2016年10月30日

小千谷の超人気店「手打ち麺処 暁天」の魅力にせまる!!

小千谷の超人気店「手打ち麺処 暁天」のインタビュー記事を掲載しました。

デカ盛りの一杯

kyoten_201610_1.jpg


こちらのお店は盛りが良いだけでなく、しっかりとした美味しさも魅力です。

今回はそうした部分にほんの少し踏み込んでみました。

手打ち麺処 暁天へのインタビュー記事はこちら


また、以前もご紹介した期間限定「まぜそば!NSO!」が再販となりました!

kyoten_201610_2.jpg


まぜそば!NSO!のPR情報
posted by BBSHIN at 08:48| Comment(0) | 小千谷市

2016年06月30日

小千谷市の中華飯店「一品香」

小千谷市にある「一品香」へと行ってきました。

ippinkou_odiya_1.jpg


ラーメン以外にも、ご飯物や各種定食、そして中華系一品料理など色々なメニューがありました。
こういうお店では、シンプルなラーメンよりも、餡かけ系であったり調理が加わったメニューの方が美味しいケースが多いので、今回はコチラの一杯を注文してみました。

広東メン

ippinkou_odiya_2.jpg

ippinkou_odiya_3.jpg


トロみたっぷりの五目餡かけラーメンです。

あっさりの醤油スープに、しっかりとした味付けの餡の味が混ざります。

麺は多加水で細めのストレート、歯応えもしっかりとしていました。

スタンダードなスタイルで、美味しい広東麺でした手(チョキ)



もう一品はこちら

麻婆麺(小盛)

ippinkou_odiya_4.jpg


こちらは、広東メンほどのトロみはなく、新潟によくあるマーボーメンと比べると、サラっとした感じですね。

味の方は良かったので、ご飯とともに食べても美味しいのではないかなと思います。
ちなみに麻婆丼(800円)やラーメンとミニマーボー丼のセット(1,000円)などもありました。


一品香の詳細
posted by BBSHIN at 19:09| Comment(0) | 小千谷市

2016年05月12日

小千谷市の「らーめん太郎」が閉店していた

先日、小千谷に行った際、以前よりピックアップしていたお店「らーめん太郎」に行ってみました。

すると、、

tarou_heiten.jpg


営業していなく、ネット情報によると4月末で閉店してしまったとの事でした。

ずっと食べたいと思っていたので、とても残念です・・

ラーメン屋さんの閉店というのは、とても寂しいものですね。。
posted by BBSHIN at 22:19| Comment(0) | 小千谷市

2016年05月10日

手打ち麺処 暁天のボリューム満点「みそラー麺」

小千谷市の「手打ち麺処 暁天」へと行ってきました。

kyoten_201605_1.jpg


こちらのお店は、ボリューム満点な「肉」や「角煮」などが強烈です。
前回きた時に肉担々麺角煮トッピングや肉カレーつけ麺を注文した時には、あまりのボリューム感のインパクトに驚きました。
今回は、味噌ラーメンに角煮と味玉をトッピングしてみました。

みそラー麺(角煮、味玉トッピング)

kyoten_201605_2.jpg

kyoten_201605_3.jpg


麺は普通盛りにしましたが、それでも驚く程のボリューム感!!
大盛り無料となっているので、ここから更に、麺を大盛りにしたら満腹になる事間違いありませんあせあせ(飛び散る汗)

バラ肉と肩ロースの2種類のチャーシュー、そしてトッピング角煮も含め、実に肉々しい盛り付けです。

スープは、味噌の風味と動物系の旨味が良く合わさり、コク深い味わいとなっています。
飲みやすくバランスの良い仕上がりが良いですね〜グッド(上向き矢印)

自家製の太麺も弾力感があり、食べ応え抜群です。
こちらのお店の麺の魅力をより味わいたいという方は、つけ麺もお勧めですぴかぴか(新しい)


もう一杯はこちら

しおラー麺

kyoten_201605_4.jpg


こちらは、味噌とは違い、魚介風味が前に出ており、スタンダードなスタイルの豚骨魚介塩ラーメンとなっています。
確かスープは同じだったと思いますが、この2杯を注文すると味噌と塩の出汁の感じ方の違いが良く分かると思います。
出汁の味をしっかりと味わいたい方は、塩ラーメンがお勧めです手(パー)

