2019年09月21日

らーめん 真 坂町駅近くで食べられるガッツリデカ盛り系

村上市にある「らーめん 真」へと行ってきました。

shin_1.jpg


場所は坂町駅の近くです。
車の方は荒川胎内インターからが比較的近いかと思います。


ラーメン、味噌ラーメン、まぜそば、味噌まぜそば、生姜正油ラーメン等が揃っていましたが、まずはこちらの一品を頂くことに。

ラーメン

shin_2.jpg

二郎インスパイア系な一杯ですね。

スープ

shin_3.jpg


濃い醤油味と動物系の濃厚感が印象的です。
タレ等の旨味も加わり、なかなかパンチある飲み応えです。


麺はガッシリ極太麺

shin_4.jpg


今回は普通にしましたが、ニンニク、ヤサイ、アブラの増量も可能の様で、更なるボリューム感、ガッツリ感を加える事も出来そうです。


続いてはこちら

まぜそば

shin_5.jpg

shin_6.jpg


前述のラーメンのスープとタレに近いものが丼の底にありました。
それを麺に絡めて食べます。

ニンニクや味付きの脂身を麺に絡めて食べるとインパクトある味へと変化します。

シメには追い飯を投入して頂きます。

shin_7.jpg


まぜそばには、追加トッピングの生卵が合うかもしれませんね。


ちなみにラーメンやまぜそばは細麺への変更も可能の様です。
ただ、上記2品に関しては、やはり太麺が合うかなと思います。
まずは太麺で試してみて、次は細麺にチャレンジというのが良いかなと。


らーめん 真の詳細
posted by BBSHIN at 08:52| Comment(0) | 村上市

2019年08月24日

かねさ食堂 村上市で古くから営む老舗食堂のあっさり醤油

村上市の「かねさ食堂」へと行ってきました。

kanesa_1.jpg


こちらのお店は、昭和37年創業という事でかなりの老舗店の様です。

自宅兼店舗の様な建物はかなりの歴史を感じさせます。

家族連れで行き、カウンター席に入れない状況だった為、暖簾の右側にある住宅の入り口から通してもらい、すぐ近くにある居間のテーブルで頂く事となりました。
生活感あるご家庭の部屋で食べるというのはかなり貴重な経験でした。


注文したのはコチラ

ラーメン

kanesa_2.jpg

kanesa_3.jpg


あっさり醤油味のスープです。
レンゲはなく、丼から直接スープを頂きました。

麺はシンプルな多加水細麺です。

500円という価格は嬉しいですね!

昔ながらのあっさりタイプの一杯は、お店の歴史を感じさせてくれました。


続いてはこちら

みそラーメン

kanesa_4.jpg

kanesa_5.jpg


野菜がのったあっさり系味噌です。

モヤシ、ワカメ、カマボコ、ネギ、メンマとトッピングも懐かしさを感じさせてくれます。

優しい味わいで食べやすい味噌ラーメンでした。


炒飯

kanesa_6.jpg

油多めで濃い味に仕上がったチャーハンです。
水分多めで柔らかめ食感、家庭的な仕上がりな一品です。
500円という価格が良いですね。


かねさ食堂の詳細
posted by BBSHIN at 23:39| Comment(0) | 村上市

2019年08月12日

麺食堂 たか丘 アーセナル好きが集うお店

村上市にオープンした「麺食堂 たか丘」へと行ってきました。

takaoka_1.jpg


お店の外からは、窓に飾られたアーセナルのユニフォームが見えます。

takaoka_2.jpg


お店のロゴはアーセナルのエンブレムをイメージしたものかと思われます。

takaoka_3.jpg


お店の中に入ると、アーセナルのポスターやユニフォームなどが各所に飾られていました。
また、レジの脇には、アーセナル時代のティエリ・アンリの模型が置いてありました。
かなりアーセナルが好きな方がやられているお店の様ですね。


店内にはテレビがあり、まるでサッカーバーの様にアーセナルの試合の録画流れて、、、
いるかと思いきや、高校野球が流れていました。。
まあ、訪れたタイミングがたまたまそうだったのかなと。


こちらのお店の看板メニューがこちら

汐(しお)そば

takaoka_4.jpg


スープ

takaoka_5.jpg


あっさり滋味深い味わいの塩スープです。

貝系を多用した清湯スープでしょうか。

刺激的な旨味はなく、じんわりとくるような淡い飲み口です。

新潟では塩ラーメンというと、旨味強めに仕上げるケースが多いですが、通好みなバランスのスープかなと思います。




takaoka_6.jpg

あっさり塩スープには細麺をイメージしてしまいますが予想外なもっちり食感の中太多加水麺です。


もう一杯はこちら

味噌ラーメン

takaoka_7.jpg


スープ

takaoka_8.jpg


濃厚な味わいでトロみの強い味噌スープです。

油感はそこそこで、コラーゲン質が多めに感じました。


中太麺は味噌スープには違和感なくハマります。

takaoka_9.jpg


2杯とも、新潟にはあまり無いタイプで、こだわりを感じさせる仕上がりとなっていました。

機会があれば一度お試しになってみてはいかがでしょうか?


