2016年01月02日

ラーメンダイナー GOGO宝来軒

上越市の「ラーメンダイナー GOGO宝来軒」へと行ってきました。

gogohouraiken2_1.jpg


こちらのお店は以前、上越インター近くにありましたが、昨年10月に移転オープンとなりました。

移転前のお店についてのブログ記事


今回注文したのは、看板メニューの一つ「トクラーメン醤油」

gogohouraiken2_2.jpg

gogohouraiken2_3.jpg


スープはシンプルなあっさり醤油味です。

麺はストレートの中細で、軽くバツっとした食感があります。
スープに対し、麺の主張が強めと感じます。
個人的には結構好みのタイプの麺ですね。

盛り付けが綺麗なので、パっと見洗練された雰囲気を醸し出していますが、食べてみるとレトロ感漂う昔ながらのあっさり醤油的な一杯でした。


上越中華ソバ塩レモン

gogohouraiken2_4.jpg


ラーメンのみを撮影

gogohouraiken2_5.jpg


レモンは別皿でやってきます。

gogohouraiken2_6.jpg


熱々の油がたっぷりと浮き、コッテリとした仕上がりとなっています。


麺は縮れ太麺です。

gogohouraiken2_7.jpg


多加水太麺はツルモチ食感で、歯応えが良いですね。
油、スープの熱さもあり、伸びにくさも考慮しての麺選びでしょうか。

「熱さ」がインパクト大な一杯でしたぴかぴか(新しい)


ラーメンダイナー GOGO宝来軒の詳細
posted by BBSHIN at 08:17| Comment(0) | 上越市

2015年10月27日

中華そば 二代目 久二

上越市にある「中華そば 二代目 久二」へと行ってきました。

kyuji_1.jpg


らーめん

kyuji_2.jpg

kyuji_3.jpg


あっさり醤油のスープに、背脂が浮きコクとコッテリ感がプラスされています。

麺は中位の太さでした。

たっぷりのモヤシのまわりに、4枚のチャーシューが山の様に盛り付けられています。
チャーシューは、固めでしまった肉質でした。
スープに浸せば温められて少し柔らかくなりますが、狙って肉の食感を前に出す様な盛り付けにしているのかもしれませんね。

若干、新潟市の吉相にも似た味わいで、初めて食べた感じがしませんでした。


まーぼ麺

kyuji_4.jpg

kyuji_5.jpg


器がかなり大きく、麺も1.5玉とのこと。

麻婆餡は、かなり甘めの仕上がりです。

スープが少ないのか、汁なし的な感じなになっており、麺がダマになりやすい反面、最後まで薄まる事なく麻婆豆腐の味を楽しめました。


中華そば 二代目 久二の詳細
posted by BBSHIN at 20:47| Comment(2) | 上越市

2015年10月14日

孝楽園

上越市安塚区、キューピットバレイスキー場近くにある「孝楽園」へと行ってきました。

kourakuen_yasuduka_1.jpg


注文したのは「ラーメン」です。

kourakuen_yasuduka_2.jpg

kourakuen_yasuduka_3.jpg


あっさり濃い目の醤油味のスープ、麺はツルモチ食感の中位の太さのストレート麺です。

チャーシューは肩ロースを使っている様ですが、かなり柔らかく仕込まれていました。
大きめにカットされ、とても食べ応えがあります。

メンマはかなり濃い目の味が染みこませてありました。

シンプルな構成ではありますが、どことなくこだわりを感じる一杯です。
サッパリとした味わいで、食べやすく美味しかったですねぴかぴか(新しい)


五目そば

kourakuen_yasuduka_4.jpg


こちらは、あっさり塩味のスープです。

白菜、ニンジン、豚肉、エビ、等の豊富な具材がのっています。

五目ラーメンというと餡かけをイメージしますが、トロみ等はありませんでした。



2杯を食べ帰ろうと思ったところに、壁に貼ってある

「絶対ウマイ!! 餃子400円」

というのが気になり注文してみることに。

餃子

kourakuen_yasuduka_5.jpg


さすがに誰もが絶賛する程の、、とまではいきませんが、手作り感があり美味しい餃子でした手(パー)

とりあえず、食べてみて良かったと思います手(チョキ)


テーブル調味料

kourakuen_yasuduka_6.jpg


この日は菱ヶ岳登山の帰りに寄り、食後に近くにある日帰り温泉「ゆきだるま温泉 雪の湯」へと行きました。

登山帰り、スキー帰りなどに寄ってみてはいかがでしょうか?


