2020年06月16日

宝来軒 総本店 トクつけ麺をテイクアウト

上越市の「宝来軒 総本店」へと行ってきました。

houraiken_takeout_1.jpg


今回の目的は告知していたテイクアウトメニューの購入です。

トクつけ麺(醤油)

houraiken_takeout_2.jpg

houraiken_takeout_3.jpg


魚介が効いたつけダレは背脂が浮き結構コッテリとしています。
唐辛子のピリっとした辛味が加わり、飽きさせることなく最後まで美味しく頂けます。

多加水太麺のもっちり食感も良いですね。

麺量も多く、ボリューム感ある一品でした。

とても美味しかったです。


トクラーメン(味噌)

houraiken_takeout_4.jpg

houraiken_takeout_5.jpg

houraiken_takeout_6.jpg


強い味噌の味と旨味でハッキリとした味となっています。
そうしたスープと多加水太麺の組み合わせはピッタリでした。


宝来軒 総本店のテイクアウト詳細

宝来軒 総本店の詳細
posted by BBSHIN at 23:30| Comment(0) | 上越市

2020年06月08日

ラーメンハウス あおき 春日山店 春日山駅近くで食べられる上越豚骨醤油

上越市にある「ラーメンハウス あおき 春日山店」へと行ってきました。

ramen_house_aoki_kasugayama_1.jpg


醤油らーめん

ramen_house_aoki_kasugayama_2.jpg

ramen_house_aoki_kasugayama_3.jpg

ramen_house_aoki_kasugayama_4.jpg


豚の香り漂う上越豚骨醤油ラーメンです。

豚の出汁はしっかりと出ていますが、白濁させていない為、あっさりとした仕上がりとなっています。
醤油風味とあっさり豚骨スープが良く合っていますね。

麺は多加水の中太麺でした。


もう一杯はこちら

黒醤油らーめん

ramen_house_aoki_kasugayama_5.jpg

ramen_house_aoki_kasugayama_6.jpg

ramen_house_aoki_kasugayama_7.jpg


色を見ても分かる通り、醤油の風味が強く出ています。


他にも白醤油、味噌、つけ麺など各種メニューがあるので、何度も楽しめそうなお店です。


ラーメンハウス あおき 春日山店の詳細
posted by BBSHIN at 00:40| Comment(0) | 上越市

2020年03月31日

麺屋 しょうじ 背脂が浮いた濃厚系スープの「らーめん(こってり)」

上越市にある「麺屋 しょうじ」へと行ってきました。

syouji_1.jpg


メニューには書かれていないのですが、「らーめん」は「あっさり」と「こってり」のスープがあり、注文時にどちらにするかを聞かれます。


まずは「らーめん(こってり)」を頂くことに。

syouji_2.jpg


スープ

syouji_3.jpg


背脂入りの醤油スープです。

醤油風味と出汁感、そして背脂の濃厚感がうまく調和しています。

こってり背脂醤油スープと多加水太麺の相性も良いですね。

syouji_4.jpg


太麺の食感とこってり背脂スープにより、食べ応え満点な一杯となっていました。



もう一杯はこちら

ちゃーしゅー(あっさり)

syouji_5.jpg

syouji_6.jpg

syouji_7.jpg


チャーシュー麺にした事でチャーシューが増量されています。
また、それだけでなく、刻みタマネギや青菜、味玉、メンマ、磯海苔と全部のせといって良い程にトッピングの盛りが良かったです。