麺食堂 たか丘の詳細


ちなみに、個人的にもアーセナルはかなり好きなチームでした。
今でこそ時間に余裕が無くなりサッカーはアルビレックス新潟のみとなりましたが、15年位は暇を持て余し、海外サッカーなどを頻繁に観ていました。
そうした中、アーセナルはスカパーでアーセナルTVを観る事が出来た事もあり、応援する気持ちで試合を観ていた数少ないチームでした。
特にアンリのスピードにのったドリブル、左サイドからカットインしての巻くように打つシュートはとても印象的でした。

こちらのお店にきたら当時ハマっていた記憶が蘇ってきました。
久々にダゾーンで観てみようかな??
posted by BBSHIN at 23:13| Comment(0) | 村上市

2019年03月12日

らーめん屋 ひ104 新潟最北のラーメン店が提供する濃厚豚骨!

村上市にある「らーめん屋 ひ104」へと行ってきました。

104_1.jpg


お店は旧山北町にあり、村上市の中でも新潟市方面からはかなり遠いところにあります。

新潟県最北の駅として知られる「府屋駅」のすぐ近くです。

行き方としては、新潟市方面からは、7号線を府屋交差点を右折します。
左に行くと府屋駅へと行くY字路を右に行き、第四銀行山北支店を越えたところを右折したところにあります。

右折するところには看板がありましたが、夜だと見えにくく、最初は通り過ぎてしまいました。
第四銀行を目印に行くと行きやすいと思います。


ちなみにこちらは、「新潟県最北のラーメン店」と言われているお店です。
ただ、もう少し北の山形県との県境手前にラーメンも提供している食堂がある様なので、「最北のラーメン」ではないかもしれません。
機会あればいずれリサーチしてきたいと思います。


夜に行きましたが、小上がりカウンターがあり、各種おつまみ、アルコールメニューを提供している事から、店内は居酒屋の様な状態となっていました。
といっても、普通のラーメン屋の様に、ラーメンのみを食べて行くのも特に問題ない様でした。


注文したのはコチラ

とんこつ醤油らーめん

104_2.jpg


丼が運ばれてきた途端、香ばしい香りが漂います。

スープ

104_3.jpg


濃厚な豚骨醤油スープは、ニンニクと思われる香ばしさがあり、かなりパンチある仕上がりです。

動物系の旨味、醤油の風味、香味野菜の香りなど、インパクトある飲み応えとなっていました。


麺は多加水の中太麺です。

104_4.jpg


迫力あるスープに負けない歯ごたえが良いですね。

具材としては、チャーシュー、モヤシ、キャベツ、海苔、味玉などがのっていました。

味玉は、地元にあるオークリッチの放し飼い鶏の玉子とのこと。



もう一杯はこちら

みそらーめん

104_5.jpg


スープ

104_6.jpg


濃い味噌の風味のみならず、スープ自体も濃厚感満載でした。
恐らくは醤油ラーメン同様の濃厚白湯を使用しているものと思われます。

そして、その濃厚スープには、醤油と同様に強いニンニク風味が加えられていました。
炒め野菜による香ばしさもあるかと思います。

麺リフトアップ

104_7.jpg


豊富な種類の野菜とインパクトある飲み口の味噌スープ。
かなり食べ応えある一杯かなと思います。


テーブル調味料

104_8.jpg


おろしニンニクと胡椒が置いてありました。

ニンニクをプラスし味に変化を、、、
という必要はない強烈なスープでした。
ただ、更なるインパクトを求める人はお好みでプラスしても良いでしょう。


らーめん屋 ひ104の詳細
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | 村上市

2019年03月10日

ラーメン&カレー食堂 味満 濃厚豚骨醤油とあっさり醤油とスパイシーカレー

村上市、村上瀬波温泉インターのすぐ近くにある「ラーメン&カレー食堂 味満」へと行ってきました。

ajiman_1.jpg


濃厚豚骨醤油とあっさり醤油清湯、そしてカレーライスといった3本柱のメニュー構成となっています。

まずはこちら

しょう油ラーメン

ajiman_2.jpg


スープ

ajiman_3.jpg


昔ながらのあっさり醤油味です。
優しい口当たりで程よい旨味の飲みやすいスープですね。


麺は細麺です。

ajiman_4.jpg


もう一杯はこちら

濃厚しょう油ラーメン

ajiman_5.jpg


スープ

ajiman_6.jpg


濃厚な豚骨醤油スープです。

軽くトロみがあり、上に浮いた動物系油も含め、パンチある飲み応えです。
醤油ダレの旨味も強く印象的な味になっています。

麺の写真を撮り忘れてしまいましたが、濃厚スープに良く合う太麺でした。


他店を引き合いに出すのは極力控えていますが、エリアも違うので出させてもらうと、、
新潟市の味濱家に良く似た豚骨醤油な一杯でした。
村上には過去にこれに似たラーメンを提供していたお店がありましたが、今はこの地域では珍しいスタイルかなと思います。


