2017年01月21日

みよしや

妙高市、赤倉温泉にある「みよしや」へと行ってきました。

miyoshiya_1.jpg


今回はホットペッパーが運営する「メシ通」の取材の為に伺いました。

メシ通掲載記事はこちら



注文したのは赤倉温泉名物「レッド焼きそば」です。

miyoshiya_2.jpg

miyoshiya_3.jpg


真っ赤な色がインパクト大です!

こんな色をしているので、さぞかし辛いのかと思い恐る恐る食べてみましたが、、
意外や意外。
全く辛くありません!!

パプリカやトマトなどの地元妙高産野菜から作ったレッドソースにより、真っ赤になっているらしいです。
そして、唐辛子を使っていないので、辛くないのだとか。
たっぷりの野菜でヘルシーな感じが良いですねるんるん

そして、焼きそばとしてみても、程良い旨味が良く、美味しいと思います手(パー)

機会があれば是非一度お試し下さいぴかぴか(新しい)


もう一品はこちら

味噌ラーメン

miyoshiya_4.jpg

miyoshiya_5.jpg


パっと見の雰囲気から、ニンニクがガッツリ効いた味噌スープをイメージしましたが、想像とは違い、甘みのある白味噌がベースのサッパリ系の味噌ラーメンです。

風味豊かな味噌とほんのり辛味、そして、調理された挽き肉やモヤシ、タマネギなどの味も混ざり、コク深い味わいとなっています。

麺は多加水の中位の太さの麺でした。

シンプルで昔ながらのスタイルの美味しい味噌ラーメンでしたグッド(上向き矢印)
寒い冬に心も体も温まる一杯かなと思います。


また、周辺には、赤倉温泉のお勧め宿がたくさんあります。

今回は、ホテル後楽荘、赤倉ホテルへの取材も行いました。
温泉、スキー、そして、レッド焼きそばなどのグルメを楽しみに赤倉温泉へ行ってみてはいかがでしょうか?


みよしやの詳細
posted by BBSHIN at 12:38| Comment(0) | 妙高市

2017年01月02日

日本一冷水機が多い?? 妙高市の「松茶屋」

妙高市の「松茶屋」へと行ってきました。

mattyaya_201701_1.jpg


今回はホットペッパーが運営するグルメメディア「メシ通」の取材で伺いました。

メシ通掲載の記事はこちら


ラーメンを食べる前に店内を撮影させてもらいました。

以前から思っていたのですが、こちらのお店はある物が多いのです。

店内の様子

mattyaya_201701_3.jpg

mattyaya_201701_4.jpg

mattyaya_201701_5.jpg


写真を良く見ると、一体何が多いのかが分かるかと思います。

答えはコチラ

mattyaya_201701_2.jpg


冷水機です!

しっかりと数えてはいないですが、2〜30台はあるのではないでしょうか?

確証は持てませんが、恐らくは

「日本一冷水機多いラーメン店」

といっても良いかなと思われます。
普通に考えると、ここまでたくさんの冷水機を置く必要はないですしね。



ちなみに、ラーメンについて話を聞いてみると、こちらのお店は妙高市名物「とん汁ラーメン」の元祖とのこと。
ただ、直前に行ったお店でとん汁ラーメンを取材したばかりだったのと、こちらのお店では過去にとん汁ラーメンを食べ、当サイトにも既に掲載済みだった事もあり、違うものを食べる事にしました。
他のお勧めを聞いてみると、元々焼き肉専門店だったという事もあり「焼き肉ラーメン」がお勧めとの事。
また、普通のラーメンやワンタンメンなども人気があるのだとか。

という事で、まずはワンタンメン

mattyaya_201701_6.jpg

mattyaya_201701_7.jpg


あっさり醤油スープは、豚の香りがたっぷりと漂ってきます。
絵的には分かりませんでしたが、臭いと味わいが正に「上越豚骨」です。

麺は中位の太さの多加水麺でした。

チャーシューはモモ肉的なしまった肉質のタイプです。
ツルンとしたワンタンも美味しいですね。


焼き肉ラーメン

mattyaya_201701_8.jpg


あっさり醤油スープは、恐らく前述のものと同じかと思われますが、焼き肉の味が溶け込む事で、味は全く違うものとなっています。
甘じょっぱく味付けられた焼き肉の味がスープに大きな影響を与えています。