魚介系のあっさり醤油スープと細麺の組み合わせも絶妙でした。


麺屋 しょうじの詳細
posted by BBSHIN at 23:33| Comment(0) | 上越市

2020年03月29日

麺辛屋 二代目 美國 激辛豚汁ラーメン

上越市にある「麺辛屋 二代目 美國」へと行ってきました。

こちらの建物の二階にあります。

mikuni_1.jpg


階段をのぼると・・

mikuni_2.jpg


入り口

mikuni_3.jpg


注文したのはこちら

美國豚汁ラーメン

mikuni_4.jpg


ご当地ラーメンの豚汁ラーメンと東京の激辛有名店の辛い麻婆豆腐がのるスタイルがミックスされた一杯です。

スープ

mikuni_5.jpg


ピリ辛スープには、麻婆餡からの辛味や旨味が混ざり、徐々に旨辛な味わいになっていきます。

mikuni_6.jpg


もっちり多加水太麺に辛味のある麻婆餡が絡みます。

mikuni_7.jpg


ご当地色と激辛人気店のスタイルがうまく融合したオリジナリティある仕上がりの一杯でした。


もう一杯はこちら

美國ゴマ豚汁ラーメン

mikuni_8.jpg

mikuni_9.jpg

mikuni_10.jpg


こちらは辛い物が苦手な人でも食べられそうな一杯です。

コク深いスープに具材の味などが加わり深みある味わいとなっています。


他にも各種メニューが揃っているので、何度行っても楽しめそうですね。

行った事がない方はぜひ一度チャレンジしてみて下さい!



麺辛屋 二代目 美國の詳細
posted by BBSHIN at 17:55| Comment(0) | 上越市

2019年12月16日

蒲公英拉麺 ヤマト イタリアンテイスト? アジア風?? 多国籍なメニューが楽しめるお店

上越市、上越妙高インター近くの「フルサット」内にある「蒲公英拉麺 ヤマト」へと行ってきました。

yamato_1.jpg

yamato_2.jpg


こちらのお店は、たんぽぽラーメンの姉妹店となっています。
その為、たんぽぽラーメンの看板メニューといえる2杯をこちらのお店でも頂く事が出来ます。


まずはこちら

トマトチーズ麺

yamato_3.jpg


スープ

yamato_4.jpg


トマトの旨味を存分に味わるトマトスープです。
そこに粉チーズがかかり、まるでトマトを使ったパスタの様な構成です。



yamato_5.jpg


トマトスープが良く絡みます。
フォークを使った方が良いのではと感じる程にイタリアンテイストな仕上がりです。


ラストはご飯にスープをかけ、トマトリゾットの様にして頂きます。

yamato_6.jpg


テーブル調味料にはタバスコなどもあり、ほぼパスタな一杯でした!


イタリアンな一杯の次は、アジアンテイストな一杯をご紹介します。

トムヤムクンラーメン

yamato_7.jpg

yamato_8.jpg

yamato_9.jpg


香りや味など、正にトムヤンクンです。

多国籍なメニューを提供する「蒲公英拉麺 ヤマト」
ぜひ一度お試し下さい!


