2013年11月17日

はな禅 鶏煮干白湯

以前一度行って美味しいと思った上越市の「はな禅」へ再び行ってきました。

hanazen_201311_1.jpg


はんなり+味玉

hanazen_201311_2.jpg

hanazen_201311_3.jpg


店内に貼ってあるお店新聞を見ると、9,10月あたりでマイナーチェンジをしたとの事ですひらめき

あっさり煮干しの香る淡麗系ラーメンで、スープの出汁感は抑え目で香味油から漂う香りが良い感じですねぴかぴか(新しい)

麺はツルツルとした全粒粉中細麺です。


店内には過去の期間限定ラーメンの写真がたくさん貼ってあります。

hanazen_201311_4.jpg


かなりの創作意欲で、日々頑張っている事が伺えますね手(パー)



今回、私が食べたのは期間限定「鶏煮干白湯」

hanazen_201311_5.jpg

hanazen_201311_6.jpg


濃度はそこそこの鶏白湯スープは、煮干しの風味がプラスされ絶妙な旨味加減でするんるん

鶏が前に出るでも、煮干しが前に出るでもなく、双方が引き立て合っていると感じます。

麺については、こちらのお店のあっさり淡麗ラーメンの場合、ツルツル感の少ない麺でも食べてみたいと感じる時もありますが、今回の鶏煮干白湯のスープと麺の相性はモロ好みのバランス感でした手(チョキ)


この後、上越ラーメン巡り数軒を予定していましたが、あまりに好みのラーメンだったので、ついつい完食してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

hanazen_201311_7.jpg


また、いずれ食べに行きたいお店ですぴかぴか(新しい)



はな禅の詳細
posted by BBSHIN at 09:02| Comment(0) | 上越市

2013年11月04日

Q太郎

上越市、高田駅周辺で飲んだ後、シメに万里でラーメンを食べ、宿泊先のビジネスホテルでゆっくりしていると、ふと頭に

「夜の高田駅周辺にくるチャンスは滅多に無いのでは?」

とよぎり、事前に調べておいた店に地図を片手に向かう事にダッシュ(走り出すさま)

しかし、地理感覚が無く、携帯をホテルに忘れてしまった為GPSも使えず、なかなかお店を見つける事が出来ず1時間程彷徨うハメになってしまいました。

夜中で疲れていた上に、お酒もまわり段々ぐったりとしてきて、さすがに心が折れそうになり、諦めて帰ろうかと思ったところ、ふと目にラーメン屋らしきお店が飛び込んできました。

Q太郎

qtarou_1.jpg


狙いのお店ではありませんでしたが、平日の深夜にも関わらずほぼ満席となっています。

時計を見ると深夜2時をまわっていました。
(後で知ったのですが、基本は夜1時閉店らしく、お客さんの入り次第で閉店時間を延ばす事もあるとか)


注文したのは「台湾ラーメン」です。

qtarou_2.jpg

qtarou_3.jpg


あっさりとしたスープは、結構な辛味があります。

店主に聞いてみると、具材をスープで煮込む際に、鷹の爪を入れており、入れるタイミングによって辛さ調節が可能だとか。

辛味の効果で体がポカポカと温まり、じんわりと汗がにじんできました。
歩き疲れ、消耗しきった体に嬉しい一杯でした手(チョキ)

ちなみに、普通のラーメンは豚骨を使ったあっさりスープに、鶏油が浮き、麺は細麺で飲んだ後のシメ向きの一杯との事です。
つけ麺は太めの平打ち麺、また、レギュラーメニューではなさそうですが、極細麺の支那そばもあるらしいです。


Q太郎の詳細
posted by BBSHIN at 21:34| Comment(0) | 上越市

中国家庭料理 万里

上越市の高田駅前で飲んだ後、駅のすぐ近くにある「万里」へと行ってみました。

banri_1.jpg


お通し

banri_2.jpg


まずは餃子をつまみに一杯

banri_3.jpg


シメにラーメンを注文しました。

banri_4.jpg

banri_5.jpg


澄んだスープはかなりあっさりしています。
醤油味もそれ程主張せず、かなりシンプルな仕上がりとなっていて、正に「〆のラーメン」ですねぴかぴか(新しい)


