2013年04月09日

博多拉麺 KAZU

博多豚骨ラーメンのお店として雑誌で良く紹介されている柏崎市の「博多拉麺 KAZU」へと行ってきました!

hakata_kazu_1.jpg


麺は細麺、太麺が選択可能だったので、両方を試してみる事に。

まずは、一番シンプルな「特とんらぁ麺」を細麺で注文です。

hakata_kazu_2.jpg

hakata_kazu_3.jpg


クリーミーな豚骨スープは、臭みがなく食べやすいですぴかぴか(新しい)

豚骨ラーメンならではの極細麺は、スープとの馴染みが良いですグッド(上向き矢印)

チャーシューは肉厚で歯応えがあり、濃い目の味付けとなっていました。

キクラゲ、ネギなどの具も「いかにも」という感じがして良かったです手(パー)


ちょっと前に九州に行って豚骨ラーメンを何軒か食べてきましたが、昔ながらのお店というよりは、比較的食べやすい人気店の味に似ていて、その辺りのお店よりも更に食べやすく臭みを処理していると感じましたひらめき

新潟の豚骨ラーメンの中で、上位にくいこんでくるレベルだと思いますわーい(嬉しい顔)


辛とんらぁ麺(太麺)

hakata_kazu_4.jpg

hakata_kazu_5.jpg


メニューには「KAZU流担々麺」と書いてありましたが、「辛味噌豚骨ラーメン」というタイトルが合いそうな一杯でした。

豚骨スープに、辛味噌を少しずつ溶かしながら食べると、徐々に味の変化を楽しむ事が出来まするんるん

モチモチ太麺と豚骨スープの組み合わせは絶妙でした手(チョキ)
醤油使って鶏油入れれば家系みたいな感じになりそうです。
チャーシューも若干そっち系でしたし。

飲みやすいスープに仕上げたり、メニューにモチモチ太麺を加えたりと、博多ラーメンを新潟県民に受け入れやすい形で紹介してくれてる良いお店だなと感じましたひらめき


博多拉麺 KAZUの詳細
posted by BBSHIN at 19:40| Comment(0) | 柏崎市

2013年04月07日

麺場 風雷房

柏崎市にある「麺場 風雷房」へと行ってきました。

furaibou_1.jpg


店内は満席で7〜8人の行列が出来ていました。
かなりの人気店だという噂は聞いていましたが、本当らしいですね。

ちなみに、お店の前に貼り紙がしてありましたが、現在は夜の営業をしていないらしく、いずれ夜営業も再開させたい的な事が書いてありました。


店内には小麦粉の袋が置いてあり、自家製麺だという事を伺わせます。

全粒粉、傾奇者

furaibou_2.jpg


カウンターの上には工事用のスクリューが置いてあります。

furaibou_3.jpg


お店の人に質問すると、白湯スープ作りのかくはんに使用しているとの事です。
この手法はラーメン漫画の「ラーメン発見伝」に載っていて、自分でも試してみたいと思っていましたが、実際に実践しているお店もあるのですね。
今度見せてもらいたいものです手(パー)


飲み物は水ではなく、ジャスミン茶とウーロン茶のブレンドらしいです。

furaibou_4.jpg


淡麗、濃厚のスープに、醤油、塩、味噌とあり、迷いましたが、濃厚醤油と淡麗塩にすることに


まずやってきたのは「濃厚醤油らーめん」です。

furaibou_7.jpg

furaibou_8.jpg


鶏白湯スープらしいですが、醤油ダレ、香味油等、それぞれが主張していて、食べた事が無いタイプの味でした。

麺はツルツルの自家製中麺です。
スープの持ち上げはそこそこの麺ですが、複雑な味わいのスープは少量絡むだけで十分だと感じさせますぴかぴか(新しい)

焦がしタマネギ等の香味油が良い仕事をしていました手(パー)