蒲公英拉麺 ヤマトの詳細
posted by BBSHIN at 21:07| Comment(0) | 上越市

2019年12月08日

小政食堂 穴場的立地で食べられる昔ながらの一杯

上越市にある「小政食堂」へと行ってきました。

komasa_1.jpg


上越市板倉区にあるこちらのお店は、かなり目立たない場所にあります。
ただ、そうした穴場的立地ながら、高い知名度を誇り、各地から多くの人が食べに行っている様です。


そんな小政食堂が提供する定番の一杯がこちら

中華そば

komasa_2.jpg


あっさり醤油味のスープには、煮干と思われる魚介が程よく効いています。

komasa_3.jpg


脂が多めに浮いており、あっさりながらもコク深い仕上がりです。


麺はシンプルな多加水細麺です。

komasa_4.jpg


昔ながらのスタイルのあっさり中華そばでした。


もう一杯はこちら

みそラーメン

komasa_5.jpg

komasa_6.jpg

komasa_7.jpg


あっさり味噌味のスープは、深みある味噌の味に少量の唐辛子が入り、アクセントレベルな少しの辛味をプラスしていました。

上には炒めたモヤシ、キャベツ、挽き肉がのっていました。
スープには、その炒め油なのか、風味豊かな油が多めに浮いていました。

麺は中華そばと同様に多加水細麺でした。


小政食堂の詳細
posted by BBSHIN at 22:13| Comment(0) | 上越市

2019年10月14日

ラーメンハウス アオキ 本店 上越豚骨の名店

上越市にある「ラーメンハウス アオキ 本店」へと行ってきました。

ramen_house_aoki_honten_1.jpg


ラーメン

ramen_house_aoki_honten_2.jpg

スープ

ramen_house_aoki_honten_3.jpg


あっさりとした澄んだスープながら、見た目からは想像もつかない様な強い豚の臭いを放っています。

しっかりとした豚骨のベースに醤油ダレの旨味がバランス良く合わさっています。
豚と醤油が織りなすハーモニーはインパクト大ですね。




ramen_house_aoki_honten_4.jpg


こうしたスタイルのあっさり豚骨に多く見られる白く縮れた多加水中太麺です。

チャーシュー、メンマ、ネギといったトッピングもラーメン全体のスタイルに良く合っていました。


続いてはこちら

味噌ラーメン

ramen_house_aoki_honten_5.jpg

ramen_house_aoki_honten_6.jpg

ramen_house_aoki_honten_7.jpg


味噌の風味が強く出たスープです。

味噌の強さもあってか醤油ラーメン程に豚の臭いは感じません。

ハッキリとは分かりませんが、胡麻的なクリーミーなコクのある味噌スープでした。

そうしたコク深いスープがツルモチタイプの多加水麺に適度にのってきます。


こちらのお店に初めて行くならば、まず食べるべきは醤油だと思いますが、複数人で行く場合や二度目、三度目などに味噌を試してみるのも良いでしょう。


ラーメンハウス アオキ 本店の詳細
posted by BBSHIN at 23:57| Comment(0) | 上越市

2019年10月01日

宝来軒 直江津店 直江津駅近くにあるメニュー豊富な中華飯店

上越市、直江津駅の近くにある「宝来軒 直江津店」へと行ってきました。

houraiken_naoetsu_1.jpg


上越市にはこのお店の他にも「宝来軒」と名の付くお店がありますが、親戚関係らしく経営やメニュー構成、味などはそれぞれ別なのだとか。


注文したのはこちら

広東メン

houraiken_naoetsu_2.jpg

houraiken_naoetsu_3.jpg

houraiken_naoetsu_4.jpg


あっさり醤油味のスープはピリ辛な仕上がりです。
醤油風味の濃さが特徴的で、程よい辛味が良いアクセントとなっていますね。

麺はシンプルな多加水細麺でした。

豚肉や各種野菜など、多種多様な具材が使われていました。
バリエーション豊富で飽きが来ずに最後まで美味しく頂く事が出来ます。


みそラーメン

houraiken_naoetsu_5.jpg

houraiken_naoetsu_6.jpg

houraiken_naoetsu_7.jpg


濃い味噌味のあっさりスープです。

叉焼、メンマ、モヤシ、コーン、ナルトなどがのっています。

あっさり味噌スープとコーンの組み合わせは定番ですね。


宝来軒 直江津店の詳細
posted by BBSHIN at 21:32| Comment(0) | 上越市

2019年09月16日

麺屋 坂本02 新潟2号店が直江津駅近くにオープン!

上越市にオープンした「麺屋 坂本02」へと行ってきました。

sakamoto02_1.jpg

麺屋 坂本というと、新潟駅前に「麺屋 坂本01」のオープンが記憶に新しいですが、新潟1店舗目から時間を空けずにの2号店のオープンとなりました。


注文したのはこちらの一杯です。

塩そば

sakamoto02_2.jpg


スープ

sakamoto02_3.jpg


あっさりで淡麗系な飲み口の塩味のスープです。

出汁感はそこそこに浮いた油のコクがスープ全体のイメージを大きく左右している印象です。


麺は小麦の風味が前面に出たストレート中細麺です。

sakamoto02_4.jpg


綺麗に整えられた麺のビジュアル的なイメージが際立ちますね。


続いてはこちら

醤油そば

sakamoto02_5.jpg

sakamoto02_6.jpg

sakamoto02_7.jpg


こちらは、醤油の風味が際立つあっさりスープです。

深みある醤油の旨味により、塩よりもハッキリとした味に仕上がっています。


サイドメニューの「ローストビーフ丼」

sakamoto02_8.jpg


麺屋 坂本02の詳細
posted by BBSHIN at 08:50| Comment(0) | 上越市

2019年07月13日

中華そば あら川 昔ながらのあっさり醤油

上越市「中華そば あら川」へと行ってきました。

arakawa_1.jpg


お店に入ると、店内はL字のカウンター席となっており、左側が客席、右側が待合席として利用されていました。
知らずに店内に入ってすぐ空いている左側の客席に座る人もおり、まずは右側にと案内され座り直す光景を何度か目にしました。
待合席の一番右には給水機があり、水を追加で飲みたい人は自分で足しに行っていました。