ジャージャー麺

banri_6.jpg


モチモチでうどんの様な食感の麺の上に、肉味噌・キュウリがのっています。

終盤になり酒も良い感じにまわり記憶も曖昧ですが、肉味噌は甘辛の味付けだったと思います。

肉味噌と麺を混ぜながら食べると美味しかったですねぴかぴか(新しい)


中国家庭料理 万里の詳細
posted by BBSHIN at 01:50| Comment(0) | 上越市

2013年10月22日

上越妙高流 麺処 暁

上越市にある「上越妙高流 麺処 暁」へと行ってきました。

akatsuki_1.jpg


暁らーめん

akatsuki_2.jpg

akatsuki_3.jpg


基本のらーめんに魚粉が入ったものらしいです。

かなり濃厚でパンチがあるスープに魚粉が入り、ヘビーな豚骨魚介スープとなっています手(グー)

チャーシューは低温調理らしく、肉厚で歯応えがあり、肉の旨味も多く、美味しいチャーシューでした手(チョキ)


ハーフらーめん

akatsuki_4.jpg


とろみ感はそれ程でも無いのですが、濃厚でガツンときます。

スープ濃度も高く、浮いてる油もあってか、かなりコッテリ感ある仕上がりです爆弾



上越妙高流 麺処 暁の詳細
posted by BBSHIN at 21:07| Comment(0) | 上越市

2013年10月06日

らあめん 花果山 「秋味噌ラーメン autumn taste」 新潟ラーメンバトル2013

新潟ラーメンバトル2013

13軒目のお店は、上越市の人気店「らあめん 花果山」です。

kakazan_1.jpg


こちらのお店は以前から行ってみたいと思っていたので、今回のバトルが良い機会となりましたひらめき


バトルラーメンはこちら

「秋味噌ラーメン autumn taste」

kakazan_2.jpg

kakazan_3.jpg


綺麗な盛り付けが特徴的ですぴかぴか(新しい)

なめこ、しめじ、えのき、カボチャ、レンコン、コーン、もやし、レタス、白髪ネギなどが彩り豊かに盛り付けられていますひらめき

麺は普通のラーメンより少し太いものを使用している様です。

米麹味噌を使ったというスープは、とろみがあり独特な舌触りですね。
元となるスープは恐らくあっさりだと思うので、トロみ感は米麹となめこ由来のものでしょうか。

レンコンにも味付けがしてあったりと、細部までこだわりを持って作られていると感じます手(チョキ)

今回のバトルの為に考案された、オンリーワンな一杯だと思います手(パー)
バトル期間中にぜひお試し下さい。



塩ラーメン(桜チップの薫製玉子トッピング)

kakazan_4.jpg


かなり洗練された上品な塩ラーメンですぴかぴか(新しい)

中華料理屋で出てきそうなスタイルの塩ラーメンで、ちょっとお高い中華料理店で1,300円位で売っててもおかしくなさそうな気がします。

新潟のラーメン屋さんではなかなか無いスタイルとレベルの一杯だと感じました。

桜チップの薫製玉子も薫製の香りがなんともいえず良いですね〜グッド(上向き矢印)


お昼に食事をするとミニチャーハンか杏仁豆腐がサービスとなります。

ミニチャーハン

kakazan_5.jpg


杏仁豆腐

kakazan_6.jpg



これだけレベルの高いラーメンを提供していれば、ほっといてもお客さんが入りそうなものですが、それでも「おもてなし」の気持ちを忘れない姿勢はさすがだと思いますわーい(嬉しい顔)



秋味噌ラーメン autumn tasteの詳細


らあめん 花果山の詳細
posted by BBSHIN at 23:39| Comment(0) | 上越市

2013年09月21日

たんぽぽラーメン

上越市にある「たんぽぽラーメン」へと行ってきました。


tanpopo_1.jpg


コマチにスタンプラリー参加店です。



こちらのお店、上越に住む人に話を聞くと、元々は味噌ラーメンが人気の昔ながらのお店だったらしいですが、店主が2代目になると、味噌ラーメンを残しつつも各種創作ラーメンを出す様になったとのこと。

今回は、コマチに掲載されていたトムヤムクンラーメンを注文してみる事としました。

tanpopo_2.jpg

tanpopo_3.jpg


辛味、酸味のあるスープは刺激的な味わいですあせあせ(飛び散る汗)

各種香草の香りが強烈ですひらめき
多分パクチーだと思いますが、特有の香りがアジアを感じさせます。
雑誌によるとニンニク、レモングラス等の10種以上の素材を使っているとか?

