2018年01月03日

源七 くろとり食堂 あっさり滋味深い味わいの「しょうゆラーメン」

新潟市西区にある「源七 くろとり食堂」へと行ってきました。

kurotori_201801_1.jpg


今回は、オープン当初にはなかった「しょうゆラーメン」を注文してみました。

kurotori_201801_2.jpg

kurotori_201801_3.jpg


あっさりで優しく滋味深い味わいの醤油スープです。

看板メニューの「あっさりラーメン」(塩ラーメン的な一杯)とはまた違い、醤油風味が前に出たスープは、強い旨味などが加えられる事もなく、出汁と醤油の風味が穏やかに調和した飲みやすい仕上がりです。

シンプルな多加水細麺ともマッチしています。


海鮮丼(800円)

kurotori_201801_4.jpg

kurotori_201801_5.jpg


新鮮なお魚がのって800円というのはお得価格ですね。


サバ味噌定食

kurotori_201801_6.jpg

kurotori_201801_7.jpg


深みのある旨味の味噌ダレは、適度な甘味もあり、ご飯にもぴったりです。

他にもいろいろとメニューがあるので、何度行っても楽しめそうなお店ですね。


源七 くろとり食堂の詳細
posted by BBSHIN at 19:57| Comment(0) | 新潟市西区

三咲屋 プルプル食感で旨味たっぷりの背脂 こってりらーめん(しお)

新潟市東区の「三咲屋」へと行ってきました。

misakiya_201801_1.jpg


今回は、ホットペッパーのグルメマガジン「メシ通」の取材で行ってきました。

メシ通掲載記事はこちら


注文したのは定番のコチラ

しおたまごらーめんの半炒飯セット

misakiya_201801_2.jpg


しおたまごらーめん

misakiya_201801_3.jpg


麺リフト

misakiya_201801_4.jpg


あっさりながらもハッキリとした旨味の塩味清湯スープ。

シンプルな多加水細麺との相性もばっちり。

ネギ油が浮いており、丼表面からは、香ばしい香りが漂っています。

奇をてらう事のないシンプルなスタイルですが、実に完成度の高い一杯です。

とても美味しかったです。


飲みやすいスープは、ついつい完食してしまいました。

misakiya_201801_5.jpg



半炒飯

misakiya_201801_6.jpg


こちらは、話題の「甘い」チャーハンです。

甘さの秘密は、ストレートに「砂糖」の様です。

かなり独特な味のチャーハンでした!



そして、もう一杯。

こちらがとても美味しかったです。

こってりらーめん(しお)

misakiya_201801_7.jpg

misakiya_201801_8.jpg


上には香ばしく旨味たっぷりの背脂が浮いています。

液状の脂の旨味に加え、脂身のプルプル食感が絶妙です。
一般的な柔らかく適度に脂が抜け食べやすいタイプとは、また違った魅力を放つ背脂です。

こちらの背脂入りこってりラーメンですが、今回の塩以外にも、味噌、醤油などもあるので、機会があればそちらも試してみたいですね。


三咲屋の詳細
posted by BBSHIN at 00:09| Comment(0) | 新潟市東区