孝楽園の詳細
posted by BBSHIN at 01:07| Comment(0) | 上越市

2015年10月04日

ラーメンショップ 福橋店 カレーラーメン

上越市にある「ラーメンショップ 福橋店」に行ってきました。

ramen_shop_hukuhashi_1.jpg


今回は上越市安塚区の菱ヶ岳に登山に行くため、糸魚川ラーメン巡りの後、上越インター近くに一泊し、早朝に山へ向かう道の途中にあるこちらのお店に寄ってみる事に。

朝の6:01〜という半端な時間ながら、朝早くからやっているので、こういう時には重宝するお店です。


今回注文したのはコチラ

カレーラーメン(小)

ramen_shop_hukuhashi_2.jpg

ramen_shop_hukuhashi_3.jpg


背脂が浮いた豚骨スープ、中位の太さの麺です。

トロみ等が増した感じはないので、カレーとスープを混ぜた様なタイプではなく、恐らくタレとカレーパウダーでスープにカレー風味と味を付けるタイプでしょうか。

カレー風味が麺に絡み美味しかったですねぴかぴか(新しい)


ネギラーメン(小)

ramen_shop_hukuhashi_4.jpg


ネギラーメンはこちらの系列店の定番メニューです。

油の多いタレを絡めたネギが刺激的な味わいです。

スープは前回よりも結構軽めだと感じました。
作り方を見ていると、煮込みの途中で別の鍋で仕込んだスープ(清湯スープの様に澄んだ液体)を足して、フタを閉めて沸騰させて煮込んでいる様でした。
足したばかりだったからか濃度が低い状態だったのかもしれません。

こちらの系列店は比較的ライトな豚骨醤油スープである事が多いですが、前回食べたものは、他のお店と比べても濃かったので好みの味でした。
今回は、「もうちょっと濃い味なら」というバランスでしたが、まあ、それでも普通に美味しかったですねぴかぴか(新しい)

登山前の良い栄養補給になりました手(パー)


ラーメンショップ 福橋店の詳細
posted by BBSHIN at 09:35| Comment(0) | 上越市

2015年09月29日

どさん娘 安塚店

上越市安塚区にある「どさん娘 安塚店」へと行ってきました。

dosanko_yasuduka_1.jpg


こちらのお店はキューピットバレイスキー場から403号線を上越インター、柿崎インター方面に向かい、安塚中学校を超え少し行った分岐路を斜め左に行くと右側にあります。


お店に入り、メニューに一通り目を通した後、どさん娘であれば味噌にしようと思い注文し、ついでに撮影許可を願い出ると、

「もし、食べ歩きで巡ってきたのであれば、あさりバターラーメンがお勧めですよ。遠方からこれを食べにくる人もいますし」

と言われたので、そちらをお願いする事としました。
お店の売りや一押しメニューなどを聞いても、「お客様のお好み次第です」といった返しをするお店も多い中、こういうのは嬉しいですねるんるん


あさりバターラーメン

dosanko_yasuduka_2.jpg

dosanko_yasuduka_3.jpg


あっさり塩味のスープ、麺はツルモチ多加水中細麺でした。

たっぷりのアサリやモヤシ、ワカメがのっています。
スープはあっさりですが、バターが浮いているので、結構飲みごたえがあります。

バターの影響もあってか、アサリ出汁は若干控えめに感じました。
聞いてみたところ、通常営業のスープと、アサリをボイルした際に出る出汁を合わせて使用しているとのこと。

自信を持って押してくるだけあり、しっかりとした美味しい味わいの一杯でした手(チョキ)


ラーメンの他にも、各種定食やカレー・チャーハンなどのご飯物、また一品料理など、メニューも豊富に取り揃えています。

また、奥には個室もあり、地元の人達が宴会に使う事もあるのだとか。
予約があれば、アンコウ鍋や刺身、各種一品料理など、居酒屋的なメニューも提供しているそうです。

菱ヶ岳登山の後、キューピットバレイでのスキー帰り、などに寄ってみてはいかがでしょうか?