他にも各種ラーメンや定食など、豊富なメニューが揃っているので、何度行っても楽しめそうですね。


松茶屋の詳細
posted by BBSHIN at 21:16| Comment(2) | 妙高市

2016年12月31日

上越豚骨の名店「オーモリラーメン 新井店」

妙高市の「オーモリラーメン 新井店」へと行ってきました。

oomori_arai_201612_1.jpg


今回はホットペッパーが運営する「メシ通」に掲載された妙高ラーメン巡り記事の取材でやってきました。


まずは、定番の一品です。

「ラーメン」

oomori_arai_201612_2.jpg


丼が運ばれてきた途端、強烈な豚の臭いが漂います。
この丼から放たれる臭いをかぐと、「上越にラーメンを食べにきた」と感じさせてくれます。
「豚の臭い」といっても、長時間沸騰させて炊き込んだ濃厚豚骨系の臭みとはまた違い、劣化の少ない豚の脂の臭いです。
ちなみに、上越ではこうした臭いを放つラーメンを提供するお店が多いのですが、下越、中越ではめったにお目にかかる事はありません。

スープは、その強烈な臭いとは裏腹にあっさり系の清湯スープです。
ほんの少し濁りがあり、その軽い脂感がスープに厚みを与え、飲み応えある仕上がりにさせているかなと感じます。
ただ、濁りといっても、ほんの少しのレベルで、「半濁」と呼べるものよりも少ない濁り感かなと。
ちなみに、過去に食べた時はもう少し澄んだスープだったので、濁り加減には微妙なブレがあるのかもしれません。


麺はこの地域に多いタイプの白っぽい縮れ中太麺です。

oomori_arai_201612_3.jpg


こちらのお店には、自社製麺所があり、そこではこちらのお店で提供する分以外にも、スーパーや他のお店にも卸しているらしく、そうした事もあってか、色んなお店で食べた事があるタイプの麺だと感じるのかもしれません。

とても美味しい一杯でした。
独特な臭いと味わいがクセになりそうですね。


もう一杯はこちら

味噌ラーメン

oomori_arai_201612_4.jpg

oomori_arai_201612_5.jpg


味噌の方は醤油ラーメンの様な強烈な豚の臭いは感じません。

味噌の臭いの緩和効果かもしれませんね。
醤油の様に浮き油が目立たない事も原因の一つなのでしょう。

メニューを見ると、豊富な各種メニューの一つに「台湾ラーメン」があり、更に「味噌台湾ラーメン」なるものもあるので、機会があれば試してみたいですね。


オーモリラーメン 新井店の詳細
posted by BBSHIN at 05:37| Comment(0) | 妙高市

2016年12月28日

「とん汁 たちばな」の旨味たっぷり「とん汁らーめん」

妙高市にある「とん汁 たちばな」へと行ってきました。

tonjiru_tatibana_201612_1.jpg


お店前の看板には
「とん汁 そんじょそこいらとは訳が違う 頑固オヤジのこだわりの味」
の文字

tonjiru_tatibana_201612_2.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」の妙高巡り記事の取材で伺いました。


看板メニューを紹介する必要があったので、まずはこちらを注文しました。

とん汁ラーメン

tonjiru_tatibana_201612_3.jpg

tonjiru_tatibana_201612_4.jpg


前回食べた時はオーソドックスなスタイルの豚汁にそのまま麺が入った様な印象を受けましたが、今回食べたものは以前よりもハッキリとした旨味で、しっかりとしたベースのある味に変わっていました。

「豚汁ラーメン」

その名にふさわしい味になっていたと思います手(パー)

ちなみに、聞いてみたところによると、ここ最近味噌を変え、たちばな専用のものを用意する様になったとの事。

とても美味しい一杯でした手(チョキ)

こちらのお店で食べた事があるという方も、久しぶりに食べてみると味が変わったと感じるのでしょうか?
機会があれば行ってみて下さいぴかぴか(新しい)


