2015年04月09日

土佐屋 長岡店

長岡市、宮内駅の近くにある「土佐屋 長岡店」へと行ってきました。

tosaya_nagaoka_1.jpg


平日のお昼時に行きましたが、店内は満席です。
かなり人気のお店なのですねひらめき


醤油、塩、味噌とあっての、味噌ラーメンを注文してみました。

tosaya_nagaoka_2.jpg

tosaya_nagaoka_3.jpg


色を見る限り白味噌系のスープでしょうか。
スープには出汁や味噌の味を上書く程に、かなり強烈に生姜が効かせてあります。
あっさり系で浮かせた油でコクを出すタイプですね。

チャーシューは旨味を適度に残し、味が良く染みこんでいます。
中越地域に良くあるタイプのチャーシューかなと思います。

麺は白く少し縮れており、加水も高そうな中麺でした。



背油ラーメン

tosaya_nagaoka_4.jpg


品名にもある様に、背油がたっぷりと浮いています。

醤油がかなり濃いですね。
ただ、色や醤油風味の割には塩分濃度は高くないと思います。

味噌の様な強い生姜風味は感じませんでしたが、恐らく背油や醤油に覆われているだけで、味噌同様に効かせてあるのではないかなと思います。

いかにも、長岡、中越的な一杯でした手(パー)


卓上調味料
(ラーメン用の正油ダレ、胡椒、ニンニク、辛味噌)

tosaya_nagaoka_5.jpg


正油ダレがあるので、醤油ラーメンは塩分調節が可能です。

辛味噌はお好みでプラスし、味の変化を楽しむと良いでしょう。
どちらかというと、醤油ラーメンにはそこまで合わず、味噌ラーメンに追加すると良い感じでしたぴかぴか(新しい)

ニンニクは口臭を気にせずガツンとさせたい時にどうぞ。


2杯ともしっかりと丁寧に作られたラーメンで美味しかったです手(チョキ)


土佐屋 宮内店の詳細
posted by BBSHIN at 19:17| Comment(0) | 長岡市

2015年04月02日

中華 めんきち

長岡市の「中華 めんきち」

menkiti_nagaoka_1.jpg


小中華そばを注文しました。

menkiti_nagaoka_2.jpg

menkiti_nagaoka_3.jpg


「小」といっても結構な量があり、盛り付けもしっかりとしています。

動物系、魚介系が共に良く出ており、背油のコッテリ感やプラスされる動物的旨味、醤油風味など、バランス良い仕上がりです。

麺は歯応え良い太麺です。

燕系の背脂醤油スタイルで、かなり本格的な味ですね。

とても美味しかったです手(チョキ)


みそ中華

menkiti_nagaoka_4.jpg


背脂でコッテリし、香ばしい味噌風味が特徴的です。

味噌スープが野菜に良く絡み、太麺との相性も良いですね。

こちらも美味しかったですぴかぴか(新しい)


中華 めんきちの詳細
posted by BBSHIN at 00:13| Comment(0) | 長岡市

2015年03月25日

大阪王将 長岡蓮潟店

長岡市、近代美術館近くにある「大阪王将」へと行ってきました。

oosakaosho_hasugata_1.jpg


今回注文したのは酸辣湯麺です。

oosakaosho_hasugata_2.jpg

oosakaosho_hasugata_3.jpg


とき卵、キクラゲ、タケノコ、ニラなど、バリエーション豊かな具材ですね。

スープは酸味があり、辛味の方は、上にかけれらたラー油からでしようか。

酸味、辛味でとても体が温まりますぴかぴか(新しい)
こういったラーメンを食べていると汗が止まらなくなりますね。

とても美味しかったでするんるん


大阪王将 長岡蓮潟店の詳細
posted by BBSHIN at 23:23| Comment(2) | 長岡市

2015年03月22日

金子屋 蓮潟店


長岡インターから長岡駅方面に向かう途中、橋の少し手前左側にある「金子屋蓮潟店」へと行ってきました。

kanekoya_hasugata_1.jpg


大通りから見たお店の看板

kanekoya_hasugata_2.jpg


メニューが豊富だったので迷いましたが、まずは普通のラーメンを注文。

kanekoya_hasugata_3.jpg

kanekoya_hasugata_4.jpg


あっさりとした醤油味のスープです。

チャーシューも歯応え良く、美味しかったです。

シンプルな味わいですが、平日は450円という破格のサービス価格で、味もなかなか良く、コスパの良い一杯ですね。



麻婆麺

kanekoya_hasugata_5.jpg

kanekoya_hasugata_6.jpg


麻婆餡はトロみもちょうど良く、また、辛さが程ほどで食べやすいです。

とても美味しかったです!

