2017年11月30日

旨辛つけ蕎麦 満まる ラー油が浮いた刺激的な一杯

万代エリアにオープンした「旨辛つけ蕎麦 満まる」へと行ってきました。

manmaru_1.jpg


行った人からの話では、
「東京の港屋に似ている」
と聞いていたので、気になって行ってみる事に。

港屋での食べ歩き記事

メニューは「豚」と「鶏」があり、もう一人が「豚」にしたので、私は「鶏」を食べてみました。


鶏つけ蕎麦

manmaru_2.jpg


蕎麦を近影

manmaru_3.jpg


つけ汁

manmaru_4.jpg


ラーメン的にリフトアップ

manmaru_5.jpg


つゆの器にはネギなどの他に、鶏肉が入っていました。

manmaru_6.jpg


感想としては、確かに港屋に良く似ています。

ただ、スタイルはほぼ同じですが、細部は少し違うかなと。
4年程前の記憶なので、ハッキリとは比べられませんが、港屋の方がジャンク感が強く、こちらの方が食べやすく綺麗に仕上がっていると思いました。
まず、こちらのお店は、蕎麦自体の質感が、より、しっとり滑らかな舌触りで、新潟の人に好まれそうなタイプだったと思います。
あとは、港屋がガツンと量が多く荒い味だったのに対し、こちらは少し量が控えめ(普通の量)でした。
また、こちらの、辛味だけでなく、エビ?的な香りのラー油の風味の良さが印象的でした。

トータルの印象では、より食べやすく、新潟の人に合わせた仕上がりになっていると感じました。
個人的には、こちらの方が好みの味でしたね。


豚つけ蕎麦

manmaru_7.jpg


港屋はネギが確か無料だったと思いましたが、こちらは50円トッピングでした。

manmaru_8.jpg


とろろ(100円)

manmaru_9.jpg


※トッピングは別皿でもらいました

これら有料トッピングと、一つ無料の生卵を組み合わせ、変化を楽しむのも良いでしょう。


各テーブルにはラー油と天かすがあります。

manmaru_10.jpg


更にラー油をプラスし、刺激的な味にしても良いでしょう。



ラストはそば湯で楽しみます。

manmaru_11.jpg


時間帯によるのかもしれませんが、そば湯といっても、一般的な蕎麦屋さんで出てくる様な濃いものではなく、ほぼお湯な薄めのものでした。

そこに、魚粉を加え、魚介風味をプラスする事も出来ます。


旨辛つけ蕎麦 満まるの詳細
posted by BBSHIN at 06:51| Comment(0) | ラーメン屋以外の飲食店

2017年11月28日

山水らーめん 特製タンタン麺

新潟市南区にオープンした「山水らーめん」へと行ってきました。

sansui_1.jpg


8号線からは、こちらの看板が目印です。

sansui_2.jpg


メニューにイチオシっぽく掲載されていたこちらの品を注文しました。

特製タンタン麺

sansui_3.jpg

sansui_4.jpg


旨味が強くクリーミーなスープです。
塩分が高めで濃い味ですね。
ラー油が浮き、ピリ辛感が加わっていました。

麺は多加水の平打ち太麺です。
そこそこの弾力感、加水の高さによるモッチリ具合と滑らかな質感が印象的でした。

挽き肉は塩分高めの濃い味付けでした。
他にも、モヤシ、青菜、ネギ、唐辛子などが入っていました。


+300円のミニ中華丼

sansui_5.jpg


五目餡には白菜、ニンジン、小海老、ウズラの玉子、青菜、キクラゲ、袋茸、タケノコ、ヤングコーン、豚肉などが入っていました。
タンタンメンと同様に、かなり濃い味付けです。

ミニというには量が多く、サイドメニューとしてはかなりのボリュームでした。


山水らーめんの詳細
posted by BBSHIN at 19:23| Comment(2) | 新潟市南区