どさん娘 安塚店の詳細
posted by BBSHIN at 18:37| Comment(0) | 上越市

2015年07月30日

頚城大勝軒

上越市にある「頚城大勝軒」へと行ってきました。

kubiki_taisyoken_1.jpg


大勝軒といえばやはり「つけ麺」ですよね。

という事でこちらを注文しました。

特製もりそぱ

kubiki_taisyoken_2.jpg

kubiki_taisyoken_3.jpg


麺はモッチリ感のある滑らかな表面の太麺です。

つけダレは想像していたよりも、酸味と甘味等がだいぶ控えめで、「あっさり醤油」という感じのスープでした。

麺の量が多く、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。



中華そぱ

kubiki_taisyoken_4.jpg

kubiki_taisyoken_5.jpg


シンプルなあっさり醤油味の一杯でした。
比較的薄味でサッパリ感のあるスープですね。


卓上調味料

kubiki_taisyoken_6.jpg


ニンニク、豆板醤、酢、一味唐辛子、胡椒などが置いてあります。

ニンニク、豆板醤、酢あたりを入れると味を大きく変える事が出来るので。飽きずに最後まで食べられると思います。
スープ自体が控えめな味な分、調味料で自分で調節出来る幅が大きいかもしれませんね。


頚城大勝軒の詳細
posted by BBSHIN at 23:02| Comment(0) | 上越市

2015年05月25日

幸来軒

上越市の「幸来軒」へと行ってきました。

kouraiken_1.jpg


お店の裏手には高田公園があり、写真の左に数メートル動くと公園を囲む堀が見えます。


注文したのは「ラーメン」です。

kouraiken_2.jpg

kouraiken_3.jpg


麺は細麺に変更も可とありましたが、通常の麺にしておきました。

スープは結構あっさりですが、強い動物臭が漂います。
油も動物系脂の様で、その油から漂う匂いもありますが、スープ自体も豚メインと思われる動物感が強めだと思います。

聞いてみると、10数時間煮込んでいるとかひらめき
確かに沸騰させずに長時間煮込み続けるとこういう感じになりそうですね。

麺はデフォルトでも細めで、あっさり系のスープと良くあっています。

昔ながらの雰囲気のお店のあっさりラーメンはスープが弱いケースも多いですが、こちらのお店の一杯は、ガッシリとした厚いボディのスープとなっており、飲み応え抜群です。

トッピングとしては、チャーシューが歯応え良く、味の染みこみも適度で美味しかったですね。

とても好みの味の一杯でした手(チョキ)


味噌ラーメン

kouraiken_4.jpg

kouraiken_5.jpg


味噌という強い味の調味料の力と、上にのった野菜が香味野菜の役割を果たすのか、ノーマルのラーメンで感じた動物風味はほとんど感じません。
私は普通のラーメンの方が好みでしたが、豚臭いスープが苦手という方はこちらがお勧めかもしれません。
恐らくはタンメンも味噌程ではないにせよそんな感じかなと。

麺はメニューに書いてある「細打ち麺」にしてみたところ、極細な縮れ麺でした。

この麺と普通のラーメンの組み合わせも面白そうですね。
ただ、もし初めて行くのであれば、通常麺の方をお勧めしておきます手(パー)


幸来軒の詳細
posted by BBSHIN at 23:52| Comment(0) | 上越市

2015年05月24日

龍馬軒 上越高田インター近くに移転オープン

上越市、南高田駅近くから、上越高田インターのすぐ近くに移転オープンした「龍馬軒」へと行ってきました。

ryomaken2_1.jpg


お店の外観(別角度)