他にも、看板メニューとしてカレーライスを500円で提供していたので注文しようかとも思いましたが、メニューを良く見ると、ラーメンとのセットの場合はライス、ライス大盛りにカレールーをサービスしてくれるとの事だったので、そちらをお願いしてみる事に。


ライス(カレールー付)

ajiman_7.jpg


カレーは甘い家庭的なものをイメージしていましたが、予想外にスパイシー感が強めとなっています。
スパイシーではあるものの、辛さは程々となっており、食べやすく仕上がっていました。

ラーメン屋のサイドメニューのカレーとしては、レベルの高い美味しい一品かなと。


ちなみにボリュームとしては、ライスの普通盛りにカレー追加は、ラーメンのサイドメニューとしてちょうど良いミニカレーサイズでした。

ガッツリ食べたい方はライス大盛りにカレー足しすると良いでしょう。


ラーメン&カレー食堂 味満の詳細
posted by BBSHIN at 18:56| Comment(0) | 村上市

2019年02月13日

海老ラーメン えび蔵 濃厚な海老風味の味噌ラーメン

村上市の「海老ラーメン えび蔵」へと行ってきました。

ebizou_1.jpg


場所は閉店してしまったおもだかや坂町店の跡地です。


当時のなごりが残っていました。

「元祖しなそば」の看板

ebizou_6.jpg


注文したのはメニュー一番上に記載されていたこちらです。

濃厚海老みそ 味噌ラーメン

ebizou_2.jpg


スープ

ebizou_3.jpg


エビをそのまま入れ込んだ様な強いエビ感です。
基本的にはあっさりなスープに、濃厚な海老の風味、深みある味噌の旨味や浮かせた油などにより、濃厚な味に仕上がっています。


麺はシンプルな多加水細麺です。

ebizou_4.jpg



トッピングとしては、チャーシュー、水菜、メンマがのっていました。

特にチャーシューが美味しかったですね。

ebizou_5.jpg


弾力感のある歯ごたえも良く、肉の旨味もしっかりと感じ取れました。

エビ出汁と味噌は良く合うので美味しかったです。
機会あれば醤油や塩も試してみたいですね。


海老ラーメン えび蔵の詳細
posted by BBSHIN at 19:33| Comment(0) | 村上市

2018年12月02日

三宝亭 村上店 背脂たっぷりこってり中華

村上市にある「三宝亭 村上店」へと行ってきました。

sanpou_murakami_1.jpg


三宝亭といえば五目ラーメンですが、今回は他のメニューにチャレンジしてみる事としました。

こってり中華

sanpou_murakami_2.jpg

sanpou_murakami_4.jpg


醤油色が色濃く出たスープです。
見た目通りの醤油風味の濃さと塩分の強さです。

スープは、基本的にはあっさりタイプで、多めの背脂が浮いています。

更に、チャッチャというよりは、液状油と分離し別にストックした脂身をかけた様な、白いふわふわの背脂身がのっていました。

sanpou_murakami_3.jpg


麺は多加水で、ツルっとした表面でしっかりとした歯ごたえの太麺です。

sanpou_murakami_5.jpg


スープをかなり強く弾くタイプの麺に見えますが、スープの醤油の濃さにより、醤油色がたっぷりと染み込んでいました。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、青菜、玉ねぎでした。


お店に行ったタイミングはライス無料との事だったのでお願いしてみました。

sanpou_murakami_9.jpg


背脂醤油スープとの相性が良かった

はっきりと確認出来ませんでしたが、平日、土曜日(日祝以外)のランチタイムのサービスだったと思います。


もう一杯はこちら

鶏白湯 塩らーめん

sanpou_murakami_6.jpg


濃い目の鶏白湯スープです。

sanpou_murakami_7.jpg


濃厚な鶏の旨味に加え、しっかりとした旨味がプラスされていました。


麺は多加水中太麺です。

sanpou_murakami_8.jpg


三宝亭 村上店の詳細
posted by BBSHIN at 19:28| Comment(0) | 村上市

2018年10月26日

茉莉花 あっさりながらも深みのあるコクの担々麺

村上市にある「茉莉花」へと行ってきました。

matsurika_201810_1.jpg


ラーメン

matsurika_201810_2.jpg


スープ

matsurika_201810_3.jpg


昔ながらのあっさり醤油スタイルです。

あっさりとした醤油スープは、しっかりとしたベースのスープと醤油の味が加わり飲み応えある味わいでした。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、青菜、ネギとスタンダードな構成です。
チャーシューはかなり柔らかく煮込まれたバラ肉でした。


麺は良く見かけるタイプのシンプルな多加水中華麺です。

matsurika_201810_4.jpg


シンプルながらしっかりとした美味しさの一杯でした。



担々麺

matsurika_201810_5.jpg


あっさり醤油スープにゴマが加わりラー油を浮かせています。

matsurika_201810_6.jpg


辛味とコクのコラボが良いですね!


