2016年12月08日

ログハウスを用いたお店「ゆーゆーくらぶ」

南魚沼市にある「ゆーゆーくらぶ」へと行ってきました。

yuyuclub_1.jpg


お店は写真を見ても分かるとおりログハウスです。


店内もログハウスそのままです。

yuyuclub_2.jpg

yuyuclub_3.jpg


まきストーブがあり暖かかったです。

yuyuclub_4.jpg



注文したのはタンタンメンです。

yuyuclub_5.jpg

yuyuclub_6.jpg


ピリ辛であっさりのスープです。

麺は多加水の縮れ細で、スタンダードな中華麺ですね。

具材は大きく食べ応えのあるチャーシュー、そしてモヤシ、キャベツ、ニンジン等の野菜がのっていました。
野菜は炒めてあったでしょうか。

昔ながらのあっさり担々麺スタイルの一杯でした手(チョキ)


ゆーゆーくらぶの詳細
posted by BBSHIN at 05:11| Comment(0) | 南魚沼市

2016年11月29日

麺屋 奥右衛門の絶妙な味わいの鶏塩麺、醤油白湯麺

南魚沼市に今年3月オープンした「麺屋 奥右衛門」へと行ってきました。

okuemon_1.jpg


店内はジャズがかかり落ち着いた雰囲気です。
カウンター席、テーブル席、小上がり席とあり、一人客、子供連れなどの様々な客層となっていました。

注文したのはこちら

鶏塩麺

okuemon_2.jpg

okuemon_3.jpg


あっさり淡麗系塩味のスープです。

鶏塩というタイトルから鶏を前面に出した一杯を想像していましたが、鶏はベースアップ的な下支え的となっており、タレや油などが目立っていると感じました。

焦がしネギが浮いており、それによるものか、香味野菜系の油が浮いていたかと。
乾物によるものなのか、色々な風味が漂っています。また、貝の様な旨味も感じた気がしますが、勘違いかもしれません。
色々な味が合わさり、一つ一つがハッキリと分からないのですが、そこがまた魅力的な部分でもあります。

麺はバツンという食感の中細ストレート麺です。

トッピングとして2種類の鶏がのっていました。
一つはスープの熱が入って色は普通になっていましたが、肉の旨味の残り具合やしっとり食感から元々はレア系の鶏チャーだったかなと。
もう一つは炙って感じの鶏肉で、印象的な香ばしさなど、しっかりとした下味がつけられていた様に思えました。

全体的なバランスが良く、とても美味しい一杯でした。



もう一杯はこちら

醤油白湯麺

okuemon_4.jpg

okuemon_5.jpg


コクと甘味のあり、臭みのない白湯スープが実に美味しいですねぴかぴか(新しい)
この甘味は何なのか分かりませんが、臭みを消す為の野菜などの味もあるかもしれません。

その豊かな味わいのスープ、風味豊かな油のバランスが絶妙です。

バツっとした麺とスープの相性も絶妙です。

素晴らしい一杯でした手(チョキ)


麺屋 奥右衛門の詳細
posted by BBSHIN at 07:42| Comment(0) | 南魚沼市

2016年09月11日

深い醤油風味のチャーシューがお勧め! らーめんの村

南魚沼市にある「らーめんの村」へと行ってきました。

ramennomura_1.jpg


注文したのは「醤油らーめん」

ramennomura_2.jpg

ramennomura_3.jpg


あっさりで濃い醤油風味のスープです。
色や醤油味の割りに、しょっぱさはそこまで強くはなく飲みやすいですね。

こうした醤油の濃いスープは南魚沼、魚沼あたりで多いスタイルかなと思います。

麺は歯応えのしっかりとしており、ツルモチ多加水で中位の太さでした。

そして、特筆すべきはチャーシューですぴかぴか(新しい)
弾力感ある食感で、濃い醤油風味がたっぷりと染みこんでいます。
醤油自体の風味、旨味にプラスし旨味も加えられているかなと感じる程、しっかりとした味のチャーシューですね。
チャーシューダレを醤油ダレとして用いているか、または、同じ醤油が使われているのか、スープとチャーシューの相性もバッチリです。

旨味の強いチャーシューが好きだという方は、チャーシューメンにする事をお勧めします手(パー)


続きましてはこちら

塩ラーメン

ramennomura_4.jpg


旨味の強いあっさり塩スープです。
麺はトッピング等は醤油と同じでしょうか。

昔ながらのスタイルながら、印象的な味に仕上がっているかなと。
こうしたタイプのお店では、醤油ラーメンは醤油風味が前面、塩ラーメンは出汁感を上回る強い旨味というケースが多いですね。

