2021年08月15日

スプレッド 長岡駅近くの焼肉店が昼営業で提供する担々麺

長岡市、長岡駅近くにある「スプレッド」へと行ってきました。

spread_1.jpg


こちらのお店は、夜は焼肉屋、昼は担々麺屋として営業する二毛作営業店です。

昼の担々麺目当てに行ってきました。


担々麺

spread_2.jpg

spread_3.jpg

spread_4.jpg


胡麻がたっぷりと効いた濃厚系スープです。
トロみの強さが特徴的です。

上に浮いたラー油や辛挽き肉からの辛味がクリーミーなスープに辛さを与えます。
お店の人は辛味は辛肉からといってましたが、スープ自体にもスパイシーなピリ辛さを感じます。

濃厚系担々麺のスープはライスとの相性が良いですね。
+110円で追加してでもご飯と合わせて食べる事をお勧めします。


お店の名前がついた「スプレッドメン」

spread_5.jpg

トッピング豪華バージョンな一杯です。

種類豊富な野菜がのっており、濃厚系スープに清涼感を与えてくれます。

値段は300円違いますが、たくさんのフレッシュな野菜が食べられるので、こちらがお勧めかなと思います。



スプレッドの詳細
posted by BBSHIN at 21:51| Comment(0) | 長岡市

2021年08月08日

立川マシマシ 長岡店 たっぷりデカ盛り二郎インスパイア系

長岡市にオープンした「立川マシマシ 長岡店」へと行ってきました。

tachikawamashi2_1.jpg


有料トッピングは食券で購入し、提供手前で各種トッピングをコールという定番のスタイルです。

今回は特に指定なく普通で頂く事としました。

小ラーメン

tachikawamashi2_2.jpg

tachikawamashi2_3.jpg

tachikawamashi2_4.jpg


野菜たっぷりのデカ盛り系です。
ボリューム満点ですね。
特にチャーシューのインパクトが凄かったです。
たっぷりの肉を食べたい方は肉増しにすると良いでしょう。

麺も小ラーメンでも一般のラーメンよりも多いので、食が細い方は食べきれないかもしれませんね。
逆に大食いの方は、野菜や麺、肉など色々と増量し、超絶ボリュームにチャレンジしても良いでしょう。


立川マシマシ 長岡店の詳細
posted by BBSHIN at 09:54| Comment(0) | 長岡市

あおきや 喜多町店 キレ抜群な生姜醤油スープ

長岡市の「あおきや 喜多町店」へと行ってきました。

aokiya_1.jpg

「あおきや」は長岡生姜醤油系ラーメンを提供するお店で、長岡インターの近く、新潟市のスーパーセンタームサシ内、柏崎市の店舗と4店舗を運営しています。

メニューはシンプルにラーメンとチャーシューメンのみという構成です。
今回はその2品を頂いてみる事にしました。


ラーメン

aokiya_2.jpg

aokiya_3.jpg

aokiya_4.jpg

あっさりで濃い醤油味のスープには、生姜がガツンと効いています。
爽快感あるショウガの風味が実に良いですね。
旨味も強いので、アッサリですがとても印象的な味となっています。


たっぷりチャーシューがのったチャーシューメンもお勧めです!