豊富なメニュー構成の定食屋で、値段も手ごろなものが多く、何度行っても楽しめるお店かなと思いました。


金子屋 蓮潟店の詳細
posted by BBSHIN at 11:47| Comment(0) | 長岡市

2015年03月21日

喜味屋食堂

宮内駅近くにある「喜味屋食堂」へと行ってきました。

kimiya_1.jpg


駐車場は近くの橋を渡ったところにあります。

kimiya_2.jpg


駐車場から見たお店

kimiya_3.jpg



こちらはボリュームたっぷりのガッツリメニューが話題のお店です。

ラーメン以外にも、うどん(天ぷらうどん700円等)、そば(もりそば700円等)、ご飯物(チャーハン750円、カレーライス750円、カツ丼800円等)、定食(野菜炒め定食750円等)の他、ラーメンセット(850円)、ザルそばセット(850円)、うどんセット(800円)等のセットメニューなどもあり、メニューはかなり豊富です。

色々と悩みましたが、今回はラーメンセットを注文しました。

kimiya_4.jpg


普通のラーメンとチャーハン、揚げ物、デザートのセットです。


ラーメン

kimiya_5.jpg

kimiya_6.jpg


ラーメンは長岡という事もあり、生姜醤油系のスープです。
生姜が効きサッパリとした飲み心地が食欲をそそります。

特筆すべきはやはり「ボリューム」です手(パー)

器が大きいのでスープ量も多く、麺もたっぷりと入っていました。
普通のお店なら「特盛」といって出てきてもおかしくないボリュームかと思います。

ラーメン自体のボリュームのみならず、セットにするとチャーハン、ハムカツなどがついてくるので、お腹いっぱいになる事間違いなしですね。



広東メン

kimiya_7.jpg


具だくさんの五目餡がかかり、大きな丼が溢れんぱかりになっています。

こちらも凄まじいボリュームでした手(チョキ)



ちなみに、他の人達に運ばれてくる、そぱやうどん、定食などがチラっと見えましたが、どれも目を疑う程の盛りっぷりですあせあせ(飛び散る汗)

噂には聞いていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。
ガッツリ食べたい人にお勧めのお店ですねぴかぴか(新しい)


喜味屋食堂の詳細
posted by BBSHIN at 10:23| Comment(0) | 長岡市

2015年02月24日

青桐 西川カレーラーメン(鶏チャーシュートッピング)

長岡市の「青桐」へと行ってきました。

aogiri_201502_1.jpg


トッピングとして「鶏チャーシュー」が加わっていたので、西川カレーラーメンにトッピングしてみました。

西川カレーラーメン(鶏チャーシュートッピング)

aogiri_201502_2.jpg

aogiri_201502_3.jpg


スープタイプのカレーラーメンで、ラー油、ばらのりなどが変化を与えています。

スープはトロみのあるタイプだったり、濃厚だったりはしないのですが、カレーやタレ、スープの風味、コク、旨みなどが複層的に折り重なりバランス良く仕上がっていますぴかぴか(新しい)

スープを飲む程に、口の中に深みのある味わいが広がっていきますねひらめき

そして今回の注目点としてはやはりトッピングとして追加した鶏チャーシューです。
どの様に作られたかは分かりませんが、真空調理にも似た肉の美味しさをたっぷりと残したチャーシューで、味つけは軽めにとどめてあります。
そして味の染み込みの良い鶏肉には、スープのカレー風味が移り、後半は軽いカレー風味のチャーシューへと変化していきました。
とても質の高い鶏チャーシューでしたるんるん

とても美味しかったです手(チョキ)

鶏骨醤油ラーメン

aogiri_201502_4.jpg


青桐の詳細
posted by BBSHIN at 20:52| Comment(0) | 長岡市

2015年02月10日

よし一ちゃん 長岡店

長岡市にオープンした「よし一ちゃん 長岡店」へと行ってきました。

yoshiitityan_nagaoka_1.jpg


遠くから見るとこんな感じです。

yoshiitityan_nagaoka_2.jpg


こちらのお店は新潟市西区にもお店があります。

西区のよし一ちゃんについてのブログ記事


ラーメン

yoshiitityan_nagaoka_3.jpg

yoshiitityan_nagaoka_4.jpg


生姜が効いた濃い目の醤油味のスープには油が結構浮いています。
飲んだ瞬間には生姜をそれ程感じませんが、少し遅れて生姜風味がやってきます。
表面の油にスープの味が覆われているのかもしれませんね。

麺は自家製らしく、モッチリとした中麺でした。

トッピングのチャーシューは、味の染み込みなども良く美味しかったですね。


背油ラーメン

yoshiitityan_nagaoka_5.jpg


背油がたっぷりと浮いていますが、粒状の背油以外にも液状の油がかなり多めに浮いており、厚い層を作っています。
個人的にはこの生姜醤油スープであれば、液状を少なめにし固形の背油をチャッチャした方が好みかもしれません。
普通のラーメンの方が好きな味でしたが、コッテリ系が好きな方にお勧めしたいですね。


