2013年07月11日

村上プラザラーメン小多喜

村上市のイオン村上東店のフードコート内にある「村上プラザラーメン小多喜」へと行ってきました。

kotaki_1.jpg


こちらのお店は人気店「小多喜屋」と同じ経営で、小多喜屋のご主人は今の場所にお店をオープンする前は、こちらのお店でラーメンを作ってたとの事。


野菜がのったラーメンなどが美味しいとの評判を聞いていたので、あんかけラーメンを注文しました。

kotaki_2.jpg

kotaki_3.jpg


しょっぱめでとろみの強い餡が自家製中細麺によく絡んできます。
フードコートで自家製麺を出しているというのは珍しいですよねひらめき

餡の味付けも良く、最後まで熱々で美味しく頂けますぴかぴか(新しい)


しおラーメン(半)

kotaki_4.jpg


あっさりと澄んだスープが飲みやすく美味しいです。

特にこれといって際立った特徴はありませんが、しっかりと美味しい一杯です。

フードコートで子供から年配の方まで食べられる様に、基本のラーメンはシンプルにしているのでしょう。
ガッツリと食べたい方にはあんかけや具ののったものがお勧めです手(パー)



村上プラザラーメン小多喜の詳細
posted by BBSHIN at 21:05| Comment(0) | 村上市

2013年07月10日

麺匠 拓

村上市の「麺匠 拓」へと行ってみました。

taku_1.jpg


とりそば

taku_2.jpg

taku_3.jpg


鶏のスープ、油の風味が良い感じです。
醤油も色濃く出ていて、塩にするとどうなるかが気になるスープです。

麺はオーソドックスな縮れ細麺でした。

鶏チャーシュー、ワンタンなど具材の出来も良いですね。


にら南蛮らぁめん

taku_4.jpg

taku_5.jpg



色の割りには飲み口軽めのトンコツスープ、麺はツルツルした中太麺でした。

一緒に出てくる、ニラとキムチを入れながら食べます。



麺匠 拓の詳細
posted by BBSHIN at 23:41| Comment(2) | 村上市

2013年07月09日

喜びラーメン 小太喜屋 つけ麺

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」へと行ってきました。


kotakiya_201307_1.jpg


こちらのお店、オープンからまだそれ程経っていませんが、一気に人気店へと駆け上がりました。


今回の目的はPR情報をもらっていた「つけ麺」です。

つけ麺のPR情報



つけ麺

kotakiya_201307_2.jpg

kotakiya_201307_3.jpg


相変わらずの綺麗な盛り付けですぴかぴか(新しい)

つけ汁は、つけ麺に良くある濃厚豚骨魚介ではなく、醤油と魚介が効いたあっさりスープです。

麺はラーメンのものよりも太めですが、「太麺」という程ではありません。
ツルツルモチモチ系の食感で、程よい固さの麺です。

スープを最初に飲んだ時、ドロドロ濃厚つけ麺に慣れた舌には、若干物足りなさを感じたのですが、麺とスープの相性がとても良く、食べ進むにつれて麺の美味しさを感じる様になりました。
中盛300g、大盛400gと麺の量が多くても最後まで飽きさせない美味しさがあると思いますひらめき

途中、柚子胡椒を溶かしながら、少しずつ味を変化させていくという楽しみ方も可能です手(チョキ)


割りスープもあります。

kotakiya_201307_4.jpg


こちらのスープもしっかりとした出汁が出ているので、薄めて飲む時も美味しく頂く事が出来ます手(チョキ)


魚介の風味、酸味、甘味、麺の美味しさ、など全体のバランスが素晴らしい一杯でした!


暑い夏に、さっぱりとしたつけ麺を食べに行ってみてはいかがでしょうか?グッド(上向き矢印)


ちなみにこちらのお店、お昼営業のみでしたが、お客さんからの要望もあり金土日に限り夜営業も始めたとの事です手(パー)



喜びラーメン 小太喜屋の詳細
posted by BBSHIN at 21:04| Comment(4) | 村上市

2013年07月07日

どさん子 荒川店 カレーらーめん

村上市の超人気店「どさん子 荒川店」へと行ってきました。

dosanko_arakawa_201307_1.jpg


お店の隣には自家製麺を作る製麺所があります。

dosanko_arakawa_201307_2.jpg


掲載が前後しましたが、この日5軒目だった事もあり半ラーメン(100円引)にする事に

注文したのは「カレーらーめん」(半)

dosanko_arakawa_201307_3.jpg

dosanko_arakawa_201307_4.jpg


カレーがかかる昔ながらのカレーラーメンではなく、スープ全体がカレー味となっています。

スープはドロドロとしてる訳ではなく、サラっとしています。

カレー風味でコクがあるスープがモチモチ太麺に程よく絡んできますぴかぴか(新しい)