麺はパツンパツンとした食感の細麺で、新潟では珍しいタイプの麺だと思ったので聞いてみたところ、地元業者から豆乳入りの麺を仕入れているとのこと。
新潟県の業者もなかなかやりますねグッド(上向き矢印)


トマトチーズ麺

tanpopo_4.jpg


トマトスープパスタ的なイタリアンなラーメンです。
酸味たっぷりのスープは美味しいですね〜

トマトラーメンは過去にも食べた事がありますが、ここまで徹底してパスタ風にしてあるのは初めて食べました。

チーズとタバスコがこれ程合うラーメンはなかなかないでしょうひらめき


麺はトムヤムクンラーメンと同じパツパツ細麺でした。
ちなみに味噌や醤油などは普通の中華麺とのこと。


オニオンフライとチーズがのったライス付きなので、スープをかけてリゾットとしても楽しめますぴかぴか(新しい)



たんぽぽラーメンの詳細
posted by BBSHIN at 18:22| Comment(0) | 上越市

2013年07月27日

上海軒

ブログのコメント欄への情報を元に、上越市に古くからある人気店「上海軒」へと行ってきました。

syanhaiken_201307_1.jpg

メニューにラーメン(小)なるものがあったので、五目ラーメンも(小)で注文してみました。
(上越で4軒巡る予定となっていたので・・)

五目ラーメン(小)800円

syanhaiken_201307_2.jpg

syanhaiken_201307_3.jpg


たっぷりの野菜がのっていて具沢山です。
もう一杯注文したラーメン小と比べるとかなりのボリューム感です。
とても「小」とは思えませんねあせあせ(飛び散る汗)

あと、大抵五目ラーメンというと醤油ラーメンに五目餡がかかっていたりしますが、こちらの五目は塩味で、かつ、餡かけではありません手(パー)
新潟市で食べたら「タンメン」と呼ばれそうな一杯です。
しかし、メニューにはこれとは別に「タンメン」が存在するので、そちらも気になるところですひらめき



ラーメン(小)

syanhaiken_201307_4.jpg


正に昔ながらのあっさりラーメンです。

透き通ったスープには油がほとんど浮いていません。

このあっさり感からか、隣の人のテーブルに店員さんが「アブラお持ちしました」と言って別皿に入った脂身の様なものを持ってきていましたひらめき
メニューには書いてなかったのでそれが何なのかは分かりませんでしたが、常連さんは澄んだスープにコッテリ感を出す為に脂身を注文しているのでしょうか??

チャーシューは、これまた澄んだスープに良く合う固めでしょっぱめの味付けのものです。
昔ながらのラーメン店でよく出てくる様な、肉汁を落としたところにタレを染みこませてある様に見えます。


初めて訪れて2杯を試しただけですが、古くからの常連客の心を掴んで離さない理由が少し分かった気がしますひらめき



上海軒の詳細
posted by BBSHIN at 15:58| Comment(2) | 上越市

はな禅

以前より行ってみたいと思っていた上越市の「はな禅」に行ってみました。

hanazen_1.jpg


店内はお洒落で落ち着いた雰囲気ですぴかぴか(新しい)

窓際に吊るされた風鈴の音色が、自分が今ラーメン屋さんにきているという事を一瞬忘れさせます。



わびさび

hanazen_2.jpg

hanazen_3.jpg


これぞ正に淡麗系!

