2017年04月22日

屋タイが提供するインパクト大な「パクチータイラーメン」

新潟市西区に昨年オープンした「屋タイ」へと行ってきました。

yatai_1.jpg


タイ料理などは詳しくないので分かりませんが、ラーメン以外にもアジア料理店などで提供している様なメニューを提供していました。

まずは定番メニューの「タイラーメン」を提供していました。

yatai_2.jpg


あっさりで旨味が少し強めでサラっとした飲み心地のスープです。


麺は中華麺ではなくフォーを使用しています。

yatai_3.jpg


となると、ラーメンかどうか微妙なところではありますが、お店側が「タイラーメン」として販売している事で、これはラーメンだと判断する事としました。
米粉は小麦粉に比べ繋がりの弱さや弾性に欠く事もあってか、引き上げると麺がブチブチと切れます。
この辺りも小麦粉麺ではあまり見かけない特徴なので、ラーメンを食べ歩く日々を続けている身としては、時にこういうものも良いアクセントになるかなと思いました。


このタイラーメンにたっぷりの「ある物」を載せた一品が強烈なインパクトを放っています。

その一品とはコチラ

パクチータイラーメン

yatai_4.jpg


凄まじい量のパクチーですあせあせ(飛び散る汗)

yatai_5.jpg


麺を引き上げるのも一苦労な位です。

パクチー好きにお勧めしたい一杯ですね手(パー)



テーブル調味料
(砂糖、唐辛子酢、ナンプラー、唐辛子)

yatai_6.jpg

yatai_7.jpg



トムヤムラーメン

yatai_8.jpg

yatai_9.jpg


麺はフォー、中華麺(細麺、太麺)から選択可能です。
今回は中華麺の細麺にしました。

酸味がありクリーミーでピリ辛な味わい。
香草の様な香りも漂っていました。
ココナッツミルク的な味もした様な・・
とにかく色んな味が混ざり合っていました。


ガパオ

yatai_10.jpg


ランチタイムはドリンクがサービスとなっていました。

yatai_11.jpg


屋タイの詳細
posted by BBSHIN at 10:20| Comment(0) | 新潟市西区

2017年04月21日

麺や一晃亭の特製追い煮干し中華

長岡市、寺泊の「麺や一晃亭」へと行ってきました。

ikkoutei_201704_1.jpg


今回は定番の追い煮干中華の豪華トッピングバージョンを注文してみました。

特製追い煮干し中華

ikkoutei_201704_2.jpg


あっさりながらも深いコクのあるスープです。

そして、印象的に香る煮干風味。
「煮干中華」というタイトルとは裏腹に、ガツンと煮干を主張させる訳でもなく、バランス良く適度に効かされた煮干出汁が絶妙な味わいを醸し出しています。

そこに合わさる歯応え良い自家製麺

ikkoutei_201704_3.jpg

上にのった味玉、肩ロースのレアチャーシュー、レア感のある肉汁をたっぷりと残した鶏チャーシュー、香ばしい炙りチャーシュー、ワンタンなど、トッピングの一つ一つのクオリティの高さが光ります。

素晴らしい一杯でした手(チョキ)
遠方から多くの人がこの追い煮干中華を求め足を運ぶの納得の逸品です。


もう一杯はこちら

味噌チャーシューメン

ikkoutei_201704_4.jpg


元々は、どさんこだったという事で、味噌ラーメンの質の高さには定評があります。

使用している味噌など元々の味を踏襲している様で、当時のスタイルを保っている様です。
ただ、ベースとなるスープの厚みや、油、トッピングなどの細部の変化により、全く別のものへと変化させた一杯になっていると感じます。
ルーツを感じさせつつ、オリジナリティも出た一杯は必食の価値ありかと思われます手(パー)
変化系の「背脂味噌」などもお勧めです。


+100円の一口ギョーザ

ikkoutei_201704_5.jpg


このほかにも、わさびチャーシュー丼(+200円)、半チャーハン(+250円)、新潟タレカツ丼(+250円)などといった魅力的なセットも揃っています。

フリークの通い詰める様な人気店となると、「メニューを絞りこだわり感で勝負」といったお店も多々見かけますが、豊富なメニューを揃えつつ、お得なセットも継続している点に親近感を感じます。

おごる事のない名店「一晃亭」に足を運んでみてはいかがでしょうか?


麺や一晃亭の詳細
posted by BBSHIN at 00:41| Comment(0) | 長岡市