絶妙なバランス感の一杯でした手(パー)


夏季限定「しょうゆ冷やし」

dosanko_arakawa_201307_5.jpg

dosanko_arakawa_201307_6.jpg


ごく普通の、一般的なスタイルの冷やし中華ではありますが、水でシメられた自家製細麺は弾力感があり実に美味しいです。

暑い夏にサッパリ食べたい方にお勧めです。



ちなみに、入り口に「リニューアルオープン」に関する貼り紙がありました。

dosanko_arakawa_201307_7.jpg


7月17日より「あしら」というお店としてリニューアルオープンするとのことです。

店内にあった説明によると、味やスタッフが変わる訳ではなく、どさん子グループから脱退し、新たなチャレンジをするとの事。

正式店名は「荒川らーめん魂 あしら」だそうです。


ちなみに「あしら」の由来は

あ・・・あらかわのみんなが

し・・・しってる

ら・・・らーめん

との事です。


リニューアルオープンしたらまた食べに行ってみたいですねグッド(上向き矢印)



どさん子 荒川店の詳細
posted by BBSHIN at 10:07| Comment(0) | 村上市

2013年03月29日

喜びラーメン 小太喜屋 チャーシューメン

当サイトの村上市ラーメン情報は、まだまだ足りないというのが現状です。
その様な状況の為、色々と行ってみたいお店がたくさんあるのですが、そこら辺を後回しにしてもまた行ってみたかったお店がこちらです。

「喜びラーメン 小太喜屋」

kotakiya_201303_1.jpg


WEEKのラーメン特集でも「チャーシューが自慢」と紹介されていたので、今回は「チャーシューメン」を注文しました。

kotakiya_201303_2.jpg

kotakiya_201303_3.jpg


柔らかい写真左のチャーシューと肉の旨味が詰まったタイプの写真右のチャーシュー、そして細切れのチャーシュー、味玉、メンマなどものっている豪勢な一杯ですグッド(上向き矢印)
こんなにガッツリ盛り付けているというのに、品の良さが保たれているという部分に店主のセンスを感じますぴかぴか(新しい)

スープは味、香りともに煮干しのインパクトが大です手(パー)

煮干しが嫌いな人でなければ、自信を持ってお勧め出来るラーメンですわーい(嬉しい顔)


塩ラーメン

kotakiya_201303_4.jpg


強烈なインパクトを残す醤油と比べると、若干控えめで大人な味わいの一杯です。

二人で行って2杯とも試すか、または、初めて行くならまずは醤油をお勧めしたいですね手(パー)


喜びラーメン 小太喜屋の詳細
posted by BBSHIN at 22:06| Comment(2) | 村上市

2013年03月25日

一平

村上市の人気店「一平」へと行ってきました。

ippei_1.jpg


駐車場はほぼ満車、店内の待合スペースには収まりきらず、店外まで行列が出来ています。


ラーメン

ippei_2.jpg

ippei_3.jpg


あっさりしているスープは、半濁状態で良くダシが出ていると感じます。

知人からも「チャーシューが旨い」との話を聞いていましたが、確かに美味しいですグッド(上向き矢印)
柔らかくトロトロな食感のチャーシューは箸でも切れそうな程の柔らかさですぴかぴか(新しい)

麺はこういうタイプのラーメンに良くあるタイプの普通の細麺ですが、醤油ダレの風味がスープに絡み、飽きさせる事なく最後まで食べられます。

昔ながらのあっさりラーメンスタイルですが、スープ、チャーシューと質が高く、また、全体のバランスも良く秀逸な一杯です手(パー)


五目ラーメン

ippei_4.jpg

ippei_5.jpg


写真の見た目通り、野菜たっぷりですグッド(上向き矢印)

旨味の強い五目あんは、とろみも強く、当然ながら麺への絡みは普通のラーメン以上です。

4分の3程は普通で食べて、終盤は珍しく酢を投入して食べてみました。
五目あんと酢の相性は抜群です。
(五目焼きそばに酢と辛子を入れる様な感覚です)