弾力ある食感で味付けの濃い挽き肉がのっていました。
スープに絡めて食べると美味しかったです。

麺には辛味とコクのあるスープが程よく絡みます。

matsurika_201810_7.jpg


担々麺としては、あっさりな部類に入りますが、さっぱりとした後味ながら深みある味が印象的な一杯でした。


茉莉花の詳細
posted by BBSHIN at 23:32| Comment(0) | 村上市

2018年08月19日

らーめん みかく亭 300円の低価格で醤油ラーメンを提供

村上市にある「らーめん みかく亭」へと行ってきました。

mikakutei_1.jpg


店舗はコンビニの様なつくりとなっています。
時折コンビニを改装し飲食店にするケースがありますが、こちらもそのタイプかもしれませんね。


メニューを見ると、価格の安さに驚きます。

なんと醤油らーめん、塩らーめん、豚骨らーめん、カレーらーめんが300円という低価格です。
今どき珍しいですね。

という事で「醤油らーめん」を注文しました。

mikakutei_2.jpg

mikakutei_3.jpg


あっさり醤油味のスープ、麺は多加水の細麺でした。

トッピングとしてはチャーシュー、玉子、メンマ、ネギ、海苔がのっていました。
メンマは薄味で水煮メンマ的な味がそのまま出ていました。
スープにつけて食べると良いかなと思います。

300円という激安価格の為、シンプルな味と構成となっていますが、お財布に余裕が無いときなどに嬉しい価格設定なのではないでしょうか。


ちなみに、背脂有りか無しかが選択可能だったので、無しにしておきました。

もう一杯はこちら

味噌ラーメン

mikakutei_4.jpg

mikakutei_5.jpg


こちらは背脂アリでお願いしました。

背脂がなければあっさり味噌と思われるスープです。
背脂アリにした事で、弾力感があり、少し大きめの脂身が浮いていました。

麺は多加水の太麺でした。

具材としては、チャーシュー、メンマ、モヤシ、ネギ等がのっていました。


テーブル調味料

mikakutei_6.jpg


醤油、酢、ラー油、ホワイトペッパー、おろしニンニクが置いてありました。


らーめん みかく亭の詳細
posted by BBSHIN at 20:28| Comment(2) | 村上市

2018年07月20日

玉寿し食堂 焼いた肉の歯ごたえが絶妙!「肉ラーメン」

村上市にある「玉寿し食堂」へと行ってきました。

tamazushi_201807_1.jpg


今回は、ホットペッパー「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通掲載記事はこちら


まず、注文したのは定番のこちら

ラーメン(しょうゆ)

tamazushi_201807_2.jpg

tamazushi_201807_3.jpg


独特な香ばしさにも似た醤油風味とコクが他には無い味を醸し出しています。

聞いてみると、あっさり醤油清湯な見た目からは想像もつかない製法となっていました。
何日も煮込み作った濃厚白湯に、醤油、塩、味噌などのタレを合わせた、「ラーメンの素」的なタレを作り、提供時に希釈し使用しているのだとか。
薄まる事であっさりに仕上がりはしますが、詰め込まれた素材の味はあっさりになっても健在で、こちらのお店ならではの味に仕上がっています。

チャーシューは豚バラ肉で、しっかりとした醤油の旨味が染み込んでいます。
柔らかい仕上がりでした。


独特な風味ながらも、あっさりで食べやすく、とても美味しい一杯でした!


もう一杯はこちら

肉ラーメン

tamazushi_201807_4.jpg


スープ、麺など基本的な部分は、醤油ラーメンと同じですが、大きな違いとしては、チャーシューではなく、肩ロース肉をやいた「肉」がのっている事です。

tamazushi_201807_5.jpg


しっかりとした歯ごたえが印象的ですね。


生たまご入りです。

tamazushi_201807_6.jpg


スープの熱が入り、温玉状態になっています。

割ってスープに混ぜる事で、まろやかさをプラスする事が出来ます。


玉寿し食堂の詳細
posted by BBSHIN at 18:54| Comment(0) | 村上市

2018年06月24日

BISTMO 深みある旨味のあっさり塩

村上市にある「BISTMO(ビストモ)」へと行ってきました。

bistmo_1.jpg


お昼はお好きなラーメンに+250円でライスと揚げ物をセットに出来るとの事だったので、塩ラーメンをランチにしてみました。

ランチ(塩)

bistmo_2.jpg




bistmo_3.jpg

bistmo_4.jpg


あっさり塩味のスープはとても深みのある味わいです。
動物系の清湯に魚介的な強めの旨味が加わっていました。

麺はシンプルな多加水細麺でした。

味わい深いスープが実に美味しい一杯でした。


ランチでついてきたライスと唐揚げ

bistmo_5.jpg


もう一杯はこちら

醤油野菜

bistmo_6.jpg


塩の様なハッキリとした旨味を予想していましたが、かなり別物の味となっていました。
あっさり醤油味に、炒め野菜?の甘味、そして風味のついた油が加わり、通常の醤油ラーメンとは違う味になっているものと思われます。
塩ラーメンと比べ、スープ・タレの味が前に出てくる感じがなかったので、野菜なしの醤油ラーメンを試してみれば良かったかなと思いました。


