2018年09月15日

背脂三銃士 純白のビアンカ豚を使用した背脂醤油

新潟市東区の「背脂三銃士」へと行ってきました。

seaburasanjushi_1.jpg


こちらのお店、吉相、だるまや、万人家の3店コラボとのこと。
そして、背脂にはヤスダヨーグルトのホエイを与えて育てた純白のビアンカのものを使用しているとのこと。

注文したのは看板メニューのこちらの一杯です。

純白の背脂醤油らーめん

seaburasanjushi_2.jpg


スープ

seaburasanjushi_3.jpg


魚介系と動物系、そこに背脂の甘みとコクが合わさったタイプです。
魚介出汁の味が目立ち、そこに背脂や動物系が下支えしています。
魚介が前に出ている事で「背脂の質」というのは分かりにくいバランスとなっているかなと。



seaburasanjushi_4.jpg


構成としては、かなり「だるまや」に近いかなと感じました。
だるまやの背脂ラーメンが好きな人は、こちらも気に入るかなと思います。


三銃士まぜそば

seaburasanjushi_5.jpg

seaburasanjushi_6.jpg


良くあるジャンク系まぜそばの様な濃い味つけではなく、食べやすい仕上りとなっています。


追加トッピングメニュー

seaburasanjushi_7.jpg


これらの追加トッピングを加える事で、パンチやジャンク感を加える事も可能なのかなと思います。


ビアンカの子豚丼(350円)

seaburasanjushi_8.jpg


背脂三銃士の詳細
posted by BBSHIN at 12:54| Comment(0) | 新潟市東区

2018年09月13日

壱富飯店 メニュー豊富な中華飯店の炒飯セット

サイト協力者フィリップ・マーロウさんからのラーメン情報です。

今回のお店は新潟市南区にある中華飯店「壱富飯店」です。

以下、マーロウさんのレポートです。

↓↓↓

南区にある「壱富飯店」に行って来ました。

ichitomihanten_1.jpg


行き方は、8号線沿いにあるイオン白根店の角を左折後、一つ目の信号を右折します。
その後の一つ目の信号を過ぎた、少し先の左側にあります。

お店は年季の入った佇まいで、なんと創業40年を越えているとか。
中華レストランという看板を掲げており、エビチリ、回鍋肉、餃子などの中華料理はもちろん揃っておりますが、他にもカツ丼やカレーライスなどがあります。


小生は炒飯とラーメンのセットを注文。

ichitomihanten_2.jpg


ラーメンはチャーシュー1枚、ネギ、メンマ、ほうれん草が入っています。麺は細麺ちぢれ、スープは魚介系・濃い口です。

ichitomihanten_3.jpg

ichitomihanten_4.jpg



炒飯はホロホロの炒り玉子、大き目のチャーシュー、ネギ。
脂の含み具合もちょうど良く、あっさりしていて食べやすいです。

ichitomihanten_5.jpg


さらにサラダ、お新香付きと、お得で満足感のあるメニューでした。



壱富飯店の詳細
posted by BBSHIN at 23:05| Comment(0) | 新潟市南区