鶏を前面に感じさせながらも淡い飲み口のスープは、最初の一口目のインパクトというより、全体のバランス重視な感じです。

もう少しの刺激が欲しいと感じさせつつも、何口か飲み進める程に満足度が高まっていきますグッド(上向き矢印)

麺はツルツルした全粒粉麺です。
最初は、淡い飲み口のスープにはもう少し細い麺の方が良いかなとも思いましたが、徐々にその辺りは気にならなくなり、スルスルと食べられました。
トータルで旨い一杯だと感じまするんるん



はんなり

hanazen_4.jpg


麺は塩ラーメンと同じでしょうか。

こちらは、煮干しの香りがふんわりと漂い、塩と比べ魚介を強く感じます。
淡い感じの塩に比べ、飲んだ瞬間のインパクトのあるスープですねるんるん

女性店主に聞いてみると、スープ自体は塩・醤油ともに同じで、鶏と煮干しから取っていて、醤油には煮干し油、塩には鶏油を使用しているとか。
2杯の香りの違いは香味油だったのですねひらめき

まあ、聞いてみれば納得な話ですが、この辺りの事を自分の舌で判断出来る様にはならないかなと感じますたらーっ(汗)


こちらのお店、今回食べた2杯がレギュラーメニューで、随時色々な限定メニューを開発している様ですぴかぴか(新しい)
ぜひ他のメニューも試してみたいですねわーい(嬉しい顔)

上越にくるチャンスはなかなか無いのですが、また近いうちにもう一度訪れてみたいと思いました手(パー)



はな禅の詳細
posted by BBSHIN at 00:13| Comment(0) | 上越市

2013年06月03日

よしきゅう 上下浜店

米山 下牧コース登山の後、ハマナスふれあいセンターで温泉に入った後、すぐ近くにある「よしきゅう 上下浜店」でラーメンを食べて行く事にしました。

yoshikyu_1.jpg


こちらのお店、とてもメニューが豊富です。

「安くてボリュームがある」という訳ではなく値段設定は普通な感じですが、ガッツリ食べたい人にはついつい欲張ってたっぷり注文してしまいます。

3人で行きましたが、登山後に空腹だった事もあり、みんなボリュームあるラーメンとサイドメニューまで注文していました。


肉厚直火焼きチキンラーメン(しょうゆ味)

yoshikyu_2.jpg

yoshikyu_3.jpg


運動後の体には、ボリュームたっぷりのチキンがたまりませんねグッド(上向き矢印)

油が浮いているものの、スープ自体はそこまで濃厚ではありません。
旨味が強いスープは多くの人の支持を集めそうな味です。


チャーハン+餃子セット

yoshikyu_4.jpg


ここまで食べると、さすがに満腹ですね〜たらーっ(汗)

トータル1,230円となりましたが、時と場合によってはこういう注文の仕方もありですね手(パー)


厚焼きロースチャーシューメン(煎りにんにく味)

yoshikyu_5.jpg


野菜いためラーメン(げんこつ味)

yoshikyu_6.jpg


二人とも餃子+ライスのセットを注文してました。

yoshikyu_7.jpg


みんなかなり満腹となった様ですひらめき



よしきゅう 上下浜店の詳細
posted by BBSHIN at 00:01| Comment(0) | 上越市

2013年05月28日

たんたん麺の店 菜心

上越市、高田公園近くにあるお店「たんたん麺の店 菜心」へと行ってみました。
上越高田インターから比較的近い場所にあります。

saishin_1.jpg


黒胡麻野菜担々麺

saishin_2.jpg

saishin_3.jpg


かなり胡麻がたっぷりと入った担々麺です。

辛口10円、大辛20円・・鬼辛50円とトッピング的な辛味の調節出来るみたいですが、普通にすると辛さはほぼ感じず、ゴマのまろやかなコクが印象に残ります。

麺はツルツルですが、たっぷりと入った胡麻が表面にくっつき食感にも影響を与えます。

美味しい坦々麺でしたるんるん


ライス

saishin_4.jpg


担々麺のスープとライスの相性は良いですねグッド(上向き矢印)



野菜担々麺(辛口)

saishin_5.jpg


かかってるのは唐辛子の粉でしょうか?
見た目は凄く辛そうですが、そこまでの辛さではないとの事です。
でも、「辛口」でこの見た目ですから、「鬼辛」はきっと凄い事になるのでしょうねあせあせ(飛び散る汗)