淡麗しおらーめん

furaibou_5.jpg

furaibou_6.jpg


あっさり、スッキリしたスープですが、深い味わいを感じます。
濃厚同様、油の使い方がとても上手いという印象です。

麺は、濃厚と同じらしく、スープの絡みを考えるとあっさりスープには合わないのではと予想していましたが、私の予想は見事に裏切られました。
スープがそれ程馴染まないタイプの麺ですが、香味油やスープとの相性はバッチリですグッド(上向き矢印)

濃厚、淡麗ともにおろし生姜がのっていましたが、淡麗の方は生姜が溶けると劇的に味が変化します。
あまり溶かさない様に食べながら終盤味を変えて食べる、というやり方もありでしょう。

とても良いお店でした手(チョキ)


麺場 風雷房の詳細
posted by BBSHIN at 19:11| Comment(0) | 柏崎市

2012年10月08日

ドカメン 濃厚えびみそつけ麺(新潟ラーメンバトル2012)

新潟ラーメンバトル2012

11軒目のお店は柏崎市の「ドカメン」です。

dokamen_1.jpg


こちらのお店は潤の系列店らしく、小豚らぁめんや背脂中華などのメニューが並びます。
店名の通り、ガッツリ、そしてドカっと盛りの良いラーメンが売りのお店みたいですねひらめき

そのお得感からか、週末のお昼は満席で店内で3〜4組が待つ程の人気っぷりですあせあせ(飛び散る汗)
人で溢れかえる店内では、若さ溢れる店員さん達が元気良く頑張っていましたダッシュ(走り出すさま)


バトルラーメンはこちら

「濃厚えびみそつけ麺」(大盛り)

dokamen_2.jpg

dokamen_3.jpg


私が注文時にミスを犯してしまい、うっかり「大盛り」にしてしまいましたたらーっ(汗)
並盛りは300g、大盛りはなんと400gもあるとのことです爆弾

力強い太麺をつけダレにくぐらせると、濃厚でとろみのあるスープがめちゃくちゃ絡みついてきます。
つけダレからはエビの風味がたっぷりひらめき

そして麺にのった窯焼きチャーシューとやらが、これまた旨いグッド(上向き矢印)


麺の量がハンパなかったですが、とりあえず麺は完食です手(グー)

dokamen_4.jpg


ドカメンがドカメンたる所以をしっかりと肌で、、

いや、胃で感じる事が出来ました(^_^;)



同行者が食べた「小豚らぁめん」

dokamen_5.jpg


上にのってるニンニクは注文時にお願いするとのせてくれます。

しかし、こっちも盛りが良いですね〜
麺は普通盛りですが、こちらも大盛り無料だとか?


体育会系のお兄さん達にぜひ食べに行ってもらいたいお店です手(パー)
そういうえば、お客さんの中にはゴツイ方々がチラホラと、、
でも、普通に家族連れとかもいましたね。
背脂中華そば、タンメン、定食なんかも揃ってるので、色々な客層の支持を集めているのでしょう。


濃厚えびみそつけ麺についてはこちら


ドカメンの詳細
posted by BBSHIN at 00:09| Comment(2) | 柏崎市

2011年05月05日

麺の家 渚 ビッグウェーブ肉まし

柏崎ラーメン遠征、今回は今までの遠征みたいに5,6軒と無理はせずに、2軒でやめておくことにしました。
ラーメンを「美味しい」と感じれるのは1日2,3軒が限度かなと思いましてあせあせ(飛び散る汗)


そしてやってきました。

「麺の家 渚」

ですダッシュ(走り出すさま)

以前も行った事があるお店ですが、移転後は一度も行ってなかったので行ってみたいと思っていました。

nagisa2_1.jpg



店内には渚の店主さんの「麦とホップ」のポスターが貼ってあります。

nagisa2_2.jpg



背脂つけめんを始めたということで気になってはいましたが、注文したのは「ビッグウェーブ肉まし」です。

nagisa2_3.jpg

nagisa2_4.jpg


ニンニクたっぷりで結構強烈ですあせあせ(飛び散る汗)