追加トッピング「かんずり」

tonjiru_tatibana_201612_5.jpg


かんずりと豚汁スープとの相性は抜群でするんるん
ちなみに、スーパーなどで売られているものと少し味が違っていたので聞いてみたところ、生かんずりを使用しているそうです。
柔らかめで、まろやかな味で、通常タイプよりも豚汁に合うと思いますひらめき

ちなみに生かんずりですが、近くにあるかんずりの工場直売所でも販売していました。


とんそば(小盛)

tonjiru_tatibana_201612_6.jpg




tonjiru_tatibana_201612_7.jpg


つけダレ

tonjiru_tatibana_201612_8.jpg


麺リフトアップ

tonjiru_tatibana_201612_9.jpg


つけ麺のつけダレが豚汁になったバージョンというところでしょうか。

つけ麺スタイルで歯応えの良い麺を、しっかりとした旨味の豚汁に入れて食べると美味しいですねぴかぴか(新しい)


とん汁 たちばなの詳細
posted by BBSHIN at 23:27| Comment(0) | 妙高市

2016年12月18日

妙高市新井の穴場店「杉村屋」 自家製青竹手打ちで不揃いな太さの麺

妙高市にある「杉村屋」へと行ってきました。

sugimuraya_1.jpg


妙高市温泉食べ歩き巡りに行った際、取材先のホテルのオーナー様から
「新井駅近くにお勧めのお店がある」
という情報をもらい行ってみる事としました。


お店に入ると、店内はかなり古いつくりな事に驚きます。
奥の小上がり席に通してもらいましたが、まるで昭和中期の民家の様な雰囲気を放っていました。
畳が軽く凹む箇所などもあり、かなり味を感じさせてくれますひらめき


中華そば(並)

sugimuraya_2.jpg


チャーシューメン(並)

sugimuraya_4.jpg




あっさりしたスープは、旨味が強く、スッキリとしつつも印象的な飲み応えです手(パー)

そして、特筆すべきは「麺」です。

sugimuraya_3.jpg


色んな太さの麺が丼の中に入り混じっています。


基本的には細麺がメインですが、時に麺4本位の、かなり横に長い平打ち麺的なものも入っています。

sugimuraya_5.jpg


軽く切れ目が入っており、恐らくは手切りでの切り損ねかと思われます。

機械打ちで刃の不具合の場合は、各玉ごとに同じ様なランダム感が出ると思いますが、こちらは2杯が全く違う不揃いさを出していたので、聞いてみたところ想像通りに手打ちとの事でした。
しかも、青竹を使用しているとのこと。
まるで佐野ラーメンの様ですが、あそこまでの弾力感はなく、軽く柔らかめで、時折混じる太い麺の強い歯応えがなんともいえず良いですねぴかぴか(新しい)
綺麗に製麺された麺に慣れているので、こうした麺の不揃い感は、プラス方向のアクセントにしか思えません。
一口ごとに違う太さ、固さ、茹で加減が、最後まで飽きる事なく食べさせてくれます手(チョキ)

チャーシューは柔らかく仕上がり、濃い目の味が染みこませてありつつも、肉の旨味も適度に残しています。
このチャーシューは出来が良いので、チャーシューメンがお勧めかなと思います手(パー)


ラーメンも美味しく、古いつくりの店舗の哀愁漂う雰囲気、お店の人の人情味溢れる接客など、とても良い時間を過ごす事が出来ました。

お勧め情報通り、素晴らしいお店でしたるんるん


杉村屋の詳細
posted by BBSHIN at 19:15| Comment(2) | 妙高市

2014年01月05日

ごはん処 食堂ミサ あらい道の駅店

道の駅あらいにある「ごはん処 食堂ミサ あらい道の駅店」に行ってみました。

misa_arai_1.jpg


以前、上越市の18号線沿いにある「食堂ミサ本店」に行った時、こちらのお店が系列店だと聞いた記憶があります。
本店近くにある食堂ニューミサは親戚の方がやってるとか?
そちらも今度行ってみたいですね。