こちらのお店は、牛タンメニューがいくつかある様です。
そのうちの一つのラーメンのサイドメニューとして良さそうな「まかないミニ丼」(300円)を注文してみました。

yoshiitityan_nagaoka_6.jpg


牛タンがのったミニ丼で、ニンニクが効いたタレがかかり、香ばしい仕上がりです。

牛タン定食やタンシチュー、タンとろ、なども試してみたいですね。


テーブル調味料

yoshiitityan_nagaoka_7.jpg


ラーメンタレも置いてあるので、スープの塩分調節も可能です。


よし一ちゃん 長岡店の詳細
posted by BBSHIN at 04:59| Comment(0) | 長岡市

2015年01月22日

麺の風 祥気 しおそば 鶏チャーシュートッピング

平日夜に車を走らせ、長岡市の「麺の風 祥気」へと行ってきました。

syoki_201501_1.jpg


目的は平日限定の濃厚な鶏白湯スープを使ったというラーメンです。

その濃厚ラーメンを注文しようと思ったところ、、、

残念ながら売り切れたらーっ(汗)


あまりの人気にお昼にたくさん売れてしまい、夜はすぐに無くなってしまったとのこと。
同じスープを使っている鶏白湯系のつけ麺も売り切れでした。

気を取り直して、あっさり系を注文です。

しおそば + 鶏ももチャーシュートッピング

syoki_201501_2.jpg

syoki_201501_3.jpg


あっさり味のスープは、かなり旨みたっぷりですぴかぴか(新しい)
鶏出汁のスープに貝エキスばりの貝出汁塩タレが加わり、かなり印象的で刺激的な味わいとなっています。

そんな旨みたっぷりのスープですが、一口目を飲んだ瞬間に感じるのは正に「鶏」ですひらめき

スープ表面に浮いた良質な鶏油がスープの印象の大半を決めているという印象です。
表面に油が多い序盤は、鶏の豊潤な香りが口の中に広がり、徐々にタレの旨みと鶏が半々になってくる変化が実に絶妙です。

鶏チャーシューも出来が良く、肉の旨みがたっぷりと残りとても美味しかったです。

あっさり系の淡麗ラーメンを出すお店では、色々な味を複雑に折り重ねる事で重層的な美味しさを出すお店や、素材の味をストレートに感じさせる事で印象的に仕上げるお店などがありますが、こちらのお店は後者にあたり、直球勝負の美味しさを堪能出来ます。
県内で鶏系の美味しいラーメン屋さんを聞かれたら、真っ先にこちらのお店の名前を挙げますね手(パー)



あっさり鶏つけそば

syoki_201501_4.jpg

syoki_201501_5.jpg


つけダレは熱めの油が浮き、熱々で刺激的です。
醤油押しではなく、甘みや酸味、その他もう一味も加わっていたでしょうか。

歯応えの強い麺は美味しいですね。
連食予定だったの1玉に減らしましたが、近場であれば大盛りにしてたくさん食べたい位の美味しい麺です。


濃厚ラーメンは食べられませんでしたが、美味しいしおそばを食べれれたので満足ですぴかぴか(新しい)


麺の風 祥気の詳細
posted by BBSHIN at 07:57| Comment(0) | 長岡市

2015年01月20日

らーめん 七那

長岡市、前川駅近くにある「らーめん 七那」へと行ってきました。

nana_1.jpg


店内は広く、開放感があるつくりとなっています。

注文したのは普通の「ラーメン」です。

nana_2.jpg

nana_3.jpg


あっさりとした濃い目の醤油味のスープで、生姜が効きスッキリとした飲み口です。

麺はツルモチの縮れ中細麺でした。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ネギがのっていました。
チャーシューは柔らかく、味が良くしみていて美味しかったですね。



坦々麺

nana_4.jpg


たっぷりのゴマ風味のあっさりスープです。
辛味はほどほどで、飲みやすかったです。

白髪ネギの上にレモン、そしてカイワレ、糸唐辛子の盛り付けがとても綺麗でした。


ラーメンタレも置いてあります。

nana_5.jpg


2杯とも奇をてらう事のない正統派なあっさり味です。
何度食べても飽きる事のなさそうな美味しいラーメンでしたるんるん


らーめん 七那の詳細
posted by BBSHIN at 07:43| Comment(0) | 長岡市

2015年01月17日

長岡豚骨 一

長岡市の宮内駅から車で5分位のところにオープンした「長岡豚骨 一」へと行ってみました。

hajime_nagaoka_1.jpg


はじめラーメン

hajime_nagaoka_2.jpg

hajime_nagaoka_3.jpg


店名に「豚骨」とある事で、低加水ストレート細麺の九州系をイメージしていましたが、家系豚骨醤油に似た一杯かなと思います。
醤油が際立つ訳ではありませんが、動物系スープと油の感じが良く似ています。