とても美味しかったでするんるん


テーブル調味料が豊富に揃っています。

kyoten_201605_5.jpg


醤油、七味唐辛子、酢、ラー油、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、おろしニンニク、豆板醤、ラー麺しょうゆと様々な調味料が揃っているので、色々な味変が可能となっています。

味を濃くしたい方は、旨味たっぷりの「ラー麺しょうゆ」を入れると良いでしょう。
醤油ラーメンの味を濃くする以外に、味噌や塩にブレンドしても良いかと思います。


メニューも豊富で、それぞれがインパクト抜群なので、何度行っても楽しめそうなお店ですね手(チョキ)


手打ち麺処 暁天の詳細
posted by BBSHIN at 20:06| Comment(2) | 小千谷市

2016年03月31日

手打ち麺処 暁天 肉担々麺(角煮トッピング)、肉カレーつけ麺

小千谷市にある「手打ち麺処 暁天」へと行ってきました。

kyoten_20160331_1.jpg


今回注文したのは「肉担々麺(角煮トッピング)」です。

kyoten_20160331_2.jpg

kyoten_20160331_3.jpg


元々ボリュームがある肉担々麺に角煮をトッピングする事で、かなりの肉々しい一杯となります爆弾

いくら肉を食べても減らないと感じる程のボリュームは圧巻でしたあせあせ(飛び散る汗)

スープは、コクとクリーミー感があり濃厚な味わいです。

そのスープが歯応え抜群の麺にたっぷりと絡みつきます。
麺大盛り無料というのも嬉しいですねるんるん
トッピングせずに大盛りにし、リーズナブルな価格でお腹いっぱいになるのも良いでしょう手(パー)

美味しい角煮の他、写真には写っていませんがチャーシューものっており、また、上にのった挽き肉は味付けが良く弾力感がなんともいえません。

とても美味しくお腹一杯になりました手(チョキ)


続きましては

肉カレーつけ麺

kyoten_20160331_4.jpg


つけダレ

kyoten_20160331_5.jpg


元々濃厚なスープにカレーが加わった事でか、麺が沈まない程にトロみがあります。

kyoten_20160331_6.jpg


当然、麺への絡みも抜群です。

kyoten_20160331_7.jpg


カレー風味とたっぷりの旨味で、かなり印象的な味わいとなっています。


お願いすると割りスープももらえます。

kyoten_20160331_8.jpg


割りスープも濃厚系です。
まずは混ぜずに単独で味見してみるのも良いかと思います。


とても美味しかったですぴかぴか(新しい)

この店、イチオシの一品と言っても良いかもしれません。



全席にある訳ではないですが、店内に共通利用的に豆板醤とニンニクが置いてあります。

豆板醤

kyoten_20160331_9.jpg


辛味と旨味をプラスしてくれます。


おろしニンニク

kyoten_20160331_10.jpg


これを加えることで、刺激的な変化を加えても良いでしょう。


手打ち麺処 暁天の詳細
posted by BBSHIN at 07:49| Comment(0) | 小千谷市

2016年03月04日

ボリューム抜群! 小千谷の人気店「暁天」の「肉コクたんめん」

小千谷市の「手打ち麺処 暁天」へと行ってきました。

kyoten_1.jpg


こちらのお店には、数年前に一度つけ麺を食べた事があるのみだったので、久しぶりに行きたいと思っていました。

今回は2人で行って、ラーメンを2杯試してみることに。

ラー麺

kyoten_2.jpg

kyoten_3.jpg


濃厚魚介系のスープでしょうか。

スタンダードなスタイルの濃厚系醤油ですね。
ただ、以前つけ麺を食べた時よりも、スープの出汁がハッキリと分かり、また、印象的な旨味のある味わいになっているかなと。

また、以前食べた時は、麺と具材、そして油の印象が記憶に残るのみでしたが、今回食べた一杯は多加水で歯応えある太麺にスープが負けていませんでした。
つけ麺とラーメンの差なのか、スープが変わったのかは分かりませんが、だいぶ美味しくなっており、こちらのお店へのイメージが変わりました。

機会があれば別のメニューも試してみたいと思います手(パー)