ちなみに、他の常連さんらしき人との雑談の中で、お店が移転するという話が聞こえてきました。
自分でも確認してみたところ、お店の場所を変え、移転後は、ラーメンメインのスタイルをやめるとの事でした。

塩ラーメンが美味しかったので残念に思っていましたが、移転後も塩ラーメンは提供する予定とのこと。
詳しくは聞かなかったので時期、詳細などは不明です。
機会あればまた塩ラーメン食べに行きたいですね。


BISTMOの詳細
posted by BBSHIN at 21:46| Comment(0) | 村上市

2017年05月06日

「にぼしまじん」のコッテリ系背脂煮干醤油

村上市にある「村上プラザ」内にあるお店へと行ってきました。

niboshimajin_21705_1.jpg

今回訪れたお店は・・

「にぼしまじん」です。

niboshimajin_21705_2.jpg


以前はなかったメニューが出ていたのでそちらをお願いしてみました。

背脂しょうゆ

niboshimajin_21705_3.jpg

麺は太麺、細麺が選べたので、背脂醤油に合いそうな太麺にしてみました。

niboshimajin_21705_4.jpg


スープの方は、背脂によるコッテリ感と、強い煮干し出汁と醤油風味が折り重なり、重厚な味わいです。

元々煮干し系のお店という事もあり、そこに背脂がプラスされる事で、燕系背脂醤油ラーメンにかなり似た構成となっています。

自家製太麺と背脂煮干醤油スープの相性も最高です。

これはウマい!

とても美味しかったですグッド(上向き矢印)


もう一杯はチャーシュートッピングな一杯です。

しょうゆチャーシュー

niboshimajin_21705_5.jpg


あっさりながらも煮干しがガツンと香るスープは絶品ですね。


豚チャーシュー

niboshimajin_21705_6.jpg

以前は肩ロース的なしまった肉質のタイプだった気がしますが、柔らかい豚バラとなっていました。

しっとり柔らかい鶏チャーシューものっています。

niboshimajin_21705_7.jpg

麺、スープだけでなく、トッピングまでクオリティが高いのがコチラのお店のお勧めポイントです。

機会があれば是非行ってみて下さい!


にぼしまじんの詳細
posted by BBSHIN at 08:24| Comment(0) | 村上市

2017年04月25日

山形ラーメン 鬼がらし 村上店

村上市にオープンした「山形ラーメン 鬼がらし 村上店」へと行ってきました。

yamagata_oni_1.jpg


定番メニューは「味噌ラーメン」とのこと。
辛さが選べるらしく、スタンダードは中辛との事でそちらを注文してみました。

味噌らーめん(中辛)

yamagata_oni_2.jpg

yamagata_oni_3.jpg


あっさりとサラリとした味噌スープです。
麺は多加水でツルツルとしたストレート麺でした。
選ぶ辛さによって辛味油の量が変わる様です。

昔ながらのスタイルの味噌ラーメンかなと思いました。



醤油ラーメン(ノン辛)

yamagata_oni_4.jpg

yamagata_oni_5.jpg


こちらもアッサリ系です。
醤油風味が強くでた昔ながらのあっさり醤油でした。


メニュー構成としては、ラーメンの他に枝豆や野菜炒めなどの一品料理やアルコールメニューなどもあるので、居酒屋的な利用も出来そうです。

今回は一品料理の中からおに串を注文してみました。

yamagata_oni_6.jpg


山形ラーメン 鬼がらし 村上店の詳細
posted by BBSHIN at 00:08| Comment(0) | 村上市

2017年03月12日

荒川胎内インター近くの「麺やPS」のあっさり鶏魚介醤油

村上市、荒川胎内インター近くにある「麺やPS」へと行ってきました。

ps_1.jpg


外観が目立たないので夜だと場所が分かりにくいですが、「ながはま」という酒屋さんの隣にあります。

ps_2.jpg


注文したのはこちら

ラーメン

ps_3.jpg

ps_4.jpg


あっさりですが濃い味わいスープです。
濃い醤油風味と、鶏等の強めの動物系が合わさっています。

麺は多加水で歯応え強めの縮れ中麺でした。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、磯のりなどがのっていました。
チャーシューは、バラ肉のロールチャーシューでした。


「味の濃い方は割りスープあります」
とのこと

ps_5.jpg


という事でお願いしていました。

ps_6.jpg


冒頭に
「あっさりだけど濃いスープ」
と表現しましたが、それも納得の味です。

色を見ても分かるかと思いますが、かなり濃い目の鶏スープとなっています。
あっさりなので清湯スープかと思いきや、少し濁った半濁スープでした。
鶏の半濁スープに焼きアゴ、昆布、カツオなどの魚介などが用いられている様です。