注文したのは味噌らーめんです。

misa_arai_2.jpg

misa_arai_3.jpg


甘みのある白味噌スープ、麺は細麺です。
タマネギ、モヤシ、挽肉などの具がたっぷりとのってて、かなりボリューミーです。
スープに感じる甘みは、たくさん入ったタマネギの影響もあるのでしょう。

ちなみに、本店で食べた時は、ニンニクがガッツリと効いててインパクト大でしたが、こちらのお店はその辺りは控えめです。
場所柄、仕事中の移動の際に立ち寄る人も多そうなので、ニンニク臭を敬遠されるのを避ける対策でしょうか?

具沢山で野菜もたっぷり入っており、また、「ご飯処」という店名にもある通りメニューが豊富なので、こちらを通る時に便利なお店だと思いました手(パー)



ごはん処 食堂ミサ あらい道の駅店の詳細
posted by BBSHIN at 09:06| Comment(0) | 妙高市

2013年11月24日

オーモリラーメン 新井店

妙高市にある上越豚骨醤油で有名な「オーモリラーメン 新井店」に行ってきました。

oomori_arai_1.jpg


以前、食べた東本町店で話を聞くと、現在はこちらのお店が本店的存在という事で楽しみにしていました。


ラーメン

oomori_arai_2.jpg

oomori_arai_3.jpg


器が運ばれてきた途端に漂う豚骨臭はかなり強烈ですあせあせ(飛び散る汗)
苦手な人にはキツいかもしれませんが、好きな人にはたまらない香りだと思います。

スープの表面には油がたっぷりと浮いており、かなりコッテリしています。
ちなみに、東本町店で食べたものは豚の旨味は強いものの、それほど油は浮いておらず、ここまでコッテリはしていなかったと記憶しています。

麺は太麺、細麺が選べたので太麺を選びました。

実際食べてみた感じでは、このスープには太麺の方が合いそうですねひらめき

昔ながらのシンプルな作りの様でいて強烈な個性を放つラーメンは、多くの人達の支持を集めているのも納得の一杯でした手(チョキ)


タンメン

oomori_arai_4.jpg

oomori_arai_5.jpg


醤油とは異なり、油がほとんど浮いていません。
野菜の影響もあるでしょうが、かなりスッキリとした飲み口のスープですぴかぴか(新しい)

麺は細麺を選択したところ、かなり細い麺で、あっさりとした塩味のスープにはこちらの細麺が合いますね手(パー)



オーモリラーメン 新井店の詳細
posted by BBSHIN at 22:03| Comment(0) | 妙高市

2013年11月20日

とん汁 たちばな

妙高市の「とん汁 たちばな」へと行ってきました。
豚汁ラーメンが有名なお店で、最近では秘密のケンミンSHOWでも紹介され話題となったお店です。

tonjiru_tatibana_1.jpg


お店の広さの割りに店員さんがかなり多いという印象です。
この日の客入りはそこまででもなかったですが、ピーク時の凄さが想像出来ますね。


豚汁ラーメン

tonjiru_tatibana_2.jpg

tonjiru_tatibana_3.jpg


スープは純粋な豚汁というより味噌ラーメンに近い感じで、味噌の味わいが強めです。
具はシンプルに豚肉、豆腐、たまねぎ、麺はツルツルモチモチの中位の太さの麺でした。

これからの寒い季節に体が温まりそうな一杯ですねぴかぴか(新しい)


豚汁定食(ライス小)

tonjiru_tatibana_4.jpg


豚汁ラーメンより薄めの味噌味で、具は豚肉、豆腐、たまねぎとラーメンと同じです。
この豚汁に麺を入れたら、こちらのお店で使ってる麺だと、麺が勝ってしまいそうなので、ラーメンとの味噌の濃さの違いに納得ですひらめき