一平の詳細
posted by BBSHIN at 00:00| Comment(0) | 村上市

2013年01月16日

どさん子 荒川店

去年の村上遠征のラストに、多くのラーメン通が薦める名店へと行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

お店は

「どさん子 荒川店」

dosanko_arakawa_1.jpg


こちらのお店、どさんこチェーンの中で日本一にもなった事があるお店だとか。
メニューを見ても、ほぼ「どさんこ」っぽさはなく、個人店の様なスタイルをかもし出しています。

時間は夜の9時頃でしたが、満席で何人か並んでる程の人気ぶりです。


注文したのは人気の「味噌らーめん」

dosanko_arakawa_2.jpg

dosanko_arakawa_3.jpg


写真では分かりづらいですが、左の裏側あたりに魚粉がかかっています。
スープは色んな旨味が混ざり合ってて結構濃厚です。
麺は迫力あるモチモチ太麺でした。

チャーシューは歯応え良く肉の旨味がしっかりとあるタイプ。
コーンやもやしがどさんこっぽさを出しています。

人気となるのも納得の一杯でした手(パー)


担々麺

dosanko_arakawa_4.jpg

dosanko_arakawa_5.jpg


見た目からして旨そうですグッド(上向き矢印)

スープは濃厚なゴマの風味たっぷりです。
麺は味噌とは違い、少し細めのストレート麺です。
こういう質感の麺、かなり好きなんですよねグッド(上向き矢印)
スープがインパクトあるので味噌と同じ様な麺でくるかと思いきや、淡麗系ラーメンに合いそうな麺だったのは嬉しい誤算ですひらめき

個人的には、人気の味噌よりも秀逸な一杯だと感じましたぴかぴか(新しい)


どさん子 荒川店の詳細
posted by BBSHIN at 19:21| Comment(4) | 村上市

2013年01月05日

ちくに

去年の村上ラーメン巡りで「ちくに」へと行ってきました。

tikuni_1.jpg


駐車場はこの写真の右側10メートル位のところにあります。


積雪対応型カーポートの奥に入り口があります。

tikuni_2.jpg


中華そば

tikuni_3.jpg

tikuni_4.jpg


ダシの感じの強いスープに、麺は細麺よりはちょっと太いツルモチ麺。
麺はかなり柔らかくなる程の茹で加減でした。
噂でもその様に聞いていたので、茹で過ぎた訳ではなく狙ってこの固さにしている様です。

チャーシューは肉厚でとても柔らかく、味も良く染みています。
こういう昔ながらのお店だと、スープに味を足す為にチャーシューからは旨味が抜け出てしまっているケースが多いですが、こちらのお店のは今風のチャーシュー自慢のお店の様なチャーシューでしたぴかぴか(新しい)
昔からこのスタイルでやってる様ですねひらめき


肉そば

tikuni_5.jpg


チャーシューメンというよりは、全部のせ・特製ラーメン的な程にトッピングがのっています。

個人的好みで言えば、麺さえ固ければかなり好きなタイプのラーメンだなと思いました。
といっても、やわ麺でもそれ程違和感を感じないトータルバランスとなっているので、こういうのが好きな人もたくさんいるのだと思います。
常連さんも多いみたいですしねぴかぴか(新しい)


ちくにの詳細
posted by BBSHIN at 17:54| Comment(0) | 村上市

2012年12月23日

喜びラーメン 小太喜屋 インタビューコーナーに掲載!

複数の方々から「村上の喜びラーメン 小太喜屋が美味しい」という情報が寄せられていたので行ってみる事にしましたダッシュ(走り出すさま)

kotakiya_1.jpg


ラーメン

kotakiya_2.jpg

kotakiya_3.jpg


運ばれてきた瞬間に漂う強い魚介の香り、そして、丁寧に盛り付けられたルックスを見ると、口をつけずともこちらの一杯が只者では無い事が想像出来ます。

スープを飲んでみると、、

うっ うまいあせあせ(飛び散る汗)

決して「濃厚」という訳ではないのですが、動物系魚介系の旨味がギッチリと詰め込まれています。
そして麺がまた旨いグッド(上向き矢印)

具材として、チャーシューが二種類のっています。

左の豚バラの方は、良く見かけるタイプで柔らかく美味しいです。
特筆すべきは右側のチャーシューです。

煮豚ではなく、ローストチャーシューとの事ですが、煮る事でスープに落ちてしまう旨味がそのまま詰まっていて、なおかつ食感が良いです。



喜び塩ラーメン

kotakiya_4.jpg


「喜び」にすると具材の量が増えるらしいです。

ちなみに塩にすると、鶏チャーシューがつくみたいですが、これがまた美味しいのですわーい(嬉しい顔)