注文方法も味の濃さ、油の量、麺のかたさなどが選べたりと、やはりそちら系統のお店なのかなと思いました。

麺は中太麺でした。

トッピングされたチャーシューも良い出来ですぴかぴか(新しい)

スープと麺のバランスも良く、全体的に美味しい一杯でしたグッド(上向き矢印)


テーブル調味料

hajime_nagaoka_5.jpg


おろし生姜やニンニクではなく、紅生姜とトウバンジャンが置いてありました。

スープに豆板醤を溶かすと、味の変化を楽しめて良かったですね。

有料トッピングですが、にんにくなどを入れても面白いかもしれません。



マイルドみそ

hajime_nagaoka_4.jpg


背油の追加が可能なのと、麺の固さや油量以外にネギの量も選択可能だったので、背油追加とネギ増しにしてもらいました。

強めの味噌風味に濃厚スープがぶつかり合いながらも、品名の通りマイルドに仕上がった味噌ラーメンです。


2杯とも美味しく、他にも生姜豚骨やご飯物などのメニューもあったので、色々と楽しめるお店かなと思いました。
麺も太めで、濃厚豚骨なので、つけ麺もきっと美味しいのではないかなと思います。

夜遅くまでやってるのも良いですねぴかぴか(新しい)


長岡豚骨 一の詳細
posted by BBSHIN at 07:45| Comment(0) | 長岡市

2014年12月28日

青島食堂 宮内店

長岡市にある「青島食堂 宮内店」へと行ってきました。

aoshima_miyauti2_1.jpg


場所は曲新町店の向かいにあります。

aoshima_miyauti2_5.jpg

普通ここまで近くにもう一店とかはなかなか無いので、同じ名前のお店が向い合せになってる光景はとても珍しいものでした。


注文したのは通常の青島ラーメンです。

aoshima_miyauti2_3.jpg

aoshima_miyauti2_4.jpg

生姜が強く効き、あっさりで濃いめの醤油味のスープ、麺はツルツルでモッチリとした中位の太さの麺です。

味の良く染みたチャーシュー、海苔、ほうれん草、ナルトがのっていました。


粒胡椒が置いてあります。

aoshima_miyauti2_2.jpg


定番中の定番の長岡生姜醤油は、何度食べても飽きない味で、とても美味しいです。
たまに食べたくなるんですよねぴかぴか(新しい)

県外のラーメン関係の方と話をしても、新潟の青島は評判が高いと感じます。
長岡が誇るべき地元の味ですね手(パー)


青島食堂 宮内店の詳細
posted by BBSHIN at 01:48| Comment(0) | 長岡市

2014年12月26日

天弓

長岡市に10月にオープンした「天弓」へと行ってきました。

tenkyu_1.jpg


場所は7月に移転オープンした麺や真登の跡地です。


注文したのは、坦々麺です。

tenkyu_2.jpg

tenkyu_3.jpg


かなり辛そうな見た目ですが、そこまでは辛くはなく食べやすいですね。
もっと辛いものが好きな方は「中辛」「大辛」を選んでも良いでしょう手(パー)
辛味の下のスープは、比較的アッサリめだったかなと思います。

麺は中細縮れ麺でした。

トッピングとしては、甘く味付けられた挽肉、水菜、ネギ、レタスなどがのっています。
ザーサイなども入っていたかと思います。


刻みネギが入れ放題となっています。

tenkyu_4.jpg


続いて、数量限定という「牛骨牛肉白湯麺」を注文してみました。

tenkyu_5.jpg

tenkyu_6.jpg


スープは軽く白濁したライト牛骨白湯で、独特の味わいですね。
白湯といっても、濁り始め位の乳化度で、飲みやすいですぴかぴか(新しい)
以前、自宅で牛骨白湯を試した時、濃厚豚骨位まで持っていこうと頑張ってみたところ、くどくてとても飲めない様な味のスープが出来てしまいましたが、この位サラリとしていて美味しいスープを飲むと、自分の方向性が間違っていたと感じます。
こちらのお店のスープは、決して一口飲んで「これは!」という感じではないですが、サラっとシンプルに旨い味わいとなっていますわーい(嬉しい顔)

麺はツルツルのタイプで、恐らくはタンタンメンとは別のものだと思います。
加水高めのシンプルな中華麺かなと。

トッピングとして甘く煮込まれた牛肉がのっています。
味が良く染み込み、トロと柔らかくとても美味しいです手(チョキ)
コラーゲン質が多く、牛スネとかでしょうか?
舌触りがとても良いですねグッド(上向き矢印)