ryomaken2_2.jpg


行列時は10人位であれば、屋根付きのベンチに座って待つ事が出来ます。

色々とレトロな物が置いてあり、店内も古民家の様な造りとなっていました。


注文したのは看板メニューの担々麺です。

担担麺

ryomaken2_3.jpg

ryomaken2_4.jpg


胡麻がたっぷりと使われ、ゴマの風味・コク、そして、クリーミー感が良いですね。

麺はツルモチの中位の太さで、少し縮れていました。
スープにトロみがあるので、麺へたっぷりと絡みつきます。

ラー油も浮いていますが、アクセント程度でそこまで辛くはありません。

上の挽き肉やザーサイ等の具がスープと合わさると、また違った美味しさがあります。
スープと具のコラボが担々麺の醍醐味ですよね。


続きましては「塩にぼし中華」です。

ryomaken2_5.jpg

ryomaken2_6.jpg


魚介の効いたあっさり系のスープです。

魚介をしっかりと感じさせつつも、それが突出しておらず、それを受け止める動物系スープもしっかりと出ていると思います。

麺は担々麺とは異なるタイプで、加水低めでパツっとした食感、スープの持ち上げも良いですね。
自然とスープが絡む担々麺には多加水、出汁の効いたアッサリ塩にはスープが馴染みやすい低加水という使い分けでしょうか。

具は、味の染みこみの良い味玉、ロースト系のレアチャーシューなどがのっていました。

ちなみに移転前も、こちらで塩ラーメンを食べた事がありますが、最初に食べた時は、シンプルな中華系で、二度目に食べた時は、魚介がかなり強めに効いていた印象があります。
3度目の今回も味が変わっていましたが、今までで一番バランスが良かったと思います。

今回食べた2品とも、とても美味しかったです手(パー)


龍馬軒の詳細
posted by BBSHIN at 20:23| Comment(5) | 上越市

2015年05月14日

美麺 カムイ 三代目 鶏白湯、魚貝系らぁ麺

上越市の人気店「らあめん 花果山」の夜営業の二毛作店「美麺 カムイ」へと行ってきました。

kamui_201505_1.jpg


メニューがリニューアルされたという情報を元に行ってみる事にしました。

カムイのメニューリニューアル情報はこちら


三代目 鶏白湯(醤油)

kamui_201505_2.jpg

kamui_201505_3.jpg


「三代目」となった事で、以前の鶏白湯に比べ濃厚なスープへと変化していました。
前回のものは、鶏ガラの旨みが印象的でしたが、今回のものは、コラーゲン質が増えクリーミーになり、それに伴い乳化された油も増え、鶏油のコクが前面に出る様になりました。
口の中に軽くまとわりつく様なネットリとした濃厚な味わいでした。

ちなみに、スタート当初は塩のみだったそうですが、醤油もやる様になるとのこと。
今回は塩を食べようと思っていましたが、試作中という醤油を頂く事となりました。

これ系の強めの動物系は純粋な塩よりも、醤油混じりの方が鶏特有のにおいを抑えてくれて食べやすかったりするので、こちらの方がお勧めかもしれませんね。

鶏チャーシューもしっとりとしていて美味しかったですねぴかぴか(新しい)

丁寧な仕事が光る一杯でした手(チョキ)


魚貝系らぁ麺(醤油)

kamui_201505_4.jpg

kamui_201505_5.jpg


あっさりとした貝出汁スープです。
塩と醤油が選べたの醤油を選択しました。

貝出汁がしっかりと出つつも、しっかりとした厚みがあるスープです。
油の量が少なめなので、サッパリした飲み口でした。
油が少ない事で、一般的なラーメンとは少し違った印象で、和食的な要素のある一杯ですね。

自然な味わいで、質の高い一杯でした手(チョキ)


美麺 カムイの詳細
posted by BBSHIN at 20:57| Comment(2) | 上越市

2014年11月26日

煮干醤油らーめん 神楽屋

上越市、上越ジャンクションから長野方面に行く途中の中郷インターのすぐ近くにある「煮干醤油らーめん 神楽屋」へと行ってきました。

kaguraya_1.jpg


店名にもある通り「煮干し」がメインのお店の様ですね。

まずは、基本の「煮干しラーメン」です。

kaguraya_2.jpg

kaguraya_3.jpg


表面にはほとんど煮干しが浮いていません。
スープはあっさり醤油味で、出汁は煮干しオンリーと言って良い程の軽めの飲み口です。
あったかうどんや蕎麦の汁の様な感じですね。

麺は歯応えの良いストレート細麺です。
自家製らしく個性を感じる良い麺だと思いましたひらめき

チャーシューは少し筋の固さや肉の歯応えある食感です。
味が程よく染み込んでいました。


塩ラーメン

kaguraya_4.jpg

kaguraya_5.jpg


こちらは、醤油味の「煮干しげん骨ラーメン」の塩ダレバージョンとのことです。

メニューの説明に「ガッツリ」とありますが、濃厚白湯とかではなく、出汁の良く出た動物系スープに、動物系油がたくさん浮いているという感じです。
油量が多いので結構コッテリしていますね。