個人的には醤油ラーメンの方をお勧めしたいと思います手(チョキ)


テーブル調味料

ramennomura_5.jpg


らーめんの村の詳細
posted by BBSHIN at 21:34| Comment(0) | 南魚沼市

2016年09月06日

どさん子 五日町店の「みそカレーラーメン」

南魚沼市にある「どさん子 五日町店」へと行ってきました。

dosanko_itsukamati_1.jpg


「どさん子」といえば味噌ラーメンが定番です。
こちらのお店に行くのは初めてですが、今回は珍しく変化版から攻めてみる事としました。

みそカレーラーメン

dosanko_itsukamati_2.jpg

dosanko_itsukamati_3.jpg


どさん子の味噌は何度も食べてきたので、そのカレー版という事で味を予測していましたが、正に想像通りの一杯がやってきました。

これぞ、どさん子の味噌!

あっさり系のスープに程よく濃い目の味噌、そこに加わるカレー風味が良いですね。

多加水の中位の太さの麺は、スープを弾きつつも、カレー味を程よく持ち上げます。

モヤシ、メンマの他に、コーン、わかめ、といった「昔ながらの味噌ラーメン」といったトッピングも懐かしさを感じさせますね。


どさん子 五日町店の詳細
posted by BBSHIN at 00:47| Comment(0) | 南魚沼市

2016年09月03日

麺処 清水 煮干がガツンと効いた「塩煮干そば」

南魚沼市にオープンした「麺処 清水」へと行ってきました。

mendokoro_shimizu_1.jpg


店内は音楽が流れ落ち着いた雰囲気です。

まず注文したのは「塩煮干そば」です。

mendokoro_shimizu_2.jpg

mendokoro_shimizu_3.jpg


あっさりとした淡麗系塩味のスープには、軽い苦味が出る位に強めに煮干が効いています。
香りや一口目の煮干インパクトが強いので、恐らく油も煮干香味油でしょうか?

麺はバツンとした固め食感のストレート中細麺です。
関東などのこうしたスタイルのラーメンに良く使われている麺です。
また、綺麗な麺線が印象的ですね。
こうした盛り付けはテボではなかなか難しく、平ざると箸で形作り盛り付けているものと思われます。

トッピングは低温調理のチャーシューやメンマ、ネギがのっていました。
レアチャーは、スープ・油が熱く、撮影に時間をかけてしまった事で、すぐに熱が入り普通の肉になってしまいました。
運ばれてきたらすぐに食べるか、または、メンマ、ネギの上に退避させるのもアリでしょう。



もう一品はこちら

中華そば

mendokoro_shimizu_4.jpg


こちらは、前述の一杯と塩と醤油の違い位かと思って食べてみたところ、出汁よりも醤油をメインに感じるので、多分別スープ(もしくは油)なのではないかなと思います。

また、上には揚げネギ?がのっており、また、ネギ、タマネギ?等も浮いています。
こうした事もあってかスープ表面からは、香味野菜の香りを強く感じます。
揚げた際の油などを用いているのかもしれませんね。


この地域には珍しいスタイルの2杯だった事もあり、もう一品注文してみる事としました。

鯛そば

mendokoro_shimizu_5.jpg


「鯛そば」という程に強く鯛を感じませんが、後味に若干の魚の臭みが残ります。
個人的に鯛鮮魚出汁オンリーのスープを作った時は、もっと強い鯛の味がしたので、こちらは薄めのスープなのでしょうか?
ただ、スープ自体は厚みがあり薄いとは感じなかったので、あくまで想像ではありますが、鯛出汁に動物系などを合わせるといった手法を取り、ほのかな鯛風味とボディ感のあるスープを演出しているのではないかなと思いました。


ここ数年、関東などで増えてきたあっさり淡麗の王道系スタイルではありますが、この地域では、他に無いタイプの味を提供しているので、良い場所に面白いタイプのお店が出来たかなと思います。


麺処 清水の詳細
posted by BBSHIN at 13:01| Comment(0) | 南魚沼市

2016年06月29日

麺や 一彰の長岡生姜醤油系「正油ラーメン」

南魚沼市にある「麺や 一彰」へと行ってきました。

menya_issyo_1.jpg


17号線を走っていたら見慣れないラーメン屋を見かけたので入ってみました。
2015年10月オープンの新店の様ですね。

まず、注文したのはコチラ

正油ラーメン

menya_issyo_2.jpg

menya_issyo_3.jpg


あっさり系のスープに濃い醤油風味、そしてそこにガッツリと効いた生姜が印象的です。

麺はモッチリの中位の太さの麺でした。

トッピングとしては、味の良くしみこんだチャーシュー、ほうれん草、メンマ、海苔がのっています。

これは正に長岡生姜醤油系ラーメンですねひらめき

王道スタイルで本格的な一杯かなと思います手(パー)


