2018年04月12日

AFURI 六本木交差点

東京都、六本木駅近くにある「AFURI 六本木交差点」へと行ってきました。

afuri_roppongi_1.jpg


注文したのはこちら

塩らーめん

afuri_roppongi_2.jpg

afuri_roppongi_3.jpg


あっさり塩味のスープです。
鶏と魚介の出汁とのこと。

鶏油の量は、淡麗(普通)とまろ味(多め)から選択出来るらしく、淡麗を選択しました。

麺は全粒粉も入っていそうな小麦風味漂う細麺でした。


チャーシューは提供事に直火で炙るという豚バラの炙りチャーシューから鶏チャーシューから選択可能との事で、鶏チャを選びました。

afuri_roppongi_4.jpg


鶏胸肉でしっとり食感に仕上げています。
柔らかく、肉の旨味も逃がさず、しっかりと残っています。



AFURI 六本木交差点の詳細
posted by BBSHIN at 23:51| Comment(0) | 東京都

2018年04月08日

麵処清水 三条店 綺麗な麺線 洗練された味わいの一杯

三条市にオープンした「麵処清水 三条店」へと行ってきました。

shimizu_sanjo_1.jpg


中華そば

shimizu_sanjo_2.jpg

shimizu_sanjo_3.jpg


あっさり醤油味のスープは、醤油風味をメインに適度な出汁感、浮き油のコクなどがうまく調和しています。

麺はバッツリ食感のストレート細麺です。
平ざると箸で整えられた綺麗な麺線が印象的ですね。

トッピングは、薄くカットされたレア系のチャーシュー、メンマ、カイワレがのっていました。



もう一杯はこちら

鶏塩そば

shimizu_sanjo_4.jpg


あっさり塩味のスープは、黄色な見た目が印象的ですね。
動物系のベースに程よい旨味が加わっています。

「鶏塩そば」という品名からイメージされる鶏の臭みはなく、適度な厚みあるボディ感、そして油のコクなどにより、飲み応えある仕上がりとなっていました。


もう一品サイドメニューを注文しました。

ワンタン皿(400円)

shimizu_sanjo_5.jpg



南魚沼のお店で食べた時は、洗練された仕上がりで無化調的な素朴さとなっており、それに代わる旨味をたっぷりと詰め込む事をせず、若干の物足りなさを含めて楽しむ様な引き算的な一杯だと感じました。
それに対し、今回食べた2杯は動物系の厚みがしっかりとしており、旨味も適度で食べやすい味になっていたかなと思います。
個人的にはしっかりとしたベースのある味の方が好きなので、今回食べた2杯(特に醤油)の方が好みの味でした。


麵処清水 三条店の詳細
posted by BBSHIN at 11:52| Comment(0) | 三条市