メニューはラーメンと大盛りの2つのみ。

ラーメン

arakawa_2.jpg


レンゲがついておらず、丼から直接飲む事となります。

動物系が強く出たあっさり清湯には煮干しが効いていました。


麺は細麺を予想していましたが、意外にも少し太めのタイプでした。

arakawa_3.jpg


もっちり感があっさりスープと良く合っていました。

チャーシューは味の染み込み具合と弾力感が絶妙でしたね。

とても美味しい昔ながらの中華そばでした!


ラーメン大

arakawa_4.jpg


普通盛りとの対比

arakawa_5.jpg


あっさりながらも深みある味わいのスープは美味しさと飲みやすさにより完食となりました。

arakawa_6.jpg


中華そば あら川の詳細
posted by BBSHIN at 00:03| Comment(0) | 上越市

2019年06月09日

らぁめん古丹 上下浜駅近くにあるラーメン居酒屋

上越市にある「らぁめん古丹」へと行ってきました。

kotan_joetsu_1.jpg


場所は上下浜の目の前です。
車で行く場合は、柿崎インターから上越市中心部方面へ8号線を走ると左側にあります。


注文したのは「らぁめん」です。

kotan_joetsu_2.jpg


スープ

kotan_joetsu_3.jpg


あっさり醤油味のスープです。
動物系をベースに香味野菜と濃い目の醤油風味が効いた様な味です。
中でも香味野菜が際立っていたと思います。


麺は多加水の縮れ中麺です。

kotan_joetsu_4.jpg


あっさりサッパリと食べられる一杯でした。

おつまみや各種アルコール類なども提供しており、店内で飲んで、醤油ラーメンをシメの一杯とし、ラーメン居酒屋として利用しても良いでしょう。


みそらぁめん

kotan_joetsu_5.jpg

kotan_joetsu_6.jpg

kotan_joetsu_7.jpg


あっさりタイプのスープは、程よい味噌の風味が効いています。

野菜は炒めてあり、香ばしさが味噌スープと良く合っていました。


テーブル調味料

kotan_joetsu_8.jpg


醤油、酢、ラー油の他、ブラックペッパー、七味唐辛子、激辛スパイス、おろしにんにくが置いてありました。


お茶コーヒーがサービスとなっていました。

kotan_joetsu_9.jpg


ちなみに、こちらのお店に行ったのは2019年のゴールデンウィークでしたが、その時点では、営業時間変更の貼紙が貼ってありました。

kotan_joetsu_10.jpg


平日の営業を中止、金・土・日・祝日のみの営業にするとのこと。

その後、どうなったかは不明なので、もし情報があればコメントなどでよろしくお願いします。


らぁめん古丹の詳細
posted by BBSHIN at 20:45| Comment(2) | 上越市

2019年05月31日

中華そば 亀屋 直江津駅近くで食べられる昔ながらのあっさり醤油

上越市にある「中華そば 亀屋」へと行ってきました。

kameya2_1.jpg


駐車場はお店の裏手に3台

kameya2_2.jpg


道を挟んでの駐車場に4台分が確保されています。

kameya2_3.jpg


注文したのはこちら

中華そば(中)

kameya2_4.jpg


スープ

kameya2_5.jpg


あっさり正油味のスープです。

お店に入った時に煮干しの香りを感じましたが、ラーメンのスープとして飲むと濃い目の醤油風味に隠れがちとなり、程よい出汁感とタレの風味が合わさりバランスの良い昔ながらのあっさり醤油となっていました。




kameya2_6.jpg


加水が高く滑らかな表面の質感、程よい弾力感の噛み応えが良かったです。

(中)サイズを選びましたが、麺量が多かったですね。
普通サイズと思いきや250gもある様です。
ちなみに(大)は、400gなのだとか。


もう一杯は小サイズにしてみました。

味噌(小)

kameya2_7.jpg


あっさりタイプの味噌スープです。

kameya2_8.jpg


パッと見、淡い味噌風味のあっさり昔ながらのあっさり味噌に見えますが、スープを飲むと予想外の味に驚きます。
かなり強い塩分と見た目以上に強い味噌の風味と旨味と、刺激的な味となっていました。




