2018年02月14日

源次郎のデカ盛り「けにじろう肉+野菜」を生卵ですき焼き風に

新潟市西区の「源次郎」へと行ってきました。

genjirou_201802_1.jpg


掲載が遅れましたが、行ったのは昨年の10月です。


前回食べた「けにじろう肉」の野菜トッピングバージョンのインパクトをもう一度味わいたいと思い、再び注文してみました。

けにじろう肉+野菜

genjirou_201802_2.jpg


相変わらずの迫力です!!

まるで山ですね。。

スープは濃厚動物系白湯の醤油スープ、そして、麺は以前は低加水の細麺でしたが、少し太めのタイプへと変わりました。

個人的には、ガッツリ盛られていている事で細麺だと麺が切れる事があったので、今回の麺の変更は個人的には良かったかなと思います。
あと、野菜のボリューム感により、麺に到達するまでに時間がかかり、伸びやすいという側面もあったので、そういう面でも良い変更かと。


ちなみに今回は、あるものを注文し、前回と違う食べ方をしてみました。

それがコチラ

生卵

genjirou_201802_3.jpg


こちらに麺をつけ、すき焼き風にして食べます。

genjirou_201802_4.jpg


スープの味が濃いので、生卵に徐々にスープの味が移っていきます。
こうした変化もすき焼き的で良いですね。

残った生卵はそのまま飲んでも良し。
スープに投入して、レンゲでスープと一緒に飲んでも良し。
または、ライスを注文し、そこに生卵をかけ、軽くスープで味をつけたりしても良いでしょう。
この他にも、色んな楽しみ方が出来るかなと思います。

機会あれば是非お試し下さい。


源次郎の詳細
posted by BBSHIN at 00:30| Comment(0) | 新潟市西区

2018年02月12日

お〜や モツの風味とコク深い味噌スープ「もつ煮込み濃厚甜麺醬らぁめん」

新潟市東区にある「お〜や」へと行ってきました。

ooya_higashi_201802_1.jpg


今回は、PR情報をもらっていた「もつ煮込み濃厚甜麺醬らぁめん」を食べにやってきました。

「もつ煮込み濃厚甜麺醬らぁめん」

ooya_higashi_201802_2.jpg

ooya_higashi_201802_3.jpg


鶏白湯スープに八丁味噌を加えたというスープは、濃厚な動物系コクに加え、味噌の風味など、深みある味わいです。
こちらのお店で以前食べたアッサリの味噌ラーメンは、強い味噌風味がストレート過ぎる程に前に出てくるタイプでしたが、今回は八丁味噌ベースの自家製甜麺醬という事で甘味も入れているのかもしれませんね。
以前食べたあっさり味噌とは違い、まろやかな味となっていました。

あとは、濃厚スープでモツを煮込んだ事で、モツの味がスープ全体に行きわたっています。

今回の一杯は、通常メニューと比べると、かなりアレンジされた一杯だったと思います。
香味油だけ、トッピングだけをプラス、といった限定では面白みに欠けてしまいますが、この位やってくると今後への期待感が湧きますね。


定番のラーメン茶漬け

ooya_higashi_201802_4.jpg


残ったスープをかけて食べます。

炙って香ばしさの出たチャーシューの香りが、スープ全体に行きわたります。
また、岩のりの磯の香りも溶け出し、それらが濃厚なスープとともにご飯に染み渡り、最後まで飽きる事なく頂く事が出来ます。


とても美味しく、茶漬けも含めたボリューム感で満腹となりました。


鶏濃厚らぁめん

ooya_higashi_201802_5.jpg


コラーゲンたっぷりでトロみが強く、ねっとりとした舌触りの白湯スープです。

麺は、多加水でツルっとした表面で、固め食感です。

比較的スープを弾きがちな麺ですが、今回の2杯でいえば、味の強いモツラーメンの方が麺にスープが絡んできたかなと思います。


お〜や期間限定紹介ページはこちら
posted by BBSHIN at 23:09| Comment(0) | 新潟市東区