お願いすると割りスープがもらえます。

tenkyu_7.jpg


味が濃いと感じた方はお願いすると良いでしょう。

トッピングなどに手間がかかっており、スープはシンプルながらも飲みやすく美味しいです。
限定メニューなどもやってる様なので、今後が楽しみなお店ですねるんるん


天弓の詳細
posted by BBSHIN at 23:29| Comment(0) | 長岡市

手打ちラーメン 万太郎 長岡店

長岡市にある「手打ちラーメン 万太郎 長岡店」へと行ってきました。

mantarou_nagaoka_1.jpg


こちらのお店は十日町市にある万太郎の支店となります。


注文したのは定番の「正油ラーメン」です。

mantarou_nagaoka_2.jpg

mantarou_nagaoka_3.jpg


背脂が浮き、醤油風味の強いスープですぴかぴか(新しい)
煮干も効かせてある様ですね。

麺はツルツルモッチリの太麺です。
メニューの説明によると、日本で唯一といわれる杵打ち製法で作られた自家製麺とのこと。

チャーシューは妻有ポークを使用しているらしいです。
妻有ポークは新潟市でも売ってるのを見かけ、自作チャーシューに使用してみると、他の肉を使った時と比べ美味しいチャーシューが出来るので気に入っています。



火焔タンタンメン

mantarou_nagaoka_4.jpg


「十日町火焔タンタンメン」として、十日町市の各店で発売していますが、長岡市のお店でも提供しているのですね。

辛味の強いラー油が浮き、エリンギや挽肉などの食感が良いですね。
ニンジンも入っていますが、恐らく雪下ニンジンでしょうか。

器は、十日町の赤土を原料として作られた火焔模様の妻有焼きとのこと。
妻有焼陶芸センターで製造されているそうです。


手打ちラーメン 万太郎 長岡店の詳細
posted by BBSHIN at 01:36| Comment(0) | 長岡市

2014年12月11日

らあめん天山 長岡店への投稿情報

女子高生さんより、長岡市の「らあめん天山 長岡店」への投稿情報を頂きました。

らあめん天山 長岡店への投稿情報


皆様からのラーメン情報お待ちしております!
posted by BBSHIN at 20:55| Comment(0) | 長岡市

2014年10月05日

らーめん食堂 あしょろ 三条小麦を使った肉盛りラーメン(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

長岡市、長岡インター近くにある「らーめん食堂 あしょろ」へと行ってきました。

asyoro_201410_1.jpg


こちらのお店は過去にもラーメンバトルに参加した事があり、

ブラックカレーつけ麺(2011年)

スパイシーブラックつけ麺(2012年)

など、「スープが冷めやすい」というつけ麺特有の弱点を熱々の石焼の器を用いる事で、麺の食感と熱いつけダレの美味しさの2つを両立するバトルラーメンを提供していました。

そんな、あしょろが放つバトルラーメンはコチラ

三条小麦を使った肉盛りラーメン

asyoro_201410_2.jpg

asyoro_201410_3.jpg


以前の2杯のバトルラーメンとは全く異なる趣向の一杯です。

濃い醤油味のスープは、あっさり味で、そこそこしょっぱめながらも、見た目程のしょっぱさありません。
序盤は醤油の味しか分かりませんでしたが、食べ進めていくと、甘味と何らかの出汁感を感じる様になりました。カットインを見たところ煮干しによるものなのかなと思います。
スープでチャーシューを煮ており肉の旨味も入っているらしく、恐らく、醤油ダレもチャーシューを漬けたタレではないでしょうか?
「これぞ基本の醤油ラーメン」というシンプルな作り方の一杯かなと思われます。

麺には三条小麦を使っているらしく、濃い醤油風味のスープがたっぷりと絡みつきます。
ツルモチ系の弾力ある麺とはまた違った、固めの食感が特徴的な麺です。

テーマである肉ですが、写真を見ても分かるとおり、たっぷりの柔らかく味の良く染み込んだ豚バラチャーシューがのっています。
今までのバトルでは、独特の味わいのつけ麺で勝負してきましたが、今回はシンプルなチャーシューメンで参戦してきたという印象です。

何度か「シンプルなラーメン」と表現しましたが、今回の様な強い風味を活かした醤油スープを提供しているお店は新潟ではあまりお目にかかった事はないので、そういう意味では珍しいバランスの一杯かなと思います。
この機会に一度試してみてはいかがでしょうか手(パー)

価格も700円と今バトル最安値となっていますひらめき


ラーメン類にはライスが無料でついてきます。

asyoro_201410_4.jpg


しょっぱい醤油スープとライスが良く合います手(チョキ)


もう一品は「黒みそラーメン」を注文しました。

asyoro_201410_5.jpg

asyoro_201410_6.jpg


真っ黒なスープが印象的ですねぴかぴか(新しい)

飲んでみると、山椒の痺れる様な辛味と香りが口の中に広がります。
ラー油も少し浮いていたりと、かなり辛そうに見えますが、そこまでの辛さはなく、むしろ旨味が先行するスープです。