kameya2_9.jpg


小は普通のラーメンより少し少な目な位でしょうか。
小と中を足して2で割ると一般的なサイズな位な気がします。



テーブル調味料

kameya2_10.jpg


胡椒、酢、おろしニンニク、ラーメンのタレが置いてありました。

醤油ラーメンを濃くしたい方はラーメンのタレを入れてみると良いでしょう。

また、お店の人から口頭で、
「味噌の味を濃くしたければ言って下さい」
的な事も言われたので、醤油だけでなく、味噌も味の調整が可能なのかもしれません。
ただ、個人的な感想としては、味噌を更に濃くしたいという人はなかなかいないかなと。


中華そば 亀屋の詳細
posted by BBSHIN at 23:42| Comment(0) | 上越市

2019年05月25日

なかむら 上越市吉川区で食べられるクリーミーでコク深い豚骨スープ

上越市吉川区にある「なかむら」へと行ってきました。

nakamura_joetsu_1.jpg


柿崎インターから8号線を上越市中心部方面に向かい、橋を渡ってすぐの交差点を左折。
そのまましばらくまっすぐ行き、左手に道の駅よしかわが見える交差点で、その斜め向かいにお店はあります。


まず、注文したのはテーブルのメニューには記載してはいないものの、壁にお勧めメニューとして貼ってあったこちらの一杯です。

博多トンコツラーメン

nakamura_joetsu_2.jpg


スープ

nakamura_joetsu_3.jpg


濃い動物系の旨味の豚骨スープです。
クリーミーな舌触りでまろやかなコクが特徴的です。
ニンニク?等の香味野菜の香りが漂い豚の臭みはほとんど感じません。
そして、動物系スープのコクに加え、しっかりとした旨味のタレが加えられていました。




nakamura_joetsu_4.jpg


博多トンコツラーメンという名前から低加水ストレート細麺を予想していましたが、多加水でツルツルとした表面、そして硬め食感の太麺でした。


続いては、シンプルな「ラーメン」です。

nakamura_joetsu_5.jpg


スープ

nakamura_joetsu_6.jpg


メニューに「博多トンコツラーメン」がある上で「ラーメン」となっている事からあっさりとした醤油ラーメンをイメージしていましたが、ライト白湯で醤油味のスープです。
動物臭はこちらの方が強かったと思います。




nakamura_joetsu_7.jpg


上越に多いタイプの多加水麺、かつ、強い動物臭と上越豚骨スタイルの一杯かなと思いました。

他にも、味噌やタンメン、担々麺などの各種麺メニュー、また、ご飯物や定食なども充実しているので、他のメニューも機会あれば試してみたいですね。


なかむらの詳細
posted by BBSHIN at 22:11| Comment(0) | 上越市

2019年05月18日

山岡家 上越店 24時間営業で食べられる豚骨醤油

上越市にオープンした「山岡家 上越店」へと行ってきました。

yamaokaya_1.jpg


他県などでは時折見かけるこちらのお店ですが、新潟県ではこちらのお店が初進出となるでしょうか。

他のエリアでも24時間で営業していましたが、こちらも同様に休む事なく営業している様です。
駐車場は広く、大型車なども入れるので、夜間に運転するドライバーの方の食事にもちょうど良いかなと思います。


注文したのはこちら

ラーメン(醤油)

yamaokaya_2.jpg


麺の硬さ、脂の量、味の濃さが選択可能だったので、麺硬めのみでお願いしました。


スープ

yamaokaya_3.jpg


濃厚な豚骨醤油で、動物系白湯のコクに醤油やプラスされた旨味によりインパクトある味となっています。




yamaokaya_4.jpg


スープに合う歯ごたえが強い中太麺です。

チャーシューは肩ロースで味の染み込みもちょうど良かったです。



つづいてはこちら

特製味噌ネギラーメン

yamaokaya_5.jpg


味噌ラーメンは、普通の味噌ラーメンとこちらの特製味噌の二種類があったので確認してみたところ、普通の味噌ラーメンは赤味噌ベースで、こちらの特製味噌は白味噌ベースとの事でした。