特に目立った部分などはないのですが、バランスの良い一杯でした手(チョキ)



続きましてはこちら

味噌ラーメン

ps_7.jpg

ps_8.jpg


濃厚な仕上がりのスープです。
ただ、濃厚白湯的な濃厚さではなく、味噌の濃さによるもので、スープ自体はアッサリ系かなと思われます。
そして、強めのニンニク風味が加えられ、香りとしても香ばしい匂いを漂わせていました。

ピリ辛味噌というメニューもあるらしいので、機会があれば試してみたいですね。


テーブル調味料

ps_9.jpg

醤油、酢、ラー油、胡椒の他に、白ゴマ、七味唐辛子、柚子胡椒などがありました。


麺やPSの詳細
posted by BBSHIN at 09:39| Comment(0) | 村上市

2016年07月31日

らんらん亭

村上市にある「らんらん亭」へと行ってきました。

ranrantei_1.jpg


注文したのは人気メニューという「野菜味噌ラーメン」です。

ranrantei_2.jpg

ranrantei_3.jpg


濃い目の味噌味に野菜の味が加わり、また、適度な旨味があるスープで飲み応えもバッチリです。

麺は多加水のツルモチ中太麺でした。

メニューを見ると
「豚骨を強火でガンガン炊き出した白濁スープ」
「特製味噌を練り合わせ旨味のあるスープ」
とありました。
そこまで濃厚な動物系スープだとは思いませんでしたが、味噌や各種旨味、動物系のバランスが良く、スタンダードなスタイルの美味しい野菜味噌ラーメンかなと思いました。



友人が食べた「オリジナル塩ラーメン」

ranrantei_4.jpg

ranrantei_5.jpg


塩味の動物系清湯は、旨味も加わり、あっさりながらも印象的な味となっていました。

麺は味噌よりも細めでしょうか。

レモンがサッパリとさせてくれそうですね。


らんらん亭の詳細
posted by BBSHIN at 11:29| Comment(0) | 村上市

2016年07月24日

村上市の超人気店「荒川らーめん魂 あしら」の胡麻のコクたっぷりの担々麺!

村上市にある「荒川らーめん魂 あしら」へと行ってきました。

ashira_201607_1.jpg


今回はどさん子 荒川店時代に食べてみて美味しかった担々麺を再び食べてみる事にしました。

どさん子荒川店についてのブログ記事はこちら

胡麻たっぷり手打ち担々麺

ashira_201607_2.jpg


練り胡麻がたっぷりと使われ、ゴマのコクたっぷりでクリーミーなスープです。
ラー油の程良い辛味、そして、ゴマ風味に隠れ気味ですが、山椒なども使われている様な??

分厚い飲み応えで旨味もしっかりとした印象的な味わいのスープですねぴかぴか(新しい)


そのスープが縮れた麺にたっぷりと絡みつきます。

ashira_201607_3.jpg


多加水の縮れ中麺でした。
品名に「手打ち」とあり、少しやわめの独特な食感が印象的でした。
高い粘度のスープとの相性はバッチリでしたるんるん

ただ、以前食べた時とは麺が違う様に感じます。
お店のリニューアルと共にマイナーチェンジをしたのかもしれませんね。


トッピングはチンゲンサイ、ネギ、キクラゲ、ナッツの他に、挽き肉と刻みザーサイを混ぜたものがのっています。

ashira_201607_4.jpg


このザーサイのコリコリとした食感がドロっとしたスープに混ざる事で生まれる食感のコントラストが何ともいえなく良いですねるんるん


とても美味しい担々麺でした手(チョキ)
一緒に行った友人も「ウマイ」と言ってました手(パー)



もう一品はこちら

味噌マーボー麺(半麺)

ashira_201607_5.jpg

ashira_201607_6.jpg


トロみたっぷりで旨辛な麻婆餡がたっぷりとかかっています。
辛味と痺れの両方が程よく効き、適度に刺激的な味わいが良いですね。

麺は大盛りなのですが、村上巡りの2軒目だった為、半麺を選択しました。
しっかりとした歯応えの太麺で、マーボー餡が良く絡み、餡、スープとの相性も抜群でした。
近所で一軒だけ行くのであれば、大盛りにしたい麺ですねぴかぴか(新しい)

担々麺と同様に、ライスが必須な一杯かと思われます。
当然の事ながらご飯との相性は抜群かと。
ただ、半麺にしたのと同様の理由で今回は断念致しましたが・・・

とても美味しいマーボー麺でした手(チョキ)


水餃子〜ねぎポン酢〜(360円)

ashira_201607_7.jpg


こちらのお店は様々なラーメン以外にも、おつまみメニュー等、豊富な品揃えが特徴的です。
そしてそれぞれの品質が高く美味しいと評判です。
餃子は焼、水ともに美味しかったです。
機会あれば他の品も試してみたいですねぴかぴか(新しい)


荒川らーめん魂 あしらの詳細
posted by BBSHIN at 21:29| Comment(0) | 村上市

2016年07月07日

喜びラーメン小太喜屋の迫力満点「塩チャーシュー」!