とん汁 たちばなの詳細
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | 妙高市

2013年10月07日

麺屋 義次 「鬼onラーメン」 新潟ラーメンバトル2013

新潟ラーメンバトル2013

14軒目のお店は「麺屋 義次」です。

yoshitsugu_201310_1.jpg


こちらのお店のバトルラーメンはこちら

「鬼onラーメン」

yoshitsugu_201310_2.jpg

yoshitsugu_201310_3.jpg


フライドオニオン、スライスした紫タマネギ、タマネギのみじん切りと3種の玉葱がトッピングとしてのっています。

スープにも玉葱が使われているらしく、正に「タマネギずくし」な一杯ですねひらめき

豚骨、鶏ガラという濃厚スープは、かなりガツンとインパクトがあります。
そして玉葱の効果もあってか甘味があり、また、刻み玉葱、スライス玉葱が濃厚スープにサッパリ感を与え飲みやすくしてくれます。

麺は細麺でウェーブがかかっている事もあり、太麺に比べスープの絡みが良くなっています。


タイトルの「鬼on」(オニオン)の通り、玉葱にトコトンこだわった一杯をぜひお試し下さい手(パー)


らーめん基本

yoshitsugu_201310_4.jpg

yoshitsugu_201310_5.jpg


背脂がたっぷりとかかり、かなり濃厚な仕上がりとなっています。

上にのっているのは、一瞬おろし生姜かと思いましたが、良く見るとニンニクですあせあせ(飛び散る汗)
ここまでガッツリ感ある構成で、更にインパクトを追加してくるとは驚きですねたらーっ(汗)

しかし、実際食べてみると、このニンニクが良い仕事をしてくれます。
香ばしさを与えてくれるので、飽きる事無く食べる事が出来そうでするんるん


ライスが無料となっています。

yoshitsugu_201310_6.jpg


鬼onラーメンの詳細


麺屋 義次の詳細
posted by BBSHIN at 00:23| Comment(0) | 妙高市

2013年08月07日

松茶屋

ブログのコメント欄に「妙高市の松茶屋がお勧め」という情報を頂いたので、上越食べ歩きの際に寄ってるみる事としました。

mattyaya_1.jpg


店内はかなり広く、大衆レストランといった雰囲気のお店です。


まず目にとまったのは、冷水機がたくさんある事です。

mattyaya_2.jpg


座敷席では各テーブルに一台ずつ位あり、トータルで20台位はあるのではないでしょうか?たらーっ(汗)


メニューを見ると、以前テレビで見た事のある「豚汁ラーメン」があったので、好奇心で注文してみる事にしました。

mattyaya_3.jpg

mattyaya_4.jpg


「豚汁風のラーメン」というよりは、「豚汁に麺を入れた」という説明の方がしっくりくるかもしれません。

正直、ネタのつもりで注文した感はありますが、、
これは思いのほか美味しい・・??


いや、、、


かなり旨いかもexclamation&question


思いつきで奇抜な物をのせた「○○○ラーメン」的なキワモノ系がくると思いきや、想像を超えた完成度に驚きですあせあせ(飛び散る汗)

豆腐がここまで自然と同居しているラーメンも珍しいと思います手(パー)