スープ

yamaokaya_6.jpg


濃厚スープに甘味があり風味の良い白味噌が加わりコク深い味わいです。

切り落としチャーシュー、青菜、そしてネギがたっぷりとのっていました。
ネギは、白髪ネギというのはかなり太めにカットされ、硬めの食感が初めての体験でした。



テーブル調味料

yamaokaya_7.jpg


胡椒、ラー油、とうがらしの他、おろしニンニク、辛みそが置いてありました。

yamaokaya_8.jpg


ニンニクを使用しましたが、豚骨醤油スープに良く合いますね。


山岡家 上越店の詳細
posted by BBSHIN at 09:48| Comment(0) | 上越市

2019年05月02日

福麺亭 覆面スタッフが提供する本格長浜豚骨

上越市にオープンした「福麺亭」へと行ってきました。

fukumentei_1.jpg


店名の「福麺亭」は、字面通り「ふくめんてい」と読みます。

昔ながらのお店などで良くありそうな名前ではありますが、こちらのお店が意味するものは全く異なるものでした。

接客をしてくれるスタッフがこちら

fukumentei_2.jpg


覆面です!!

福麺 ≒ 覆面

という事だったのですね・・


そんな福麺亭の看板メニューがこちら

長浜豚骨

fukumentei_3.jpg


スープ

fukumentei_4.jpg


おぉ〜

これはかなり濃厚な豚骨スープですね。

豚の旨味がギッチリと詰まっていますね。
コラーゲン的なトロみも強く、飲み応え抜群です。

そんな動物系の厚みあるスープを受け止めるタレの旨味も強烈です。

濃厚感の割に臭みが少ないのも良いですね。


そして麺はこうしたスープにピッタリな低加水ストレート細麺です。

fukumentei_5.jpg


パッツリ食感の細麺は硬さが選べたので、「硬め」でお願いしました。
豚骨系はやはり硬めが美味しいですね。


トッピングとしては、バラ肉チャーシュー、刻み葱、キクラゲといった定番のものがのっていました。


ボリュームとしては、こうしたスタイルの良くある様に、替え玉をする事を前提した量になっています。
スープを飲むペースを考え、早めに替え玉を頼むなどすると良いでしょう。


定番中の定番、王道スタイルの豚骨ラーメンでした。
新潟県内を見渡しても、こうした本格スタイルのものを提供しているお店は数少ないかなと思います。


もう一杯はこちら

らーめん(豚骨)

fukumentei_6.jpg


こちらは豚骨醤油スープです。

fukumentei_7.jpg


長浜豚骨と比べると濃厚感が抑えめながら、動物系の旨味と臭いは程良く出ていたかなと思います。

そしてタレが醤油ダレとなっていますが、こちらも旨味が強烈でした。


麺は多加水の中太麺です。

fukumentei_8.jpg


トッピングとして、チャーシューの他、豆苗、赤玉ねぎ、タケノコといった一風変わったものがのっていました。
また、長浜豚骨のバラチャーシューとは違い、こちらは肩ロースと思われる部位が使われていました。



