2017年04月23日

麺ちん跡地に「麺屋 仁」がオープン 亀田のはなぶさが移転リニューアル

新潟市東区、閉店してしまった麺ちんの跡地に、新たに「麺屋 仁」というお店がオープンとなりました。

menya_jin_1.jpg


ちなみにこちらのお店、亀田にあった「はなぶさ」が移転し、コンセプトを変えリニューアルオープンしたとのこと。

色々なメニューがありましたが、まず注文したのは券売機左上にあるコチラ

仁らーめん

menya_jin_2.jpg

menya_jin_3.jpg


あっさり淡麗系醤油味のスープです。

何の素材を使っているかなどはハッキリとは分かりませんが、しっかりとしたベースのあるスープですね。
いくつかの素材をどれかを突出させる事なくバランス良く配合とかかなと。
そうすると、自然と醤油が際立つ形となります。

麺は低加水とはいかないまでも、パッツリ、バツンという食感が特徴的な中細麺です。
新潟市などでも、最近こういう麺を採用するお店が徐々に出てきたかなと。
同じ様な麺を使っているお店でいえば愛心あたりでしょうか。

トッピングとしては、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、カイワレ、ナルトなどがのっています。
特に焼き色のついたチャーシューが、旨味を残しつつ、強めの歯応えが他には無い食感かなと思いました。

とても美味しかったですぴかぴか(新しい)

スープ少なめでボリューム感がそれ程ないのも関東的で、新潟スタンダードに寄せていないのも良かったかなと。


もう一杯はこちら

海老そば

menya_jin_4.jpg


色から見てもかなり味が出ていそうな感じです。

スープを1、2口もらった程度なのでハッキリとは分かりませんが、海老風味のメインは恐らく海老油ではないでしょうか。
スープかタレかなのか、というところまでは分かりませんでした。
これを食べた人は、美味しかったと言ってました。

ただ、2杯を食べた限り、移転前のはなぶさと比べても、コンセプトが明確なものを提供する様になったかなと思います。
他にも、はまぐりそばや、さんまそばといった変わり種もある様で、こだわりを感じさせるメニュー構成になっています。


麺屋 仁の詳細
posted by BBSHIN at 08:40| Comment(0) | 新潟市東区

2017年04月22日

屋タイが提供するインパクト大な「パクチータイラーメン」

新潟市西区に昨年オープンした「屋タイ」へと行ってきました。

yatai_1.jpg


タイ料理などは詳しくないので分かりませんが、ラーメン以外にもアジア料理店などで提供している様なメニューを提供していました。

まずは定番メニューの「タイラーメン」を提供していました。

yatai_2.jpg


あっさりで旨味が少し強めでサラっとした飲み心地のスープです。


麺は中華麺ではなくフォーを使用しています。

yatai_3.jpg


となると、ラーメンかどうか微妙なところではありますが、お店側が「タイラーメン」として販売している事で、これはラーメンだと判断する事としました。
米粉は小麦粉に比べ繋がりの弱さや弾性に欠く事もあってか、引き上げると麺がブチブチと切れます。
この辺りも小麦粉麺ではあまり見かけない特徴なので、ラーメンを食べ歩く日々を続けている身としては、時にこういうものも良いアクセントになるかなと思いました。


このタイラーメンにたっぷりの「ある物」を載せた一品が強烈なインパクトを放っています。

その一品とはコチラ

パクチータイラーメン

yatai_4.jpg


凄まじい量のパクチーですあせあせ(飛び散る汗)

yatai_5.jpg


麺を引き上げるのも一苦労な位です。

パクチー好きにお勧めしたい一杯ですね手(パー)



テーブル調味料
(砂糖、唐辛子酢、ナンプラー、唐辛子)

yatai_6.jpg

yatai_7.jpg



トムヤムラーメン

yatai_8.jpg

yatai_9.jpg


麺はフォー、中華麺(細麺、太麺)から選択可能です。
今回は中華麺の細麺にしました。

酸味がありクリーミーでピリ辛な味わい。
香草の様な香りも漂っていました。
ココナッツミルク的な味もした様な・・
とにかく色んな味が混ざり合っていました。


ガパオ

yatai_10.jpg


ランチタイムはドリンクがサービスとなっていました。

yatai_11.jpg


屋タイの詳細
posted by BBSHIN at 10:20| Comment(0) | 新潟市西区