麺は上越豚骨にも似た感じの、白く歯応えの強い縮れ太麺でした。
煮干し醤油の細麺も含め、麺が良い感じですねぴかぴか(新しい)

控えめな煮干しラーメンとは対照的に、油やスープのコクが強く印象的な味わいでした。


煮干醤油らーめん 神楽屋の詳細
posted by BBSHIN at 21:52| Comment(0) | 上越市

2014年11月24日

雪山行きたい

上越市にオープンした「雪山行きたい」に行ってきました。

yukiyamaikitai_1.jpg


お好み焼きとラーメンのお店らしく、テーブルはお好み焼き用の鉄板になっています。

yukiyamaikitai_2.jpg


ラーメンとお好み焼きの両方が一緒に食べられるのは嬉しいですね。
ラーメンだけを食べる場合は、鉄板の上にフタをしてもらえると食べやすくなりそうです。



注文したのはお店の名前がついた「大雪山ラーメン」です。

yukiyamaikitai_3.jpg

yukiyamaikitai_4.jpg


まるで雪山の様に、たっぷりの野菜が盛りつけられています。
正に文字通りの「雪崩」を起こしてしまいそうな程の盛りっぷりですあせあせ(飛び散る汗)

この手の野菜がガッツリ盛り付けられているラーメンの場合、大抵はモヤシがメインで、良くても「モヤシ6:4キャベツ」位なものですが、こちらはキャベツをたっぷりと使用するお好み焼き店という事もあってか、上部は全てキャベツとなっていて、その下にモヤシが埋まっており、キャベツ比がとても高かったですぴかぴか(新しい)
キャベツの方がガッシリとした山を形成しやすいのでしょうねひらめき

背脂やニンニク、野菜は増量や抜きが可との事でしたが、全部普通にしておきました。

ニンニクは刻みニンニクとおろしニンニクの両方がのり、背脂は大きくカットされた切り身がのっていました。

スープはニンニク風味の強いアッサリ味で、麺はツルモチ系の太麺でした。



トマトラーメン

yukiyamaikitai_5.jpg

yukiyamaikitai_6.jpg


あっさりで、ミネストローネ的なトマト風味の強いスープです。
麺はツルモチ中細麺でした。
女性に人気との事です。


雪山行きたいの詳細
posted by BBSHIN at 17:27| Comment(0) | 上越市

2014年11月22日

美麺 カムイ

上越市の人気店「花果山」の木・金・土の夜限定の二毛作店「美麺 カムイ」へと行ってきました。

kamui_1.jpg


この日は午前に取材を行い、昼営業の花果山で食べた後、上越地域の各店を巡り再び夜に訪れました。
同じお店に一日に2度行くのは滅多に無い事です。

らあめん 花果山・美麺 カムイへのインタビュー記事

取材時に見た冷却状態の鶏白湯スープが見るからに美味しそうだったので期待を持ってやってきました。

鶏白湯

kamui_2.jpg

kamui_3.jpg


濃厚で鶏の旨味たっぷりの鶏白湯スープです。
醤油の風味も良く、また、香味野菜をうまく使っているのか、豊潤な鶏の旨味とは裏腹に、鶏の臭みは全くありません手(パー)
鶏風味全開のスープが苦手な人でも普通に美味しく食べられそうな位です。

この一杯に対する期待は大きなものがありましたが、その期待を上回る味に大満足でするんるん

素晴らしい一杯でしたグッド(上向き矢印)



以前こちらのお店に新潟ラーメンバトルで訪れ、ついでに塩ラーメンを食べましたが、自分の好みからは外れるけど、とてもレベルの高いラーメンを出しているお店だと感じました。
バトルラーメンも含め最初に食べた二杯は技術の高さや手間のかけ具合は伝わってくるものの、自分の好み的に「これだ!」とくるものではありませんでしたが、各メニューを試してみる価値があるお店だと感じていました。
そういう事もあり、先日のUXほっとほっとフェスタで食べた際に、ついでに取材依頼をする事としました。