長浜豚骨とは全く違ったテイストを放つ一杯ですね。

初回の訪問でどちらか一杯のみを試すのであれば、長浜豚骨の方をお勧めしますが、2回目以降に試してみるのも良いかなと思います。


テーブル調味料の数々

fukumentei_9.jpg


高菜、紅ショウガ、おろしニンニク、白胡麻といった豚骨系の定番の品に加え、胡椒、ラーメンのタレが置いてありました。

ラーメンタレは、長浜豚骨用、ラーメン・つけ麺用の2種類が置いてあるのも嬉しいですね。
両方とも、かなり強い旨味となっていますね。

味を濃くしたい人はタレを入れたり、ニンニクや胡麻等を入れ、変化を加えても良いでしょう。



福麺亭の詳細
posted by BBSHIN at 22:28| Comment(2) | 上越市

2019年01月31日

ガキ大将 高田店 旨味と辛味が効いたネギ味噌

上越市、高田駅近くにある「ガキ大将 高田店」へと行ってきました。

gakidaisyo_takada_1.jpg


お店は細い路地にあり、土地勘の無い人には少し分かりにくいかもしれません。
細い道は駅に向かう方向で一方通行になっており、お店は細い川の手前にあります。


注文したのは看板メニューのこちら

ネギ味噌ラーメン

gakidaisyo_takada_2.jpg

gakidaisyo_takada_3.jpg

gakidaisyo_takada_4.jpg

gakidaisyo_takada_5.jpg


旨味と風味の強い味噌スープです。
少しトロみがありました。

麺は多加水で中くらいの太さのツルモチタイプです。
細麺に変更も可能の様ですが、こちらの麺の方が合っているかなと思います。

トッピングとしては、そこそこの辛味と強い旨味の辛ネギ、そして、モヤシ、ニンジン、タマネギ、ニラなどがのっていたかと思います。
ニンニクをのせるか聞かれたのでのせてもらいました。
口臭を気にしないで良い場面であれば、のせる事をお勧めします。

インパクトある味わいの一杯でした!


そして人気ナンバー2というこちらの一杯にもチャレンジしてみました。

コテコテラーメン

gakidaisyo_takada_6.jpg

gakidaisyo_takada_7.jpg

gakidaisyo_takada_8.jpg


あっさりタイプの醤油スープには、強いニンニク風味と旨味が加えられ、背脂も浮かせられ、コッテリとガツンとした味わいに仕上がっていました。

麺は多加水の細麺です。
太麺にも変更可能の様で、ガッツリ系のスープには太麺でも美味しく頂けるのではないかなと思いました。


ガキ大将 高田店の詳細
posted by BBSHIN at 10:53| Comment(0) | 上越市

2019年01月20日

中華そば 煮干屋 煮干しを効かせたあっさり淡麗スープ

上越市の「中華そば 煮干屋」へと行ってきました。

niboshiya_1.jpg


場所は、移転する前のGOGO宝来軒があった所です。


中華そば

niboshiya_2.jpg


スープ

niboshiya_3.jpg


あっさり煮干し出汁です。
脂がほとんど浮いていません。

そしてスープも、ほぼ煮干し系乾物出汁がメインと思われる様な構成かと思われます。
ただ、そうした魚介メイン、脂感がない中でも、ボディの薄さは感じられません。
しっかりとした厚い魚介出汁、醤油ダレの旨味などにより、物足りなさを感じる事なく食べられます。




niboshiya_4.jpg


程よいもっちり感、適度な弾力感
噛み応えが良く、存在感ある麺でした。


もう一杯はこちら

鰯煮干らーめん

niboshiya_5.jpg

niboshiya_6.jpg

niboshiya_7.jpg


煮干し出汁と豚骨を合わせたというスープは、あっさり淡麗な仕上がりです。

こちらは適度に油が浮いていました。
(中華そばとの差は意図したものなのか、誤差なのかは不明)

出汁からによるものか、脂によるものか、豚の香りが漂うスープでした。

そうした出汁の厚み、香りなどの豚風味により、煮干し感は抑えめとなっています。


個人的な感想としては、中華そばと煮干しラーメンは品名が逆でも良いかなと思われる味の方向性でした。

他にも、サバ出汁、アゴ出汁、上越豚骨、黒醤油、濃厚豚骨などもある様なので、機会あれば試してみたいですね。


中華そば 煮干屋の詳細
posted by BBSHIN at 08:58| Comment(0) | 上越市

2019年01月11日

麺屋あした まろやかなコクと深みある味わいの濃厚魚介系

上越市の「麺屋あした」へと行ってきました。

ashita_1.jpg


上越妙高駅方面から向かうとお店の名前が書かれた建物がありますが、店舗看板の隣に「貸」と書かれていました。

ashita_2.jpg


一瞬、ここでは営業していないのかと思ってしまいましたが、店舗は写真の右側にある駐車場の奥にありました。



注文したのはメニューに一番大きく書かれていたコチラ

醤油白湯麺

ashita_3.jpg


スープ

ashita_4.jpg


濃厚で程よいトロみ、そして、適度な魚介の旨味があるスープです。
まろやかでマイルドな口当たりながら、深みある複層的な味わいが印象的でした。


麺は多加水の中麺です。

ashita_5.jpg


トッピングは、肩ロースのレアチャーシュー、バラ肉の煮豚、しっとり食感の低温調理的な鶏チャーシュー、そして、穂先メンマ、ネギ、キクラゲ、柚子の皮、海苔などがのっていました。
普通のお店なら「特」と名付けられそうな程に豪華なトッピングがノーマルのラーメンに盛り付けられています。
品揃えだけでなく、トッピング各種はクオリティが高かったです。

とても美味しい一杯でした!