肉コクたんめん

kyoten_4.jpg


チャーシュー、角煮、ネギ、コーン、水菜、味玉、メンマなどがたっぷりとのり、かなりボリュームたっぷりです。

スープは、醤油の「らー麺」と同じで、タレが塩に変わったバージョンでしょうか。

粒の大きな背脂も浮き、醤油とはまた違った風味を出しています。
お店の人に聞くところによるとバターも使っているとか。

かなり食べ応えのある一杯でした手(グー)

とても美味しかったです手(チョキ)


手打ち麺処 暁天の詳細
posted by BBSHIN at 21:13| Comment(0) | 小千谷市

2015年08月03日

つり吉 小千谷店 トーバンジャンラーメン

小千谷市の「つり吉 小千谷店」へと行ってきました。

turikiti_odiya_201507_1.jpg

turikiti_odiya_201507_2.jpg



こちらのお店は、濃い醤油風味の「ラーメン」が定番ですが、今回は「トーバンジャンラーメン」を注文してみる事に。

turikiti_odiya_201507_3.jpg

turikiti_odiya_201507_4.jpg


豆板醤が入り、辛味が適度に効いたスープは、体がポカポカと温まってきます。
寒い冬に良さそうな一杯でしたが、あえて暑い夏に食べる事で新陳代謝アップにより、夏バテ予防に良いかもしれませんね。

麺はツルモチの縮れた中華麺で、昔ながらの醤油ラーメンにピッタリときます。

連食の後で若干疲れ気味の状態でしたが、辛味もあり、またラーメン自体がとても食べやすいので、美味しく頂けました手(パー)

特に変わった事をやっている訳でもなく、昔ながらのシンプルな味ですが、何度食べても食べ飽きない様な、そんな良さがあるお店です。
そういった事もあり、「ラーメン遠征の後のシメのラーメン」的にちょいちょい寄っています。

味だけでなく雰囲気も良いので、近くにあれば何となく通っていると思います。


つり吉 小千谷店の詳細
posted by BBSHIN at 23:14| Comment(0) | 小千谷市

2015年07月17日

麺や つるり 新潟小千谷流 「小麦にこだわった麺」

小千谷駅近くにある「麺や つるり 新潟小千谷流」へと行ってきました。

menyatururi_201507_1.jpg


今回食べたのは「醤油つけ麺」です。

menyatururi_201507_2.jpg

menyatururi_201507_3.jpg


こちらのお店は麺に力を入れているとの事です。

やってきた麺を見ると、いかにも全粒粉入りだという事を伺わせる色をしています。
麺はシメられた事と、麺自体の歯応えもあり、噛み応えが良いですね。
風味も良かったです。

スープは、冷めないようにと熱々の土鍋に入りグツグツと煮立っています。


味噌つけ麺

menyatururi_201507_4.jpg


麺を減らした場合はワンタンがサービスになる様です。


テーブルの各種調味料と割りスープ

menyatururi_201507_5.jpg


時期によっては挽きぐるみを用いた麺も提供しています。

menyatururi_201507_6.jpg


撮影させてもらった小麦粉等の写真を特集記事コーナーに掲載しました

麺や つるり 新潟小千谷流のイチオシの一杯


麺や つるり 新潟小千谷流の詳細
posted by BBSHIN at 20:30| Comment(2) | 小千谷市

2014年12月13日

つり吉 小千谷店 冬の味噌・塩麹

小千谷市にある「つり吉 小千谷店」へと行ってきました。

turikiti_odiya_201412_1.jpg


雪が降り、かなり寒くなってきましたね雪

turikiti_odiya_201412_2.jpg


今回はPR情報にも掲載していた「冬の味噌・塩麹」が目的です。

冬の味噌・塩麹について


冬の味噌・塩麹

turikiti_odiya_201412_3.jpg

turikiti_odiya_201412_4.jpg


味噌スープには、生姜、ゴマ、塩麹などが使われているとの事です。

生姜風味が強く、あっさりながらもとても印象的な味わいですねるんるん

麺は小千谷店に限り太麺と細麺が選べたので、太麺を選んでみました。
味の強いスープには太麺の方が合いそうかなと思いコチラを選びましたが、スープとも良く合っており、選択は間違っていなかった様ですグッド(上向き矢印)
ただ、細麺の方がスープの絡みが良いと思うので、2回以上行く機会があるなら両方試してみるのも良いでしょう手(パー)
この太麺と醤油の組み合わせも面白そうですねひらめき