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」へと行ってきました。

kotakiya_201607_1.jpg


今回はホットペッパー「メシ通」の取材で行きました。


醤油と塩の2本柱のお店なので、それぞれ一品ずつ注文し紹介する事としました。


塩チャーシュー

kotakiya_201607_6.jpg


まるで花びらの様に盛りつけられたレアチャーシューは、凄い迫力ですね!
他にも、鶏チャーシュー、バラチャーシューものり、ボリューム満点です。

スープは、かなり煮干しが強烈に効いたあっさりスープです。

以前、こちらのお店にきた際の記事には「塩が控えめ」と書きましたが、当時と比べてかなり魚介出汁が強くなっていると感じました。
当時は、程良い出汁感のスープで、醤油ダレは醤油等の旨味も合わさり個人的にちょうど良い旨味バランスだったのに対し、塩は旨味が抑え目に感じていました。
しかし、今回の塩スープは、魚介から出る旨味などもあり、全く「旨味が抑え目」とは感じませんでしたひらめき

スープやタレなど、日々調整をしているそうですが、久しぶりに食べると全くの別物に感じる程の変化をしている事に驚きました手(パー)


続きましてはこちら

醤油味の「喜びラーメン」

kotakiya_201607_2.jpg

kotakiya_201607_3.jpg


魚介風味が突出していた塩に比べ、醤油ダレの柔らかな旨味が全体を包み込み、バランス良い仕上がりとなっています。
動物系、魚介系、醤油等の旨味が合わさり、印象的な飲み心地となっていますぴかぴか(新しい)

自家製の麺の食感も良く、程よくスープを持ち上げ、とても美味しいですねぴかぴか(新しい)


喜び飯も注文しました。

kotakiya_201607_4.jpg


スープをかけて頂きました。

kotakiya_201607_5.jpg


これも美味しいですね〜るんるん

久しぶりにきましたが、美味しい2杯のラーメンと喜び飯に大満足です手(チョキ)


喜びラーメン小太喜屋の詳細
posted by BBSHIN at 20:48| Comment(0) | 村上市

2016年06月22日

ゴマ風味たっぷりの濃厚な味わい「麻婆担々麺」 中華食堂 リン

村上駅のすぐ前にある「中華食堂 リン」へと行ってきました。

rin_1.jpg


メニューを見ると色々な種類が揃っているので迷いましたが、今回は特に目に止まった一品を注文してみる事にしました。

麻婆担々麺

rin_2.jpg

rin_3.jpg


かなり濃い味が予想される個性的なルックスです。

レンゲをすくう場所によって味が違いそうだったので、まず端っこあたりのスープを飲んでみると、、

とても濃いゴマ風味が口の中に広がります!
色々な味が混ざり下のスープのベースは分かりにくいのですが、色を見る限り醤油のあっさりでしょうか?
全体に混ぜ合わせた練りゴマが浮き上がり丼表面に層になっている様です。

続いて麻婆豆腐を試してみると、これまた深い味わいですグッド(上向き矢印)

この麻婆豆腐とゴマ風味が混ざり合うと、単体では味わえない絶妙なバランスとなりますぴかぴか(新しい)

上にかけられたラー油はそれ程辛くなく、ピリ辛程度で食べやすいですね。
全体の色合いを鮮やかにし、風味をプラスしてくれます。


続きましてはこちら

五目タンメン

rin_4.jpg

rin_5.jpg


こちらは、王道系スタイルの五目あんかけラーメンです。

種類豊富な具材が入ったとろみの強い五目餡が、麺にたっぷりと絡みつきます。

麻婆担々麺の様な珍しさはないですが、しっかりとした美味しさに仕上がっていますね。


ラーメン2杯を食べてみて、レベルの高いお店だと感じましたるんるん


ついでに、食後のデザートも注文してみる事としました。


杏仁豆腐(330円)

rin_6.jpg


タピオカ入りココナッツミルク(330円)

rin_7.jpg


ラーメンを食べた後に、甘いデザートを食べると幸せな気持ちになりますねぴかぴか(新しい)


中華食堂 リンの詳細
posted by BBSHIN at 00:57| Comment(0) | 村上市

2015年12月12日

こくまる

村上市にある「こくまる」へと行ってきました。

kokumaru_1.jpg


中華そば

kokumaru_2.jpg

kokumaru_3.jpg


スープはあっさり魚介風味の醤油です。
(メニューによると、煮干し・鶏ガラのスープとのこと)
背油が結構浮いています。
液体油が厚めの層を作り、結構コッテリしています。