aokiya_5.jpg

弾力感ある肉質のチャーシューが生姜醤油スープに実にマッチしております。


あおきや 喜多町店の詳細
posted by BBSHIN at 09:26| Comment(0) | 長岡市

2021年05月05日

蓮華 滋味深い味わいが染み渡る野菜タンメン

長岡市の「蓮華」へと行ってきました。

renka_1.jpg


昔ながらな雰囲気を醸し出す中華飯店です。


野菜タンメン

renka_2.jpg

renka_3.jpg

renka_4.jpg

澄んだ塩味のスープは、野菜の滋味深い味わいの他、旨味も強めとなっており、あっさりながらも印象的な味わいです。

麺はシンプルな中華麺です。
多加水のツルモチ細麺はあっさり塩スープに良く合いますね。


味噌ラーメン

renka_5.jpg

renka_6.jpg

renka_7.jpg


比較的あっさりとした味噌スープは飲みやすく優しい味わいです。

野菜の他、コーン、ワカメなどものり、これぞ昔ながらな味噌ラーメンといった一杯でした。


蓮華の詳細
posted by BBSHIN at 20:55| Comment(0) | 長岡市

2021年05月02日

くるまやラーメン 東バイパス店 ガーリック風味でインパクト満点の味噌

長岡市にある「くるまやラーメン 東バイパス店」へと行ってきました。

kurumaya_higashibypass_1.jpg


味噌ラーメン

kurumaya_higashibypass_2.jpg

kurumaya_higashibypass_3.jpg

kurumaya_higashibypass_4.jpg


ニンニクと強いがガツンと効いた味噌スープです。

インパクト満点な味はやみつきになりますね。

無料のライスとスープの相性も良いので、お腹いっぱいになりたい方は是非注文してみて下さい。


くるまやラーメン 東バイパス店の詳細
posted by BBSHIN at 11:00| Comment(0) | 長岡市

2021年04月26日

東京油そば 柿川亭 長岡駅近くの油そば専門店

長岡市の「東京油そば 柿川亭」へと行ってきました。

kakigawatei_1.jpg


長岡駅に比較的近くにところにあるこちらのお店は、店名の通り油そばの専門店となります。

油そば、焼豚油そばの2種があり、それらを各種トッピングで味の変化を楽しむというスタイルです。
あごだし、半熟玉子、ネギごま、カレースパイス、マスタード、バジル、生姜、トマトマヨといった有料トッピングが揃い、そうしたトッピングを活用する事で変幻自在な味わいを堪能する事が出来ます。


油そば並盛

kakigawatei_2.jpg

kakigawatei_3.jpg

kakigawatei_4.jpg

大盛りも同料金でしたが、並盛を選択しました。

酢、ラー油をまわしかけてから良く混ぜて食べる事がお店のお勧めです。

タレの旨味に加え、酢の酸味、ラー油の辛味が与える変化を楽しめます。


続いてはこちら

焼豚油そば並盛(あごだし追加トッピング)

kakigawatei_5.jpg

kakigawatei_6.jpg


あごだしを追加する事で、タレに魚介感が加わります。

風味豊かな旨味たっぷりのタレが麺にしっかりと絡みます。
そこから更に、酢、ラー油が与える変化まで楽しめます。


東京油そば 柿川亭の詳細
posted by BBSHIN at 00:12| Comment(0) | 長岡市

2021年04月23日

青島食堂 宮内店 長岡生姜醤油系の元祖

長岡市の「青島食堂 宮内店」へと行ってきました。

aoshima_miyauchi_1.jpg


「青島食堂」といえば、全国にその名を轟かせる「長岡生姜醤油系」の元祖のお店です。

こちらのお店の周辺には4店舗もお店があり、それぞれが行列を作る程の集客力を持っています。


今回頂いたのはこちら

青島チャーシュー

aoshima_miyauchi_2.jpg

aoshima_miyauchi_3.jpg

aoshima_miyauchi_4.jpg


歯応えあるチャーシューをたっぷりと楽しむ事が出来ます。

スープは相変わらずのキレのある生姜風味ですね。
濃い醤油味に強い生姜感がインパクト満点でした。

麺は多加水の細麺です。

派生したお店は中〜中太位の太さのケースが多いですが、こちらは細麺を使用しています。


青島のラーメンはいつ食べても美味しいですね!
とても満足のいく一杯でした。


青島食堂 宮内店の詳細
posted by BBSHIN at 21:56| Comment(0) | 長岡市

2021年04月10日

悟空館 胡麻がたっぷりと効いた味噌担々麺

長岡市の「悟空館」へと行ってきました。

gokukan_1.jpg


だいぶ前より「ゴマみそタンタンめん」が人気のお店として知られており、以前食べにきた際にもそちらを頂きました。
久しぶりに訪れましたが、当時と変わらず、ゴマみそタンタンめんが看板メニューとして推されていたので、そちらを頂く事に。