餃子

saishin_6.jpg


たんたん麺の店 菜心の詳細
posted by BBSHIN at 00:28| Comment(0) | 上越市

2013年03月08日

麺屋 吉祥 上越アコーレ店

上越インター近くのイオン・アコーレの中にある「麺屋 吉祥 上越アコーレ店」へと行ってきました。

kissyo_acore_1.jpg


以前妙高の道の駅あらいで食べた醤油ラーメンが美味しかったので、また食べてみたいと思ってたところ、上越インター近くのこちらのお店がオープンしたという話を聞き、チャンスがあれば行こうと思っていました。


らー麺(黒たまり)

kissyo_acore_2.jpg

kissyo_acore_3.jpg


動物系・魚介系のスープらしく、あっさりとしていて飲みやすいです。
黒たまりという事で、醤油の色、風味が強く出ています。


少し感じた事としては、以前食べた妙高のものとは麺の食感が違う気がしたのと、スープの濃度とタレのバランスも違った気がしました。
記憶違いかな〜??


らー麺(白煮干)

kissyo_acore_4.jpg


今風であり、昔ながらの普通のラーメンの様でもあります。
何度食べても食べ飽きない、という感じの一杯ですね。


麺屋 吉祥 上越アコーレ店の詳細
posted by BBSHIN at 21:30| Comment(0) | 上越市

2012年09月09日

麺屋 あごすけ

4年ぶり位に上越の人気店「麺屋 あごすけ」へと行ってきました!

agosuke_201209_1.jpg


到着したのは夜営業の開店30分前。
一番のりでしたダッシュ(走り出すさま)

agosuke_201209_2.jpg


「前ほど並ばなくなったのかな??」

と思い開店を待っていると、開店直前には20人程の列が出来ていました(^^;)



一緒に行った人が餃子を食べたいといったので、餃子を注文

agosuke_201209_3.jpg



私は塩ラーメンにしました。

agosuke_201209_4.jpg

agosuke_201209_5.jpg


上にのったオクラがまず目を引きますひらめき

麺はツルツルとした表面の縮れ平打ち麺、魚介の香るスープは上品にまとまっていますぴかぴか(新しい)


夜限定という黒とんこつラーメン

agosuke_201209_6.jpg


パっと見普通のマー油かと思いきや、竹炭やら黒ゴマ油が入ってるらしいです。(メニューに書いてありました)


麺屋 あごすけの詳細
posted by BBSHIN at 13:50| Comment(0) | 上越市

2012年07月23日

上湯麺、麻婆麺 龍馬軒

上越の龍馬軒。
お目当ての上湯麺がスープ切れの為、お昼には塩拉麺を食べ、夜に再トライすることにダッシュ(走り出すさま)
お昼に食べた塩拉麺の記事

ryomaken_201207_2_1.jpg


水餃子を注文

ryomaken_201207_2_2.jpg


これは旨いですね〜
こいつをつまみにビールとか飲みたいですビール


そして念願の「上湯麺」

ryomaken_201207_2_3.jpg

ryomaken_201207_2_4.jpg


具一つ無い「素ラーメン」です。
こういうのはお店で食べた事ないので新鮮ですね〜

スープを飲んでみると、、

かなり熱いexclamation×2

パっと見のイメージとは違って、油が結構浮いていて、その油がかなり熱いですあせあせ(飛び散る汗)


私が無知の為、上湯スープというのはサッパリ系のなのかと勘違いしていましたが、動物系の旨味がたっぷりと出たスープに驚きました。

聞いてみると、豚骨や鶏ガラなどではなく、豚肉や鶏肉など肉からとったスープらしいですね。(wikiで調べてもそう書いてありました)
私が熱いと感じた油はスープを取る時に鶏肉から出た鶏油みたいですひらめき


同行者が食べた麻婆麺

ryomaken_201207_2_5.jpg


注文時に店員さんが

「かなり辛いですが大丈夫ですか?」

と忠告してくれましたが、実際かなりの辛さです爆弾


スープは少し入ってるみたいですが、ほぼ汁無し麻婆麺ですね。

山椒のしびれる様な辛さが強烈でした!