豚汁単体として食べても美味しそうで、強い旨味が特徴的なスープです。

「旨きゃ官軍」

そんな一杯かと思われますひらめき



野菜いためラーメン

mattyaya_5.jpg


個人的には茹で野菜やスープで似たものと違い炒め野菜がのった野菜ラーメンは、スープの味が変わるのであまり好きではないのですが、これは美味しかったです。

香ばしく、強い旨味の野菜炒めが美味しく、また、そこからの油とスープのバランスが良かったでするんるん




松茶屋の詳細
posted by BBSHIN at 00:23| Comment(2) | 妙高市

2013年08月05日

麺屋義次

妙高市にある「麺屋義次」へと行ってみました。

yoshitsugu_1.jpg


今年の5月より、夜の部が魚介系専門店へと変わったらしく、メニューは3品に絞られていたので、そのうち一番上に書いてあった「焼きあご濃厚らーめん」を注文しました。

yoshitsugu_2.jpg

yoshitsugu_3.jpg


スープはかなり濃厚でとろみがあり、パっと見濃厚動物系スープに魚粉という様な感じに見えるインパクト抜群のスープでした。

麺はツルモチで中位の太さの麺だったと思います。


ど・煮干し中華そば

yoshitsugu_4.jpg


スープはメニューによると鶏清湯とのこと。
あっさりスープに油の印象が強かったです。

個人的には、もう少し大人しくまとめてある方が好みですが、好きな方向性の一杯でした。



麺屋義次の詳細
posted by BBSHIN at 23:47| Comment(0) | 妙高市

2010年08月12日

麺屋吉祥

上越ラーメン食べ歩きの最後のお店は道の駅あらいにある「麺屋吉祥」です。
妙高に入り、燕温泉の花文花文足湯赤倉温泉公園足湯滝の湯に入っていたら時間が遅くなり、閉店ギリギリになってしまいましたが滑り込みセーフです。
(ちょっと風呂入りすぎですねたらーっ(汗)

kissyo_1.jpg


普通の醤油ラーメンにすることにしました。

ちなみに醤油は「黒たまり」と「白煮干」の2種類が選べるのですが、従来の醤油は「黒たまり」ということなので「黒」にしました。
初回はオーソドックスなやつと決めているので。

kissyo_2.jpg

kissyo_3.jpg


あっさりながらも深い味わいですグッド(上向き矢印)

Wスープも良いですが、特に麺が美味しいです。

私の好みにぴったり合う味で感激ですぴかぴか(新しい)


2008年にふるさと村で行われたイベントの「こだわり!らー麺まつり」で食べた時より美味しいと感じました。
(あの時は白煮干だったかなと)

他にも色々とメニューがあるみたいなのでまた食べに行きたいですね。



麺屋吉祥についてはこちら
posted by BBSHIN at 21:09| Comment(0) | 妙高市

2008年07月18日

妙高高原あらきんラーメン

妙高に行く事になったので、妙高のラーメンを食べに行くことにしました。
せっかく普段行けないところに行くのでラーメン3杯は食べてこようかと思ってましたが都合が悪く一店のみとなりました。

行ったのは妙高高原インター近くの「あらきんラーメン」です。

arakin1.JPG

arakin2.JPG

メニューは私はみそ、しょうゆ、しお、えびしお、キムチなどがありましたが私は「みそチャーシューめん」を頼みました。
チャーシューはかなり厚く、スープは寒い地方特有の油がたくさん入ってて濃厚な味噌スープでした。

arakin3.JPG

↓は普通のラーメンです。
醤油スープで少しもらいましたがこちらもかなりのこってりです。

arakin4.JPG

↓はしおラーメンです。
こちらはこってりしてはいますがこのお店のメニューの中では比較的食べやすい感じです。

arakin5.JPG

つけ麺も少し食べてみました。
この店のつけ麺は他で食べた事がないくらいの酸っぱさに驚きました(^_^;)

arakin6.JPG

特製餃子も頼んでみました。
ちょっと珍しい味で普通は野菜や肉が混ざったりしてますが、この店の餃子はかなり肉が入ってます。
一度試してみる価値あるかもです(^^)

arakin7.JPG

全体的にこってりしたメニューは、疲れた体にぴったりです。
スキー場が近くにある事から、たくさんの汗をかいてきた人向けに作られた味なのかもしれません。

新潟市ではなかなか食べれない味だったので行った甲斐がありました☆



あらきんラーメンの詳細情報
posted by BBSHIN at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 妙高市

2008年07月10日

妙高のラーメン

タイトルに「妙高のラーメン」と付けましたが、妙高のラーメンを食べてきた訳ではなく、今度用があって妙高に行くので、妙高のラーメン屋さんについて調べてみました

Googleで検索すると「ミサ」「オーモリ」「あらきん」というお店が出てきました

三店とも食べてみたいですが妙高に行く用事は食事も含まれるのでさすがに三店はきついです(--;)

恐らく場所的に「あらきん」に行く事になりそうです☆

妙高のラーメンは食べた時ないので楽しみですぴかぴか(新しい)


あと最近は余裕がなく更新してないですが7,8店未掲載のお店があるので随時アップしていきますダッシュ(走り出すさま)
(先月から同じ様な言い訳してた気がしますが)
posted by BBSHIN at 12:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 妙高市