もう一杯はこちら

塩ラーメン

menya_issyo_4.jpg


あっさりで、少ししょっぱめの塩スープには、これまた生姜がガツンと効いています。
醤油よりも、塩の方が生姜が目立っていますね。

若干、塩角がたった感じの生姜塩スープで、こちらもまた、長岡生姜醤油系の定番店で良く見かけるスタイルでしたね。

こうなると、今回は試していないもう一杯の味噌の方のお味も何となく想像出来ます。
機会があれば試してみたいと思います手(パー)


麺や 一彰の詳細
posted by BBSHIN at 19:07| Comment(0) | 南魚沼市

2015年01月25日

みつや(328)

17号線沿い、五日町駅近くにある「みつや(328)」へと行ってきました。

328_1.jpg


この日は関東遠征の帰りで、六日町インターで下車し、しばらく17号線を走ったあたりにお店がありました。
(帰りは大和スマートインターの存在を知らずに小出インターからのり新潟市へと帰りました)


正油ラーメン

328_2.jpg

328_3.jpg


背油が結構浮いた醤油味のスープです。
出汁も良く出ている感じで、しっかりとした旨みも加わり美味しいスープですね。

麺は太麺に変更可能でしたが、こちらは普通にしておきました。
それでも結構太めで中太位の太さでしょうか。
ツルモチ食感が、スープとも良く合っていますね。

トッピングとしては、チャーシューやメンマ、玉子などがのっていました。


味噌ラーメン

328_4.jpg

328_5.jpg


こちらは、太麺を選びましたが、縮れたツルモチの太麺で、かなり食べ応えがありますね。

この日はかなり寒かったですが、寒い冬にピッタリな味噌ラーメンでした手(パー)


テーブル調味料

328_6.jpg

胡椒、醤油、酢、ラー油、おろしニンニクが置いてありました。

ニンニクは味噌ラーメンの味変にはもってこいでしたね。
醤油ラーメンにもモチロン効果的です。


みつや(328)の詳細
posted by BBSHIN at 23:24| Comment(0) | 南魚沼市

2014年11月10日

らー麺 羽屋

南魚沼市にある「らー麺 羽屋」へと行ってきました。

haneya_1.jpg


こちらのお店、以前はらー麺てつやの名前で営業していましたが、色々と事情があり「らー麺 羽屋」と改名したとの事です。
店名は変わりましたが、以前と同じ様な営業スタイル、メニューでやっている様ですね。


まずは、友人が注文した「しょうゆ」

haneya_2.jpg

haneya_3.jpg


こちらの地域によるあるタイプの醤油が色濃く出たあっさりスープです。
魚介系の出汁も使われているでしょうか。

麺はモッチリ系で中太位の太さです。

トッピングとしては、食感が良く程よく味の染みたチャーシュー、極太メンマ、青菜、ネギです。

昔ながらの地域の味とも、新しい味の淡麗系醤油とも、どちらとも取れる様な美味しい一杯ですねぴかぴか(新しい)


テーブル調味料で味の変化も楽しめます。

haneya_4.jpg


黒胡椒、唐辛子、ゆず塩(ハーブ、スパイス入り)、しょうゆラーメンのタレが置いてありました。


こってり塩

haneya_5.jpg


器の表面にはきめ細かな背脂が浮き、スープはライトな白湯スープです。
メニューにあっさりスープと白湯スープを合わせていると書いてあるので、ライトな感じになっているのでしょう。
ただし、ライトといっても下のスープの話で、表面に多めの背脂が浮いているので、全体的には結構コッテリした仕上がりです。

スープの方は醤油に比べるとシンプルな塩ダレでしょうか。
背脂の甘味が際立ちます。
あっさりスープと白湯を合わせたといってもあっさり醤油の時に感じた味は前には出ていなく、浮いた背脂も含め、ほぼ動物系なスープです。
かなりストレートな味わいの一杯で、個人的好みでいえば、醤油の深みとタレの旨味が活きた「こってり醤油」の方が好きな味でした。

試しに「こってり塩」に軽く醤油ダレを入れてみたところ、当然結構しょっぱくはなりましたが、スープの風味的にはだいぶ好みの味になりました。
味の濃さの調節が可能らしいので、塩ラーメンを薄味で注文し、醤油ダレで調節すると、塩ダレ、醤油ダレのブレンド状態になり面白いかなと思いました。
醤油ダレをテーブル常備にしている以上、お店的にもそういう味変はアリなのかなと思います。
あっさり塩+醤油なんかも美味しそうですね。
(あくまで想像です手(パー)