ゴマみそタンタンめん

gokukan_2.jpg

gokukan_3.jpg

gokukan_4.jpg


風味豊かな胡麻の香りが強く香ります。

胡麻のコクに加え、各種素材等の旨味や風味が押し寄せます。
胡麻による濃厚感はあるものの、そこまでコッテリとはしていませんが、深みある旨味が特徴的ですね。

上に浮いたラー油の辛味がとても良いアクセントとなります。

麺は太麺、細麺が選択可能でこちらは太麺です。
もっちり多加水の太麺は胡麻風味満点のスープとベストマッチ!

挽肉等の具材とスープの相性も良いですね。


野菜らあめん

gokukan_5.jpg

gokukan_6.jpg

gokukan_7.jpg


こちらは細麺です。

細麺の方はクロレラを使用している麺なのだとか。

たっぷりの野菜等の具材が使われ、トロみのある五目餡かけ的な一杯となっていました。


悟空館の詳細
posted by BBSHIN at 19:32| Comment(0) | 長岡市

2021年03月28日

らーめんの土佐屋 宮内店 生姜醤油と旨味たっぷりな背脂塩

長岡市の「らーめんの土佐屋 宮内店」へと行ってきました。

tosaya_nagaoka_1.jpg


こちらのお店は、生姜醤油スープに背脂を浮かせた一杯が人気です。

今回はシンプルな生姜醤油ラーメンを注文してみました。

ラーメン

tosaya_nagaoka_2.jpg

tosaya_nagaoka_3.jpg

tosaya_nagaoka_4.jpg


あっさり醤油スープに生姜がしっかりと効いています。
濃い醤油味のスープにキレのある生姜風味がインパクト大ですね。

中太麺と生姜醤油スープの相性も抜群です。

元祖のお店は細麺となっていますが、こうした中太麺の生姜醤油も良いものですね。


次はこちら

背油塩ラーメン

tosaya_nagaoka_5.jpg

tosaya_nagaoka_6.jpg

tosaya_nagaoka_7.jpg


こちらは醤油の様な生姜感はないですが、強い旨味が特徴的です。

背脂のこってり感と旨味の強い塩スープのコラボは迫力満点でした。


お願いするとおろし生姜を出してもらえます。

tosaya_nagaoka_8.jpg


生姜醤油スープに更なる生姜風味を加えても良し、塩に生姜感をプラスしてみるのも良いでしょう。


らーめんの土佐屋 宮内店の詳細
posted by BBSHIN at 02:58| Comment(0) | 長岡市

2021年03月21日

尾道らーめん 七鐘屋 個性的なスタイルの「ブラック塩担々麺」

長岡市の「尾道らーめん 七鐘屋」へと行ってきました。

nanaya_1.jpg


まずは看板メニューのこちら

尾道らーめん コクうま

nanaya_2.jpg

nanaya_3.jpg

nanaya_4.jpg


魚介が効いたあっさり醤油スープは、背脂も浮き、豚の風味と旨味やコク、魚介の出汁感、そして醤油の風味が楽しめる一杯です。

前面に出ているのは深みある醤油の香りや旨味、そして、豚感ですね。

比較的あっさりとしていながらも、重厚な飲み応えのスープでした。

麺は歯ごたえが強めの平打ち細麺です。
こちらも独特なスタイルの麺かなと思います。

なかなか新潟に無いタイプの一杯かなと思います。


次はこちら

ブラック塩担々麺

nanaya_5.jpg

nanaya_6.jpg

nanaya_7.jpg


担々麺というと、胡麻のコクたっぷりでクリーミーなタイプをイメージされる事が多いですが、こちらは、出汁感漂うサラリとしたあっさり塩スープです。
そこに、辣油の辛味やマー油の香ばしさなどが加わるといった、個性的なスタイルの一杯でした。