麺は多加水の細麺でした。

チャーシュー、メンマ、ネギがのっていました。



こくまるみそ

kokumaru_4.jpg

kokumaru_5.jpg


キャベツ、ニンジン、モヤシ、ネギ、チャーシュー、メンマがのっています。
チャーシューは、柔らかく煮込まれていました。

スープは豚骨白湯の様です。

麺は多加水細麺でした。


こくまるみそには、辛味噌がついてきたので、プラスし味の変化を楽しんでも良いでしょう。

kokumaru_6.jpg


その他テーブル調味料

kokumaru_7.jpg


ブラックペッパー、ホワイトペッパー、七味唐辛子、ラー油がありました。



こくまるの詳細
posted by BBSHIN at 08:14| Comment(0) | 村上市

2015年11月29日

食菜 和ごころ

村上市の「食菜 和ごころ」へと行ってきました。

wagokoro_1.jpg


席につくと小皿にのった野菜が出てきました。

wagokoro_2.jpg


おかわり自由みたいでするんるん

wagokoro_3.jpg


注文したのは「しじみ塩ラーメン」です。

wagokoro_4.jpg

wagokoro_5.jpg


あっさり塩味のスープは飲みやすいですねぴかぴか(新しい)

麺はシンプルな中華麺でした。

タイトルにもあるしじみは、そこまで強い味が出ている訳ではないものの、しっかりとしじみ風味を漂わせています。

殻付きのしじみ以外にも、小さなしじみの剥き身が浮いていました。

wagokoro_6.jpg


とても滋味深く、美味しいスープですねぴかぴか(新しい)

「しじみラーメン」という程にはしじみが強く出てはいませんが、味のバランスとしては良いと思います。
前情報によると、しじみはタレに使っているらしいので、比率的にこの位になるだろうとは思っていました。
ここ数年流行っている貝系ラーメンっぽい味にするなら、しじみ出汁と動物系を7:3位で手鍋で合わせて温め、タレは通常の塩ダレ、とかになると思いますが、青森県十三湖の大和しじみという良いものを使っているという事で、販売価格や提供時のオペレーションなどを考えた上での選択だったのかなと。

中華系の塩ラーメン的な雰囲気のある一杯だったと思いますひらめき

味わい深く飲みやすいスープは、ついつい飲み干してしまいそうですわーい(嬉しい顔)


続きましては「えび塩ラーメン」

wagokoro_7.jpg


食感の良いエビがのっていまするんるん

トロみそこそこの餡がかかり、スープの旨味や塩加減もちょうど良いですねぴかぴか(新しい)

新潟市で流行っている中華系の海老塩とほぼ同じ味で、同等のレベルのものだと思います。

聞いたところによると、担々麺や杏仁等ど同様に、こちらのお店がオープンする前に同じ場所にあった「一兆」というお店で出していたものなのだとか。

バランス良い仕上がりの「しじみ塩」と比べ、ハッキリとした方向性に仕上がった一杯であると思います手(パー)
こちらを看板メニューとして推しても良い位かなと。



2杯食べてみて感触が良かったので、村上での連食を中止し、他のメニューを試してみる事としました。

まずは、手作りという餃子を試してみることに。
(5個410円 ハーフも有)

オリジナル、チーズ味、ピリ辛の3種があるらしく、3種類を試してみることに。

3種を一つ、小皿に盛り付けてみました。

wagokoro_8.jpg


左からチーズ、オリジナル、ピリ辛となっています。

チーズは、味がついており何もつけずに食べても美味しかったですぴかぴか(新しい)
チーズのコクが良かったですねるんるん

オリジナルは、具沢山で肉汁もあり、とても美味しかったですグッド(上向き矢印)

ピリ辛は、確かに少し辛めの味がついていました。
美味しかったですが、3品も注文出来ない場合は、オリジナルを注文しラー油で調節するのもありかと。

一人で食べる場合のお勧めとしては、チーズ(ハーフ)とオリジナル(ハーフ)の2皿でしょうか。


テーブル調味料

wagokoro_9.jpg


ブラックペッパー、ホワイトペッパー、酢、ラー油といった定番の他に、店名のシールが貼られた醤油が置いてありました。

wagokoro_10.jpg


レンゲに少し注ぎ舐めてみると、塩分はそこそこに、旨味が強く、甘味が印象的な醤油でした。
旨味調味料入りかと思い調べてみると、通常の材料にプラス砂糖、カラメル、甘味料だけでした。
地元村上市の醤油屋「手作り味噌と醤油 のざわ」の商品らしいですね。
ここの醤油蔵で、甘味を加えていない純粋な醤油が売っていれば試してみたい位です。

ちなみに、餃子に使う醤油としては、旨味とほのかな甘味がとても良かったですぴかぴか(新しい)
豆腐などにかける醤油としても美味しいと思います。


醤油ラーメンにもこの醤油が用いられているという事だったので、気になり半麺で注文してみました。

醤油ラーメン(半麺)

wagokoro_11.jpg


あっさりとし、とても優しい味わいの醤油スープです。

使われている醤油由来なのか、ほんのりと甘味のあるスープでしたぴかぴか(新しい)


機会あれば担々麺やしじみ雑炊なども試してみたいですね手(チョキ)


食菜 和ごころの詳細
posted by BBSHIN at 18:02| Comment(0) | 村上市