten_4.jpg


あっさりですが、かなり旨味の強いスープです。
シーソース的な深みある旨味が特徴的でした。


麺はシンプルな多加水細麺です。

zaohanten_5.jpg


海老チリ

zaohanten_6.jpg


杏仁豆腐

zaohanten_7.jpg


ラーメンと一品料理に加え、ライスとデザートまでついて780円はかなりお得価格ですね!


続いてはこちらの一杯です。

広東麺

zaohanten_8.jpg

zaohanten_9.jpg

zaohanten_10.jpg


程よいとろみのついた餡の味がスープ全体に行きわたっています。
豊富な種類の具材が使われているのも嬉しいですね。

中華飯店の定番スタイルなカントンメンでした。


ドリンクが一人一杯無料となります。

zaohanten_11.jpg



蔵王飯店の詳細
posted by BBSHIN at 22:05| Comment(0) | 長岡市

2019年09月08日

中華蕎麦 藤とら 長岡生姜醤油ラーメンの進化系!?

長岡市にある「中華蕎麦 藤とら」へと行ってきました。

fujitora_1.jpg


移転前の「ぶしや」があった場所です。
跡地にぶしやの創業者の方がオープンしたお店なのだとか。


注文したのはこちらの一杯です。

中華蕎麦

fujitora_2.jpg

fujitora_3.jpg

fujitora_4.jpg


あっさりで濃い醤油味のスープには生姜が効いています。
長岡生姜醤油系スタイルな一杯です。
そしてそこに魚介が効いていました。
新しいスタイルの味ですね。


つけ麺

fujitora_5.jpg

fujitora_6.jpg

fujitora_7.jpg

fujitora_8.jpg


辛味があるスープが麺にしっかりと絡みます。

中華そば、つけ麺ともに麺量が多めなのでボリューム満点です。

そして、両方とも別トッピングの生卵を追加するのがお勧めとのこと。


つけ麺の割りスープはセルフサービスとなっています。

ぶしやと同様に2種の割りスープが常備されていました。

fujitora_9.jpg


日替りかもしれませんが、あっさりスープと辛スープの2種が用意されていました。。

fujitora_10.jpg


辛い方は、普通のつけダレに辛味を足した様な感じに思えました。
辛いスープで、辛味のあるつけダレに更なる辛味を足しても良いでしょう。


テーブル調味料も各種取り揃えているので、色々な味の変化も楽しめそうです。

fujitora_11.jpg



中華蕎麦 藤とらの詳細
posted by BBSHIN at 09:25| Comment(0) | 長岡市

2019年08月25日

麺香房 ぶしや 長岡市でつけ麺が人気のお店!