2杯ともしっかりと丁寧に作られたラーメンという印象で、とても美味しかったでするんるん


機会あれば、つけ麺や味噌ラーメンなども試してみたいですね。
限定の「てつ二郎」なるメニューも気になりますひらめき


らー麺 羽屋の詳細
posted by BBSHIN at 22:44| Comment(0) | 南魚沼市

2014年04月24日

らーめん 天和

南魚沼市、17号線沿いにある「らーめん 天和」に行ってみました。
場所は、六日町インターと塩沢石打インターの間位です。

tenhou_1.jpg


らーめん

tenhou_2.jpg

tenhou_3.jpg


あっさりとした醤油味のスープで、出汁は動物系メインでしょうか?
コクがあり、醤油の深みが印象的なスープでしたぴかぴか(新しい)

麺はストレート中細麺でした。
製麺室があったので、自家製麺の様です。

シンプルながらも、丁寧に作られた美味しい一杯だと思います。


味噌ラーメン

tenhou_4.jpg


あっさり味噌味のスープは、唐辛子も少し入りピリ辛となっています。

昔ながらのシンプルな味噌ラーメンでしたひらめき


らーめん 天和の詳細
posted by BBSHIN at 23:53| Comment(0) | 南魚沼市

2014年04月10日

ノガミ

南魚沼市の「ノガミ」に行ってきました。

nogami_1.jpg


入り口に券売機があります。


スタンダードな正油ラーメンを注文しました。

正油ラーメン

nogami_2.jpg

nogami_3.jpg


王道スタイルの生姜醤油ラーメンです。

チャーシューはコレ系のラーメンに良くあるタイプで、いかにもな感じです。

こういうタイプのラーメンだと大抵ほうれん草がのってますが、こちらのラーメンにはカイワレがのっていました。
生姜の効いた濃い目の醤油味のスープとカイワレは予想外に相性が良いですぴかぴか(新しい)

モッチリツルツル麺もスープとピッタリです手(チョキ)


塩ラーメン(半)

nogami_4.jpg

半ラーメンは280円からとかなり低価格です。
量は通常の半ラーメンよりも少なめで、お子様ラーメン位の量ですが、食べ歩きで一度に色々なお店を巡る時、お腹が空いてない時に他の人の食事についていく時などにピッタリなボリュームだと思います。



ノガミの詳細
posted by BBSHIN at 00:20| Comment(0) | 南魚沼市

2014年04月03日

拉麺家 さかいや

南魚沼市、塩沢駅近くにある「拉麺家 さかいや」へと行ってきました。

sakaiya_1.jpg


しょうゆラーメン

sakaiya_2.jpg

sakaiya_3.jpg


あっさりとした飲みやすいスープは、動物系と香味野菜の味が広がってる様な感じがします。
生姜とかでしょうか?

麺は縮れ細麺でした。

普通のあっさりラーメン的な仕上がりの一杯ですが、しっかりとした美味しさがありました手(パー)



人気の「ねぎ味噌ラーメン」

sakaiya_4.jpg

sakaiya_5.jpg


たっぷりのネギがのっていますあせあせ(飛び散る汗)

ネギの下にも、たっぷりの野菜や肉が隠れており、普通の味噌ラーメンでも具沢山な事を予想させます。

麺は醤油と同じかどうかを忘れてしまいましたが、メモ帳に「味噌は中細麺」と書いてあったので、多分味噌の方が太かったと思います。

シンプルに美味しい昔ながらの味噌ラーメンでしたぴかぴか(新しい)


食後、お店がある商店街を散歩してみましたが、この辺りは「三国街道塩沢宿 牧之通り」というらしく、昔の街並みを再現しています。

sakaiya_6.jpg


塩沢郵便局

sakaiya_7.jpg


銅メダリスト小野塚彩那選手を称える張り紙がいたるところに貼ってあります。

sakaiya_8.jpg


美味しいラーメンを食べた後に、綺麗な街並みを眺めながら歩くと幸せな気持ちとなります。
とても良い街だなと思いました手(チョキ)