尾道らーめん 七鐘屋の詳細
posted by BBSHIN at 22:23| Comment(0) | 長岡市

2021年03月15日

青島食堂 宮内駅前店 長岡市に古くから根付く生姜醤油

長岡市の「青島食堂 宮内駅前店」へと行ってきました。

aoshima_miyauti_1.jpg


青島食堂といえば、長岡生姜醤油ラーメンの発祥のお店として全国にその名を轟かせる名店です。

近隣に支店が4店舗もありながらも、それぞれが満席になるという人気ぶりには驚きです。

曙店に本部があるのですが、こちらの宮内駅前店が古くから高い知名度があるお店なのかなと。


青島ラーメン

aoshima_miyauti_2.jpg

aoshima_miyauti_3.jpg

aoshima_miyauti_4.jpg


生姜がキリリと効いたあっさり醤油味のスープです。
強い生姜感と醤油ダレ、動物系や各種素材の出汁感、加えられた強めの旨味が飲み応え満点な味を演出します。

濃い醤油風味も特徴的です。
他の支店ですが、宮内店で調理風景を眺めていた時に丼に注がれる醤油ダレの多さが特徴的だと感じました。
50、60ccの2種のレードルがあり、60の方で醤油ダレを勢いよく、ダイナミックに注いでいました。
スープそして鍋からの脂も目分量、醤油ダレの量も若干差が出そうなので、スープとタレのバランス・塩分濃度は毎回少しずつ違いそうですが、その辺りは鍛えられたテクニックで保っているのでしょう。
店員さんの提供スピードの速さも特徴的でした。
また、素材が入った鍋からスープをすくっていたので、時間帯によっても出汁の濃さも違いそうです。
ただ、そうした細かい事が気になる様なタイプのラーメンではなく、少々のブレなど全く問題としない様な完成されたスタイルであるとも感じます。