塩と醤油を2杯試してみましたが、個人的には醤油の方が好きです。
スープのインパクトが強く、個性たっぷりの味わいのスープを醤油ダレが包み込み、そして、更に深みを与えていると感じました。
塩はスープの強烈さをダイレクトに味わいたい人向きかなと。


他のお客さん達が大抵「喜び飯」なるものを注文してたので、真似して注文してみました。

喜び飯(ミニ)

kotakiya_5.jpg


トロトロのチャーシューとご飯がメチャクチャ合いますグッド(上向き矢印)

残ったスープをかけて、少しずつわさびを溶かしながら食べると、高級茶漬けの様でするんるん


喜びラーメン 小太喜屋の詳細



このラーメンの秘密を知りたいと思い、食後に店主に話を伺い、そのままインタビューコーナーに掲載させてもらう事としましたひらめき

喜びラーメン 小太喜屋へのインタビューの詳細
posted by BBSHIN at 02:31| Comment(4) | 村上市

2009年09月02日

麺の力こぶ 中ムラ

瀬波温泉の帰り道に7号線と113号線のぶつかる交差点にある「麺のちからこぶ中ムラ」に行きました。

五時半開店で五時についたので30分待つ事に。

mennotikarakobu_1.JPG


5時になり開店

mennotikarakobu_2.JPG


入ると「ラーメン「0.62」」と書いてある張り紙がありました。

mennotikarakobu_3.JPG

鹿児島産「カツオ節」「サバ節」、長崎「イワシ干し」、北海道「コンブ」、秋田「鶏骨」、新潟「豚骨」などの天然ダシを使っていて旨味調味料は1杯当たり「0.62g」しか使ってないとか。

プロのラーメン屋さんなら「0.62g」がどの位の数字か分かるのでしょうけど、素人の私にはさっぱりピンときません。
きっと少ないのでしょうけどぴかぴか(新しい)
でも、天然ダシを使ってる事は分かりましたひらめき


私が頼んだ麺こぶラーメンは背油入りのこってりラーメンです。

mennotikarakobu_4.JPG

mennotikarakobu_5.JPG


魚介ダシが効いていてなかなか美味しいです。



友人が頼んだ支那そばは昔ながらの中華そばという感じです。

mennotikarakobu_6.JPG

mennotikarakobu_7.JPG


友人は「特徴がなく普通かな」と言ってましたが、私は結構好きな味でした。
固めの細麺の食感が良いかもです。


両方とも器が小さく麺は少なめだなと思いました。

この日はお昼にラーメンにおやつに岩牡蠣、温泉卵などを食べてからきたのでちょうど良い量でしたけどわーい(嬉しい顔)


麺の力こぶ中ムラについてはこちら
posted by BBSHIN at 22:03| Comment(0) | 村上市

茉莉花(まつりか)

友人が村上で岩牡蛎を食べたいと言い出したので行って来ました☆
せっかく村上まで行くので温泉、足湯、ラーメンを楽しんでくることにしました(^^)

ラーメンは村上駅近くの茉莉花というお店に行きました。

matsurika_1.JPG


ずっと「まりはな」って読んでましたが、正しい読み方は「まつりか」らしいですね(^_^;)
まあ「まりはな」って名前だとなんかヤバい気がしますしね…



笹川流れの塩ラーメンが有名だったので食べたかったですが、友人が塩を食べたいと言ったので私は野菜ラーメンの塩にしました。

matsurika_2.JPG

matsurika_3.JPG

matsurika_4.JPG


お店の人に聞いてみると、野菜ラーメンの塩味は笹川流れの塩ラーメンに野菜をのせたものらしいです。

スープには野菜の香ばしさと甘味が入りますが、野菜の水分でスープが少し薄くなり味は結構変わってきます。
ちなみに野菜ラーメンにはチャーシューが入ってません。


笹川流れの塩ラーメン

matsurika_5.JPG


水菜、岩海苔、チャーシュー、メンマが入っています。
シンプルなトッピングがスープに合ってます☆


両方美味しかったですがノーマルの塩ラーメンの方がシンプルな味で好みでした(^^)

終盤は岩海苔がスープに溶け出し磯の香りがして良い感じです晴れ


茉莉花についてはこちら
posted by BBSHIN at 17:08| Comment(6) | 村上市