もう一杯はこちら

塩らーめん

ashita_6.jpg


あっさりとした塩味のスープ

ashita_7.jpg



ashita_8.jpg


スープは、あっさりとしていますが、深みある旨味・滋味深い味わいが特徴的でした。

醤油白湯もそうでしたが、強い旨味をプラスした様な味ではなく、素材の味を重ねた様な自然な味わいが奥深さを醸し出していました。

2杯とも質が高く、とても美味しかったです。
機会あれば、塩白湯、醤油清湯の方も試してみたいですね。


麺屋あしたの詳細
posted by BBSHIN at 07:34| Comment(0) | 上越市

2019年01月08日

らーめん大慈 麺処 暁が復活! まろやかなコクある濃厚豚骨醤油

上越市にある「らーめん大慈」へと行ってきました。

daiji_1.jpg


こちらは、惜しまれながら閉店してしまった麺処 暁が場所と店名を変えリニューアルオープンしたお店とのこと。
店内には麺処 暁の暖簾?が飾ってありました。


注文したのはこちら

らーめん

daiji_2.jpg

daiji_3.jpg

daiji_4.jpg


濃厚な豚骨醤油スープです。
程よい濃度の白湯にしっかりとした醤油風味、まろやかなコクが漂います。
動物系の旨味の割には、コラーゲン的トロみは少な目に感じます。
豚の香りはするものの、上越豚骨特有の臭みはありません。

暁で食べた時はもっと強烈なパンチを効かせ、少し重たかったイメージがありますが、今回のものは重厚感を残しつつも食べやすく仕上がっていたと思います。

麺はこの地域に多い、白い縮れ中太麺でした。

とても美味しい一杯でした!


塩豚骨

daiji_5.jpg


daiji_6.jpg


daiji_7.jpg


スープは同じでタレの違いでしょうか。
ただ、醤油には無かった(もしくは目立っていなかった)様な独特な香りがアクセントとなっています。
ハーブ?というかイタリア料理的な何かというか、、?

塩の方がより動物系のコクが際立っていました。

2杯とも食べやすく、レベルの高い仕上がりとなっていました。
これはお勧めですね!


テーブル調味料

daiji_8.jpg


グレープフルーツ酢に加えゲンキノモト(にんにく入り)が置いてありました。

daiji_9.jpg


らーめん大慈の詳細
posted by BBSHIN at 07:44| Comment(0) | 上越市

2018年11月11日

だるまや 上越高田店 上越市で食べられる背脂豚骨魚介スープの一杯

上越市の「だるまや 上越高田店」へと行ってきました。

darumaya_joetsu_1.jpg


新潟市を中心に展開している「だるまや」が、今年の6月に上越エリアに進出となりました。

お店に入りメニューを見ると、新潟市のお店と同じスタイルとなっていました。


という事で注文したのは定番のコチラ

だるまラーメン

darumaya_joetsu_2.jpg


スープ

darumaya_joetsu_3.jpg


程よい濃さの豚骨魚介に背脂がたっぷりと浮き、こってりとした飲み応えです。
旨味も適度に効かせ、印象的な味となっています。




darumaya_joetsu_4.jpg


背脂醤油スープとの相性はばっちりです。

相変わらず、食べやすく、美味しい一杯でした。



もう一杯はこちら

味噌ラーメン

darumaya_joetsu_5.jpg

darumaya_joetsu_6.jpg


強い味噌の風味で濃厚に仕上がっています。


麺は歯ごたえが強い太麺です。

darumaya_joetsu_7.jpg


醤油、味噌ともに、チャーシューに加え、モヤシがたっぷりとのっているので、ボリュームがありますね。


テーブル調味料

darumaya_joetsu_8.jpg


だるまや 上越高田店の詳細
posted by BBSHIN at 22:18| Comment(0) | 上越市