拉麺家 さかいやの詳細
posted by BBSHIN at 21:25| Comment(0) | 南魚沼市

2014年04月01日

らー麺 天心 焼みそこく麺

南魚沼市の「らー麺 天心」に行ってきました。

tenshin_201403_1.jpg


以前こちらのお店で食べた麻婆麺、ぶいこつ醤油麺などがとても美味しかったので、他のメニューも試してみたいと思ってました。


この日は大根の醤油漬けが無料でした。

tenshin_201403_2.jpg


甘じょっぱく美味しかったです。



ソチオリンピックで銅メダルを獲得した小野塚彩那選手の大きな写真がサイン入りで置いてあります。

tenshin_201403_3.jpg


南魚沼市を色々と巡りましたが、いたるところに小野塚選手の功績を称えるポスターや旗などがありましたひらめき


焼みそこく麺

tenshin_201403_4.jpg

tenshin_201403_5.jpg


運ばれてくると丼からは、エビの香りが広がります。

飲んでみると濃厚なスープはエビの出汁がしっかりと出ていましたぴかぴか(新しい)

スープはとろみが強く、少しザラつき感がありますが、重たいスープではありません。
どろっと濃厚風なのに軽さがあります。
ザラつきは、骨粉なのか、エビを殻ごとくだいたものなのか、お店の人に聞いた訳ではないので分かりません手(パー)

肉にもエビの味がしみており、全体からエビ味のする印象的な一杯でしたるんるん


昔中華そば

tenshin_201403_6.jpg

tenshin_201403_7.jpg


あっさりシンプルながら、上質の一杯でしたぴかぴか(新しい)

こちらも美味しかったですね手(チョキ)



らー麺 天心の詳細
posted by BBSHIN at 07:46| Comment(4) | 南魚沼市

2013年11月07日

らーめん ヒグマ 塩沢店

サイト協力者のサラリー麺さんからのラーメン情報です。

今回のお店は南魚沼市の「らーめん ヒグマ 塩沢店」です。

以下サラリー麺からのコメントです。



17号シリーズ第2弾

今回は、らーめんヒグマ 塩沢店のレポートです。

いつも休みの時とかち合ってしまい、今回やっと営業中に出会うことができました。
月曜定休日で、今日は、祝日なので営業してました。

higuma_shiozawa_1.jpg


天気も良く、写真右側に写る山々も綺麗ですね。
民家を改造したようなたたずまいだったので、店内も民家風なのかと思いましたが、
かなり改造されており美しく綺麗でした。店主、女性スタッフみんな良い感じでした。

休日のお昼ということもあり家族連れや作業着のおじさん、草野球チームのメンバーが集団で
来店しており、にぎわっていました。


店内ではまず、食券を購入します。
今回は、気分的に味噌、朝から何も食べていなかったので特盛(麺2倍)にしました。


味噌チャーシュー 特盛 麺2倍 950円です。

higuma_shiozawa_2.jpg

higuma_shiozawa_3.jpg


麺は、中太のやわらかい麺でした。
スープは、特徴に書いてあるようにしょっぱいです。
かなりしょっぱいので「東横」のように割るためのスープが欲しいところです。
今、これを書いていて気付いたのですが、割りスープをもしかしたら頂けたのかもしれません(汗)
そんなことがよく見たら店内の張紙に書いてありました。

味噌味のスープと麺がわりと絡まず、麺を口に運び、すぐレンゲでスープを口に流し込むといった食べ方をしました。
さらに乱切りのチャーシューを適時、口に放り込みます。
歯ごたえ的には、もうちょいチャーシューに厚みが欲しいところです。

でも、総じて美味しかったです。
麺2倍はやはりきつく、途中で満腹感に達し、普通盛りにしとけば良かったと後悔…
さすがにスープは全部飲めなかったです。

次回は、醤油味、塩味も食べてみようと思います。




らーめん ヒグマ 塩沢店の詳細
posted by BBSHIN at 20:57| Comment(0) | 南魚沼市

2013年07月29日

中華こしじ

少し前の坂戸山登山六日町温泉 龍氣での岩盤浴、温泉入浴の後、龍氣と六日町インターの間にある「中華こしじ」へと寄ってみました。

koshiji_1.jpg


ラーメン類の他、唐揚げや各種定食などメニューが豊富だったので迷いましたが、ノーマルな「らーめん」を注文しました。

らーめん

koshiji_2.jpg

koshiji_3.jpg


パっと見、醤油色が濃く、中華料理屋さんとかで出てきそうなラーメンっぽい感じです。
食べてみると、まず印象に残るのが麺の美味しさですひらめき
程よい歯応えと太さは、このスープにピッタリですぴかぴか(新しい)

スープはあっさりで見た目通り醤油の風味が強く、浮いてる油が程よくコッテリ感を出してくれていまするんるん
聞いてみると鶏ガラ、ゲンコツのあっさりスープに魚介スープを合わせているとか。
それぞれの素材が主張する訳ではなく、ちょうど良くバランスが保たれています。