とても美味しい一杯でした。


青島食堂 宮内駅前店の詳細
posted by BBSHIN at 00:26| Comment(0) | 長岡市

2021年03月13日

油そば つながり 変幻自在な各種油そば

長岡市の「油そば つながり」へと行ってきました。

tsunagari_1.jpg


場所は川崎インター近くの麺処清水跡地です。

店名の通り、油そば専門店となります。

まずはこちら

醤油

tsunagari_2.jpg

tsunagari_3.jpg

tsunagari_4.jpg


麺は太麺と細麺から選択可能でこちらは細麺をチョイス。

具材の挽き肉等を良く混ぜて食べます。

油そばにしては比較的さっぱりめで、細麺という事もありサラリと食べられる一杯でした。


次はこちら

坦々

tsunagari_5.jpg

tsunagari_6.jpg

tsunagari_7.jpg

こちらは太麺に。

醤油に比べ、こちらの方がインパクトある味でした。

テーブルや店舗中央に置かれた様々な調味料を使う事で色々な変化を与える事が可能です。
色々な楽しみ方を探ってみるのも良いかもしれませんね。



油そば つながりの詳細
posted by BBSHIN at 18:23| Comment(0) | 長岡市

らーめん やまと 昔ながらのあっさりながらも深みある味わいの一杯

長岡市の「らーめん やまと」へと行ってきました。

yamato_1.jpg


中之島見附インター近くの住宅街にあるお店です。


らーめん

yamato_2.jpg

yamato_3.jpg

yamato_4.jpg


あっさり醤油味のスープは動物系主体と思われる清湯スープに旨味も加わり、深みある味わいとなっています。
脂も程よく浮き、コク深さもありますね。

麺は多加水の中細麺であっさりスープに良く合っています。

チャーシューは少ししょっぱめな位で、濃いめの味付けでタレの旨味と肉の旨味が楽しめます。
インパクトある味のチャーシューでしたね。


塩らーめん

yamato_5.jpg

yamato_6.jpg

yamato_7.jpg


あっさり塩味のスープは旨味たっぷりです。
醤油より旨味が強いという印象です。


2杯とも昔ながらの仕上がりながらも、しっかりとした旨味あるスープが特徴的でした。
とても美味しかったです。


らーめん やまとの詳細
posted by BBSHIN at 17:55| Comment(0) | 長岡市

2020年12月30日

長崎亭 長岡駅近くで深夜まで食べられる長崎ちゃんぽん

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は、長岡市の「長崎亭」です。

偶然同時期に私も同店に訪れて同じメニューを注文していた事もあり、掲載タイミングをずらし3か月ほど経過してから掲載させて頂く事としました。

以下マーロウさんの感想

↓↓↓

長岡市の「長崎亭」に行ってきました。

nagasakitei2_1.jpg


場所は長岡駅から歩いてすぐにある繁華街、殿町にあります。
こちらのお店では本場・長崎ちゃんぽんが味わえます。
長岡駅前にある殿町で、40年以上に渡って店を守り続け、“飲んだ後の締めのちゃんぽんと言ったらココ!!”と呼ばれるまで、市民から親しまれています。