といった経緯もあり、以前に食べた塩ラーメンの変化版ともいえる塩味の煮干しラーメンには興味があったので注文してみることに。

煮干しらぁ麺(塩)

kamui_4.jpg


以前、食べた塩ラーメンには「もう一味欲しい」と感じていましたが、こちらの一杯には、その「もう一味」がプラスされており、絶妙なバランスの一杯となっていまするんるん

これはかなり美味いですねグッド(上向き矢印)

昼に提供されている普通の醤油ラーメンは醤油風味が、今回の煮干し塩は煮干し出汁が加わり自分的にはピタリと好みにハマる味となっていましたぴかぴか(新しい)
といっても普通の塩ラーメンについての感想は、あくまでも自分の好みであり、あの洗練された味わいの一杯にハマっている方も多い事でしょう手(パー)

ちなみに昼の花果山では、煮干しラーメンは醤油のみとなっており、煮干し塩は鶏白湯とともに夜限定となっています。
昼・夜ともに楽しめるお店ですね。
ぜひとも両方試してみて下さい手(チョキ)


kamui_5.jpg



美麺 カムイの詳細
posted by BBSHIN at 12:20| Comment(0) | 上越市

2014年11月17日

らあめん 花果山 煮干しラーメン

上越の「らあめん 花果山」へと行ってきました。

kakazan_201411_1.jpg


今回は先日掲載したインタビューコーナーの為の取材の後、時間をおいてから再訪問しました。

花果山へのインタビュー記事


注文したのは、気になっていた「煮干しラーメン」です。

kakazan_201411_2.jpg

kakazan_201411_3.jpg


煮干しが効いたアッサリ醤油味のスープ、麺はツルツルモッチリ食感の自家製の中位の太さの麺です。

動物系清湯スープと煮干し出汁のWスープの様です。
煮干し出汁が程よく効き、動物系のボディ感もあり、醤油ダレの風味も合わさり絶妙なバランス感となっていまするんるん

チャーシューは弾力感があり、歯応え良く、肉の旨味がしっかりと残り、かつ味も良く染みていて美味しいですね。


お好みのタイミングで大根おろしを入れます。

kakazan_201411_4.jpg

入れた途端「山菜おろしそば」の様な感じになりますぴかぴか(新しい)
トッピングに山菜、大根おろしに煮干し出汁ですから当然そうなりそうなものですが、ここまで違和感無くピッタリとハマるとはさすがですひらめき

とても美味しい煮干し醤油ラーメンでしたるんるん


醤油ラーメン

kakazan_201411_5.jpg


自分の好みでいえば煮干しラーメンの方が好きな味ではありますが、風味豊かな醤油ダレの背景にしっかりとした厚みのあるスープがあり、レベルの高い醤油ラーメンだと感じます。


ミニチャーハンかミニ杏仁豆腐がサービスとなるので一つずつお願いしました。

ミニチャーハン

kakazan_201411_6.jpg


ミニ杏仁豆腐

kakazan_201411_7.jpg


らあめん 花果山の詳細
posted by BBSHIN at 23:10| Comment(0) | 上越市

2014年11月16日

「らあめん 花果山」へのインタビュー

上越市の「らあめん 花果山」「美麺カムイ」に対し、インタビュー取材を行いました。


取材時に撮影したスープを仕込む寸胴

kakazan_int.jpg


こちらのお店については、2013年の新潟ラーメンバトルで食べた時から気になっていました。
バトルの際には忙しそうだった事もあり、声をかけられずにいましたが、数週間前から取材依頼をし、本日のインタビューへと繋がりました。

取材をした感想としては、一つ一つの作業がとても丁寧で明確な意図を持って行っている事、細部までこだわりを持ってやっている事、そして、厨房の清潔さ、などが印象的でした。


ちなみに、昨日発売された「ラーメンWalker新潟 2015」の新店部門では、カムイが取り上げられており、偶然ですがタイムリーなネタになりましたひらめき
まだ食べた事が無いという方は、一度食べてみると、今回の結果にも納得すると思われます手(パー)