とても質の高い一杯でした手(チョキ)


麻婆麺

koshiji_4.jpg

koshiji_5.jpg


たっぷりとのった麻婆餡のボリューム感に驚きですあせあせ(飛び散る汗)

そしてコレが美味しいんですよねひらめき

写真を見ても分かるとは思いますが、結構辛めです。
上にかかった山椒も含め、辛味が食欲を刺激してくれますグッド(上向き矢印)


以上、2品を食べただけですが、他にも海老チリソース定食や野菜炒め定食、麻婆豆腐定食などの定食類、中華丼、麻婆丼、たれカツ丼などの丼物など、豊富なメニューが揃っているので、何度行っても楽しめるお店だなと感じますひらめき
麻婆麺を食べた限りでは、ほぼ間違いなく麻婆豆腐定食、麻婆丼も美味しいと思われますし手(パー)


六日町インターからすぐ近くのところにあるので、機会があれば是非行ってみて下さいぴかぴか(新しい)



中華こしじの詳細
posted by BBSHIN at 14:05| Comment(0) | 南魚沼市

2013年07月19日

らー麺 天心 ぶいこつ塩麺

南魚沼市、塩沢石内インター近くにある「らー麺 天心」へと行ってきました。

tenshin_201307_1.jpg


お店はサンフジヤの一階にあり、パっと見分からないので要注意です。

tenshin_201307_2.jpg


ちなみに駐車場についての説明はこちら

tenshin_201307_3.jpg


こちらのお店、2ヶ月前に食べた麻婆麺、ぶいこつ醤油麺、天麺が、ここ数年の県外も含めた食べ歩きでトップクラスの美味しさだったので、また食べたいと思っていました。


ぶいこつ塩麺

tenshin_201307_4.jpg

tenshin_201307_5.jpg


前回食べにきた時も感じましたが、たくさんの色々な美味しさが入り混じった一杯です。


右上にかかっているのが「香香油」というやつでしょうか?
プリプリとした食感と風味がなんともいえません。

写真上部のメンマの辺りには辛味のある油が浮いています。

レンゲを入れる場所によって異なる味わいが楽しめますぴかぴか(新しい)


写真左上にのっている緑色の野菜は、中国野菜の「クウシンサイ」との事。
これを油やスープをくぐらせると、とても良いアクセントとなりますひらめき


とても美味しかったです手(チョキ)



つけ麺

tenshin_201307_6.jpg

tenshin_201307_7.jpg


かなり具沢山ですね!

先に麺が運ばれ、スープが後から出てきたので、一瞬サラダ麺の様なものかと思ってしまいました。


スープは結構しょっぱめの濃厚スープ。
こちらも油が良い仕事をしています。

恐らく「しょっぱ過ぎ」と感じる人も多いと思いますが、そんな人の為に、デフォルトで割りスープがついてくるので、好みの濃さまで薄めて食べると良いでしょう。

お好みで辛味を追加しながら食べます。



前回、お持ち帰りの小南包(しょうなんぽう)というのを購入し、自宅で食べたところ、とても美味しかったので、今回も購入する事にしました。

20個入りが1,800円となっています。

tenshin_201307_8.jpg


氷を入手し、自宅までしっかりと冷たく保ち、帰宅後すぐに冷凍庫に入れました。
これで、自宅でもしばらく天心の味を楽しむ事が出来まするんるん


また、いずれ食べに行きたいお店ですねぴかぴか(新しい)



らー麺 天心の詳細
posted by BBSHIN at 01:02| Comment(0) | 南魚沼市

2013年07月17日

麺屋のばな

3連休に坂戸山登山をした後、六日町駅近くにある「麺屋のばな」に行ってみる事にしました。

インターネット等に掲載されている電話番号にかけると

「現在使われておりません」

となる為、営業しているかどうか分からず、確かめるには行ってみるしかないと思っていました。

お店につくと、、

やってましたひらめき

nobana_1.jpg


お店に入ると店主は、他のお店では中々お目にかかれない程の無愛想さで、いかにも「職人」的なオーラを発しています。


注文したのは人気が高いという塩らーめん

nobana_2.jpg

nobana_3.jpg


スープはあっさりでかなり上品な感じですね。

トッピングの出来や淡い飲み口のスープなど、高いセンスを感じましたが、最近の強い印象を残すラーメンに慣れた人には物足りなく感じる可能性もあるかと思います。

麺はスープからすると細麺かと思いきや中太縮れ麺でした。


通好みな一杯だという感想です手(パー)