小生が注文したのは、その「長崎ちゃんぽん」です。

nagasakitei2_2.jpg


キャベツ、玉ねぎ、人参、かまぼこ、イカ、キクラゲ、そして、あさりがたっぷり入っています。
様々な野菜やかまぼこにより、彩り鮮やかな見た目ですね。

スープは比較的薄味ですが、臭みのない、野菜の甘みと、あさりの旨味が溶け込んでおります。





nagasakitei2_3.jpg

麺は特徴的な、角ばっている形状。多加水です。

長岡駅から歩いてすぐにある「長崎亭」
夜遅くまで開いているので、長岡駅近辺で飲んだ後の一杯に、是非、お立ち寄りください。


長崎亭の詳細
posted by BBSHIN at 22:16| Comment(0) | 長岡市

2020年12月21日

麺香房 ぶしや ながおか花火館店 道の駅で食べられる濃厚魚介系

長岡市、道の駅「ながおか花火館」にオープンした「麺香房 ぶしや ながおか花火館店」へと行ってきました。

bushiya_hanabi_1.jpg


「ながおか花火館」は、長岡の名物とものいえる「花火」をテーマとした道の駅で、花火にまつわる展示物やプラネタリム、また、郷土品のお土産店などが揃っています。

フードコートには、様々な種類の飲食店があり、色々な品を楽しむ事が出来ます。


まずはこちらの一杯です。

らぁ麺

bushiya_hanabi_2.jpg

bushiya_hanabi_3.jpg

bushiya_hanabi_4.jpg

濃厚魚介系スープの一杯です。

程よい濃厚感でそこまで重くはなく、強い魚介感が目立つバランスとなっています。

歯切れの良い自家製麺の食感も良いですね。


ぶしやの代名詞ともいえる一品がこちら

つけ麺

bushiya_hanabi_5.jpg

bushiya_hanabi_6.jpg


濃厚魚介系のつけダレは甘味があり、強い魚介感が漂います。

つけ麺のひやもりは、ラーメン以上に自家製麺の歯ごたえが楽しめますね。

シメには、カウンターにある割りスープを注いで、つけダレを余す事なく最後まで楽しむと良いでしょう。


麺香房 ぶしや ながおか花火館店の詳細
posted by BBSHIN at 23:24| Comment(0) | 長岡市

2020年12月16日

麺屋 松香 旨味たっぷりで素材感満点な出汁そば

長岡市の「麺屋 松香」へと行ってきました。

matsuka_1.jpg


今年の夏にオープンした新店です。

出汁そば

matsuka_2.jpg

matsuka_3.jpg

matsuka_4.jpg


濃厚魚介系スープです。

細目の麺とも良くマッチしています。

タイトル通りしっかりとした出汁感を感じられる一杯でした。


ゴマ辛そば

matsuka_5.jpg

matsuka_6.jpg

matsuka_7.jpg

担々麺スタイルの一杯です。

胡麻の風味と辛味そして、太麺の食感など、食べ応え満点な一杯でした。


麺屋 松香の詳細
posted by BBSHIN at 18:46| Comment(0) | 長岡市

2020年12月08日

のろし 花火館店 道の駅ながおか花火館のフードコートで提供する野菜たっぷりな一杯

長岡市、道の駅ながおか花火館のフードコートにオープンした「のろし 花火館店」へと行ってきました、

noroshi_hanabi_1.jpg


定番の一杯はこちら

醤油ラーメン 並

noroshi_hanabi_2.jpg

noroshi_hanabi_3.jpg

noroshi_hanabi_4.jpg


程よい濃度の動物系白湯に醤油ダレの旨味が合わさりバランスの良い味となっています。

キャベツ、モヤシといった野菜がたっぷりとのりボリュームたっぷりですね。

チャーシューも3枚のり、食べ応え満点です。


次はこちら

味噌ラーメン 並

noroshi_hanabi_5.jpg

noroshi_hanabi_6.jpg

noroshi_hanabi_7.jpg


醤油と同じスタイルで、醤油ダレが味噌に変わったという一杯です。

味噌の風味が麺や野菜に絡み、濃厚な味を楽しめます。


のろし 花火館店の詳細
posted by BBSHIN at 23:09| Comment(0) | 長岡市

越後や 長岡駅近くで夜遅くまで食べられる醤油ラーメン

長岡市、長岡駅近くにある「越後や」へと行ってきました。

echigoya_1.jpg


ラーメン

echigoya_2.jpg

echigoya_3.jpg

echigoya_4.jpg


あっさり醤油味のスープです。

出汁感よりも強い醤油ダレの償還がストレートに伝わってきます。
かなり醤油勝ちなスープですね。

麺は多加水の細麺でした。

夜遅くまで営業しているので、飲んだ後のシメにはこうしたサラリとしたあっさり醤油ラーメンが良いかもしれませんね。


越後やの詳細
posted by BBSHIN at 19:42| Comment(0) | 長岡市

2020年11月03日

熊本火の国ラーメン 越後長岡店 マー油が浮いた豚骨ラーメン

長岡市、長岡駅近くにある「熊本火の国ラーメン 越後長岡店」へと行ってきました。

kumamoto_hinokuni_1.jpg


特製火の国ラーメンと熊本豚骨高菜ラーメンの2杯が看板メニューですが、今回はこちらを頂くことに。

熊本豚骨高菜ラーメン

kumamoto_hinokuni_2.jpg

kumamoto_hinokuni_3.jpg

kumamoto_hinokuni_4.jpg


ライトな豚骨スープに多加水の細麺、そしてマー油がかかっています。

上にのった酸味のある高菜、梅干しの酸味が清涼感を与えてくれます。


熊本火の国ラーメン 越後長岡店の詳細
posted by BBSHIN at 23:42| Comment(0) | 長岡市

2020年10月26日

長崎亭 深夜の長岡駅周辺で食べる長崎ちゃんぽん

長岡市、長岡駅近くにある「長崎亭」へと行ってきました。

nagasakitei_1.jpg


長崎ちゃんぽんと皿うどんがメインメニューとなっており、今回はこちらを注文しました。

長崎ちゃんぽん

nagasakitei_2.jpg

nagasakitei_3.jpg

nagasakitei_4.jpg


たっぷりの野菜や海鮮素材が具材としてのっています。

スープにはそうした素材の味が溶けこんでおり、旨味たっぷりでした。

殿町でお酒を飲んだ後のシメとしたり、または、いくつか提供しているおつまみメニューとともにお酒を飲み、ラストに長崎ちゃんぽんといった使い方も良いかもしれませんね。


長崎亭の詳細
posted by BBSHIN at 00:07| Comment(0) | 長岡市