※花果山、カムイ両店の自分の食べ歩き記事については後日掲載致します


らあめん 花果山へのインタビュー記事はこちら
posted by BBSHIN at 01:00| Comment(0) | 上越市

2014年09月24日

GO GO 宝来軒 上越中華ソバ

上越インター近くにある「GO GO 宝来軒」へと行ってきました。

gogohouraiken_201409_1.jpg


以前、こちらのお店に行ったのは2010年なので、かなり久しぶりの訪問となります。


注文したのは「上越中華ソバ」です。

gogohouraiken_201409_2.jpg

gogohouraiken_201409_3.jpg


一口食べると、あまりの熱さに驚きますあせあせ(飛び散る汗)

熱した油が層をなしている様ですね。
ここまで熱いラーメンを食べたのは初めてです手(パー)

麺にも熱い油が絡みつくので、一口一口すする麺も熱くなっています。

ハンパじゃない熱さの一杯でした。


淡麗煮干中華ソバ

gogohouraiken_201409_4.jpg

gogohouraiken_201409_5.jpg


油がほとんど浮いていなく、かなりあっさりとした醤油味のスープです。

昔ながらの雰囲気を醸し出す一杯でした。


GO GO 宝来軒の詳細
posted by BBSHIN at 21:10| Comment(0) | 上越市

2014年09月23日

ラーメンほうとく 高田店

上越市、高田駅近くにある「ラーメンほうとく 高田店」

houtoku_takada_1.jpg


ラーメン

houtoku_takada_2.jpg

houtoku_takada_3.jpg


あっさり醤油味で旨味が強いスープに油がそこそこ浮いています。

麺はツルツルもちもちで中位の太さの麺です。
旨味強めのスープとこういう麺は合いますね。

チャーシューはバラのロールチャーシューでしょうか。
柔らかい食感だったと思います。


塩ラーメン

houtoku_takada_4.jpg


こちらも、あっさりスープに旨味が強めに加えられ、シンプルに美味しい一杯だと思います。


ラーメンほうとく 高田店の詳細
posted by BBSHIN at 11:09| Comment(0) | 上越市

ラーメンのこじま

高田駅や高田公園の近くにある「ラーメンのこじま」へと行ってきました。

kojima_1.jpg


玉ねぎチャーシュー麺がお勧めという事だったので注文してみました。
玉ねぎチャーシュー麺と普通のチャーシュー麺が同じ値段でしたが、玉ねぎが有るか無いかの違いらしいので、玉ねぎが嫌いでなければ玉ねぎチャーシュー麺がお得かと思われます。

玉ねぎチャーシュー麺

kojima_2.jpg

kojima_3.jpg


程よい旨味でコクがあり、柔らかい飲み口の醤油味のスープ、麺は中位の太さのツルモチ縮れ麺でした。

スープはライトな白湯に醤油ダレが効き、見た目程しょっぱさはありません。
表面の油も少ないので、比較的あっさりな仕上がりです。
こちらの地域に多い動物的な香りはありません。

チャーシューは表面を焼いてあります。
肉の旨味も残っており、スープやタレで煮たり、ボイルしてからタレに漬ける煮豚ではなく、焼いてから漬け込む焼き豚かなと思われます。

焼いた事で表面からは焦がした香りが漂い、また、味は奥まで染み込んでいるものの、そこまで濃い味ではありませんでした。
とても美味しいチャーシューですねるんるん

チャーシューのしょっぱさがそこまでではないので、チャーシューダレは甘味などを加えつつ塩分はそれ程ではなく、長時間漬ける事で味を染み込ませているのかなと。そしてその漬けダレをラーメンの醤油ダレとして用いる事で、丸みのある飲み心地になっているとか?
あくまで想像です手(パー)


塩らーめん

kojima_4.jpg


あっさり塩豚骨、といった感じの一杯です。


ラーメンのこじまの詳細
posted by BBSHIN at 09:08| Comment(0) | 上越市

2014年09月21日

ラーメン えいしん

上越市、大潟スマートインターから8号線を上越市中心部に向かう途中の右側にある「ラーメン えいしん」へと行ってきました。

eishin_1.jpg


2日間の上越食べ歩き初日のラストのお店をどこにするか迷っていたところ、FBでお友達登録しているラーメンフリークの方がコマチスタンプラリー巡りでこちらのお店に食べに行くという話を聞き行ってみる事としました。
一旦宿泊地の妙高方面に向かいかけていたので、30分位かけてお店に到着した頃には、その方は既に食べ終わっていた様ですが、ギリギリ駐車場で遭遇し少しラーメン話をする事が出来ました。
ラーメンを巡る事で生まれる縁というのも良いものですねぴかぴか(新しい)


