2019年08月13日

つけ麺 道 亀有駅近くで行列が出来る濃厚魚介系つけ麺

今回は亀有駅近くにあるお店へと行って来ました。

駅には、こち亀の両さん像がたっていました。

tsukemen_michi_2.jpg


中川、麗子との3ショット

tsukemen_michi_1.jpg


今回訪れたお店はこちら

「つけ麺道」

tsukemen_michi_3.jpg


開店直後に行くと、既にお店の前には行列が出来ていました。

tsukemen_michi_4.jpg

一般的なラーメン店よりも列の進みが遅いのでかなりの時間を待つ事となりました。
厨房の小ささ、席が少ない事もありますが、麺が太い事による茹で時間が長い事が一番の要因かと思われます。

待つ事一時間半
店内に入るとカウンター八席という構成でした。

説明書を見ると茹で時間は12分と書いてありました。

tsukemen_michi_11.jpg

回転が遅いのも納得です。

また、お店の前に座る四人がセットで入ります。
麺茹でが四人毎なのですね。
ここも時間がかかるポイントかと。
ちなみに私は一人だったので1つ前の二人を追い越す形で、四人目として案内されました。

厨房の奥では寸胴を太い棒でかき混ぜ、ダイナミックにガツガツと骨を崩しています。
提供時は、大きな手鍋で2〜3回転分位のスープを温めレードルで注いでいました。

やってきたのはこちら

つけ麺

tsukemen_michi_5.jpg


濃厚魚介系のつけダレです。

tsukemen_michi_6.jpg


トロみも強くかなりの濃厚感でした。
丼の底には骨粉も、たまっています。

強い出汁感のみならず印象的なのは甘みです。
かなり強い甘さが加えられていました。



tsukemen_michi_7.jpg


茹で時間が長いのも納得の極太麺です。
もっちり多加水、強い弾力感が特徴的です。

そしてこの麺にトロみあるスープがたっぷりと絡み付きます。

tsukemen_michi_8.jpg


トロみの強さにより麺へのスープの絡みが多く、食べ終わる頃にはつけダレが半分以下となっていました。


トッピングはkちら

チャーシュー、半味玉、穂先メンマ、つくね

tsukemen_michi_9.jpg


穂先メンマは食べやすい様にカットしてありました。


ネギ、日替り薬味

tsukemen_michi_10.jpg


日替わり薬味として、この日はニンニク醤油でした。
香ばしいタレ、油を麺に絡めたり、スープに混ぜて楽しめました。

麺を食べ終わった後はスープ割りが可能です。
お店の人に渡すとあっさりスープを入れてくれ、飲みやすくしてくれます。
お好みで温め直しも可能な様です。

たくさんのお店を巡る県外食べ歩きでは珍しく、スープ割り→完飲までしてしまいました。

スタイルとしては何度も食べた事がある王道スタイルな濃厚魚介つけ麺ですが、とてもレベルが高く、並んで食べる価値ある美味しい一品だったと思います。


つけ麺 道の詳細
posted by BBSHIN at 10:50| Comment(2) | 東京都

2019年08月12日

麺食堂 たか丘 アーセナル好きが集うお店

村上市にオープンした「麺食堂 たか丘」へと行ってきました。

takaoka_1.jpg


お店の外からは、窓に飾られたアーセナルのユニフォームが見えます。

takaoka_2.jpg


お店のロゴはアーセナルのエンブレムをイメージしたものかと思われます。

takaoka_3.jpg


お店の中に入ると、アーセナルのポスターやユニフォームなどが各所に飾られていました。
また、レジの脇には、アーセナル時代のティエリ・アンリの模型が置いてありました。
かなりアーセナルが好きな方がやられているお店の様ですね。


店内にはテレビがあり、まるでサッカーバーの様にアーセナルの試合の録画流れて、、、
いるかと思いきや、高校野球が流れていました。。
まあ、訪れたタイミングがたまたまそうだったのかなと。


こちらのお店の看板メニューがこちら

汐(しお)そば

takaoka_4.jpg


スープ

takaoka_5.jpg


あっさり滋味深い味わいの塩スープです。

貝系を多用した清湯スープでしょうか。

刺激的な旨味はなく、じんわりとくるような淡い飲み口です。

新潟では塩ラーメンというと、旨味強めに仕上げるケースが多いですが、通好みなバランスのスープかなと思います。




takaoka_6.jpg

あっさり塩スープには細麺をイメージしてしまいますが予想外なもっちり食感の中太多加水麺です。


もう一杯はこちら

味噌ラーメン

takaoka_7.jpg


スープ

takaoka_8.jpg


濃厚な味わいでトロみの強い味噌スープです。

油感はそこそこで、コラーゲン質が多めに感じました。


中太麺は味噌スープには違和感なくハマります。

takaoka_9.jpg


2杯とも、新潟にはあまり無いタイプで、こだわりを感じさせる仕上がりとなっていました。

機会があれば一度お試しになってみてはいかがでしょうか?


麺食堂 たか丘の詳細


ちなみに、個人的にもアーセナルはかなり好きなチームでした。
今でこそ時間に余裕が無くなりサッカーはアルビレックス新潟のみとなりましたが、15年位は暇を持て余し、海外サッカーなどを頻繁に観ていました。
そうした中、アーセナルはスカパーでアーセナルTVを観る事が出来た事もあり、応援する気持ちで試合を観ていた数少ないチームでした。
特にアンリのスピードにのったドリブル、左サイドからカットインしての巻くように打つシュートはとても印象的でした。

こちらのお店にきたら当時ハマっていた記憶が蘇ってきました。
久々にダゾーンで観てみようかな??
posted by BBSHIN at 23:13| Comment(0) | 村上市