2017年08月09日

あづまや 十日町店 深みのある濃い醤油味のスープ

十日町市にある「あづまや 十日町店」へと行ってきました。

adumaya_toukamati_1.jpg

こちらのお店は魚沼市にある「あづまや」の支店とのこと。

あづまや本店での食べ歩き記事


注文したのは定番の「らーめん」

adumaya_toukamati_2.jpg

adumaya_toukamati_3.jpg


魚沼市などの中越エリアに多い濃い醤油味のスープです。

看板に「無化調しょうゆ」と書かれていましたが、確かにそういった優しい味わいのスープでした。
深みのある醤油風味の奥に隠れて軽めに主張する出汁感が良かったですね。

麺は多加水で中位の太さでした。
もっちり食感があっさりで濃い醤油味のスープと良くマッチしています。

チャーシューは分厚く食べ応えがありますね。
固そうに見えるけど、結構柔らかい食感でした。



鯛塩らーめん

adumaya_toukamati_4.jpg


あっさり系の塩ラーメンです。


テーブル調味料

adumaya_toukamati_5.jpg


ニンニクチップ、ブラックペッパー、唐辛子が常備してありました。
店員さんにお願いすると、タレ、スープ、酢を出してもらえる様です。


カウンターには辛味噌も置いてありました。

adumaya_toukamati_6.jpg


お冷は水と黒ウーロン茶でした。

adumaya_toukamati_7.jpg


本店での過去記事にもありましたが、タレを作る際に使ったという昆布を配っていました。

adumaya_toukamati_8.jpg


一つ頂き試してみたところ、醤油が結構染み込みしょっぱめな味ですが、ご飯にのせお茶をかけて食べると美味しかったですね。


あづまや 十日町店の詳細
posted by BBSHIN at 05:10| Comment(0) | 十日町市

2017年08月07日

Le CHINOIS(ル・シノワ) クリーミーなコクの担々麺

新潟市中央区、桜木インターから鳥屋野潟沿いを弁天インター方面に行き、鳥屋野体育館の手前にある「ル・シノワ」へと行ってきました。

le_chinois_1.jpg


この日のお昼は、ラーメンの提供は担々麺1種類でした。

という事で「担々麺」

le_chinois_2.jpg


ゴマのクリーミーなコクが印象的なスープです。
ベースとなるスープは恐らくあっさり系かと思いますが、胡麻による濃厚感が加わっています。
そして、そこにハッキリとした旨味がプラスされていました。
上にはラー油がかかり、軽い辛味もあります。


上にのった挽き肉は旨味もしっかりとし、コリコリとした食感が良かったですね。

le_chinois_4.jpg


麺は多加水の細麺でした。
シンプルな中華麺ですね。

le_chinois_3.jpg


重たさがなく、ハッキリとした旨味で食べ応えのある一杯でした。
とても美味しかったです手(チョキ)


もう一品は、お店の名前がついた「シノワランチ」(1,800円)を注文してみました。

前菜
(よだれ鶏、かぼちゃ豆腐、押し豆腐の辛味噌和え、アオリイカ)

le_chinois_5.jpg



海鮮シュウマイ、黒豚シュウマイ

le_chinois_6.jpg


春巻き

le_chinois_7.jpg


夏野菜のフカヒレサンラータン

le_chinois_8.jpg


とき玉子、エノキ、オクラ、モロヘイヤなどが入り、上に浮いたラー油以外にも辛味があったかと。
トロみのあるスープは実に美味しかったです。

これは、酸辣湯麺にも期待が膨らみますね。


エビとイカの柚子胡椒炒め

le_chinois_9.jpg


陳麻婆豆腐

le_chinois_11.jpg


中華系の調味料の風味、旨味、辛味、そしてスパイシー感。
花椒の効かせ方などが絶妙でした。

旨い!
こういうマーボー大好きです。

ご飯とも良く合います。

le_chinois_10.jpg


コースなので、小さい器でしたが、機会あれば麻婆豆腐を丸々一品食べてみたいですね。




デザート

le_chinois_12.jpg


お茶

le_chinois_13.jpg

le_chinois_14.jpg


かなり満足のいく内容でした。

ランチに1,800円は少し贅沢な気もしますが、値段に見合うレベルだったかなと思います。


ル・シノワの詳細
posted by BBSHIN at 21:58| Comment(0) | 新潟市中央区