辛味がありつつも、トロトロとクリーミーな仕上がりで、まろやかさもあります。

店員さんに何で黒いのかを聞いてみたところ、味噌にイカスミなどが混ぜ込まれているとか?
(↑ 後日お店に確認したところ、イカスミは店員さんの勘違いとのことでした)

ツルモチの中太麺にはスープがたっぷりと絡みついてきまするんるん

ライスとスープの相性も抜群でしたグッド(上向き矢印)

初めて食べる黒味噌ラーメンは、大満足の美味しさでした手(チョキ)


しかし、「初めて食べた」と感じつつも、記憶の奥底から「1度か2度、これと似た味を体験した事がある??」という思いが湧き上がってきました。

お店を出てから帰宅中もモヤモヤとしながら思い出せずにいたのですが、この記事を書く中で、過去記事を眺めていたところ、前述のスパイシーブラックつけ麺で経験した事がある味だったと思い出しましたひらめき

当時は、今ほど辛いものへの慣れもなく、山椒の痺れる様な辛さが強烈で、なおかつ石焼で熱々の状態だった事もあり辛さを更に強く感じ、辛さ以外の部分に目を配る余裕は無かった様な記憶があります。

黒味噌ラーメンはやはりがある人気らしく、コレだけを何度も食べにくるお客さんもいるとか?
人気があるのも納得の一杯だと思いますぴかぴか(新しい)


食後はジャスミン茶が無料サービスとなっています。

asyoro_201410_7.jpg


口の中がサッパリとして良いですね手(パー)
とても嬉しいサービスでするんるん


らーめん食堂 あしょろの三条小麦を使った肉盛りラーメンについて


らーめん食堂 あしょろの詳細
posted by BBSHIN at 00:56| Comment(0) | 長岡市

2014年10月04日

らぁ麺 武者気 豚バラ × 豚モツ辛つけ麺(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

長岡市にある「らぁ麺 武者気」へと行ってきました。

mujaki_201410_1.jpg


コチラのお店に行くのは今回で2度目です。
前回行った際には、魚介の効いた醤油ラーメンと辛味噌ラーメンが美味しかった記憶があります。

前回らぁ麺 武者気に行った際の記事

当時は大盛り100円でしたが、10円のサービス価格に変更されていました

地元の人々にも人気が出ているらしく、この日は満席で店内の待合スペースにも多くの人が待っていました。

途中でメニューを配ってもらえるので、特に待たされている感じはありません手(パー)
店員さん達も元気良く動いており、お店自体から活気を感じます。


そんな長岡の人気店「らぁ麺 武者気」のバトルラーメンはコチラ

豚バラ × 豚モツ辛つけ麺

mujaki_201410_2.jpg


麺は「あつもり」と「ひやもり」があり、店員さんがお勧めは「ひやもり」と言っていました。
元々「ひやもり」にしようと思ってはいましたが、お勧め通り「ひやもり」を頂くことに。

mujaki_201410_3.jpg


パっと見、真っ赤なスープと、たっぷりと盛りつけられた「肉」が特徴的です。

ストレートに辛さが伝わるスープに、肉や麺をひたして食べると、それぞれに辛さが移り、食欲をかきたててくれますぴかぴか(新しい)

麺は歯応えの良い太麺でした。

定番のチャーシューの他、味付けられた豚バラ肉、豚モツと3種の「肉」がのり、ボリューム満点で食べ応え抜群、かつ、辛く印象的なつけダレもあってか最後まで飽きる事はありません手(チョキ)


お願いすると割りスープをもらえます

mujaki_201410_4.jpg

まずは薄めずに割りスープを単独で飲んでみると、エグくないレベルでしっかりと味が出ている魚介スープでした。

「辛つけ麺のスープが辛過ぎる」
という人は序盤からお好みの辛さまで薄めて食べると良いかなと思います。
私は特に問題なかったので、麺を少し残し普通の辛さで食べた後、最後の一口を割りスープで薄めてから食べてみましたが、食べやすくまた、美味しく頂く事が出来ました。

こういう辛さが前面に出たスープの場合、特に「割りスープを混ぜた事により動物系が薄まりボディが弱くなる」といった様な心配をする必要はなく、お好みの辛さに調節をする事で無理なく美味しく頂く事が出来るのかなと思います。

刺激的で美味しいつけ麺でした手(チョキ)


以前から気になっていた「武者気RED」を注文してみました。

mujaki_201410_5.jpg

mujaki_201410_6.jpg


もの凄く辛そうに見えますねあせあせ(飛び散る汗)

しかし実際飲んでみると、見た目程の辛さはなく、飲みやすいスープだという印象です。

今回のつけ麺の方が辛かったかな?
辛さがダイレクトに伝わるつけ麺に比べ、こちらはスープに酸味があり、独特の飲み心地になっているという印象です。
白菜、ニラ、にんじん、きくらげ、ネギなどが入っており、スープには唐辛子が浮き、酸味もあるので、若干キムチと似た雰囲気を出しています。