辛いものが好きな方には是非試してもらいたい一品です。


龍馬軒の詳細
posted by BBSHIN at 22:56| Comment(3) | 上越市

2012年07月15日

オーモリラーメン 東本町店

上越ラーメン巡りの3軒目は「オーモリラーメン 東本町店」です。
ミサからナビに従って上越インター方面に向かい、左折し橋を渡るとありました。

oomori_higashihontyou_1.jpg


メニューに「おすすめ」と書いてあった「味玉ラーメン」を注文

oomori_higashihontyou_2.jpg

oomori_higashihontyou_3.jpg


遠めから見ると、昔ながらのあっさり系かなと思われるルックスですが、結構動物系のダシが良く出ていてコクと甘みのあるスープです。

スープは豚骨オンリーで魚介などは使用していないらしいですが、一本調子にならず飽きのこない味に仕上がったスープは最後までいけそうひらめき


そしてチャーシューが旨い!

oomori_higashihontyou_4.jpg


柔らかくも歯応えのある食感が良いですねグッド(上向き矢印)


有名店になるのも納得の味ですひらめき
今度、他のお店も行ってみたいと思いますダッシュ(走り出すさま)


オーモリラーメン 東本町店の詳細
posted by BBSHIN at 16:22| Comment(0) | 上越市

2012年07月14日

食堂ミサ本店

龍馬軒で食べた後、妙高方面に向かい「食堂ミサ本店」へと行くことにしました。

ナビが高速道路上をさしていたので、高速に乗って向かうと高速上ではなく、国道18号線沿いにあることに気付きましたたらーっ(汗)

うっかり「ごはん処食堂ミサ あらい道の駅店」と勘違いしていたみたいですふらふら
結局、お店の近くを通り過ぎ、次のインターで降りることに・・

高速を降りた後、一旦停車しお店に何度か電話して道を聞いて向かいましたが、時刻は閉店時間の16時の少し前となり、ナビが示す到着時刻は16時5分です爆弾

再度電話し店員さんにその事を伝えると、「お店から出て待ってますので」との回答ですグッド(上向き矢印)

なんて優しい店員さんなんだぴかぴか(新しい)


そして到着ダッシュ(走り出すさま)

misa_honten_1.jpg


お店は「準備中」となっていて、当然店内には誰もいません。
撮影許可を頂き、パシャリ。

misa_honten_2.jpg



サービスで小鉢を出してくれましたるんるん

misa_honten_3.jpg



看板メニューの味噌ラーメン

misa_honten_4.jpg

misa_honten_5.jpg


ニンニクの香りがインパクト大です。

油も多めですね。
バターとかだったかな?

麺はそんなに太くはない縮れ麺でした。

雪の多い地域だからこそ、こういう体が温まるラーメンが生まれるのでしょうねひらめき

人気が出るのも納得の美味しいラーメンでしたぴかぴか(新しい)


しおラーメン

misa_honten_6.jpg

misa_honten_7.jpg


旨味の強い、あっさりラーメンです。


店員さんの対応も良く、ラーメンも美味しかったので、大満足で帰りましたわーい(嬉しい顔)


お店の隣には「妙高自動車学校」があります。

misa_honten_8.jpg


上越インター方面から行く場合には、この自動車学校を過ぎてすぐ右側にあります。



食堂ミサ本店の詳細
posted by BBSHIN at 00:30| Comment(2) | 上越市

2012年07月11日

塩拉麺 龍馬軒

上越高田インター近くにある龍馬軒へと向かいましたダッシュ(走り出すさま)

ryomaken_201207_1_1.jpg


朝早く出かけたのですが、大雨が降った為、高速道路が通行止めとなり、着いたのは2時頃。
食べたいと思っていた上湯麺はスープ切れとなっていましたあせあせ(飛び散る汗)