長岡市にある「麺香房 ぶしや」へと行ってきました。

bushiya_1.jpg


以前は長岡インター近くにありましたが、喜多町に移転オープンとなりました。


ぶしやの人気メニューはこちら

つけ麺

bushiya_2.jpg


つけダレ

bushiya_3.jpg


魚介が強く効いたスープです。
醤油味のスープは、元々魚介が効いているところに魚粉をプラスした様な強い魚介感です。

その魚介風味に加え濃厚感と甘みもあり、重厚な味わいとなっています。




bushiya_4.jpg


多加水のモッチリとした太麺です。


つけダレに漬けると・・・

bushiya_5.jpg


冷盛り特有の麺の食感が良いですね。
弾力感ある麺が程よく硬めとなり、麺の食感、味が際立ちます。

そして、魚介たっぷりなつけダレが魚粉とともに麺に良く絡みます。


食後のお勧めはセルフサービスの割りスープです。

bushiya_6.jpg


2種類の割りスープは、カツオと海老でした。

bushiya_7.jpg

他にもホタテだった日などもある様で、色んなバリエーションが楽しめそうですね。


続いてはこちら

らあ麺

bushiya_8.jpg

bushiya_9.jpg

bushiya_10.jpg


こちらも魚介がしっかりと効いています。

チャーシュー、穂先メンマ、葱、ナルト、海苔などの他、カツオ節ものっているので、時間とともにスープに追い鰹的な魚介感が若干プラスされます。

スタンダードなスタイルでクオリティが高い魚介系ラーメンでした。


麺香房 ぶしやの詳細
posted by BBSHIN at 21:12| Comment(0) | 長岡市

2019年08月12日

弦之家 長岡市で食べられる家系豚骨醤油

長岡市「弦之家」へと行ってきました。

gennoya_1.jpg


こちらは、閉店した濱之家 川崎店の跡地にオープンしたお店です。

提供しているのは、濱之家と同様の家系豚骨醤油です。

ラーメン

gennoya_2.jpg

gennoya_3.jpg


こってりとした豚骨醤油スープです。
油や醤油ダレの量を調節出来るので、より濃厚にしたい人は油多め、味を濃くしたい人は濃いめでお願いすると良いでしょう。

麺は太麺です。

gennoya_4.jpg


こちらは、硬さの調節が可能となっています。

定番スタイルの家系豚骨醤油ラーメンでした。


もう一杯はこちら

gennoya_5.jpg

gennoya_6.jpg

gennoya_7.jpg

上にかかったマー油がかなり支配的な変化を与えています。
家系豚骨醤油の塩版と思って食べると全く別物と感じるでしょう。

香ばしいマー油が麺に絡みつきます。

gennoya_8.jpg


テーブル調味料で変化を加える事が出来ます。

gennoya_9.jpg


白胡麻、酢、ブラックペッパー、おろしニンニク、豆板醤が置いてありました。

お願いすると魚粉を出してもらえます。

gennoya_11.jpg


100円のサイドメニュー「キャベチャー」もお勧めです。

gennoya_12.jpg


弦之家の詳細
posted by BBSHIN at 10:49| Comment(0) | 長岡市

2019年08月05日

麺屋 かしん 長岡生姜醤油系の新店がオープン!

長岡市にオープンした「麺屋 かしん」へと行ってきました。

kashin_1.jpg


まずはこちらの一杯です。

ラーメン

kashin_2.jpg

kashin_3.jpg

kashin_4.jpg


濃い醤油味の中にキリっと効いた生姜の香りが良いですね!

醤油の風味や旨味などもしっかりとしており、飲み応えのあるスープです。

麺は多加水の中程度の太さの麺でした。

チャーシューは適度な弾力感と味付けが良かったです。

とても美味しい長岡生姜醤油系ラーメンでした!



もう一杯はこちら

味噌ラーメン

kashin_5.jpg

kashin_6.jpg

kashin_7.jpg


濃い味噌の風味の中に負けないガツンとした生姜の風味が印象的です。

チャーシューの他に、たっぷりの炒め野菜がのってるのも嬉しいですね。
炒めた野菜のシャッキリ感が絶妙でした!


麺屋 かしんの詳細
posted by BBSHIN at 21:33| Comment(0) | 長岡市

2019年05月06日

中華そば 市松 打ち立て自家製麺の食感を楽しめる「月見つけめん」

長岡市にオープンした「中華そば 市松」へと行ってきました。

ichimatsu_nagaoka_1.jpg


場所は潤 長岡上除店があったところです。

ちなみに、市松といえば、以前新潟市中央区にもお店がありました。
市松食べ歩き記事

今回、長岡のコチラのお店を食べてみましたが、新潟市にあったお店とは、店名は同じものの、提供しているラーメンは全く異なるものでした。


メニューを見ると、ラーメンよりもつけ麺の方が上に表記されていたので、まずはそちらを頂いてみる事に。

月見つけめん

ichimatsu_nagaoka_2.jpg


「月見」とは名前の通りに生卵が入ったものでした。


特筆すべきは麺です。

ichimatsu_nagaoka_3.jpg


麺は自家製で作っており、麺帯の状態まで仕込んでおいた生地を提供前にカットし麺状にしていました。
打ち立ての麺を食べられるのは嬉しいですね。

ちなみに、製麺機は切り刃を通すタイプのものではなく、トントントンと包丁で切る様にカットしていく様なタイプでした。


つけダレ

ichimatsu_nagaoka_4.jpg


スープは比較的あっさりタイプで、濃い醤油の風味、そして、酸味と甘みが加えられていました。
また、カツオ節も入っており、元々魚介出汁と思われるスープに魚介風味がプラスされています。