えびコクみそらーめん

nobana_4.jpg


少しだけもらいましたが、海老、挽肉、きくらげなど盛りだくさんで、表面の油も良い感じです。
タイトルの通り「コク」があり、スープと絡めるときくらげが美味しいです。

塩とは対照的に、分かり易い美味しさを放つ一杯でした。



麺屋のばなの詳細
posted by BBSHIN at 21:15| Comment(4) | 南魚沼市

2013年05月05日

らー麺 天心

「南魚沼に美味しいお店がある」という噂を聞いていて、ずっと気になっていた「らー麺 天心」へと行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

場所はかなり分かりにくいところにあります。
ナビを使用しましたが、「目的地周辺です」と言われるも、お店を見つける事が出来ません。
電話番号検索をすると「サンフジヤ」と出てきて、店名も出てきません。

周辺をウロウロしているうちに「サンフジヤ」とビルの上に書いてある事に気づきました(^^;)

tenshin_1.jpg


黒い軽自動車で隠れてお店が見えなく、気づかなかった様です。


お店の前はこんな感じです。

tenshin_2.jpg


まずは麻婆麺を食べてみることに

tenshin_3.jpg

tenshin_4.jpg


めっ、、 メチャ旨いあせあせ(飛び散る汗)
このクラスの麻婆麺を食べるのは初めてかも??爆弾

見た目も綺麗ですが、何より味が良いですね。
程よい辛味にコリコリとした食感の肉がなんともいえません。
高級な中華料理屋の麻婆豆腐の様な感じですが、麺が濃厚ラーメンに合いそうな力強い太麺です。
こういう組み合わせもアリなのかと驚かされる一杯でした手(パー)

色々な食材が使われてそうですが、実際食べても何を使ってるかなどは良く分からず「トータルで旨い」と感じさせられます。


ぶいこつ醤油麺

tenshin_5.jpg

tenshin_6.jpg


動物魚介が程よくバランスを取れたスープで飲みやすいですね。
麻婆麺よりも少し細めの麺は、比較的固茹でで歯ごたえが好きなタイプでした。
スープと良く合う麺だと思います。

油の様な肉の様なものが入っていて、
「どこかで似た食感のものを食べた事があるけど一体なんだろう?」
と思い店主に聞いてみると、ヒントだけ教えてくれましたひらめき
「テレビで見た富士宮やきそばで同じ事をしていた」
との言葉を頼りに調べてみると、少し分かった気がします。

私が似ていると感じたのは、九州の福岡県久留米市で食べた久留米ラーメン 清陽軒大砲ラーメン 本店で食べた豚骨ラーメンにのってた「カリカリ」かな??
といっても、久留米で食べたものはガツンと「油!」という感じでしたが、こちらのものはしつこくなく食感が良かったです。
(↑↑この感想、自分の質問を店主にうまく伝える事が出来ず、食い違っていたりなどの可能性もあり、的ハズレかもしれません その場合は温かい目でご指摘下さい手(パー)



テーブルにはニンニクとラー油があります。

tenshin_7.jpg


このラー油は、かなり良い物ですね手(パー)
自宅に欲しい位です。

でも、ニンニクはどこに使うのかが謎です。
今回食べた限りでは、一品一品しっかりとした味なので、ニンニクの必要性は皆無と感じ使用しませんでした。


二人で2杯を交互に味わいながら食べましたが、
「新潟市からは、なかなか頻繁にはこれないし、このまま帰るのはもったいない」
と思い、もう一品注文することに。

元々数軒巡る予定だったので、お腹はある程度は空けておきたかったのですが、今回はしょうがないですね手(パー)


そして注文したのは「天麺」です。

tenshin_8.jpg

tenshin_9.jpg


まず、見た目からしてハンパじゃないですね爆弾

素ラーメンを「ドンっ」と出してくるところからして、よっぽど自信があるのでしょう手(パー)

飲んでみると、あっさりながらもかなりの旨味を感じます。
少し龍馬軒で食べた上湯麺に似てると感じました。
表面の油多めで熱々のインパクトが強烈だったあちらとはまた違い、あっさりながらも飲んだ瞬間に口に広がる旨味を感じます。
鶏ガラや豚骨などは使わず肉からとった旨味らしく、一般的なラーメン屋さんのスープとは一線を画す味ですね。

トッピングなど無しで、素ラーメンで十分いける一杯だと思いましたが、せっかくついているので皿のものを入れるとコレがまたなかなか良し。
奥さんは「ラー油はそれ程辛くなく、入れると味の変化が楽しめていい」と言ってました。


3杯とも美味しかった〜グッド(上向き矢印)

個人的には天麺が一番気に入りましたが、もし「お勧めは?」と聞かれれば大抵の人を満足させてくれそうな「麻婆麺」を薦めると思います。



お土産にお持ち帰りの「小南包」(1,800円)を購入しました。

tenshin_10.jpg


一日限定10個でネット販売もしてるとか?