スープ自体はニンニクさえ混ざらなければ意外とさっぱりしてるのかなと思いました。


「肉まし」というだけあってかなりボリュームがありますね手(パー)
「野菜まし」って出来るんですかね??
どちらかというと、大食い的にはそっちの方が得意分野です。

チャーシューもでかいですが、写真の奥にある赤っぽい味付けられたやつが珍しい味です。
ゼラチン質たっぷりで脂身と肉が混ざってるというか。
良く分からなかったので紹介文には「ナンコツ」と書いておきましたが、間違ってたらご指摘下さい手(パー)


この日、2杯目のラーメンでしたが美味しく頂くことが出来ました手(チョキ)


味噌ラーメン

nagisa2_5.jpg


麺は見た目からスープをあまり吸わないのかと思いましたが、終盤結構スープを吸って麺自体に味がついてきます。
塩分濃度が高いと、スープを吸いやすいのでしょうか?
「浸透圧」ってやつだったかな??
化学を少し学んでたはずなのに忘れてしまいましたたらーっ(汗)



麺の家 渚の詳細
posted by BBSHIN at 14:28| Comment(0) | 柏崎市

春紀

柏崎遠征に行ってきました。

選んだお店は「春紀」ですひらめき

柏崎インターから車で30分位のところにあります。


お店に着くと、外に行列が出来てます。

haruki_1.jpg


入り口は2つあります。

haruki_2.jpg

haruki_3.jpg


のれんがある方がカウンターで4席、小さめの厨房でご主人がラーメンを作っています。

民家の玄関みたいな方が座敷席で12席です。


この2つの席は中で繋がってないので、食べ終わったお客さんが出てきた方に出てきた人数分だけ次の人達が入っていくという形になります。
大繁盛で店員さんがかなり忙しそうな事もあり、自然と客側が振り分けて入っていました。


私は4席のカウンター側に入る事になりました。

注文したのは普通のラーメンです。

haruki_4.jpg

haruki_6.jpg


こりゃハイレベルですねるんるん

もう少ししょっぱい方が好みかなとも思いましたが、とても旨いでするんるん


具のチャーシュー・味玉も良い味出てますわーい(嬉しい顔)



塩ラーメン

haruki_5.jpg


揚げた小海老が入っていて、スープに少しずつ味を与えていきます。

醬油も美味しかったですが、こっちの方がより好きな味でしたねぴかぴか(新しい)


ちなみにカウンターに座れたのはラッキーでした。

ラーメンを作ってるところが見れた事と、仕事の合間をぬって店主さんと少しお話する事が出来たのは良かったです手(チョキ)

こちらの店主さん、調理する仕草が凄く綺麗で、芸術家っぽい雰囲気出てますぴかぴか(新しい)


ついでに名刺をもらったので、閉店後にお電話して少しお話を聞いたり出来て良かったですぴかぴか(新しい)




春紀(パソコン)

春紀(携帯)



食後にすぐ近くにある「月湯女荘」というところでお風呂に入ることにしました。

tsukiyumesou_1.jpg


こちらは残念ながら温泉ではなく沸かし湯ということですが、雰囲気が良く料理も美味しそうです。

お風呂はこんな感じです。

tsukiyumesou_4.jpg


お風呂には1人先客がいて、入浴中ずっとしゃべってましたいい気分(温泉)

その方は関東出身の方で、早期リタイヤし、第二の人生を送る場所としてこの地を選び、細々と暮らしているとか。
なんでも年間60回の登山をしてるそうで、
「年金じゃ足りない」
「あとは余生を自分なりに楽しんでく位だ」
とボヤいていました(^_^;)

私が

「素晴らしい人生じゃないですかひらめき

と言うと、その方は

「君も色んな物を捨てれば出来るよぴかぴか(新しい)

と返してきました。


う〜ん。。

なかなか深い言葉だたらーっ(汗)


でも、私にはまだ早いかなあせあせ(飛び散る汗)

ラーメン食べ歩き・温泉巡り・音楽・サッカー観戦・登山とか楽しい事ばっかりやって生きていけたら最高ですが、やっぱり生きてく為にはお金って必要ですしね(^_^;)

でも、色んなお話が聞けてよかったです手(パー)