説明に「ラー油」とあったので、表面にラー油が浮いているのかと思いましたが、上にトッピングされているものがそうらしく、ここから辛味油が少しずつ溶け出し味に変化を与えてくれます。
これは中華料理屋さんとかで、ラー油のびんの下の方にある固形物と同じで、ラー油を作る時に出来る副産物の様なものです。
そういったビンの底にある食べるラー油の様なものの中には、黒く焦げた苦味の強いものがたくさん入っているケースが多いですが、こちらのお店ではひげにんにく、海老2種、ゴマ等を別々に揚げて味や香りを移し、トッピングとして提供出来るものとそうでないものを分離している為、食べやすく美味しいものになっています。

いずれは、こういったつり吉さんのこだわりの部分をじっくりと取材してみたいですねひらめき


塩麹は、地元小千谷市の「山崎醸造」のものを使用している様です。

turikiti_odiya_201412_5.jpg


塩麹は自作ラーメンの際に何度か使ってみましたが、食材から取る出汁等からでは得る事が出来ない深い旨みを与えてくれる素晴らしい食材でした。
機会があればこの塩麹も試してみたいですねひらめき


寒い冬に心も体も温まる一杯でした手(チョキ)るんるん


テーブル調味料

turikiti_odiya_201412_6.jpg


おろしニンニク、酢、ラー油、辛子味噌、唐辛子、胡椒、だったと思います。


しおラーメン

turikiti_odiya_201412_7.jpg

turikiti_odiya_201412_8.jpg


麺は細麺にしておきました。

スープはあっさり塩味でしたが、風味の良い油が印象的でした。
浮いているのは海老油の様ですね。

昔ながらの塩ラーメンを予想していましたが、想像とは異なる一杯に少し驚きました。
スープも麺も老舗つり吉の昔ながらのものだと思いますが、浮いた香味油がこのラーメンを、昔ながらと今風の境い目に位置させていると思いますひらめき

もし、こちらのお店に初めて行くなら、まずは醤油を試す事をお勧めしますが、機会あればこの塩も試してみて欲しいですねぴかぴか(新しい)


つり吉 小千谷店の詳細
posted by BBSHIN at 21:18| Comment(0) | 小千谷市

2014年08月16日

麺や ようか 油そば

小千谷市の「麺や ようか」へと行ってきました。

youka_201408_1.jpg


お店の外に行列が出来ており、相変わらずの人気っぷりが伺えます。

今回は3人で行ったので、それぞれ別なものを注文し食べ比べてみる事としました。

まずは、油そば

youka_201408_2.jpg


太めの麺の上にチャーシュー、ネギ、メンマ、生卵、カツオ節がのっています。
器の底には濃い味のタレがたっぷりとありました。

これを食べた友人は、少しずつタレに絡めながら食べたいたので、終盤は麺にかなり濃い味がついました。
序盤に麺とタレをしっかりと絡めておく方が無難かなと思います。
別容器のスープは、あっさりとした醤油味で、中華料理店のチャーハンにつくスープの様な役割だと思いますが、濃い味のついた麺をスープに漬ける事で、食べやすくなりました。そういう意図もあるのでしょうか?

タレの味も良く、麺の歯応え、味も良く、とても美味しい油そばでした手(チョキ)


塩つけそば

youka_201408_3.jpg


つけダレは、あっさりとした旨味たっぷりの塩味スープですぴかぴか(新しい)
麺はそのスープに良く合う細麺です。
麺の量がかなり多いという印象を受けました。

スープ割りも可とのこと。

とても美味しいあっさりつけ麺でしたるんるん


味噌ラーメン

youka_201408_4.jpg

youka_201408_5.jpg


あっさりスープに、風味の強い味噌が合わさり、表面の油も含め、少しコッテリ感ある仕上がりです。
モヤシ等の野菜、チャーシュー、味玉、カツオ節がのっていました。
麺はツルモチで太めのものでした。

美味しい味噌ラーメンですねぴかぴか(新しい)