まだ行った事が無い方は是非一度行ってみて下さい手(パー)



らー麺 天心の詳細
posted by BBSHIN at 23:38| Comment(2) | 南魚沼市

2010年08月22日

らーめん ヒグマ 六日町店

魚沼ラーメン食べ歩きの最後は「らーめん ヒグマ 六日町店」です。

本当は「麺屋のばな」に行こうと思って行ってみたのですが、事前の調べがあまくお昼のみの営業でもうやっていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

「のばな」→「てつや」でしめようと思ってたのですが、仕方なく「てつや」だけで帰ろうと思って向かう途中に「ヒグマ」を発見しましたぴかぴか(新しい)

一旦は通り過ぎたのですが、「てつや」で食べた後にやはり「ヒグマ」も行く事にしましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

higuma_1.jpg



この日は喜八で味噌を食べた以外は全て醤油だったので、ラストは「塩」にする事にしました。

higuma_2.jpg

higuma_3.jpg


スープはあっさりながらも塩味がきいててしょっぱめです。

良い味出てるので、満腹の体でも箸が進みます。

長岡生姜系ラーメンは醤油と味噌しか食べた事なかったですが、塩も美味しいんですねグッド(上向き矢印)



らーめんヒグマ六日町店についてはこちら
posted by BBSHIN at 01:46| Comment(4) | 南魚沼市

2010年08月20日

ら〜麺 てつや

魚沼ラーメン食べ歩きも終盤です。
六日町温泉 お六の湯越路荘 源泉足湯で足湯に入ったあと、ラーメン屋に向かいました。

5軒目のお店は六日町駅近くの「ら〜麺 てつや」です。

tetsuya_1.jpg


お店に入るとびっくりあせあせ(飛び散る汗)


なんと券売機がしゃべりますたらーっ(汗)

tetsuya_2.jpg


しかもこの券売機、なかなか決めないでいると催促してきます(^_^;)


店内はかなりお洒落な雰囲気です。
今風の居酒屋さんみたい。

tetsuya_3.jpg


注文したのは「醤油らー麺」です。

tetsuya_4.jpg


見た目はお店の雰囲気どおり上品な感じがしますね。

tetsuya_5.jpg


食べてみると、ほんの少し長岡系の雰囲気が漂っています。
「生姜醤油」って感じではないのですけど。

食べやすいラーメンだったので5軒目だというのに美味しく食べる事が出来ましたるんるん


あと、気になったのがメニューにあった「てつ二郎」というラーメンです。

写真を見る限りボリュームたっぷりこってりなラーメンな感じでした。
さすがにこの日トライするのは無理でしたが爆弾




ら〜麺てつやについてはこちら
posted by BBSHIN at 20:49| Comment(3) | 南魚沼市

2010年08月18日

喜八

お昼に魚沼市でラーメンを食べた後、夕飯に六日町駅周辺でラーメンを食べることにしました。

夕方までの間に大湯温泉足湯湯之谷交流センター ユピオ神湯温泉倶楽部でお風呂に入り時間をつぶしました。



六日町駅を目指す途中、魚沼に行くなら是非行って欲しいと言われていたお店「喜八」を発見しました。

kihati_1.jpg


開店時刻は17時半で、ちょうど開店時刻にお店につきました。
既に1組のお客さんが車で開店を待っていて、私がお店に入ってからも次々とお客さんが入ってきて、お店はほぼ満席となりました。
かなりの人気店ですねぴかぴか(新しい)


注文したのは美味しいと評判の「味噌ラーメン」です。

kihati_2.jpg

kihati_3.jpg


あっさりながら深みのあるスープです。

新潟市でいえば古潭に似ている気がしますが、古潭よりもしょっぱいスープでした。


食べ始めてしばらくは若干物足りないかなという感じがしながらも、食べ進めていくうちに「むしろしょっぱいかな?」と感じる様になってきます。


気付くとスープを飲み干していましたあせあせ(飛び散る汗)

kihati_4.jpg


これぞ味のマジック爆弾


個人的には凄く好み、という訳ではないのですが、何故かたまに食べたくなる様な家庭的な美味しさですねぴかぴか(新しい)



喜八についてはこちら
posted by BBSHIN at 23:15| Comment(2) | 南魚沼市