上湯麺は夜営業にトライする事にして、唯一残っていた塩拉麺を注文しました。

ryomaken_201207_1_2.jpg

ryomaken_201207_1_3.jpg


運ばれてきた瞬間に煮干しの香りが漂ってきました。
明らかに一年前に食べた塩拉麺とは違います。

飲んでみると、口の中に魚介の風味が漂いますぴかぴか(新しい)
魚臭くなるでもなく、程よいバランスの仕上がりですねグッド(上向き矢印)


以前の塩拉麺は高級中華料理店のラーメンっぽいと感じていましたが、今回のものはいかにもラーメン屋という仕上がりだと思いました。
プロのラーメン屋さんに向かって「ラーメン屋っぽい」みたいな表現は失礼に当たってしまうかもしれませんが、決して悪気はありません手(パー)
前のも美味しかったですが、更に良い方向に変化していってると思いますぴかぴか(新しい)


かなり美味しいと思ったので情報を集める事が出来れば、この塩拉麺に注目した特集記事を書きたいと思いますダッシュ(走り出すさま)


龍馬軒の詳細
posted by BBSHIN at 00:25| Comment(2) | 上越市

2011年10月24日

中華 蝦仁

新潟ラーメン.comに真央さんという方を、新たに情報提供者として追加しましたひらめき


真央さんからの情報提供1軒目は、上越市にある中華料理店「中華 蝦仁」です。
上越情報が少ないのが悩みだったので、とても助かります手(パー)

sharen_1.jpg


エビメン

sharen_2.jpg

sharen_3.jpg


エビ丼

sharen_4.jpg


真央さんから頂いた文章

「上越出身の知り合い4人に美味いラーメン店を聞いたら全員が名を挙げたお店です。

席数は多いが常に満席の人気店です。
注文してから料理ができるまでが早く回転率が高いため長時間並ぶことは滅多にありません。
値段は全体的に高め。

駐車場は店舗横と道路を挟んだところに広めのスペースがあります。


「ラーメン」などは普通の味であまり人気がないようですが、「エビメン」や「五目メン」などのあんかけ系がとにかく美味いです。

甘めの味付けの餡(あん)はストレートの麺によく絡み、またスープを冷めさせず最後まで熱々なラーメンを食すことが出来ます。


ラーメン以外では、「エビ丼」「五目中華丼」「マーボー丼」「五目焼きそば」「エビ焼きそば」「ハルマキ」がよく注文されている様です。

やはり、やはり餡が絡むものが人気みたいですね。
ちなみに「ハルマキ」の味付けも甘め。

メニューは全体的にボリュームがあるものが多く、大食漢でなければ並盛りでも十分ではないでしょうか。


私はいつも「エビメン」or「五目メン」+「ハルマキ」を注文しますが、撮影時は時間が無かった為に春巻きは断念。」



中華 蝦仁の詳細




文章読んで、写真を見てたら凄く食べたくなりましたあせあせ(飛び散る汗)

真央さんという協力者が増え、情報量が増える事を期待します手(チョキ)
posted by BBSHIN at 11:12| Comment(2) | 上越市

2011年08月25日

龍馬軒

糸魚川ラーメン食べ歩きを終えた私は、帰りに最近気になっていたお店「龍馬軒」に寄ってみる事としました。

柏崎の春紀さんより
「龍馬軒の上湯麺を是非一度食べてみて下さい」
と言われていたので、かなり楽しみにしていましたぴかぴか(新しい)
勝丸さんブログの過去記事を拝見したところ、上湯麺は素ラーメンらしいですね。


糸魚川から上越高田で高速を降り、高速代を2度払ってでも行く価値アリと判断しやってきましたダッシュ(走り出すさま)

ryomaken_1.jpg


店内はジャズでも流れてそうなお洒落な雰囲気ですが、この日流れてたのは私の好きなブルースです
ぴかぴか(新しい)
匠は客の好みの音楽まで分かるのでしょうか??


何故か割り箸みたいに立てて置いてあるのは扇子です。

ryomaken_2.jpg


「坦々麺を食べて汗をかいたらお使い下さい」

という意味なのかな??