独特の味わいを持つ一杯でしたひらめき


らぁ麺 武者気の豚バラ × 豚モツ辛つけ麺について


らぁ麺 武者気の詳細
posted by BBSHIN at 20:53| Comment(0) | 長岡市

2014年09月29日

肉拉麺SEN 長岡古正寺店 淡麗牛醤油ラーメン 〜国産ウシジマくん〜(新潟ラーメンバトル2014)

新潟ラーメンバトル2014

長岡市の「肉拉麺SEN 長岡古正寺店」へと行ってきました。

sen_kosyouji_201409_1.jpg


こちらのお店、今回が参加4度目となるバトル常連店で、過去には

SENのつけ麺 秋味(2011年)

SENのしょうが焼き味噌らーめん(2012年)

和風しゃぶボナーラ(2013年)

と、毎回創作性の高いバトルラーメンを提供しており、今回も楽しみにしていました。

そんな「SEN」が送り出す一杯はコチラ

淡麗牛醤油ラーメン 〜国産ウシジマくん〜

sen_kosyouji_201409_2.jpg

sen_kosyouji_201409_3.jpg


時折限定麺で提供するお店はあるものの新潟ではなかなか定着する事がない「牛」をテーマにした一杯となっています。

トッピングとして、ローストビーフ、牛しゃぶ、牛肉のしぐれ煮がのっており、それぞれの食感、味の違いを楽しむ事が出来ますぴかぴか(新しい)

また、スープには牛骨が使われているらしく、確かに牛から取ったと思われる旨味を感じるスープで、しぐれ煮がのっている事もあってか、和のテイストも感じました。

麺は弾力のある中細のストレート麺です。
あっさり系の醤油スープとは対照的に、麺自体が存在感を放ち、独特のバランス感となっていると思いました。

私自信、ラーメンでこの系統のラーメンは2,3度しか食べた事が無いので、新潟ではなかなか珍しい味だと感じました。
是非この機会にお試し下さいひらめき


テーブル備え付けの調味料等(黒七味、おろし生姜、たぬき(揚げ玉))で味の変化を楽しんでもオッケーです手(パー)

sen_kosyouji_201409_4.jpg


SENの塩ラーメン

sen_kosyouji_201409_5.jpg


あっさり系の塩味のスープに油が程よく浮いています。

チャーシュー、玉ねぎ、岩のり、ネギ、ナルト、メンマと盛り付けも豪華ですね。

スープ、もしくは、油からは恐らく豚と思われる動物の香りが漂い、それをまとめる様に、塩ダレには強い旨味が加えられ、バランスが保たれていると感じます。

シンプルですが、トータルバランスが良く美味しい一杯だと思いまするんるん


肉拉麺SEN 長岡古正寺店の淡麗牛醤油ラーメン 〜国産ウシジマくん〜について


肉拉麺SEN 長岡古正寺店の詳細
posted by BBSHIN at 00:36| Comment(0) | 長岡市

2014年09月13日

四川料理 喜京屋

長岡市近くにある「四川料理 喜京屋」へと行ってきました。

kikyouya_1.jpg


駐車場は交差点の斜め向かいに2台分あり、また、空いていない場合は長岡駅側にある有料駐車場に停めると食事金額によって駐車券をくれる様です。

kikyouya_2.jpg


お昼時を外した事もあってか駐車場は空いていました。

kikyouya_3.jpg


4台の駐車場の手前2台の場所に停め、お店に入る時にレジのところに鍵を預ける様です。

kikyouya_4.jpg


メニューにあるお店紹介文を読むと、こちらのお店は明治28年創業の歴史あるお店で、元々は天ぷら屋さんだったらしく、現在の4代目店主が四川飯店創設者の陳建民氏に弟子入りし、喜京屋を四川中華料理のお店にしたそうです。
5代目も喜京屋を継ぐ為、陳建一氏に弟子入りし、7年間修行してきたとのこと。

かなりたくさんのメニューが揃っていますが、「陳麻婆豆腐」と名づけられて麻婆豆腐が人気とのこと。
マーボーメンは汁有りと汁無しがありましたが、汁無しの方を選択しました。

汁なしマーボー麺

kikyouya_5.jpg

kikyouya_6.jpg


山椒が効きシビれる辛さが特徴的です。
豆板醤やラー油も含め、なかなかの辛さですねあせあせ(飛び散る汗)