入浴後、次の目的地「麺の家 渚」へと向かいましたダッシュ(走り出すさま)
posted by BBSHIN at 00:54| Comment(0) | 柏崎市

2010年05月05日

麺の家 渚

そばよしで食べた後、せっかく柏崎にきたのでもう1軒気になっていた「麺の家渚」に行くことにしました。
麺の家渚は先日の人気投票で4位になったお店です。

nagisa_1.jpg


コメントからビッグウェーブというラーメンが美味しいとあったので注文することにしました。
(チャーシューメンを食べたばかりだったので、噂の「肉増し」にはトライ出来ませんでした)

nagisa_2.jpg

nagisa_3.jpg


巨大な厚切りチャーシュー、たっぷりのもやしなどボリュームたっぷりです。
スープにはニンニクが入っていて香ばしいですね。

普通でもかなりのボリュームでしたが、麺大盛り(無料)、肉増しにしたら凄いことになりますね(^_^;)
総重量は1キロを超えるとか??



ラーメン

nagisa_4.jpg


スープの見た目はビッグウェーブと同じですが、大きな差はニンニクが入っていないことですね。
それだけでスープの味は全然違います。

元はビッグウェーブも同じなのかもしれませんが、こっちを食べると魚介ダシが強かったことに気付きます。
背油、玉ねぎ入りで燕三条系に近い味です。
こっちも美味しいですね。


「救護施設かしわ荘」という施設にボランティアでラーメンをふるまったことへのお礼の寄せ書きが壁に貼ってあります。

nagisa_5.jpg



とあるラーメン親父達は最近こういう活動もやってるみたいですね。
とても素晴らしい話ですグッド(上向き矢印)

今後も頑張って欲しいですねぴかぴか(新しい)



麺の家渚についてはこちら
posted by BBSHIN at 13:15| Comment(0) | 柏崎市

ラーメン そばよし

上越での尾神岳登山の後にゆったりの郷で温泉に入り、車で柏崎まで走り「そばよし」に行きました。

sobaryoshi_1.JPG



私は定番のチャーシューメンにしました。

sobaryoshi_2.JPG

sobaryoshi_3.JPG


あっさり醤油に縮れ細麺が相性バッチリです。
チャーシューも美味しいですね。



タンメン

sobaryoshi_4.JPG

sobaryoshi_5.JPG


あっさり塩味に醤油と同じ縮れ細麺でした。
時々野菜が大きめで食べる時に気になるお店とかありますけど、ここのタンメンはちょうど良いサイズにカットされてて食べやすいです。
スープも美味しかったです。


通し営業なので4時頃行きましたが、お客さんがたくさんいました。
人気が出るのも納得の美味しさですね。




そばよしについてはこちら
posted by BBSHIN at 12:14| Comment(0) | 柏崎市

2008年08月22日

くいしん坊

「麺屋あごすけ」「ラーメンほうとく春日山本店」と2軒に行くと時間は夕方6時頃になってました。

このまま上越インターから高速乗って帰っても良かったのですがせっかく上越まできたので帰りにもう1杯食べていきたいと思い、下道で帰りお腹が空いてきたらもう1軒寄るという事にしました。

柏崎まで8号線を走ると4、50分位で「くいしん坊」が見えました。

kuishinbou_1.JPG

先日掲示板の方で柏崎のラーメンに話になり、久々に行きたいと思っていたので3軒目は「くいしん坊」に決めました(^^)v

マーボーメンはピリっと辛い麻婆豆腐が食欲をそそり3軒目だという事を忘れさせてくれます☆

kuishinbou_2.JPG

kuishinbou_3.JPG


うま煮ラーメンは味付けの濃いあんには野菜がたっぷりと入っています。

kuishinbou_4.JPG

kuishinbou_5.JPG

美味しい上に結構なボリュームなのでマーボーメン550円、うま煮ラーメン650円は驚きの価格です。
結構有名らしく駐車場には市外のナンバーの車も結構ありましたが、店内には仕事が終わって夕飯を食べに来たという感じのお客さんも多く地域に密着してるお店だと思いました。

こういうお店が近所にある人が羨ましいです☆



くいしん坊についてはこちら
posted by BBSHIN at 23:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 柏崎市