ただ、この味噌であれば濃厚白湯スープを合わせた「濃厚味噌ラーメン」の方も食べてみたいと思いました。


鶏だし小カレーライス(250円)

youka_201408_6.jpg


250円という安価な価格設定の割には結構ボリュームがあります。
優しい口当たりながら、深い味わいのカレーでしたるんるん
サイドメニューとしてお勧めです手(パー)


麺や ようかの詳細
posted by BBSHIN at 11:23| Comment(0) | 小千谷市

2014年05月07日

手打らーめん 勝龍 みそチャーシュー

GWに小千谷市の人気店「手打らーめん 勝龍」へと行ってきました。

syoryu_201405_1.jpg


お店の前には以前は無かった自動販売機が置かれています。

syoryu_201405_2.jpg


自販機には店名の他に、店主と龍が描かれていました。


注文したのは味噌チャーシューです。

syoryu_201405_3.jpg

syoryu_201405_4.jpg


薄切りのチャーシューと挽き肉がたっぷりとのり、上に見える水菜の他、下にモヤシ、キャベツ等の野菜がのっており、かなりボリュームたっぷりの一杯です。

麺は縮れた感じの太麺です。

スープはサラリとした食感の動物系スープで、味噌の風味が前面に出ています。
器の上層部に2〜3ミリの油の層があり、コッテリ感ある仕上がりとなっています。


勝肉メン

syoryu_201405_5.jpg


ごっつい角煮、水菜、ネギ、モヤシ等がのっています。

スープはあまり体験した事が無いバランスとなっていました。
動物系スープに塩ダレを基本に、香味野菜の風味が強烈に効いています。主にニンニクでしょうか?
あとは、胡麻も入っていたかと思います。


2杯ともボリュームとインパクトがあり、麺も大盛り無料となっています。
ガツンとしたラーメンは体育会系の方々に人気がある事でしょう。

ちなみにこちらのお店、テレビなどで放送され「ドッカンポーズ」が有名です。
タイミング合えば写真を撮らせてもらえないか頼んでみようと思ってましたが、GWのお昼時という事もあり、お店にはかなりたくさんのお客さんがいたので断念する事としました。
機会があれば、またチャレンジしてみたいと思います。



手打らーめん 勝龍の詳細
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | 小千谷市

2013年12月12日

らぁめん金次郎

小千谷インター近くの「らぁめん金次郎」に行ってみました。

kinjirou_1.jpg


正油ラーメン

kinjirou_2.jpg

kinjirou_3.jpg


あっさりで優しい味わいの醤油ラーメンです。
香味野菜の味が良く出ている様に思いました。
ハッキリとは覚えてませんが、生姜とかだった気がします。

麺はツルツルモチモチの食感です。


人気の「白味噌」

kinjirou_4.jpg


あっさり甘味のある白味噌スープです。
もやしがメインで野菜もたくさん入り、とても食べやすい一杯です。



らぁめん金次郎の詳細
posted by BBSHIN at 19:52| Comment(0) | 小千谷市

2013年12月10日

麺屋ばやし

小千谷市インター近くの「麺屋ばやし」へと行ってみました。

bayashi_1.jpg


こちらのお店、新潟市東区の人気店「しゃがら」の系列店です。


醤油らーめん

bayashi_2.jpg

bayashi_3.jpg


こちらの一杯、もやし増量無料で500円という安さです。
なおかつ、しゃがらの代名詞ともいえる麺大盛り10円、特盛り20円も実施しています。

味は店主がだるまやグループ出身という事もあってか、最近食べた同グループのラーメンに良く似た味でした。

これで500円はお得かと思われます手(パー)


つけめん

bayashi_4.jpg


魚粉がのり魚介風味の効き、しょっぱめで濃度はそこそこのつけダレ。
ラーメンの方でも良い麺だと思いましたが、やはりつけ麺の方が麺の美味しさが良く分かりますね。
熱盛りも可能の様ですが、出来れば冷盛りで食べたい一杯です。


家計に優しい良心的な価格設定が嬉しいお店でしたぴかぴか(新しい)