麺をつけて食べると、、、

ichimatsu_nagaoka_5.jpg


うどんにも似た食感の麺は、もっちもちの麺の弾力感が良いですね!
多加水の中でも水分量が多い部類に入ると思われます。

包丁の様なものでカットしている事で断面の角が立ち、エッジが効いた食感も楽しめます。

麺は一本一本がかなり長いのが特徴的です。
製麺機の包丁部分より長い様に見えるので、麺帯を折り重ねカットしているのかもしれませんね。


こうしたこだわりの麺をより楽しめるという事で、つけ麺冷盛りがメインメニューとなっているものと思われます。


また、つけダレの器には、二種のチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、そして生卵が入っていました。

生卵は色々な食べ方があると思いますが、レンゲですくいツルンと食べても良し、崩してスープと混ぜても良し、または、軽く崩し麺に絡めて食べるといった食べ方も良いかなと思います。


もう一杯はこちら

月見中華そば

ichimatsu_nagaoka_6.jpg


スープ

ichimatsu_nagaoka_7.jpg


少しもらいましたが、こちらの方が出汁が分かりやすいですね。
濃い醤油風味に、魚介出汁が良く出ていたかなと思います。
こちらもかつお節が入っていましたが、メインの出汁は煮干しでしょうか??




ichimatsu_nagaoka_8.jpg


つけ麺の方がより麺の食感を楽しめるとは思いますが、加水率が高い事もあり、スープの中での時間の経過による変化も少ないかなと思います。

魚介醤油スープとの相性も良いと思います。


この他にも、「ハッチュウつけめん」「ハッチュウジャン麺」「ホルモン中華そば」というメニューがある様ですが、まだ提供を開始しておらず、5月中旬発売予定とのこと。


中華そば 市松の詳細
posted by BBSHIN at 00:10| Comment(0) | 長岡市

2019年05月04日

ラーメン おこじょ のどぐろ白湯が人気のお店が長岡に移転オープン!

長岡市に移転オープンした「ラーメン おこじょ」へと行ってきました。

okojo_nagaoka_1.jpg


新潟市でのオープン当初は味噌を看板メニューとしてスタートしましたが、気付くと「のどぐろ」を使用した一杯が一番人気となっていました。

のどぐろラーメン

okojo_nagaoka_2.jpg


丼が運ばれてきた途端に漂う魚の香りが強烈です!



スープ

okojo_nagaoka_3.jpg


のどぐろの風味を存分に出しつつも、臭みをほとんど感じさせません。
白湯にするという事は、臭いの強い魚の脂がスープに溶け込む形となるので、臭くなりがちなのですが、この飲みやすさはさすがかなと思います。
下処理での焼き加減がちょうど良いのでしょうね。


麺は中細麺を使用しています。

okojo_nagaoka_4.jpg


麺自体の質感も良く美味しいのですが、存在感の強いスープに隠れ気味となっています。
程よいトロみのあるスープを適度に絡め、スルスルと食べさせてくれ、麺がスープの美味しさをうまく引き立てていると感じます。

白湯という事でツルツルモチモチの中太麺にしたり、パッツパツの中細麺で食感を際立たせるといったケースもあるかと思いますが、適度に麺の存在感を消し全体のバランスがうまく保たれるケースもあるのだなと思いました。


ラストはプラス100円のラーメン茶漬けがお勧めです。

okojo_nagaoka_5.jpg


残ったスープに投入して食べます。
(極力綺麗に投入したつもりですが、絵的に見たくない方は読み飛ばし下さい)

okojo_nagaoka_6.jpg


のどぐろ白湯スープとご飯の相性は絶妙です!

磯のりが与える変化も嬉しいですね。


美味しさと食べやすさもあり、白湯系では珍しく完食となりました。

okojo_nagaoka_7.jpg



続いては定番メニューのこちらの一杯です

味噌ラーメン

okojo_nagaoka_8.jpg


香ばしい風味を放つ味噌スープ

okojo_nagaoka_9.jpg


熱々で濃厚な味噌の旨味と香ばしさがインパクト大ですね!