麻婆豆腐はトロみというより、固めな仕上がりで、甜麺醤か何かは分かりませんが、若干の甘味もあったでしょうか。

美味しい麻婆麺でしたるんるん


海老ラーメン

kikyouya_7.jpg

kikyouya_8.jpg


あっさり塩味で、旨味の強いスープです。
海老、ブロッコリー、かぼちゃ、白菜、チンゲン菜、ニンジン、タケノコ、マッシュルーム、玉ねぎ、ねぎ等、具沢山な一杯でした。


四川料理 喜京屋の詳細
posted by BBSHIN at 11:40| Comment(0) | 長岡市

2014年09月12日

麺香房 ぶしや つけ麺専門店にリニューアル

長岡市の人気店「麺香房 ぶしや」へと行ってきました。

bushiya_tukemen_1.jpg


今年の2月につけ麺専門店としてリニューアルオープンしていた様です。

リニューアル前も行列を作る人気店でしたが、この日も10人位が並んでいました。


つけ麺

bushiya_tukemen_2.jpg

bushiya_tukemen_3.jpg


魚介風味が強く効いたつけダレですぴかぴか(新しい)
魚介素材としては、宗田節、厚削り節、鳥取産煮干を使っているそうです。

魚粉もプラスされ、油が多めに浮いており、醤油ダレの印象も強いですね。

麺はツルツルモチモチの自家製麺です。
寝かせないで、その日に作った打ちたての麺を使っているとか?
つけ麺にしては、比較的細めですが、歯応えが良い麺だという印象です。
表面の質感からスープがそれ程馴染まなそうに見えましたが、強い魚介風味と油が麺にまとわりつくので、想像よりも麺にスープが絡んできます。



油そば(小盛)

bushiya_tukemen_4.jpg

bushiya_tukemen_5.jpg


丼の底にタレがあり、麺や具を混ぜながら食べます。
タレは比較的、しょっぱめで油が多めだったと思います。

写真を見ても分かる通り、味の強いタレが麺にたっぷりと絡みついてきます。


テーブル備え付けの調味料

bushiya_tukemen_6.jpg


酢、ゴマ、ハバネロ、胡椒、ラーメンタレが置いてあるので、油そばの味の変化に用いると良いでしょう手(パー)

タレを少し味見してみましたが、強い醤油味の中でも分かる程の魚介風味が効いていました。


割りスープは日替わりで提供している様です。

この日はかつおとタイでした。

bushiya_tukemen_7.jpg


左がカツオ、右がタイ

bushiya_tukemen_8.jpg


カツオは想像通りの味でしたが、タイがかなりおいしかったです。
魚介素材に含まれる塩分もあり、そのまま飲んでも魚介スープとして美味しく頂けましたるんるん

間違ってたら恥ずかしい話ですが、タイの割りスープは恐らく小鯛干しから取った出汁かなと。
以前、自宅で鯛スープを自作した時に試してみたのと良く似た味で、こちらの方が断然濃い出汁が出つつも、生臭さがほとんどありませんでした。やはりプロは違いますね手(パー)

しかし、それ程強い鯛出汁も、つけ麺のつけダレと合わせると、ほぼ判別出来なくなってしまいます。
レンゲ内で比率を変え、何度か合わせてみましたが、つけダレ1:3鯛出汁、位の比率でないと鯛の主張は埋もれてしまいます。
それだけ繊細な出汁なのかなと感じました。


しかし、割りスープを2種類、しかも日替わりで提供しているというのは素晴らしい事ですね手(チョキ)


麺香房 ぶしやの詳細
posted by BBSHIN at 19:07| Comment(0) | 長岡市

2014年09月07日

越後長岡生姜醤油ラーメン いちまる

長岡駅すぐ近くにある「いちまる」へと行ってきました。

ichimaru_1.jpg


場所は以前、フランス料理風ラーメンを提供していたプラ・ドゥ・コート跡地です。

ちなみに、こちらのお店、みずさわ吉田店関係の方がオープンさせたお店の様です。
ポスターには
「ラーメン激戦区 燕三条に北長岡みずさわ総本店の暖簾分けで勝負に挑み、燕で培った腕を活かし、ラーメン居酒屋いちまるを従え地元長岡に舞い戻り、腕を振るう」
と書いてあります。

という事で、まずは普通のラーメンを注文しました。

ラーメン

ichimaru_2.jpg

ichimaru_3.jpg


生姜醤油スープは、あっさりで醤油が強めに効いており、生姜風味がしっかりとします。
麺は中細と細の間位の太さで、このタイプにしては細めだという印象です。

チャーシューは、かなり濃い味が染みており、不揃いにブツ切りになっていました。
色の濃い端の部分だけのかけらは、特に味が濃かったです。

正統派の美味しい長岡生姜醤油ラーメンでした手(パー)


濃厚野菜味噌

ichimaru_4.jpg

ichimaru_5.jpg


風味の強い味噌味で、背油が浮きコクと甘味があり、そして、野菜の甘味などが特徴的なスープでした。
麺はツルツルモチモチ太麺です。


餃子

ichimaru_6.jpg


越後長岡生姜醤油ラーメン いちまるの詳細
posted by BBSHIN at 14:01| Comment(0) | 長岡市