麺屋ばやしの詳細
posted by BBSHIN at 23:51| Comment(0) | 小千谷市

2013年11月30日

ラーメンつり吉 小千谷店 鮎塩

今日は小千谷市食べ歩きで、午前の早い時間帯から営業しているお店に行った後、2軒目に「ラーメンつり吉 小千谷店」へと行ってきました。

turikiti_odiya_1.jpg

turikiti_odiya_2.jpg


今日の目的はコチラ

turikiti_odiya_3.jpg


期間限定の「鮎塩」です。

本日が最終日となっていますので、この記事を見て「美味しそうだから食べに行こう!」と思っても、もう期間終了しているというのが申し訳ないところです。
(今日の夜行くなら話は別ですが)


鮎塩

turikiti_odiya_4.jpg

turikiti_odiya_5.jpg


チャーシュー、メンマ、水菜、柚子が別皿トッピングとなっています。

スープは鮎の焼き干しの香ばしい薫りがなんともいえません手(パー)


今回使用されている鮎の焼き干しはこちら

turikiti_odiya_6.jpg


養殖の鮎とは違い、天然の鮎は石についてるコケを食べる時に口のところに傷がつくそうです。
この写真では分かりづらいかもしれませんが、川口やな場で取れた天然の鮎を使用している様です。


スープは、ラーメンとして食べるものとしては初めて体験する味ですひらめき

動物系スープは使用せず、贅沢に鮎出汁100%だとかぴかぴか(新しい)

鮎は焼き魚としては食べた事があっても、ラーメンのスープとして飲むのは初めてなので、どんな味かを理解したい身としては、動物系が混ざっていないというのはとても嬉しい事でするんるん

香味油なども使用していないらしくスープに油感はほとんどありません。
素材の味をそのまま味わってもらいたいという事なのかもしれませんね。


別皿トッピングとしては、チャーシューと柚子がスープに大きく変化を与えアクセントとなります。

動物系不使用という事で、スープは深い味わいのかわりに、食べ応え感が不足するかもしれませんが、そこはゴツいチャーシューがしっかりと補っています。
スープに入れた途端にチャーシューの油と味がバーとスープに広がるので要注意です手(パー)
私の場合は、サっとスープの味を絡め、すぐにレンゲですくい上げて全体に広がるのを阻止しました。

「肉の味で染めてしまうのは勿体無い」と感じる程のスープです手(チョキ)

柚子が与える清涼感もとても良い感じでしたぴかぴか(新しい)


そして完食手(パー)

turikiti_odiya_7.jpg



もう一人はラーメン連食が無理だったらしく、餃子とウーロン茶を注文。

turikiti_odiya_8.jpg


私の鮎塩を少し食べて、

「無理してでも自分も注文すれば良かった」

と言ってました。



また、隣にいた常連さんらしき人は

「限定の鮎塩も食べたかったけど、やっぱり醤油たのじゃった

これが好きなんだよね〜グッド(上向き矢印)

と言っていたり、鮎塩最終日にかけつけた方々など、多くの常連さん達に愛されているお店だと感じましたひらめき



鮎塩はラストとなりましたが、また来年の10、11月あたりにはやると思われますので、その時にはぜひお試し下さい手(チョキ)

ちなみに明日からは冬季の期間限定「冬の味噌・塩麹」をやるそうです。


ラーメンつり吉 小千谷店の詳細
posted by BBSHIN at 17:21| Comment(0) | 小千谷市

2013年05月06日

ラーメンつり吉 小千谷店 鰹薫る梅しお

小千谷市にある「ラーメンつり吉 小千谷店」へと行ってきました。

turikiti_odiya_201305_1.jpg


この日は、3軒目で最初の1軒で2杯食べたので4杯目のラーメンとなりました。

さすがにお腹がいっぱいだったのですが、つり吉小千谷店さんからは期間限定「鰹薫る梅しお」の情報をもらっていたので、帰り道に寄る事としました。

鰹薫る梅しおのPR情報


鰹薫る梅しお

turikiti_odiya_201305_2.jpg

turikiti_odiya_201305_3.jpg


まず、運ばれてきた瞬間に漂うカツオの香り。
これは、香味油から漂うものみたいです。
厚削り節から油に旨味を抽出し、ラストに追い鰹をして香りをプラスしたとかひらめき

スッキリとしていながらも、しっかりとした旨味のあるスープに、カツオ油の風味がプラスされ奥ゆきのある味わいでするんるん

のっかってる花かつおもスープに漬け込んで食べると良いですね〜

梅干は最近耳にする事の多い田上町の江部ファームの梅干を使用しているらしく、こちらにもカツオ節が加えられカツオ練り梅となっています。

カツオの香味油、カツオ練り梅、花カツオと「カツオ三重奏」の一杯です手(パー)