麺はそんなスープに負けない歯ごたえ強い太麺です。

okojo_nagaoka_10.jpg


他ではなかなか食べられない「のどぐろラーメン」
そして、インパクトある「味噌ラーメン」

こうしたメニューの数々が新潟市で食べられなくなったのは残念ではありますが、長岡市在住の方にとっては嬉しい移転になったかなと思います。


ラーメン おこじょの詳細
posted by BBSHIN at 23:49| Comment(0) | 長岡市

2019年04月06日

中国食彩 龍圓 新保店 人気メニュー「角煮そば」

長岡市、北長岡駅の近くの原信向かいにある「中国食彩 龍圓 新保店」へと行ってきました。

ryuen_nagaoka_1.jpg


メニューに「四川風辛しそば」の写真が大きく載っていたので、そちらが看板メニューかと思い、お店の人に確認したところ、お店のイチオシお勧めメニューは「角煮そば」とのこと。
確かに周囲を見渡すと、数人のお客さんは全員がそれを注文していました。

という事で、当然の事ながら、注文したのはこちらの一杯です。

角煮そば

ryuen_nagaoka_2.jpg


スープ

ryuen_nagaoka_3.jpg


あっさり系のスープは、濃い醤油の味と旨味が印象的です。
五目あんかけ的なほのかな甘みとしっかりとした旨味のある味となっていました。


麺はシンプルな多加水の細麺です。

ryuen_nagaoka_4.jpg


角煮は味が良く染み込み、肉はしっかりとした歯ごたえ、脂身はトロトロと柔らかい食感でした。

ryuen_nagaoka_5.jpg


他にも、中華一品メニュー、コース料理などもある様でした。
機会あれば複数人で訪れ、色々なメニューを試してみたいですね。


中国食彩 龍圓 新保店の詳細
posted by BBSHIN at 22:13| Comment(0) | 長岡市

2019年02月25日

リンガーハット リバーサイド千秋店 具材たっぷり長崎ちゃんぽん

長岡市にある「リンガーハット リバーサイド千秋店」へと行ってきました。

ringerhut_riverside_1.jpg


場所はリバーサイド千秋店の2階フードコートの中です。


注文したのはこちら

長崎ちゃんぽん

ringerhut_riverside_2.jpg


エビ、豚肉、そしてたっぷりの野菜がのりボリュームがあります。

ringerhut_riverside_3.jpg


野菜はモヤシ、ニンジン、キャベツ、ニラ、きくらげ、コーン等などが種類豊富に使われていました。


スープ

ringerhut_riverside_4.jpg


ライトな白湯は、比較的あっさり系で、しっかりとした旨味が特徴的です。




ringerhut_riverside_5.jpg


具材豊富でボリュームがあり、野菜もたくさん食べられるのが良いですね。


リンガーハット リバーサイド千秋店の詳細
posted by BBSHIN at 20:42| Comment(2) | 長岡市

2019年01月27日

だるまや 長岡古正寺店 和風豚骨醤油の「だるまや」が長岡市進出!

長岡市の「だるまや 長岡古正寺店」へと行ってきました。

darumaya_kosyoji_1.jpg


閉店してしまった姥姥ラーメン跡地に出来たお店です。


看板メニューの「だるまラーメン」

darumaya_kosyoji_2.jpg


スープ

darumaya_kosyoji_3.jpg


だるまラーメンは、背脂が浮き、魚介が効いた醤油白湯スープです。
動物系濃度はそこそこで、背脂が浮く事で結構コッテリしています。
魚介風味と程よい旨味が効き、背脂等の甘味により、まろやかなコクある仕上がりとなっています。


麺は多加水の中細麺です。

darumaya_kosyoji_4.jpg


チャーシュー、海苔、ネギの他に、たっぷりのモヤシがのりボリューム感もあります。

新潟市の定番だるまラーメンが長岡市で食べられる様になるのは嬉しいですね。


味噌ラーメン

darumaya_kosyoji_5.jpg

darumaya_kosyoji_6.jpg

darumaya_kosyoji_7.jpg


濃い味噌の風味とスープ自体の濃さ、そして、浮いた脂などにより、濃厚な飲み応えの味噌スープです。
麺は歯ごたえの強い太麺でした。

モヤシが多めにのり、スープにくぐらせて食べると美味しいですね。
辛味噌をお好みでスープに混ぜながら、変化を加えても良いでしょう。

チャーシュー、味玉、水菜、メンマなどものり、食べ応えある一杯となっていました。


だるまや 長岡古正寺店の詳細
posted by BBSHIN at 08:30| Comment(2) | 長岡市