そして上湯麺を注文、、、

と思いきや、この日はお昼のラスト15時ギリギリだったこともあり、上湯スープは品切れとのこともうやだ〜(悲しい顔)


それなら仕方ない手(パー)

「塩拉麺」をたのむことに。

ryomaken_3.jpg

ryomaken_4.jpg


さっぱりしてるけど味に深みのあるスープ。
豚ガラ、豚骨、宗太鰹、サバ節、煮干を使ったというスープは、凄くバランスが取れています。
麺もそのスープとの相性バッチリるんるん

歯ごたえあるチャーシューも旨いですぴかぴか(新しい)


うまく表現出来ないけど、、
高級中華料理店のラーメンを今風にした感じ??
(的外れだったらスミマセン!)


とりあえず美味しかったですわーい(嬉しい顔)


お店の看板にもなっている「坦坦麺」

ryomaken_5.jpg


ルックスからして只者ではない手(グー)

これも美味しいです。

あと、麻婆麺も美味しそうるんるん


お昼のサービス、杏仁豆腐。

ryomaken_6.jpg


う〜ん。

いたれりつくせり。


また、いずれ行きたいです。

遠いけど(^_^;)


龍馬軒の詳細
posted by BBSHIN at 20:49| Comment(5) | 上越市

2010年08月10日

宝来軒

上越ラーメン巡りの3軒目は、高田駅前にある「宝来軒」です。

houraiken_1.jpg


こちらのお店は1軒目に行った「GO GO 宝来軒」の本店で、お店の人に聞いてみるとこちらのお店がお兄さん、GOGOの方が弟さんがやっているとか。


ちなみにこちらのお店、雑誌などに取り上げられまくってる人気店ですが、「食べログ ベストラーメン2009」に選ばれるほどだとか??

houraiken_2.jpg


果たして食べログベストラーメン2009は新潟県内で10軒のお店が選ばれていて、3位がこの「宝来軒」ぴかぴか(新しい)
2位には「GO GO 宝来軒」が入っています。


そして

1位は「いちい」

なんだか駄洒落みたいですあせあせ(飛び散る汗)



GOGOと同じ様に「トクラーメン」があったので食べ比べてみようとも思いましたが、一番人気はトクつけ麺との話なので、「トクつけ」にすることに。

houraiken_3.jpg

houraiken_4.jpg


麺はコシの強い中太麺です。

スープはGOGOで食べたトクラーメンに似た感じです。
ただし下の方に魚粉が沈んでいるので、かき混ぜると味は変わってきます。

角切りのチャーシューも同じ味ですね。

濃厚ながらも食べやすい味に3軒目といえど、スルスルと食べる事が出来ました。


さすが人気店。
美味しいつけ麺です。



ちなみにこのトクラーメンとかトクつけ麺の「トク」という言葉についてお店の人に聞いてみたところ、
何十年も前にお客さんから
「普通の薄く切ったチャーシューではなく、角切りのチャーシューを入れて欲しい」
と言われて「特別」に作ったことから生まれたメニューらしいです。



宝来軒についてはこちら



宝来軒でラーメンを食べた後、上越インター近くの上越の湯でお風呂に入り妙高を目指しました。
posted by BBSHIN at 17:47| Comment(2) | 上越市

2010年08月09日

上越家

上越ラーメン巡りの二軒目は家系ラーメンのお店「上越家」です。

jouetuya_1.jpg


吉村家の研修修了書がかかっています。

jouetuya_6.jpg


ニンニク、揚げニンニク、無臭ニンニク、カラシ味噌、刻みショウガなどが置いてあります。

jouetuya_2.jpg


ラーメン酢(ニンニク味の酢)

jouetuya_3.jpg


普通のラーメンを麺固め、味の濃さ普通、油の量普通で注文しました。

jouetuya_4.jpg

jouetuya_5.jpg


研修修了書がかかってるだけあって本格派の味ですねグッド(上向き矢印)

少ししょっぱめな気がします。
味の濃さ普通で心一家の味濃いめと普通の間位かな?

近くにあったら心一家と交互位に行くかもです。

良いお店でしたるんるんるんるん




上越家についてはこちら
posted by BBSHIN at 18:16| Comment(2) | 上越市