梅のスッキリとした清涼感が良く、お腹いっぱいの体でも美味しく頂く事が出来ましたグッド(上向き矢印)


こちらのお店の醤油ラーメンは、昔ながらの「いつ食べても美味しい」という様な質と安定感の高い一杯ですが、今回の期間限定ラーメンは創作系のラーメン屋で出てきそうな創意工夫に溢れた一杯です。

5月末までの期間限定らしいので、今のうちにぜひ手(チョキ)


ラーメンつり吉 小千谷店の詳細
posted by BBSHIN at 11:38| Comment(0) | 小千谷市

2013年02月13日

ラーメン ヒグマ 小千谷本店

中越遠征の2軒目は小千谷インター近くにある「ラーメン ヒグマ 小千谷本店」です。
新潟県内各地にお店がある生姜醬油で有名なお店です。

higuma_odiya_1.jpg



正油らーめん

higuma_odiya_2.jpg

higuma_odiya_3.jpg


醤油の色が濃く、また、程よく脂身のあるチャーシュー、と予想通りのルックスの一杯がやってきましたひらめき

麺で箸を持つと、明らかに柔らかそうです。
そして口に入れると確かに柔らかい。
でも噛んでみると、柔らかいながらもモッチリとした食感で噛み応えがあります。

もう少し固めの茹で加減でも良いかなとも思いましたが、こういうのも悪くないですね手(パー)

スープは生姜がガッツリと効いていて、ついついスープをたくさん飲んでしまいます。
こういうラーメンって後味もスッキリなんですよねぴかぴか(新しい)


塩ラーメン

higuma_odiya_4.jpg


ラーメン ヒグマ 小千谷本店(パソコン)

ラーメン ヒグマ 小千谷本店(携帯)
posted by BBSHIN at 22:00| Comment(2) | 小千谷市

2013年02月11日

ラーメンつり吉 小千谷店 冬の味噌・酒粕

中越ラーメン遠征へと行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

一軒目のお店は小千谷市の「ラーメンつり吉 小千谷店」です。

turikiti_odiya_201302_1.jpg

turikiti_odiya_201302_2.jpg



こちらのお店からは何度も期間限定ラーメン情報をもらっていたので、食べてみたいと思っていましたが、距離的にもなかなか食べに行けずにいました。

ラーメンつり吉 小千谷店の期間限定情報はこちら


そして今回のお目当ての一杯はこちら

「冬の味噌・酒粕」

turikiti_odiya_201302_3.jpg

turikiti_odiya_201302_4.jpg


酒粕、生姜、豆乳、チーズを入れたというスープは、本当に体が温まりますいい気分(温泉)
寒い冬にピッタリの一杯ですねグッド(上向き矢印)


私、好き嫌いは無い方ですが、酒粕とぬかづけだけは苦手だったので、今回も実は恐る恐る食べたのですが、私の酒粕の苦手な部分が上手く覆われていて、むしろ甘みとまろやかさが美味しいとまで感じましたぴかぴか(新しい)
店主さんに曰く、酒粕と豆乳を混ぜる事で食べやすく仕上げているとの事ですひらめき

また、好みで上にのったチーズを溶かす事で飽きずに食べる事が出来ます。
スープ全体からする生姜の風味も良いですね手(パー)


ちなみに使っている酒粕はこちら

高の井酒造「越の初梅」

turikiti_odiya_201302_5.jpg



つり吉といえば濃い醤油ラーメンをイメージしますが、通常の醤油以外に「白醤油」もあるとの事で注文してみました。

メンマラーメン(白醤油)

turikiti_odiya_201302_6.jpg


こちらは完成度の高さが光る昔ながらの一杯です手(チョキ)

見た目の色ほどしょっぱくありません。

チャーシューが美味しいですね〜わーい(嬉しい顔)


ラーメンつり吉 小千谷店(パソコン)

