2018年12月11日

麺屋 さん八 深みある味わいのあっさり醤油

十日町市にある「麺屋 さん八」へと行ってきました。

sanpachi_1.jpg


2種類の醤油、塩、味噌、担々麺、つけ麺等があり迷いましたが、看板メニューは醤油との事だったのでその2品を食べてみる事としました。

まずは、こちら

中華そば

sanpachi_2.jpg

sanpachi_3.jpg


昔ながらのあっさり醤油味のスープです。
かなりあっさりとしており、クリアな味わいです。

麺は多加水細麺でした。

お子様から年配の方までいけそうな食べやすい一杯ですね。
ちなみに、60歳以上の方には、こちらの中華そば400円のサービス価格で提供しています。


もう一杯はお勧めメニューというこちら

特製醤油ラーメン

sanpachi_4.jpg

sanpachi_5.jpg


こちらは、中華そばのスープとは違い火加減を強めているのか、少し濁った半濁スープです。
多くの種類の素材を使っているらしいですが、特に何かを素材を目立たす事はなく、程よい深みがある味に仕上がっています。


麺屋 さん八の詳細
posted by BBSHIN at 21:04| Comment(0) | 十日町市

2018年12月09日

福来亭 白山町店 燕系背脂醤油の元祖「杭州飯店」で修行した店主が作る至極の一杯

燕市にある「福来亭 白山町店」へと行ってきました。

fukuraitei_201812_1.jpg


こちらのお店では、燕市を中心に広がり、隣の三条市、そして新潟県内全域、ここ最近では関東を中心に県外にも広がりをみせた「燕系背脂醤油ラーメン」を提供しています。
店主は背脂醤油の元祖「杭州飯店」の現店主の従兄弟にあたり、叔父である先代店主の元で修行を積んだ後、創業当時の福来亭の名をもらい「白山町店」として、同地に開業したという経緯があります。


注文したのは定番のこちら

中華そば

fukuraitei_201812_2.jpg


背脂量は大脂、中脂と増量したり、少な目、無しとする事も可能でしたが、まずは普通でお願いしました。

スープ

fukuraitei_201812_3.jpg


大脂などにすると、コッテリ感と甘み・コクが増しますが、反面、醤油感、出汁感を分かりにくくするという点があります。
そういう意味では、初めてきたのであれば、大脂のインパクトよりも通常の背脂普通で頼む事でスタンダードな味を堪能するのがお勧めかなと思います。

味としては、背脂も含めた厚みある動物系等の出汁感、そして醤油風味などがバランス良く調和しています。
とても美味しいですね。


麺は自家製の極太麺

fukuraitei_201812_4.jpg


ガッシリ食感がたまりませんね!!


上にはチャーシューの他、メンマ、玉ねぎがのっています。

fukuraitei_201812_5.jpg


メンマは、インタビューコーナーの特集記事にも書きましたが、背脂醤油スープで味付けられており、濃厚な味に仕上がっています。
杭州飯店の取材で聞いた話では、本家も同様の手法で作っているらしく、オリジナルなスープ・タレを用いて味付けられた事で、他では味わえないメンマになっている様です。


ちなみに、元祖の杭州飯店との味の比較ですが、杭州飯店の方が背脂のコクに負けないスープの旨味が際立つインパクトある味となっており、こちらのお店は、厚みある出汁感の中にも醤油感が際立つバランスとなっていました。
福来亭店主の話では、杭州飯店がしっかりとしたベースを保ちつつも、改良を重ね続けている事で進化している事が味の違いを生んでいるとの事でした。
昔ながらの味を保っていると思われている老舗店が、実は時代の変化による変わる客の舌、食材の変化などにより、少しずつ改良しているというのは時折耳にする話ではありますが、そういう意味もあるのかもしれませんね。
福来亭 白山町店としては、杭州飯店での修行当時の味を守る事にしているらしいので、2店を食べ比べる事で、味の進化の過程の一端を体験出来るかもしれませんね。



玉ねぎ、ライスがサービスとなっています。

fukuraitei_201812_6.jpg


玉ねぎと背脂醤油スープの相性は最高です。

fukuraitei_201812_7.jpg


お皿に一杯盛り付け、追加で頂きました!



ライス

fukuraitei_201812_8.jpg


醤油感の強いスープとご飯の組み合わせも絶妙です。



もう一杯は、背脂量を増やしてお願いしてみました。

チャーシューメン(大脂)

fukuraitei_201812_9.jpg


背脂たっぷりのスープ

fukuraitei_201812_10.jpg


冒頭にも書きましたが、背脂を増やす事で、醤油の角が取れ丸みを帯びた味となります。
濃厚感を味わいたい以外にも「しょっぱさを緩和したい」という方は大脂がお勧めです。


たっぷりの背脂が麺にも絡んできます。

fukuraitei_201812_11.jpg


脂は出汁の味以上に麺に絡むので、麺の味わいにも大きく影響を与えます。



サイドメニューとして「野菜炒め」(800円)を頂きました。

fukuraitei_201812_12.jpg


1人前のしっかりとしたサイズなので、取り分けて食べる人、単品で注文し無料のライスと合わせ定食の様に食べる人、ビールなどを注文しおつまみとして食べる人など様々な楽しみ方をする人達がいる様です。

ラーメンに使われている醤油ダレが使われているらしく、メンマ同様に同店のオリジナルな味付けの野菜炒めとなっています。

印象的な旨味の美味しい野菜炒めでした!

他にも、餃子なども人気メニューらしいです。


何を食べても美味しいお店「福来亭 白山町店」
お勧めのお店です!


福来亭 白山町店の詳細
posted by BBSHIN at 10:32| Comment(0) | 燕市