メインメニューは醤油味の普通の「ラーメン」っぽかったので、そちらを注文してみました。

ラーメン

eishin_2.jpg

eishin_3.jpg


醤油風味が前面に出つつも、魚介風味や下支えする動物系など、バランスの良い出汁感のスープでした手(パー)

少ししょっぱい位のチャーシューの味の染み込み具合も良いですねるんるん

新しいお店らしいですが、昔ながらのテイストを出し、丁寧な仕上がりの一杯でしたぴかぴか(新しい)



もう一品はレギュラーメニューでは無いですが、お勧め品として入り口でPRしていた「笹川流れの藻塩 塩ラーメン」を注文してみました。

笹川流れの藻塩 塩ラーメン

eishin_4.jpg


コク深く丸い口当たりの醤油に比べ、塩は若干尖ったタレの旨味が特徴的でした。
あっさりスープに強い旨味と、少ししょっぱめに塩味が効いています。

旨味は藻塩からくるものでしょうか?
笹川流れの藻塩は自然な旨味がとても良い感じなので、自作ラーメンでも藻塩を使った塩ラーメンを何度か試作していましたが、値段が結構高いので、普通の塩とブレンドして使用していました。
そういう事もあり、こちらのお店のスープ位の旨味にするには、藻塩を結構たくさん使ってるのではないかなと感じました。

この日はレギュラーメニュー以外に「野菜炒め定食」(880円)があったりと、飽きずに何度も楽しめるお店かなと思いました。


ラーメン えいしんの詳細
posted by BBSHIN at 13:28| Comment(0) | 上越市

8番らーめん 五智国府店

上越市にある「8番らーめん 五智国府店」へと行ってきました。

8ban_joets_1.jpg

場所は、上越インターから海方面へ行き、8号線との交差点を左折、8号線を走り関川大橋を渡り少し行った辺りの右側にあります。

こちらのお店は、石川県、富山県など北陸地方を中心としたチェーン店で、新潟には上越市にこの1店舗があるのみとなっています。


注文したのは定番の「野菜らーめん(塩味)」です。

8ban_joets_2.jpg

8ban_joets_3.jpg


かなりライトな白湯スープは、野菜をタンメン的な作り方で加熱しているので、野菜の甘味も加わっていたかと思います。
旨味も強めに加えられており、一般受けしそうな味だなという感想です。

麺は縮れた太麺でした。

具材は違いますが、若干ちゃんぽん的な仕上がりの一杯だなと思いました。


テーブル調味料(8番酢、8番特製胡椒、具入り8番ラー油、8番の餃子タレ)

8ban_joets_4.jpg



中華麺

8ban_joets_5.jpg

8ban_joets_6.jpg


こちらも旨味強めのスープ、麺は細麺でした。

個人的には野菜塩の方が好みの味でしたねぴかぴか(新しい)


8番らーめん 五智国府店の詳細
posted by BBSHIN at 12:00| Comment(0) | 上越市

麺工房 優

上越市、上越インター近くのショッピングモール「パティオ」内にある「麺工房 優」へと行ってきました。

yu_1.jpg


注文したのは醤油ラーメンです。

yu_2.jpg

yu_3.jpg


醤油味のスープは、旨味強めで魚介なども効き、また表面には油が適量に浮き、ハッキリとし、印象的な味わいでした。
麺は自家製との事ですが、スープの印象からは太めと感じる麺でした。


角切りのメンマが珍しいですね。

yu_4.jpg


別皿で柚子胡椒、練り梅、干し海老がついてくるので、味の変化も楽しめます。



坦々麺

yu_5.jpg

yu_6.jpg


表面にはラー油が多めに浮き、かなり辛めの仕上がりです。
麺自体にも辛味があり、色もついていたので、聞いてみたところ、唐辛子を練りこんだ自家製麺との事です。
麺の辛味と、油やスープとともに絡んでくる辛味により、かなりの辛味となります。

スープはがゴマ風味がたっぷりだったと思いますが、それを感じさせない位に辛味が強かったです。


麺工房 優の詳細
posted by BBSHIN at 02:01| Comment(0) | 上越市