ラーメンつり吉 小千谷店(携帯)
posted by BBSHIN at 21:09| Comment(2) | 小千谷市

2012年04月22日

ラーメンつり吉 小千谷店

今回の中越遠征の3軒目のお店は「ラーメンつり吉 小千谷店」でした。

PRコーナーに限定ラーメン情報もらっていたり、川口店の方は行った事があるけど小千谷の新店はの方はまだだったりと、食べに行きたいと思っていました。


サンプラザという建物の中にあります。

turikiti_odiya_1.jpg


つり吉

turikiti_odiya_2.jpg


限定ラーメンを食べてみたかったのですが、サイト掲載を考え初回は普通のラーメンにしました。

turikiti_odiya_3.jpg

turikiti_odiya_4.jpg


醤油のきいた昔ながらのあっさりラーメンです。

濃厚系が2杯続き、若干満腹気味の体にもスルスルと入ってくる優しい味のラーメンでしたグッド(上向き矢印)


前に川口で食べた時にも思ったのですが、ここはチャーシューがとても美味しいでするんるん
良く味が染み込んでいるというか。


この日は、店主さんがいたので、色々と話を聞いたところ、結構手間暇かけて作っているとか??
ついでに何点か撮影させてもらったので、イチオシコーナーに掲載したいと思いますひらめき
(現在、記事編集中)


今度は味噌とか限定ラーメンも食べてみたいな〜わーい(嬉しい顔)



ラーメンつり吉 小千谷店(パソコン)

ラーメンつり吉 小千谷店(携帯)
posted by BBSHIN at 02:53| Comment(0) | 小千谷市

麺無双

小千谷食べ歩きの2軒目は「麺無双」です。

menmusou_1.jpg



カウンターに座ると店員さんが割りスープを持ってきてくれました。

menmusou_2.jpg

自家製ラー油、ゴマ、ニンニク、辛みそ、醤油、酢、唐辛子などテーブル備え付けの調味料も充実!
カウンター中央の共用部にはカツオ粉末、煮干粉末などもあります。


注文したのは一番人気という「濃厚つけ麺」

menmusou_3.jpg


別皿のトッピングは豪華ですね〜

チャーシュー、水菜、メンマ、ネギ、岩海苔

menmusou_4.jpg


濃厚つけダレにモチモチの太麺をくぐらせると、エビも一緒についてきました。

menmusou_5.jpg


つけダレはめちゃくちゃ濃厚ですあせあせ(飛び散る汗)

こんなに濃厚にしなくても良いんじゃないか、という位濃厚です爆弾
スープがそんなに絡まなそうなツルツルした表面の麺に、ガンガン絡みついてきます。


メニューに

「50キロの豚骨から50〜70杯しか取れない濃厚スープです。1杯当たりなんと! 豚骨を700g〜1kも使用しております」

と書いてありましたが、この謳い文句に嘘偽りは無さそうですひらめき

はぁ〜〜〜

強烈だった〜〜〜(^^;)


麺無双(パソコン)

麺無双(携帯)
posted by BBSHIN at 02:06| Comment(2) | 小千谷市

濃厚鶏しおらーめん 麺や ようか

金・土の2日間で行ってきた中越ラーメン巡り。

一軒目に選んだお店は小千谷インター近くの「麺や ようか」です。

youka_201204_1.jpg


新潟市からある程度距離のある遠征の場合、高速代・ガソリン代等の関係もあり、ついサイト運営の事を考え行った事の無いお店を選ぶ傾向がありますが、このお店はもう一度行きたいとずっと思ってました。


以前はあっさり系の二杯を食べてみましたが、濃厚系がどんななのかが気になって気になって・・


そして念願の「濃厚鶏しおらーめん」

youka_201204_2.jpg

youka_201204_3.jpg


一口スープを飲むと、、、


美味しいじゃないっすかexclamation×2exclamation×2exclamation×2



数々のラーメンマニア達の舌を唸らせてきたのも納得の味グッド(上向き矢印)


あっさりもかなり美味しかったけど、個人的には断然こっちの方が好みですぴかぴか(新しい)

単純な舌をしているせいか、飲んだ瞬間に「旨い!」と感じる方が好きだったりします。


あやうくスープを飲み干しそうになりましたが、この後に何軒も控えていたので、半分位で我慢しておきました。

またしばらくしたら食べにきたいな〜


麺や ようか(パソコン)

麺や ようか(携帯)
posted by BBSHIN at 00:43| Comment(1) | 小千谷市